バルセロナ ウォーカー 

提供:Office Hill お問い合わせ

バルセロナでこれだけは押さえたい!パエリヤ10ヵ条

スペイン料理の代表と言えばパエリヤ。バルセロナに来たら日本人なら誰でも食べると言って良いほどのパエリヤですが、案外と知れていない事があったりします。

gaigapaella

これだけは押さえたい!パエリヤ10ヵ条

スペイン料理の代表と言えばパエリヤ。

バルセロナに来たら日本人なら誰でも食べると言って良いほどのパエリヤですが、案外と知れていない事があったりします。

美味しく食べるポイント等も含めてを詳しく解説します。

 

その1:パエリヤは日常食べるスペイン料理じゃない!

http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/paellagojisan.jpg?resize=300%2C225 スペイン料理の 代表として世界に広く知られているパエリヤですが、日本人のみならず世界的に最も誤解されているのがこの料理かも知れません。

まず意外に思うかも知れませ んが日本の皆さんが思っている程、スペイン人はパエリヤを日常的に食べていません。毎週のように家庭でパエリヤを作って食べている人も、探せばいるのかも 知れないですが、スペイン人の友人の誰に聞いても知らないと答えます。
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/225-paella.jpg?resize=608%2C456

理由は元来パエリヤは一般的な家庭料理ではなく、親戚などが集まった時に庭や野外で作る様な料理です。

分かり易く言うと
日本の「ちらし寿司」みたいなもので、普段は家で作ってまで食べないけれど人が集まった時やお祭り、また店のメニューにあったら食べてみょうかと言う程度です。

実際のところスペイン人はパエリヤよりスーパーで 売っている冷凍ピザを、一生のうちにその数倍は多く食べますし、現在空前のブームとなっている和食、ここバルセロナなどの大都市ではパエリヤより寿司を食べる頻度がより多いと言うスペイン人もかなりの数います。

あと
家庭で作らないもう一つの理由として、パエリヤ鍋を置けるような大きなサイズのガス台が普通の家庭には無いと言うのもあります。

 

その2:本場はバレンシア!

http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/valencia.jpg?resize=298%2C224 http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/paella-valenciana.jpg?resize=300%2C225

パエリヤの本場はバルセロナの南に位置するバレンシア州。
起源は昔スペインを支配していたアラブ人が始めた料理とされ、本場のバレンシアナと言うパエリヤはシーフードは一切使わない物でチキン、ウサギ、カタツムリなどの肉にjudías verdes(モロッコインゲン豆)を入れたものです。写真の右上、見ての通り地味なパエリヤがそれです。

また良く聞かれるのに「バルセロナより本場のバレンシアの方がより美味しいの?」と言うのがありますが、私が実際に行って食べ歩いた感じは炊きあがった時の水分の量に違いがあるのと、上記で述べた具が違う程度で味に関してはバルセロナより特に向こうが上と言うのは全く感じませんでした。

この時代に地方で食べられている料理で美味しい物があれば、すぐに大都市に伝わるのが当たり前。それは日本で最も熾烈なレストランの競争が繰り広げられている東京に、レベルの高い地方料理が集まるのと全く同じ理由です。

 

camnmajo (7) バルセロナ市内の地中海に面したバルセロネータ地区はシーフードレストランが多くあり、パエリヤが定番料理にもなっていますが、その中ではやはり一番人気はこれ。

イカ、貝、海老、手長海老が入った見た目にも良いパエリヤが現在の主流。これが日本人のみならず世界的にイメージされているパエリヤと言ってもいいでしょう。

 

 

その3:パエリヤのご飯は黄色くない!

http://i0.wp.com/image.space.rakuten.co.jp/lg01/53/0000314253/40/img89779b82zik6zj.jpeg?resize=299%2C224 http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/paella05.jpg?resize=299%2C224
日本人がイメージする具だくさんの黄色いパエリヤ。  左がサフラン右がコロランテ(着色料)

日本人はパエリヤのご飯は黄色と言うイメージを持っていますが、実際は地味な色をしています。米を炊くときにサフランを入れ色付けしているのですが、残念ながらそんなに綺麗に黄色くなる訳ではありません。もちろん大量に入れれば黄色くなりますが、度を越すとサフラン独特の味が強まり薬っぽい味になってしまい食べれたものでありません。

ところで安い街場のバルの定食や観光客向けの冷凍物のパエリヤを食べると、やけに良い色いものがありますがそれはコロランテ(写真右)と言う着色料を入れて色付け (黄色と言うよりややオレンジ系)しているからです。

また日本人の中にはパエリヤのご飯の色をまるでカレーピラフ(写真左)の様な色と思っている人もいますが、それはカレー粉の元になっているターメリックを入れた物である意味邪道。


その4:パエリヤは本来は昼食べるもの!

calanuri (11) marrrrri (14)
ランチにビーチでパエリヤ 夜に食べる観光客

同じ米を主食とする日本人には理解しがたい事なのですが、スペイン人にとって米料理は調理の際に大量のオリーブオイルを使っているのでヘビーと認識されています。またこちらでは食事は昼食に重きを置いている事もあり、夜軽く食べる習慣を持つ彼らにとって昼食以外にパエリヤを食べると言う選択はほとんどありません。

面白い例を挙げると
写真左はバルセロナビーチ沿いで週末の昼に食べるスペイン人(写真左)。そして写真右は観光客のメッカと言えるレイアール広場、そこのテラス席で夜パエリヤを食べる欧米人観光客。この時間にパエリヤを食べる地元スペイン人はいません。

 

その5:パエリヤは決して安くない!注文は2人前から

kangrelascasi (9) 実はスペイン料理の中でパエリアは安く無い料理の一です。しっかりしたパエリヤを出すそれなりの店だと相場は1人前20€程。最低2人前からのオーダーとしている所がほとんどですから、これだけで40€(5,000円)少し。更に前菜、飲み物を加えると簡単に2人で1万円を越えてしまいます。原価としては米なんか安く、シーフードと言っても飾りに少し使っているだけであとは出汁ぐらい。なので店にとってはかなり利益率の高い売り物となっています。

ところでバルセロナでは木曜日、街中のバルの10€程の安定食のメニューの中にパエリヤが一品としてあります。着色料たっぷり使ったものであまり美味しいとは言えないですが、これは大鍋で炊いて皿に分けてくれるので一人前から食べれ、取り敢えず一人で安価に食べたい方にはお勧めです。

ちなみにどうして木曜日にだけパエリヤがあるのかと言うと、諸説はありますが昔はキリスト教徒もイスラム教徒と同じ様に断食の日がありそれが金曜日でした。その断食中に空腹で困らない用に前日に腹持ちの良いコメ料理のパエリヤを食べ、断食日の空腹をを乗り切ろうとしたのが始まりだと言われています。

ところで、この後に出てきますがパエリアを食べる最大の注意点がこの腹持ちの良さです。

 

 

その6:水分が多いのがバルセロナのパエリヤ!

piazepaella (7) http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/arroz-caldoso.jpg?resize=302%2C226
水分が残るパエリヤ 丸ごとロブスターの出汁が効いたカルドッソ

バルセロナのパエリヤと本場バレンシアのパエリヤ、味のレベル差と言うのは特に感じないのですが、一番の違いは水分の量。基本的にバルセロナで食べるパエリヤにはお焦げはありません。米はしっかり炊かれていて、余程いい加減なレストランでない限りアルデンテと言うのもありません。


あと、写真右の料理ですが「カルドッソ」と言って日本で言うおじや。 日本語のおじやの語源は江戸時代に入ったスペイン語のオージャ(鍋)から来ている言葉ですが、その元祖料理がカルドッソ。地元の人の中にはパエリヤよ り、ロブスターが入ったこの方が好だと言う人も多くいます。

既に何度もパエリヤを食べた事がある人で、まだ食べた事が無い方にはカルドッソもお勧めです。通常オマールエビが一匹丸ごと入っていて、非常に味が分かりやすいと言うかバッチリ決まってハズレも少なく手堅い料理です。 もっとも今までお勧めした日本人の皆さん全員が「そんなのじゃなくて、パエリヤが食べたい!」と言われ、助言はすべて却下されましたが。(笑

 

 

その7:具には期待しない!

kangrelascasi (4) kaiku (11)
長時間の加熱で水分が飛び白くなったエビ 具は別に調理したアロス・アバンダ

写真左のパエリヤを見て頂くと分かるのですが、具がご飯と一緒に炊き込まれていて大体炊き上げるのに30分弱掛かります。その間、鍋は火にさらされるわけですが時間が長い事もあり、中に入っている貝も海老も水分が飛んでしまい貝は身が干からび、エビの殻は白っぽくなり 食べるのにはもう適していません。

またシーフドパエリヤの定番の手長海老ですが使われるのはサイズが小さく食べる部分が少ないのもあって、尻尾の殻を剥いても中には身も何も無く、いたずらに手を汚すだけと言う非常に悲しい結果となります。なのでパエリアの具には何も期待しない方が無難です。

ところで、この具から出汁が出ていると思っている人も多いかと思いますがそれはありません、実際料理人の方も言っていますが、別に用意した出汁のスープで味が決まるとのことで、上のエビや貝はただの飾りにしか過ぎません。

あと、右がレストラン「Kaiku」で出しているパエリヤ。これは具は別に調理して最後に炊き上げたご飯の上に置いているのですが、これだとご飯も具も両方美味しく食べれます。ちなみにこのようにご飯だけを炊き上げるのをArroz a banda(アロースアバンダ)と言って、これがプロの料理人によると一番美味しく食べれる調理方法と言われています。

 

 

その8:パエリヤは量に十分注意すべし!

kangrelascasi (4) canguu (21)
一見すると炊き込みご飯のパエリヤですが

信じられない量のオリーブオイルがご飯に含まれています


これが、パエリヤを食べる上での最重要ポイント。

元々スペイン料理はオリーブオイルを大量に使うので、どうしても高カロリーでヘビーなものとなりますが特にパエリヤがそう。日本でパエリヤを食べたこと がある人も多いかと思いますが、こちら本場で食べるそれとの最大の違いは入っている油の量。

ちなみにネットで日本のパエリヤのレシピを見ると、オリーブオイルを大さじで何杯と書いていますが、こちらスペインのレシピを見ると、さじではなくてTaza(コーヒーカップ)何杯と書かれています(笑)。

写真左で2人前ですが、これを2人で完食すると胃が余程丈夫でない限り食べた後に胃もたれします。ですので、腹八分目がパエリヤを食べる際のポイント。本当にこれは重要で、もったいないと思ってもそこで止めて後は残して下さい。

 

 

その9:こんな店で食べるべからず!

工場で作った冷凍のパエリヤだと、ばればれの看板 最大の観光スポットサグラダファミリア横のレストラン

「美味しく楽しむ、バルセロナグルメ10ヶ条」
でも書きましたが店の前に、こんな看板を出している様な店で食べてはダメ。また観光地の周りの店も極力避けた方が無難です。

こう言う店で出すパエリヤは、工場で大量生産された原価5ユーロ程の冷凍物の子供だましです。

 

 

その10:パエリヤだけにこだわらない!

lesquin (10) lesquin (13)

イカ墨を使ったアロスネグロ(ARROZ NEGRO)

細かく折ったパスタを入れたフィデウア(Fideuà)

日本人の方の殆どがパエリヤ、パエリヤと呪文のように言ってこだわられるのですが、取りあえず一度パエリヤを食べその願いがかなったら、先ほどにも述べましたがスペイン風のおじや「カルドッソ」や「イカ墨パエリヤ」また「パスタのパエリヤ」など色々なコメ料理にもぜひ挑戦してみて下さい。

写真はレストラン「Les Quinze Nits」のイカ墨とパスタパエリヤですが、特にイカ墨は味がドンピシャに決まっていますしパスタも悪くなく、尚且つお安く食べれるのでバルセロナ滞在中に機会があれば試してみてください。

​​

IMG_4075 「Les Quinze nits」
基本ファミレス料理ですがイカ墨パエリヤはお勧め。非常に安価で食べれます。

 

まとめ

パエリヤをスペイン人が普通は家で食べないなんて、結構日本人には目からウロコの新知識だったんじゃないでしょうか?

また案外と高い料理で、そしてヘビー。 バルセロナに私を含めて長く住む日本人で頻繁にパエリヤを食べに行ってる人を聞いたことがありません。その理由は正直もっとお金の値打のある美味しい料理がある上に、高カロリーで胃もたれしやすいからです。

日本から来られたら一度はパエリヤも良いと思いますが、2度3度と食べるのは特に短期間のバルセロナ滞在では正直無駄。他にも美味しいスペイン料理があるのでそれを食べる方がより有意義だと思います。

最後に一つだけ言っておくと、ネット上で言われているパエリヤは塩抜きで注文すると言うのがあるのですがハッキリ言ってそれは違います。

確かに7portesLos Caracoles 等の昔ながらの歴史と伝統をウリにしている観光客御用達店では味が濃く塩辛いので塩抜きで頼んだ方が良いのですが、最近のちゃんとした店のパエリヤは塩抜き注文する必要は全く無く、逆にそれではキレがなくなり味ボケしてしまいます。

 


By http://i1.wp.com/blog-imgs-77.fc2.com/h/o/s/hostalhill/yolanda.png?resize=69%2C81 オフィスHILL
2015.4.6 作成
2016.4.08 最終更新
記事は訪問時点のものです。料金、営業時間等は頻繁に変わります。現在とは記事の内容が異なる場合もありますのでご了承ください。間違った情報や有用新情報、分かり難い点などございましたらこちらよりご連絡ください。

ピックアップ記事。

IMG_1336-001 「バルセロナ楽しみ切る!最終日の過ごし方」帰国日が午後のフライト。そんなあなたに最後の最後まで楽しみ切る方法を伝授! IMG_8129 「バルサの練習場への行き方」
一般公開はしていませんが、出待ちでサインをもらうならココ。市内からの行き方です!
IMG_2022 「これで安心!日曜日のレストラン」
バルセロナ滞在が日曜日になると、お目当てレストランはお休み。でも
IMG_1254 「スタッフお勧め厳選土産」
スバルセロナウォーカースタッフがお勧めするバルセロナ厳選土産一覧。
http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/03/momochan.jpg 「ジョランダ辛口レストラン訪問記」
100万アクセス突破!レストラン、バル訪問記!今日もビシバシ斬ります!
jyra1 「レストランの食事のチップって払うの?」
日本に無いチップ、一体幾ら払えばいいの?! 大丈夫これさえ読めば安心。
IMG_5424-001 「バルセロナの地元ビール特集」
ジモピーがよく飲む人気ビール6ブランドを徹底検証!ここまで来て飲まずに死ねるか!!
IMG_0003-001 「バルセロネータで地中海を満喫」
地下鉄15分、わずか150円でこんなビーチへ!地元スペイン人に紛れ楽しもう!
Chocolate_con_churros_de_lazo 「地元の人気菓子と言えばチュロス」
大人から子供まで大人気のチュロス。その歴史、作り方、店選びまでを徹底解説!
20140 「これはお得!お勧め両替用カード」
バルセロナウォーカースタッフも使っている、お勧めカードで賢く両替しましょう!
barjo (2) 「美味しく楽しむ!バルセロナグルメ10ヶ条」確実に美味しい物を楽しく食べたい人の為に、まずは基本の10ヵ条。 54fd 【間違いだらけの缶詰選び】
お土産として重宝する缶詰。スペイン中の缶詰を食べ尽し検証その数500!
20120116073257169 「日本人がよく失敗する店」
ガドブックを見て行ったのに、こんなはずじゃなかった・・。ガックリ店のリストです。
funsui (2) 「マジカ噴水ショー」
欧米人観光客に絶大な人気を誇る、無料の噴水ショー。水と光の魅惑の競演を楽しめ!

観光記事一覧

http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/CIMG8869.jpg?resize=70%2C70 【ガウディ】 サグラダファミリアを筆頭に天才のガウデイの残した世界遺産建築は必見! http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_2806.jpg?resize=71%2C71 【バルセロナの見所】 ヨーロッパでも屈指の人気都市バルセロナの外せない見所を全部リストアップ。
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_6332.jpg?resize=71%2C71 【その他のモデルニスモ】 ガウディ以外にもある、多くのモデルニスモの傑作建築を徹底紹介! http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_0012_2015052421442444c.jpg?resize=70%2C70 【美術館・博物館】 ピカソ、ミロ、ダリ、世界的な芸術家達の作品を見尽くす美術館、博物館館ガイド。
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/DSC_0497-001.jpg?resize=70%2C70 【シュートトリップ近郊の見所】 自然、歴史、人情味豊かなカタルーニャ。郊外のお勧めスポットとを紹介します。 http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/201501140612226692.jpg?resize=68%2C68 【現代建築】 あまり知られていない現代建築ですが、斬新な現代建築が多くその筋では意外と有名。

基本情報記事一覧

http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/billetes.jpg?resize=69%2C69 【バルセロナの基礎知識】 気候、歴史、習慣、通貨、物価、インターネット事情など知っておきたい基礎知識。 http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1-IMG_7563.jpg?resize=70%2C70 【空港情報】 バルセロナのゲートウエイ空港、空港から市内への移動、免税の仕方を徹底解説。
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/CIMG1919.jpg?resize=70%2C70 【交通情報】 便利で安いバルセロナの公共交通。ポイントを押さえて詳しく解説します。 http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/policia.jpg?resize=69%2C69 【安全に過ごすアドバイス 】 何かと不安な治安、本当のところはどうなの?現地からの最新情報&アドバイス。
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/th1.jpg?resize=71%2C71 【バルセロナ旅行に役立つ情報】 旅立つ前の準備、お得な情報をまとめて紹介。バルセロナ旅行に役立て下さい。

レストラン記事一覧

http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/2014101414204999c1.jpg?resize=68%2C68 【お勧めレストラン&バル、リスト】 実際に何度も足を運んで食べ、選りすぐったリスト。もうこれで失敗しないぞ! http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1327496250_0.jpg?resize=68%2C68 【レストラン、バルで役立つ情報】 スペイン料理ってどんな料理?注文は?予約は?チップは? 疑問に答え徹底解説。
http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1sh_201505242209252e0.jpg?resize=71%2C69 【ジョランダ辛口訪問記】 開設70万アクセスを誇る人気のジョランダ食べ歩き訪問記。今日もビシバシ辛口炸裂! http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/20150420201521727_201505242209302ed.jpg?resize=68%2C68 【オリジナルツアー紹介 】 バルセロナ一の食べ経験を誇るジョランダ監修、美味しく楽しむグルメ&夜景ツアー。
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_1524_201505242209315bc.jpg?resize=71%2C71 【レストラン全リスト】 約400軒を食べて評価した、血と汗と涙と怒りと喜びの全リストはお店選びの強い味方。

ショッピング記事一覧

http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1-Mujer_compra1.jpg?resize=70%2C70 【ショッピング役立つ情報】 買い物のコツ、免税。またスタッフによるお土産検証と厳選お勧め紹介もあります。 http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1-IMG_0387.jpg?resize=68%2C68 【ファッション】 世界的なファストファッションZARAを初め靴、鞄、アクセサリー等の地元ブランド紹介。
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1-IMG_0327.jpg?resize=69%2C69 【おしゃれな雑貨・陶磁器】 スペインで一番のオシャレな街バルセロナだからこそのお勧め雑貨や陶磁器などを紹介。 http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_9557-001.jpg?resize=68%2C68 【グルメ】 美食の街バルセロナで買うべきグルメ食品を一堂に集めた、お土産選びの参考書!
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/20150424012603e73_20150524225601e5c.jpg?resize=70%2C70 【マーケット・デパート・モール】 地元に愛される市場、何でも揃うデパート、便利な大規模ショッピングモールを一挙紹介。

エンターテイメント記事一覧

http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_1259_20150524221731b84.jpg?resize=71%2C71 【サッカー情報】 メッシー、ネイマールを擁するバルサ。世界屈指の人気チームを中心に解説します。 http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/tablao-flamenco-sevilla.jpg?resize=71%2C71 【フラメンコ情報】 本場アンダルシアに負けず劣らずのレベルの高いフラメンコがここでも見れます。
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/conci.jpg?resize=69%2C69 【バルセロナのイベント情報】 コンサートを初め、お祭り、スポーツ、サッカー等のイベント情報まずはココでチエック!