バルセロナ ウォーカー 

提供:Office Hill お問い合わせ

サン・パウ病院 ~世界遺産は、サグラダ・ファミリアだけじゃない!~

サン・パウ病院(Hospital de Sant Pau)の正式名称は、サンタ・クレウ・イ・サン・パウ病院と言い、その起源は古く遥か1401年まで遡ります。また、現在バルセロナに数ある病院の中でも屈指の大病院となるサンパウ、そのきっかけは1900年代初頭バルセロナの6つの病院が一つに統合されこの地を中心にまとまったことによります。

http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0040.jpg

バルセロナ2つ目となった世界遺産

サン・パウ病院(Hospital de Sant Pau)の正式名称は、サンタ・クレウ・イ・サン・パウ病院と言い、その起源は古く1401年まで遡ります。バルセロナでも屈指の大病院となる現在の形のサン・パウは1900年代初頭に6つの病院が一つに統合されたことによります。

今までの
施設では手狭となったサン・パウ病院を資金面で支えたのが当時の銀行家で富豪、そして慈善家のパウ・ジルでした。彼の寄付をもとに1902年に増築工事が開始。病に伏した患者やその家族の心も癒す、と言うこれまでに無い病院が計画されそれに応えるべく設計を担当したのが、リュイス・ドメネク・イ・ムンタネーでした。

建設には途中さまざまな紆余曲折があり、当初の計画からかなり遅れることとなりましたが、着工後の28年にあたる1930年についに完成、2009年に老朽化により閉鎖されるまで80年に渡って病院として機能していました。
尚、この病院が同じくムンタネーによって設計されたカタルーニャ音楽堂と合わせ、バルセロナで2番目の世界遺産に登録されたのは1997年のことです 。

 

arton673 【リュイス・ドメネク・イ・ムンタネー】
カタルーニャを代表する建築家で、当時はガウディよりも人気があったと言われる巨匠。世界遺産の「サン・パウ病院」を初めとして数々のモデルニスモ建築を現在に残しました。また、ガウディとは師弟関係であって、バルセロナ建築学校の教授時代、教え子の一人にガウディがいました。

 

 

華麗にして創造的

vista aerea sant pau

サン・パウモデルニスム区域と呼ばれる中に位置する病院は、一辺が400メートル弱と言う広大な敷地を誇ります。元来「病院」とは無機的な建物をイメージするものですが、ここに建ち並ぶレンガ造りのモデルニスモ建築群はその概念を覆すほど華麗で創造的。
@
http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/IMG_3693-001.jpg 【新サン・パウ病院】
同区域の奥に建つ新しいサン・パウ病院は、誰もがイメージする無機的そのもの合理性を追求した近代的病院。新旧の病院を見比べて見るのも面白いかもしれません。

 

バルセロナの他には無い、この区域のみの特徴があります。それは正方形のブロックで構成されている周辺のEixample地区の直角格子に対して、斜め45度方角を変えて設計されている事。
@
理由は病棟の入り口を南北方向とする事で、海風による建物内の換気を図り、太陽光を取り入れるためだったと言われています。
http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/kousidou.jpg
http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/avegau-1.jpg これは、新鮮な空気と日光こそが患者と医師双方にとって一番重要、と言うムンタネーの考えによるものです。

サン・パウ病院から斜め45度方角の先にある、あのサグラダ・ファミリア教会まで通りが延長されることになり、現在のアベニーダ・ガウディ通りに既に建っていた家は全て立ち退き移転となったそうです。
右の写真をみて分かるように、現在はこの様にサグラダ・ファミリアからサン・パウ病院まで通りが一直線に貫いています。
これによって新鮮な空気と日光、更には教会の象徴である慈悲と愛、患者にとって二つの完璧な取り合わせが実現したと一説には言われています。
http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/avegau-2.jpg

 

 

資金難に喘ぐ

img_3652-001
1-img_0040 1-img_0089 1-img_0155
管理事務分館 サン・ジョルデイ棟 サン・ラファエル病棟

ムンタネーの当初の計画では、145,000平米の土地に48棟の医療施設が配置され、その全てが患者を保護するために地下通路で繋がる予定でした。しかし、銀行家ジルの遺産も、1911年には土地の取得や建築費用に全て費やされ底を付きます。それまでに建てられた建物は10棟、これらが最も芸術的で意匠に凝ったモデルニスモ建築となります。現在、私達が内部を見学できる管理事務分館と、サン・ジョルデイ棟もその一部にあたります。

1914年には、同じく一般公開されている聖ラファエル病棟などの建設が始まるものの、4年後に工事はまた停止。その後1921年にバルセロナ市の後援により工事が再開しますが、監修は息子のペレにバトンタッチ。この予算削減に見舞われた第二工期の建築物は、最初の10棟よりもずっと質素に。ついに1930年、管理事務分館を含む28棟を擁する病院都市として、サン・パウ病院が完成します。

 

http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/paujil.jpg 【Pau Gil Serra】
1816年にバルセロナに生まれ、17歳にしてパリに移り住んだあと、銀行並びに鉱山経営で巨万の富築きます。その62年の生涯をパリ過ごしましたが、敬虔なキリスト教徒でもあった彼は生まれ故郷のバルセロナ貧民の為に財産を注ぎこんで病院建設に没頭しました。

 

 

見学スタート

http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0054.jpg
正面入り口の右手にある 管理事務分館が入口
http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/IMG_3742.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0081.jpg
窓口で簡単に買える入場チケット 日本語の無料パンフレット

サン・パウ病院の見学は、まず正面に見える管理事務分館の右手に行き、受付でチケットを購入します。サグラダ・ファミリア等とは違い完売することがないので、予約は特に必要がありませんチケットにはフルカラー31ページの日本語の無料パンフレットと、胸に貼る見学者用の緑色のシールが付いてきます。

ちみに、ガイドツアーもありますが、時間が決められているので個人でゆっくりと見て回る方がお勧めです。

それでは早速見ていきましょう!

 

3棟に手術棟がプラス

http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_048pp.jpg
これまで 内部の見学が可能なのは黄色の3つの棟ですが、最近でが手術棟も見学可能となりました。
http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0064.jpg http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/sanpaa-3.jpg
見学は地下部分から始まります 上記の見取り図でトンネルと書かれている地下通路

さて、見学に際してはまず受付を済ませ進むと簡単なビデオ映像による解説があります。
次に写真下・左のような空間に出て、そこから各病棟をつなぐ地下回廊へと続きます。

 

 

広がる癒しの空間

http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-sannpaa-7.jpg

地下回廊から階段を上り地上に出ると、そこは病院の中庭。長さ500m、幅50mの光が降り注ぐ広々とした空間の先には、ご覧の様な手術棟が見えます。

病棟は左右対称に並ぶ建物です。当初の予定では48の建物が建設される予定でしたが、最終的には27棟のみが完成しました。尚、16棟がモデルニスモ建築になっており、そのうち12棟はモンタネールの設計で残りの4棟はモンタネールの息子による設計です。

 

 

サン・ジョルディ分館

http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0089.jpg
こぢんまりとしたこの建物がかつての総合救急科と小児科
http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0376.jpg http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0091.jpg
バルセロナの守り神のサン・ジョルデイ 特徴的な王冠を模した換気口
http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0125.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0129.jpg
波打った天井と装飾タイルが目を引く 内部は現在、展示スペースとなっています

さて、左右対称にならんだ建築群ですが、見学は右端にあるこのサン・ジョルディ分館から反時計回りで順番に見ていきます。この病棟は、かつて総合救急科と小児科として使われていたところで、病院内では一番小さな棟。内部のパネル展示では、サン・パウ病院のこれまでの歴史が詳しく解説されています。

 

 

サン・サルバドール分館

http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0142.jpg
内部は公開されておらず外側からの見学となります
http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0144.jpg http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0146.jpg
ドームの天井にはウロコの様な瓦 塔にも同じカラフルな瓦が

建物は全てレンガ造りで、建設当時に流行したイスラム教建築とキリスト教建築の融合系のムデハル様式となっています。この様式は市内の多くの建築物で見られるものですが、特に知られているものとしてはバルセロナの入り口スペイン広場に建つ旧闘牛場(Las Arenas)があります。

 

 

サン・レオポルド分館

http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0147.jpg
こちらも公開されておらず外から見学になります
http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0224.jpg http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0147-001.jpg
微妙な違いを見せる建物 半地下構造の建物

それぞれの入院棟の中のドームの上には給水塔が備わっていて、その下は娯楽室になっています。バルセロナの街全体が山から海に向かって僅かに傾斜しているために、各病棟は半地下の建物にして高さが視覚的に調和するよう設計されています。

 

 

かつての様子を偲ぶサン・ラファエル分館

http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0155.jpg http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0169.jpg
病棟として唯一内部の見学できます 入り口横にはピンクの可愛いタイルが
pauth2
*画像をクリックすると入院棟の360°画像が見れ、またご自分で好きな方向に操作できます!

緑を基調としたタイルで内部を装飾しているのは、病棟として使われていた入院病棟の聖ラファエル館。大きなアーチを描く空間をカーテンで仕切り、入院患者のプライベートを守っていました。

一番奥には、当時の様子が伺える写真も展示されています。

 

 

サン・マヌエル分館

http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0190.jpg
この棟は半地下の上に2階と最もノッポな建物です
http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0185.jpg http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0189.jpg
ドームの横の尖塔は全て陶器製 塔の上には中国寺院を模したオブジェが

左右に並ぶ病棟の一番奥に建つこのサン・マヌエル分館が、これまで見たサン・サルバドール、サン・レオポルド、サン・ラファエルと何か違うことに気づきましたか?1つはここだけが他と違い2階建てとなっていること、もう一つは、各病棟ごとに塔がありますが、その上に乗るのはなんと中国寺院に似せたオブジェだということ。これは当時の流行りで多くのモデルニスモ建築に見られます。

 

 

修道女の宿舎

http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0191.jpg
http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0096.jpg
左右に並ぶ病棟の間、その一番奥に建つのが修道女の宿舎。


日本人にはどうして病院に修道女の宿舎?
と思う人も多いかもしれませんが、ヨーロッパでは19世紀まで看護士と言う職業が存在せず、それを代わりを担っていたのでが実は修道女だったからです。

日本も含めて昔は看護とは家族や近親の者の看病をすることで、他人を看護すると言う概念が存在しなかったのです。それが、なぜ修道女が行うようになったのかは「異邦人や巡礼者貧窮者をもてなす」というキリスト宗教的な精神が始まりだと言われています。実際のところ、現在の病院(hospital)の語源は 「もてなし」ホスピタリティーから来ていることからも、それが窺い知れます。

 

 

見学が可能となった手術棟

http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0226.jpg
中庭の真ん中に建ち教会の様なファザードを持つ手術棟
http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0211.jpg http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0229.jpg
後方へ回るとガラス張りテラス 中は改装されていて、こんな感じ

中庭の中央にある建物が手術棟で、最近見学可能となりました。
ただ残念なのは、中は完全にモダンな現代風に改装されていて見る物はありません。教会のような正面ファサードには、天使像を初めとしてドラゴンやライオンの彫刻、更に青を基調とした美しいタイルがあり、それなりに見応えがあります。

ここまで右半分に男性患者専用の病棟を見てきましたが、対称に並ぶ左半分の女性患病棟もほぼ同じなので、ここでの紹介は省略して、次の管理事務分館へ向かいます。

 

 

最大の見どころ管理事務分館

http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_3700-002.jpg http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0087.jpg
病院の正面入り口棟 棟の側面を飾るモザイク画
1-pauth3
*画像をクリックすると管理事務分館内の360°画像が見れ、またご自分で好きな方向に操作できます!

正面の建物が、一般公開されている4館のうちで最も見どころがある管理事務分館。1階ホールの9つのドームを連ねた天井のタイル装飾はピンク色のやさしいパステルカラー。病院を訪れる人の緊張をほぐす役目を果たしていたことでしょう。

ちなみに円柱とドームの間に書かれている【A1905】は工事をスタートした年、そして【Ω1910】は工事の終了年を表しています。あと【GIL】は最大の後援者であったPau Gil Serraを表しています。

 

 

自然美と幾何学が調和

http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0286.jpg http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0311.jpg
一階の回廊入り口 回廊奥の講堂の天井
http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-pauth4.jpg
*画像をクリックすると管理事務分館内の360°画像が見れ、またご自分で好きな方向に操作できます!

一階の右手の階段を数段上ると、新築された講堂へと続く廊下があります。一面のステンドグラス、手作業で作られたであろう、わずかに起伏のあるガラスを通した揺ぐ光、その暖かみに心が癒されます。

 

 

吹き抜け階段の上にはあの

http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0274.jpg http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0295.jpg
階段脇に施された浮彫の数々 天井を見上げるとそこには、ステンドグラス
1-pauth7
*画像をクリックすると管理事務分館内の360°画像が見れ、またご自分で好きな方向に操作できます!

階段脇には彫刻が施され、壁には最大の後援者であったPau Gil Serra氏の名前のイニシヤル【P】【G】更に十字架。そして天井を見上げると、ムンタネーが作ったもう一つの世界遺産のカタルーニャ音楽堂を彷彿させる、まるで万華鏡のようなステンドグラスに目が奪われます。

 

 

イスラムとカトリックの融合

http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0360.jpg http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0365.jpg
まるで骨のようにも見える天井 リラックス作用がある青や緑を多用
1-pauth8
*画像をクリックすると管理事務分館内の360°画像が見れ、またご自分で好きな方向に操作できます!

階段を上がるとそこには礼拝堂があり、祭壇となるレリーフの奥には磔にされたキリスト像。また、正面の大きな窓から一望できる緑と光の広々とした空間は、ムンタネーが目指した理想の病院だったことを私達に再確認させてくれます。

更に付け加えるとここはサグラダ・ファミリアが見れる隠れスポット!

 

 

見学の最後に

http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0379.jpg 見学の最後の出口は誰も管理事務分館の正面口と思うのですが、また一度中庭に出なければなりません。
右手のサ・ジョルディ別館の横を通って写真左、ここが出口になります。

ところで、出口の上の壁のモザイク、ここにもありし日のPau Gil Serra氏が描かれていま
す。
http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0381.jpg

 

 

フォトムービー作ってみました

 

 

さて私達の評価は・・・
kurooe1 ★★★★☆
世界遺産の病院で、本当に治療できるのかなと思ったら、もう今は使っていないのね、残念。すべての建物を地下道でつなげたり、見た目だけじゃなく機能的にも設計されていてビックリ。しかも、この時代に色彩心理学も取り入れてとっても進歩的だったのね。
miranda1 ★★★★★
サグラダ・ファミリアから歩いて10分もかからないから、ついでに見学する方が時間に無駄がないわね。世界遺産のハシゴだなんてちょっと贅沢。事前にチケットを購入しなくてもすぐに入場できるから気軽に寄れて良いわね。
samy1 ★★★★★
毎月第一日曜は無料で見学できるから、タイミングが合えば利用しない手はないな。全部の病棟内が見学できるわけやないから、所要時間は1時間くらいちゅとこかな。
kuroe1 ★★★★☆
病院を見学するのって何かぞっとすると思ってたけど、中に入ったらアミューズメントパークみたいにかわいい建築群!英語のガイドツアーが12時に1回あるけど、自由に回った方がのんびりできるわよ。

 


お勧め度:18点/20点
★★★★☆
(4.5)


 

住所 Sant Antoni Maria Claret, 167  【地図はこちら】
URL http://www.santpaubarcelona.org/en
TEL 933 19 57 40
開館時間 11月〜3月(月〜土)10:00〜16:30、(日・祝)10:00〜14:30
4月〜10月(月〜土)10:00〜18:30、(日・祝)10:00〜14:30
※閉館: 1/1、6、12/25、26
料金 €10、学割・シニア€7
最寄駅 メトロ5号線Sant Pau|Dos de Maig(サン・パウ・ドス・デ・マッチ)駅から徒歩約1分

 

 


By tania オフィスHILL
2015.2.18  作成
2016.12.26 最終更新
記事は取材時点のものです。現在とは記事の内容が異なる場合もありますのでご了承ください。 間違いの情報修正、有用新情報、分かり難い点がございましたらこちらよりご連絡お願いいたします。

 関連記事

http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/ongaku.jpg?resize=72%2C72 【カタルーニャ音楽堂】
ドミニック・モンタネールのもう一つの代表作、そして世界遺産としても知られた音楽堂。
1-IMG_9035

【カサ・リェオ・イ・モレラ】
1階にはス高級ブランドLOWEBEが入るモデルニスモ建築もドミニック・モンタネール作。

http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/qCIMG8869.jpg?resize=70%2C70 【サグラダファミリ教会】
バルセロナでも最も人気のある観光スポット。サン・パウ病院とと一緒に回るのが効率的。
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/guerbasu.jpg?resize=70%2C70 【サン・パウ病院からグエル公園への行き方】世界遺産をハシゴ、サン・パウ病院から市バスでそのままグエル公園へ行く方法を解説。

ピックアップ記事。

ciudaa 「必読!バルセロナ基礎の基礎」
バルセロナ初心者必読、歴史、人、気候そして、一風変わった常識!etc….
IMG_2761 「これだけは押さえたい!観光スポット ベスト10!」あのメッシーネイマールも絶賛!? バルセロナの必見スポットベスト10!
IMG_4594 「これは便利!バルセロナ地図集」
スマホ、タブレット用に地図、路線図をPdf保存!バルセロナ便利地図集めました。
IMG_0478 「安い様で案外高いバルセロナの物価」
スペインは日本と比べて高い?安い?お財布に優しい旅の指南!
IMG_2022 「これで安心!日曜日のレストラン」
バルセロナ滞在が日曜日になると、お目当てレストランはお休み。でも
IMG_1254 「スタッフお勧め厳選土産」
スバルセロナウォーカースタッフがお勧めするバルセロナ厳選土産一覧。
http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/03/momochan.jpg 「ジョランダ辛口レストラン訪問記」
100万アクセス突破!レストラン、バル訪問記!今日もビシバシ斬ります!
jyra1 「レストランの食事のチップって払うの?」
日本に無いチップ、一体幾ら払えばいいの?! 大丈夫これさえ読めば安心。
danngan 「ここまで出きるぞ!バルセロナ弾丸ルート」 たった1日2日の滞在でも、観て食べてそして楽しみ尽くす必殺ルートはこれだ! gaigapaella 「これだけは押さえたい!パエリヤ10ヵ条」
スペイン料理の代表?果たしてホント?知られざるパエリヤの真実を教えます!
Chocolate_con_churros_de_lazo 「地元の人気菓子と言えばチュロス」
大人から子供まで大人気のチュロス。その歴史、作り方、店選びまでを徹底解説!
20140 「これはお得!お勧め両替用カード」
バルセロナウォーカースタッフも使っている、お勧めカードで賢く両替しましょう!
policia 「バルセロナは危険な街なの?」
ネット上にあふれる口コミに惑わされない!私達スタッフが真実を教えます!
IMG_6062bb 「空港から市内へ200円お得に移動」
空港からの移動手段で一番のコスパの空港バス。今なら往復買うと200円お得!
IMG_4790 「特集・スペイン人のこだわり・コーヒー編」
何につけつてもいい加減なラテンなスペイン人ですが、コーヒにはこだわります
dororo 「被害に遭わない置き引き対策」
バルセロナの犯罪被害で2番目に多い置き引きに絶対遭わない対策を伝授!
20150408173751923 【カカオ・サンパカ】
日本人に人気のチョコ。世界で初めて51種を一気に食べ比べました!!
IMG_1608 【検証パエリヤキット】
帰国後に家庭で手軽にパエリヤ、どれがお勧めなのか検証します!
IMG_2196 「もう迷わない?! バルセロナの歩き方」
碁盤の目に区画割された街は、分かり易いようで道に迷うことも。そんな悩みを解決!
1-IMG_0300 「楽しく賢くショッピング!」
旅行の楽しみは観光、食事、そして買い物。ショッピングのアドバイスをお送りします!

 

観光記事一覧

http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/CIMG8869.jpg?resize=70%2C70 【ガウディ】
サグラダファミリアを筆頭に天才のガウデイの残した世界遺産建築は必見!
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_2806.jpg?resize=71%2C71 【バルセロナの見所】
ヨーロッパでも屈指の人気都市バルセロナの外せない見所を全部リストアップ。
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_6332.jpg?resize=71%2C71 【その他のモデルニスモ】
ガウディ以外にもある、多くのモデルニスモの傑作建築を徹底紹介!
http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_0012_2015052421442444c.jpg?resize=70%2C70 【美術館・博物館】
ピカソ、ミロ、ダリ、世界的な芸術家達の作品を見尽くす美術館、博物館館ガイド。
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/DSC_0497-001.jpg?resize=70%2C70 【シュートトリップ近郊の見所】
自然、歴史、人情味豊かなカタルーニャ。郊外のお勧めスポットとを紹介します。
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/201501140612226692.jpg?resize=68%2C68 【現代建築】
あまり知られていない現代建築ですが、斬新な現代建築が多くその筋では意外と有名。

基本情報記事一覧

http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/billetes.jpg?resize=69%2C69 【バルセロナの基礎知識】
気候、歴史、習慣、通貨、物価、インターネット事情など知っておきたい基礎知識。
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1-IMG_7563.jpg?resize=70%2C70 【空港情報】
バルセロナのゲートウエイ空港、空港から市内への移動、免税の仕方を徹底解説。
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/CIMG1919.jpg?resize=70%2C70 【交通情報】
便利で安いバルセロナの公共交通。ポイントを押さえて詳しく解説します。
http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/policia.jpg?resize=69%2C69 【安全に過ごすアドバイス 】
何かと不安な治安、本当のところはどうなの?現地からの最新情報&アドバイス。
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/th1.jpg?resize=71%2C71 【バルセロナ旅行に役立つ情報】
旅立つ前の準備、お得な情報をまとめて紹介。バルセロナ旅行に役立て下さい。

レストラン記事一覧

http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/2014101414204999c1.jpg?resize=68%2C68 【お勧めレストラン&バル、リスト】
実際に何度も足を運んで食べ、選りすぐったリスト。もうこれで失敗しないぞ!
http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1327496250_0.jpg?resize=68%2C68 【レストラン、バルで役立つ情報】
スペイン料理ってどんな料理?注文は?予約は?チップは? 疑問に答え徹底解説。
http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1sh_201505242209252e0.jpg?resize=71%2C69 【ジョランダ辛口訪問記】
開設70万アクセスを誇る人気のジョランダ食べ歩き訪問記。今日もビシバシ辛口炸裂!
http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/20150420201521727_201505242209302ed.jpg?resize=68%2C68 【オリジナルツアー紹介 】
バルセロナ一の食べ経験を誇るジョランダ監修、美味しく楽しむグルメ&夜景ツアー。
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_1524_201505242209315bc.jpg?resize=71%2C71 【レストラン全リスト】
約400軒を食べて評価した、血と汗と涙と怒りと喜びの全リストはお店選びの強い味方。

ショッピング記事一覧

http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1-Mujer_compra1.jpg?resize=70%2C70 【ショッピング役立つ情報】
買い物のコツ、免税。またスタッフによるお土産検証と厳選お勧め紹介もあります。
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1-IMG_0387.jpg?resize=68%2C68 【ファッション】
世界的なファストファッションZARAを初め靴、鞄、アクセサリー等の地元ブランド紹介。
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1-IMG_0327.jpg?resize=69%2C69 【おしゃれな雑貨・陶磁器】
スペインで一番のオシャレな街バルセロナだからこそのお勧め雑貨や陶磁器などを紹介。
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_9557-001.jpg?resize=68%2C68 【グルメ】
美食の街バルセロナで買うべきグルメ食品を一堂に集めた、お土産選びの参考書!
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/20150424012603e73_20150524225601e5c.jpg?resize=70%2C70 【マーケット・デパート・モール】
地元に愛される市場、何でも揃うデパート、便利な大規模ショッピングモールを一挙紹介。

エンターテイメント記事一覧

http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_1259_20150524221731b84.jpg?resize=71%2C71 【サッカー情報】
メッシー、ネイマールを擁するバルサ。世界屈指の人気チームを中心に解説します。
http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/tablao-flamenco-sevilla.jpg?resize=71%2C71 【フラメンコ情報】
本場アンダルシアに負けず劣らずのレベルの高いフラメンコがここでも見れます。
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/conci.jpg?resize=69%2C69 【バルセロナのイベント情報】
コンサートを初め、お祭り、スポーツ、サッカー等のイベント情報まずはココでチエック!