バルセロナ ウォーカー 

提供:Office Hill お問い合わせ

コロニア・グエル教会 Colonia Güell =ガウディの最高傑作と言われる未完の教会=

世界遺産のコロニア・グエル教会は、バルセロナ郊外、サンタ・コロマ・ダ・サルバリョ市にあります。繊維業界で成功を収めたエウセビ・グエル氏が、バルセロナ市(サンツ地区)から繊維工場をこちらの田舎に移そうとしたのをきっかけに、この町に工業コロニーを作りました。

1-IMG_2337

ガウディ好きから最も評価が高いと言われる

世界遺産コロニア・グエル教会、地元カタルーニャ語でのCripta de la Colònia Güell(コロニア・グエルの地下礼拝堂)はバルセロナ郊外15キロ、スペイン広場からは電車で25分ほどのサンタ・コロマ・ダ・サルバリョ市にあります。

繊維業界で成功を収めたエウセビ・グエル氏が、所有する繊維工場をバルセロナ市からを畑に囲まれたこの田舎に移そうと計画、それと同時に工場で働く労働者の為の居住施設、学校、商店、旅館、劇場、文化センター、教会などを含めた工業コロニーを作りますが、その中にある教会の設計を依頼されたのがアントニ・ガウディでした。

ただし、1898年に依頼されたガウディが教会の設計の基本となる逆さ吊り模型の制作に最初の10年間を費やしたため、工事が実際に着工されたのは1908年後のことでした。更に、その6年後にはサグラダ・ファミリアの建設に集中するためと言う理由のもと、未完成にも関わらずこの教会建設の仕事から手を引いてしまいました。

本来は半地階部と上層の教会堂との2層構成の建物でしたが、ガウディが手を引いた際上部しか完成していなかったため、それまでに完成していた半地階の部分、元々はキリスト教教育を目的とした教室、もしくは講堂として使用するはずであったスペースをやむなく教会として使用することになり、現在に至っています。

尚、この時の逆さ吊り実験は、その後のサグラダ・ファミリアへの建設へと活かされていき、ガウディ円熟期の建築を知る上で非常に重要な作品と言えます。

 

*当サイトはスマホでは正しく表示されません。お手数ですがPC表示に切り替えてご覧ください。

 

 

フニクラ(Funikura)による実験

http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2015/03/1-IMG_0647.jpg
当時コロニアグエル教会の実験はサグラダファミリア内のガウディのオフィスで行われ、その地下博物館で見れます
Fachada_sur_Cripta Fachada_este_Cripta2
 上の逆吊り模型の写真上に水彩画で書かれた教会  細部に修正を加えた最終案の教会完成予想図
 
10年もの歳月を費やしたことにより、結局は未完成に終わった逆吊り実験。それだけガウディがこだわっただけに、その実験がこの教会を知る上での最大のポイントとなる、その仕組みをここで簡単に説明すると。。。
天井から下がるなわ状に編んだ伸縮しない紐が、実際の柱、アーチ、ドームのリブなどに相当します。また、それらの箇所が受ける荷重に相当する鉛玉が布袋に詰められ所定の位置に吊られま、その紐の描く形態を上下反転したものが、垂直加重に対する自然で丈夫な構造形態だとガウディはそう考えました。

ちなみに、建設中に「建物が崩れるのでは?」と疑う職人たちに対して自ら足場を取り除き、構造の安全を証明したという逸話が残っています。

 

 

これぞガウディと息を呑む内部

neconni

ゴシック建築の影響を受けた部分もあれば、まるで「始め人間ギャートルズ」のような原始をイメージさす教会の天井を支えまる玄武岩の柱。

更に細部を見渡すと自然の造形もミックスされ、その独特の空間は正にこれぞ
”THEガウディワールド”。

 

1-IMG_2412 1-IMG_2465
 切り出した玄武岩の自然石をそのまま使った柱  レンガを円計上状に積み重ねた柱
1-IMG_2414
 自然から切り出した玄武岩の柱の上部、柱頭、柱楚の接合部の目地止めには同色の鉛が使われています
 
教会の天井を支える柱は、どれも微妙に傾斜し、その素材デザイン共に変化に富みます。特に、自然石の玄武岩(柱状節理)をそのまま利用した柱は、これまでの荘厳さに重きを置いた中世のイメージを完全に打ち破り、キリスト以前と言える古代へといざなう不思議な世界を醸し出しています。

尚、教会中心部の4本の柱に玄武岩の石柱が使われているのは、デザインもさることながら、レンガよりも強度が高い石を使うことにより柱の太さをその分細くでき、それにより全体の視界が確保されるようにと言う配慮からです。

 

1-toujinnbo 1-123071 【柱状節理】
マグマが冷却固結する際に岩体に柱状の割れ目が入る現象。玄武岩では六角柱ができることが多く、日本では国の天然記念物に指定されている東尋坊の海岸の岩も柱状節理にあたります。

 

 

天井を這うレンガのアーチ

1-IMG_2462
 天井を這うように、そしてまるで動物のあばら骨にも見えるアーチ
1-IMG_2416 1-IMG_2446
 ヤシの木イメージしたとも言われる放射状に並ぶアーチ  祭壇裏だけは高さがなく鉄骨で天井を支えています
 
煉瓦造りのアーチが天井を覆う様は圧巻。
10年もの歳月を費やした逆吊り実験の末に、最後に到達したこのアーチと柱が教会の最大の見どころであり、またガウディの最高傑作と言われる所以でもあります。

注目すべきはカタルーニャ地方でよく使われる通常の半分ほどの厚みの、まるで日本の蒲鉾板のような薄いレンガ。それを使ったカテナリーアーチは、まるで動物のあばら骨にも見えます。奇をてらっただけかに見えるアーチですが、実は計算し尽くされていて、きゃしゃに見える特異なリブ構造が屋上を安定的に支えています。

 

http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/katerinakyo.jpg 【カテナリー曲線とは】
ロープや鎖などの両端を持って垂らしたときにできる曲線をカテナリーと呼びます。因みに上下逆向きにした形状にすると、全ての部材に圧縮力がかかることになり、力学的に安定するためアーチ橋などに用いられます。ガウディは「逆さ吊り模型」設計に用いることにより、このカテナリー曲線を上手く建築に取り入れていました。

 

 

ガウディならではの個性的なステンドグラス

CIMG0981
教会の周りに生えている松の木、その松ぼっくりをデザインした塗ガラス
1-IMG_2439 1-IMG_2409
 教会に自然光が差し込む姿は神秘的  蝶の羽の様に開く窓

ジュジョールが作ったステンドグラス(正式にはステンドグラスでは無く塗ガラス)から、光が差し込んでいてとてもきれい。

ちなみに、このステンドグラスは蝶の羽根のように開閉式になっており、窓から教会内へ風を送り込みます。また、上下左右の羽根を開けると残る形はなんと十字架となり、機能性とデザイン性が高度に考えられ作られたものです。

 

jujol 【ジュゼップ・マリア・ジュジョール】
バルセロナの隣、タラゴナ県生まれの建築家でアントニ・ガウディの協力者として、建築にとどまらず家具デザインや絵画などの分野で才能を発揮した総合アーティスト。ガウディと施主達とがもめたため建設工事がとまってしまったカサ・ミラを完成させたのは実はジュジョールで、日本ではほとんど知られていませんがガウディの裏方として非常に大きな役割を果たしました。

 

 

ガウディの椅子

1-IMG_2453
 教会内に並ぶ椅子はガウディが、特別にデザインはよく見ると座る板が微妙にカーブしています
1-IMG_2419 1-IMG_2426
 よく見ると椅子と机が一体となっています  前の椅子にある板(懺悔板)を下げこんな感じで拝みます

教会内には祭壇を取り囲むように同心円状に配置された椅子。これらはガウディがデザインしたもので、この椅子に腰掛け、ゆっくりともたれ掛かると、背中がちょうど良くフィットして落ち着きます。是非、人間の体に合わせたこの椅子にも座ってみてください。

尚、2人で腰掛けてみると気が付くのが、椅子は一直線ではなくお互いが微妙に外側を向くように形が工夫され、お祈りの際には人に煩わされることなく自分の世界に入れるようになっています。ガウディオリジナルの椅子は1つのみで、その他はその後に修復され作られたレプリカとなります。

 

http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_1613.jpg CIMG0987 ガウディは建築のみならず、家具デザインにも優れこの他にもガウディのデザインした椅子があり、それはカサミラなどにも展示されています。
また、この教会にはモンセラット修道院やカテドラルと同じく、ここにも黒いマリア像が安置されています。

 

 

がれきの壁

1-IMG_2373
 教会東側は通称、瓦礫づくりとも呼ばれる壁面と、しずく型に突き出た窓枠には破砕タイルで覆われています
1-IMG_2350 1-IMG_2389
 反対の西側の窓の庇にも破砕タイル(トレンカディス)  窓の金網は織機の廃品を利用
1-IMG_2398 1-IMG_2370-001
 玄関ポーチは中央の1本を除き全てレンガ造り  天井を支える枝分かれした柱の奥は待合室
 
教会、正式には地下礼拝堂ですがその外側を見てみると他の教会とは全く異なるものとなっています。中でも一番に目に着くのは外壁に使われている素材で、通常の、レンガに加え燻した金属のようにも見える焼過ぎレンガ、溶岩のように見える鉄鋼スラグ。これら、異なった素材が混ざり合った壁面は通称瓦礫作りともいわれる独特なもので、一見異様とも言えなくありません。

あと見どころとしては、ガウディの定番と言えるトレンカディス(破砕タイル)。窓とその庇に施されています。ちなみにその窓の金網はコロニア内の繊維工場の廃品を利用したもので、空き瓶を屋上の煙突装飾に使ったカサミラや、不要になった食器を再利用したグエル公園のドリース式列柱の天井モザイクと廃品利用の点で共通しています。

 

1-IMG_2347-001 1-1-IMG_2488-001 【トレンカディス】
カタルーニャ語で破砕タイル又は破砕仕上げ全般を指す言葉。元々は降雨から壁を保護する目的に始まり、次第に装飾するために利用され一種のモザイクとして使われました。ガウディ以外にもこの時代に活躍した他の建築家も多用し、それはバルセロナに数多く残るモデルニスモ建築に見ることができます。
1-IMG_2370-002 1-1281 【鉄鋼スラグ】
一見すると溶岩にも見える石は、鉱石から金属を製錬する際に大量に溶鉱炉から出るカスで、現在の日本では産業廃棄物と指定されている厄介者。100年以上前にガウディはこの廃棄物のもつ荒々しく荒廃したともとれる質感に目を付け、それを壁や柱に使うことにより独特の雰囲気を創造しました。
1-IMG_2392-001 1-IMG_2442-001 【焼き過ぎレンガ】
普通の素焼き煉瓦(写真右)より更に高温で十分焼き込んだ煉瓦は、通常のレンガより色が黒っぽく、また吸水性が低く摩滅や衝撃に強い特性を持ちます。ガウディはこれらの鉄鋼スラグ、通常レンガ、焼き過ぎレンガ、更には破砕タイルを駆使して教会建設に取り組みました。

 

 

 

三位一体を表す

1-IMG_2353
 教会の入り口上部にあるモザイク
1-IMG_2356 1-IMG_2355
 モザイクの中を良く眺めるとキリスト教の 様々な教義が まるでなぞなぞの様にこの中に暗示が隠されています

礼拝堂入口上部のほぼ菱形の幾何学模様のモザイク。これらは宗教的装飾となっていて白地の菱形にはローマ字でPはカタルーニャ語でPater (父)、FはFilius(子)、SはSpiritus Sanctus(聖霊)が表された聖三位一体。その他に中央の白抜き部分は聖母マリアの合わせ文字、中央最上部の円形には十字架に火炎が押しかかる様子が描かれ、キリストの磔刑を意味しています。

また更によく見ていくと、この地域で採れるさくらんぼ、小麦、オリーブの枝葉や花、実に混じってキリスト教の4徳と言われる、慎重(貯金箱とヘビ)、正義感(天秤と剣)、堅忍(兜と鎧)、節制(パンを切るナイフとワインの飲み瓶)などが描かれているのが見てとれます。

 

20160718003923 【三位一体説】
キリスト教の根幹である、イエスの本姓についての見解で、「父(神)と子(イエス)と精霊」は三つの位格をもつが本質的に一体であるという説のことです。宗教改革後のプロテスタント諸派も三位一体説においては一致しており、キリスト教の最も重要な教義となっています。

 

 

壁の装飾に隠された謎

1-IMG_2358
 身を隠さなければならなかったキリストを暗号で示す魚
1-IMG_2361-001 1-IMG_2358-001
 Α:アルファは始まりを表し  Ω:オメガは最後表します

礼拝堂入り口の右上の壁には、魚が描かれたモザイクがあるのに気付きます。そこにいる3匹の魚はキリストを表します。キリストが生きていた時代では、キリストは身を隠す身でした。そのため、人々の間でキリストを暗号で示していました。(ギリシャ語で「イエス・キリスト・神の子・救世主」の頭文字をとると、魚を意味したことから)

他にも壁に付けられた装飾は、キリスト教やキリストに関わることが象徴といった形で描かれいて、魚の下の【Α:アルファ】と【Ω:オメガ】は、ギリシア文字の順番で「最初」と「最後」を示し、創世記の最初と最後を表すキリスト教の象徴、すなわち生から死までの全てを意味しています。

 

 

教会の入り口になるはずだった

1-IMG_2474
 教会の屋上にはギリシャの遺跡を彷彿とさせる石の枠組み
1-IMG_2392 1-okujy
屋上へは教会の裏へ回り階段を上ります 本来柱が立つだった場所が黒で示されています
1-IMG_2477 1-IMG_2478
 元々は換気様に作られた塔に、後に据え付けられた鐘 屋上の向こうに見えるのが司教の住居

高さ40メートルにもなる塔が達つはずだった教会の2階部分は現在は教会の屋根、屋上となっていますが、そこでまず目に入るのがギリシャの遺跡を彷彿させる石灰岩の石積み。ここが、教会の2階部分の入り口なる場所だったところです。

それ以外では、建設予定だった柱の位置が床に描かれています。
ちなみに、未完に終わったこともあり特にこの屋上に関しては、ただの見晴らし台としての価値以外はほとんどありません。

 

 

ガウディのアイデア十字架

1-IMG_2496
 ガウディがデザインした十字架はどの方向から見ても十字
1-IMG_2500 201501152100147fa
 スマホで動画を動きながら撮る人の姿も  バルセロナのミラーリェス邸の石門

1902年ガウディが制作した鉄細工の2重十字架が教会の入り口右に立っています。
試しに動きながら十字架を見て見ると、あら不思議本当にどこから見ても十字。
ちなみに、これはレプリカでオリジナルはミラリェス邸の門の上で見ることが出来ます。

 

 

音声ガイドを借り街散歩

1-IMG_2332 1-coloniaguell_info_horariosprecios_0
チケットはインフォメーションで購入 窓口でオーディオガイドが借りられる
1-IMG_3165-001
オーデイオガイドを借りるとこの様な村歩き地図をくれます
 @
入場チケットは、教会から徒歩3分程のところにあるインフォションで買います。オンラインでも買えるのですが、サグラダ・ファミリアと違って完売することが無いのでわざわざ予約する必要はありません。逆に下手に予約すると入場時間に縛られるので却って不便。また、予約しても結局はこのインフォメーションに立ち寄って、チケットに交換しなければならないので2度手間となります。

尚、オーディガイドがプラス2€で借りれるので、必要な方はチケット購入時に借りて下さい。ただし、パスポートを保証に預けなければならないのでお忘れなく。ちなみに教会自体は聞く所はそんなには無く、大半は村の建物巡りの音声ガイドになっています。

 

 

小さな村を歩くと

1-IMG_2505
 工場の労働者の為に作られたコロニーの中には、ガウディ作でありませんが凝った建物が幾つか現存しています
1-IMG_2518 1-IMG_3166
 学校として作られた建物  昔ながらの雰囲気を残す労働者住宅の玄関
1-IMG_2502
 コロニーの中心広場には、工場の所有者であったグエル伯爵の像が建っています
 
時間があるか方などら町の散策もおすすめ。
当時のモデルニスモ建築の家々が現在でも残っており人が住んでいます。
建物の中や学校は柵がされていて公開されていませんが、外観からなら見ることができます。

 

 

フォトムービー *PCの方は全画面表示でどうぞ

 

 

まとめ&アドバイス

教会自体は未完と言うのもありますが、完成していたとしても非常にこじんまりしたものです。なので、サグラダファミリアを見た時の様なインパクトはありません。ただしガウディ死後、他人の手により本来の別の姿形で現在も工事が続くサグラダ・ファミリアと違って、これこそが100%ガウディが作った教会とも言えますし、数ある作品の中での最高傑作とよばれるそれは、ガウディ建築好きには見る価値が十分あると言えます。

一方で建築に特に興味がない方には正直な所10分も見れば十分かも知れません。バルセロナからわざわざ地下鉄、電車、更に駅から歩いて来るまでの価値があるかと言うとそれは微妙。特にバルセロナへ来るのが初めてで、滞在が数日しかないのなら尚更そう言えます。

あと、オーディオガイドは日本語があって便利と言えなくもありませんが、教会の部分は少しで他の大部分が街の建物散策の説明になっているのにつけ、全部で1時間半もかかるのでそれはお好み次第で選んでください。ちなみに教会以外の建物は、特別な物は何も無くバルセロナの街になら幾らでもある平凡な物ですのであまり期待はしないこと。

最後に。。。
建築好きには非常に興味深いと言いましたが、それすなわちガウディ建築、建築構造などについて書かれた本を予め読んで行くとまた違った視点で見れ、キリスト教関係の本なども同じ事が言えます。、ちゃんと予習した上で実物を見ると、理解もさることながら感動も十数倍UPするはずです。

あと話は変わりますが、もしモンセラットなどと併せて効率よく回りたい方は、バルセロナウォーカーが主催するオリジナルツアーをご利用されてみてはいかがでしょうか。専用車でホテルまでお出迎え、お送り。途中は当サイトを運営するカミムラもしくは、弊社日本人スタッフが同行しますので安心です。更にこのツアーにはグエル教会以外にモンセラット、ワイナリー見学と試飲、地元スペイン人に人気のレストランでのランチまで全部含まれています。と、ちゃっかりこの場を借りて宣伝もしておきます。

leonnn 【厳選、お勧めオリジナルツアー】
ホテルまでの送迎がついているのでドアツードアで安心、そして楽ちんの欲張りツアー。

 

 

 


お勧め度:16点/20点
★★★★☆


 

住所 Claudi Guell  【地図はこちら】
URL http://www.gaudicoloniaguell.org
開館時間 11月-4月:10:00~17:00、5月-10月:10:00~19:00 土日祝:10:00-15:00
日曜・祝日11:00-はミサの時間のため内部見学不可

休館日:1/1,6 、4/9,16、12/25,26
料金 料金: €7、学割・シニア€5.50 オーディオガイド付き9€
(注意)チケットはインフォメーションで購入します。教会では買えません。
最寄駅 FGCコロニア・グエル駅から徒歩10分 (詳しい行き方は下の関連記事を参照下さい)

 

 

 


By miranda1 オフィスHILL
2015.02.09 作成
2018.08.12 最終更新
記事は取材時点のものです。現在とは記事の内容が異なる場合もありますのでご了承ください。間違った情報、また有用新情報、分かり難い点や質問等ございましたらこちらよりご連絡ください。

関連記事

1-C0004(2) 「コロニアグエル教会行き方」
スペイン広場駅からカタルーニャ鉄道に乗り教会まで行き方徹底解説し….
1colocol モンセラットとコロニア・グエル教会1日攻略法」一日で回ってしまう裏技を詳しく解説していくと、それには…

ピックアップ記事。

IMG_0478 「安い様で案外高いバルセロナの物価」
スペインは日本と比べて高い?安い?お財布に優しい旅の指南!
1-IMG_0504-001 【お勧めワイナリ見学はこれだ!】
バルセロナから日帰りのワインナリー見学、人気の3つを見て飲んでの徹底比較!
IMG_1336-001 「バルセロナ楽しみ切る!最終日の過ごし方」帰国日が午後のフライト。そんなあなたに最後の最後まで楽しみ切る方法を伝授! 1-Synced Sequence.00_04_31_01.Still004 「バルセロナ、ビギナーウォーカー」
初めてのバルセロナ、旅行計画から実際の街歩きまでを初心者向けに順に解説。
ciudaa 「必読!バルセロナ基礎の基礎」
バルセロナ初心者必読、歴史、人、気候そして、一風変わった常識!etc….
IMG_2761 「これだけは押さえたい!観光スポット ベスト10!」あのメッシーも絶賛!? バルセロナの必見スポットベスト10!
1-IMG_4223 【どっちがお勧めガイドツアーVSコンサート】 カタルーニャ音楽堂の見学方法はコンサートかツアーどっちが良いのか検証! IMG_4790 「特集・スペイン人のこだわり・コーヒー編」
何につけつてもいい加減なラテンなスペイン人ですが、コーヒにはこだわります!
IMG_6346 「本当はどっちがお勧め生誕VS受難の塔」
サグラダファミリアの塔に登る際に迷う、生誕か受難か。それに正面からお答えします!
barceplo774 「検証!バルセロナお得なチケット3種」
バルセロナ観光で使える代表的な割引券の3つ。本当に一体いくらお得なの?!
http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/03/momochan.jpg 「ジョランダ辛口レストラン訪問記」
100万アクセス突破!レストラン、バル訪問記!今日もビシバシ斬ります!
jyra1 「レストランの食事のチップって払うの?」
日本に無いチップ、一体幾ら払えばいいの?! 大丈夫これさえ読めば安心。
danngan 「ここまで出きるぞ!バルセロナ弾丸ルート」 たった1日2日の滞在でも、観て食べてそして楽しみ尽くす必殺ルートはこれだ! IMG_1254 「スタッフお勧め厳選土産」
スバルセロナウォーカースタッフがお勧めするバルセロナ厳選土産一覧。
1-IMG_0300 楽しく賢くショッピング!」
旅行の楽しみは観光、食事、そして買い物。ショッピングのアドバイスをお送りします!
IMG_2196 もう迷わない?! バルセロナの歩き方」
碁盤の目に区画割された街は、分かり易いようで道に迷うことも。そんな悩みを解決!
20140 「これはお得!お勧め両替用カード」
バルセロナウォーカースタッフも使っている、お勧めカードで賢く両替しましょう!
dororo 「被害に遭わない置き引き対策」
バルセロナの犯罪被害で2番目に多い置き引きに絶対遭わない対策を伝授!
1-MVI_1996 (4).00_15_49_24.Still009 「必見!人間の塔は世界無形文化遺産」
カタルーニャ名物の人間の塔。以前より開催頻度が上がり運が良ければ見れますよ!
1-MVI_2795(1)-001 「フラメンコを比較検証、お勧めはこれだ!」
バルセロで見られるフラメンコショー9か所を2ヶ月掛けて回り徹底比較検証しました
gaigapaella 「これだけは押さえたい!パエリヤ10ヵ条」
スペイン料理の代表?果たしてホント?知られざるパエリヤの真実を教えます!
IMG_2022 「これで安心!日曜日のレストラン」
バルセロナ滞在が日曜日になると、お目当てレストランはお休み。でも
IMG_5424-001 「バルセロナの地元ビール特集」
ジモピーがよく飲む人気ビール6ブランドを徹底検証!ここまで来て飲まずに死ねるか!!
1-IMG_3783 「私達なら知り合いをここに泊める!」
日本の友人に聞かれたら、自信をもって勧めるホテルのリストはこれだ!
20120116073257169 「日本人がよく失敗する店」
ガドブックを見て行ったのに、こんなはずじゃなかった・・。ガックリ店のリストです。
lisboa (10) 「旅行者の特権、免税でお安くお買い物」
日本人なら13%のお金が戻ってくる免税。誰よりも詳しく手続きを全解説!
barjo (2) 「美味しく楽しむ!バルセロナグルメ10ヶ条」確実に美味しい物を楽しく食べたい人の為に、まずは基本の10ヵ条。 54fd 【間違いだらけの缶詰選び】
お土産として重宝する缶詰。スペイン中の缶詰を食べ尽し検証その数500!
IMG_1626 「検証!カカオサンパカ51種食べ比べ」
日本人に人気のお土産チョコレート。その51種類を世界初の食べ比べ検証記録。?
1-IMG_1335 【バルセロナ究極のスリ、置き引き対策】
こうすればまずトラブルに遭う事は無いと保証できる方法をアドバイスします。
IMG_4594 「これは便利!バルセロナ地図集」
スマホ、タブレット用に地図、路線図をPdf保存!バルセロナ便利地図集めました。
funsui (2) 「マジカ噴水ショー」
欧米人観光客に絶大な人気を誇る、無料の噴水ショー。水と光の魅惑の競演を楽しめ!

観光記事一覧

http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/CIMG8869.jpg?resize=70%2C70 【ガウディ】
サグラダファミリアを筆頭に天才のガウデイの残した世界遺産建築は必見!
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_2806.jpg?resize=71%2C71 【バルセロナの見所】
ヨーロッパでも屈指の人気都市バルセロナの外せない見所を全部リストアップ。
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_6332.jpg?resize=71%2C71 【その他のモデルニスモ】
ガウディ以外にもある、多くのモデルニスモの傑作建築を徹底紹介!
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_0012_2015052421442444c.jpg?resize=70%2C70 【美術館・博物館】
ピカソ、ミロ、ダリ、世界的な芸術家達の作品を見尽くす美術館、博物館館ガイド。
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/DSC_0497-001.jpg?resize=70%2C70 【シュートトリップ近郊の見所】
自然、歴史、人情味豊かなカタルーニャ。郊外のお勧めスポットとを紹介します。
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/201501140612226692.jpg?resize=68%2C68 【現代建築】
あまり知られていない現代建築ですが、斬新な現代建築が多くその筋では意外と有名。

基本情報記事一覧

http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/billetes.jpg?resize=69%2C69 【バルセロナの基礎知識】
気候、歴史、習慣、通貨、物価、インターネット事情など知っておきたい基礎知識。
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1-IMG_7563.jpg?resize=70%2C70 【空港情報】
バルセロナのゲートウエイ空港、空港から市内への移動、免税の仕方を徹底解説。
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/CIMG1919.jpg?resize=70%2C70 【交通情報】
便利で安いバルセロナの公共交通。ポイントを押さえて詳しく解説します。
http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/policia.jpg?resize=69%2C69 【安全に過ごすアドバイス 】
何かと不安な治安、本当のところはどうなの?現地からの最新情報&アドバイス。
http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/th1.jpg?resize=71%2C71 【バルセロナ旅行に役立つ情報】
旅立つ前の準備、お得な情報をまとめて紹介。バルセロナ旅行に役立て下さい。

レストラン記事一覧

http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/2014101414204999c1.jpg?resize=68%2C68 【お勧めレストラン&バル、リスト】
実際に何度も足を運んで食べ、選りすぐったリスト。もうこれで失敗しないぞ!
http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1327496250_0.jpg?resize=68%2C68 【レストラン、バルで役立つ情報】
スペイン料理ってどんな料理?注文は?予約は?チップは? 疑問に答え徹底解説。
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1sh_201505242209252e0.jpg?resize=71%2C69 【ジョランダ辛口訪問記】
開設100万アクセスを誇る人気のジョランダ食べ歩き訪問記。今日もビシバシ辛口炸裂!
http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/20150420201521727_201505242209302ed.jpg?resize=68%2C68 【オリジナルツアー紹介 】
バルセロナ一の食べ経験を誇るジョランダ監修、美味しく楽しむグルメ&夜景ツアー。
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_1524_201505242209315bc.jpg?resize=71%2C71 【レストラン全リスト】
約600軒を食べて評価した、血と汗と涙と怒りと喜びの全リストはお店選びの強い味方。

ショッピング記事一覧

http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1-Mujer_compra1.jpg?resize=70%2C70 【ショッピング役立つ情報】
買い物のコツ、免税。またスタッフによるお土産検証と厳選お勧め紹介もあります。
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1-IMG_0387.jpg?resize=68%2C68 【ファッション】
世界的なファストファッションZARAを初め靴、鞄、アクセサリー等の地元ブランド紹介。
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1-IMG_0327.jpg?resize=69%2C69 【おしゃれな雑貨・陶磁器】
スペインで一番のオシャレな街バルセロナだからこそのお勧め雑貨や陶磁器などを紹介。
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_9557-001.jpg?resize=68%2C68 【グルメ】
美食の街バルセロナで買うべきグルメ食品を一堂に集めた、お土産選びの参考書!
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/20150424012603e73_20150524225601e5c.jpg?resize=70%2C70 【マーケット・デパート・モール】
地元に愛される市場、何でも揃うデパート、便利な大規模ショッピングモールを一挙紹介。

エンターテイメント記事一覧

http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_1259_20150524221731b84.jpg?resize=71%2C71 【サッカー情報】
メッシーを擁するバルサ。世界屈指の人気チームを中心に解説します。
http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/tablao-flamenco-sevilla.jpg?resize=71%2C71 【フラメンコ情報】
本場アンダルシアに負けず劣らずのレベルの高いフラメンコがここでも見れます。
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/conci.jpg?resize=69%2C69 【バルセロナのイベント情報】
コンサートを初め、お祭り、スポーツ、サッカー等のイベント情報まずはココでチエック!