バルセロナ ウォーカー 

提供:Office Hill お問い合わせ

サグラダファミリア教会 ~日本人の海外人気観光スポット世界3位!~

La Sagrada Familia サグラダ・ファミリア教会は、グラナダのアルハンブラ宮殿とともにスペインで最も有名な見どころの双璧をなしています。また、建築家アントニ・ガウディの代表的な作品のひとつで、130年以上も建設工事が続く未完の教会として、その名を世界中に知られています。

barcelona (3)

概要

サグラダ・ファミリア教会は、グラナダのアルハンブラ宮殿とともにスペインで最も有名な見どころの双璧をなしています。また、建築家アントニ・ガウディの代表的な作品のひとつで、130年以上も建設工事が続く未完の教会として、その名を世界中に知られています。
@
21 世紀に入っても、完成まであと200年はかかるだろうと言われてきましたが、2010年ローマ教皇ベネディクト16世によって「バシリカ」に認定する 聖別のミサが執り行われのを契機に急ピッチで工事が進み、現在ガウディ没後100年に当たる2026年の完成を目指しています。

 

*当サイトはスマホでは正しく表示されません。お手数ですがPC表示に切り替えてご覧ください。

 

 

完成したらこんな感じ

010jk 完成したらこのようになるそうです。
@
ベージュ色の部分がすでに出来上がった部分。
@
クリーム色の部分が未完成の部分です。
@
中心になる170メートルの最も高い「イエスの塔」をはじめ、まだ建設される塔がいくつか残っていて、現在は赤枠で囲った部分の聖母マリアに捧げる塔をメインに建設が進んでいます。

 

 

CGのイメージビデオは感動もの!

このイメージCGには出てきていませんが、栄光の門側の道を渡ったブロックに本当入り口が出来ることになっています。日本では全く語られていませんが現在、立ち退きについて住民と協議中で、この結果が決まらない限りサグラダファミリアの最終的な完成は無いとも言われています。

 

 

生誕のファザード

http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2015/03/1-seitanohaha.jpg

*画像をクリックすると生誕ファザードの360°画像を、ご自分で好きな方向に動かして見れます!
生誕のファサードは、サグラダファミリア教会の中で、地下礼拝堂に次ぎ最も初期の時代に建設されました。ガウディの精魂が込められたファサードには、溢れんばかりに緻密な装飾で埋め尽くされ、それは正にイエス・キリストが誕生した希望と喜びに包まれています。

 

 

またの名は立体聖書

http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/agubou1.jpg

サグラダ・ファミリア教会は、立体曼荼羅ならぬ‘立体聖書’。
東側の生誕ファサードには、マリアの受胎告知に始まり、イエス・キリストが誕生し、成長していくまでの各エピソードが彫刻によって表されています。まずファサードには左から順に父ヨセフを象徴する「希望の門」、イエスを象徴する「慈愛の門」、母マリアを象徴する「信仰の門」の3つから成り立っています。ここでそれを更に詳しく見ていくと。。

 

http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0411-003.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0413-002.jpg

.【エジプトへの逃避行】ヘロデ王のイエス殺害計画を知り、幼いイエスを胸に抱いたマリアたちがエジプトへ逃げる場面。【幼児虐殺】イエス・キリストの誕生を知ったヘロデ王は、王の座を失うことを恐れ生まれた幼児を見境なく殺するよう命じます。赤ちゃんを殺そうとする兵士に、母親がすがりつく場面。

 

http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0418.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0422.jpg

.【聖母マリアの載冠】キリストが聖母マリアに冠を授ける場面、その横(左下)はマリアの婚約者、夫にしてキリストの養父でもある聖父ヨセフ。【受胎告知】大天使ガブリエルが、神の子の母マリアに選ばれた事を告げる、中世の西洋絵画で見かけるお馴染みの場面。

 

http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2015/03/1-IMG_0419.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0420-001.jpg

.④ 【ラッパを吹く天使】キリストの誕生を告げるラッパを吹く天使たちは、ガウディが実際に3人の軍人をモデルにして制作したと言われます。

 

http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0409.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0425.jpg

.【奏楽の天使たち】ファザードの正面左に3人右に3人、合計6人の天使達が、それぞれハーブ、ファゴット、バイオリン、民族楽器を演奏している場面で。この幾つか像は、日本人彫刻家の外尾悦郎氏の制作になります。

 

http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0428.jpg http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0430.jpg

.⑦ 【キリスト生誕】生まれたばかりのキリストを養父ヨセフと母マリアが見守る場面。【羊飼いの礼拝】最初に星を見て神の子イエスの誕生を知った羊飼いたち、彼らがベツレヘムへ向かって礼拝する場面で、この羊飼いは神に対しての私達、民衆の象徴と言われています。

 

http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0443.jpg http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0436.jpg

.【聖母マリアの訪問】聖母マリアが神の子キリストを身籠もったことを伝えるため、従姉のエリザベトを訪ねている場面。 ⑩ 【働くキリスト】大工である養父ヨセフを手伝って働く、若きキリストの姿を描いた場面。

 

 

それぞれに意味のある彫刻

http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2015/03/1-IMG_0451.jpg
otska-hikasa 140 http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2015/03/1-202-2.jpg
こちらが海ガメ、奥に見えるのが陸ガメです 両端にあるカメレオンの彫刻
ファサードの両端にあるカメレオンの彫刻は「変化」を表し、聖ヨセフの柱とマリアの柱を支えているカメは、その対照である‘変わらざるもの’を象徴しています。さらにこのカメ、バルセロナの海側 に位置する聖ヨセフの柱を支えているのは海ガメ、山側に位置するマリアの柱を支えているのはなんと陸ガメというこだわりようです。

また、ファサード中央上 部にある「生命の木」は、糸杉にハトがとまっていますが、腐りにくい常緑樹である糸杉は‘永遠の命’の象徴であり、ハトは‘神のもとに集まる信者たち’を 表現しています。聖書の逸話や、小さな彫刻に込められた意味までわかってから見ると、面白さがぐんと増すこと間違いなし。

 

 

塔へ上ると

IMG_0355 img_6176
エレベータで塔にも登れます 上から眺め
img_0385 068
下を見ると、おお怖わ~ 下りの螺旋階段は、更に怖い~

エレベーターで塔に登ると街の半分が一望できます。
また、生誕のファザードにある数々のオブジェや彫刻が間地かに見ることが出来、棟内の階段はスリル満点。百聞は一見に如かず、下の動かせる360°画像で実際に塔からの眺めをご覧ください。

 

1-tooui
*画像をクリックすると生誕の塔上の360°画像が、ご自分で好きな方向に動かして見れます!

 

 

受難のファザード

http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0461.jpg

今度は受難のファザードですが、生誕のファサードとは彫刻のスタイルが一変。
受難のファサードの彫刻はカタルーニャ出身の彫刻家ジョセップ・マリア・スビラックスによるもの。日が沈む西に面した受難のファサードには、最後の晩餐から磔刑、そして昇天の場面まで、キリストの受難と死が、一切装飾のないシンプルな現代彫刻によって表されています。

 

http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/junankam2.jpg

では受難のファサードについて詳しく解説していきます。
見方としてはファサードの左下の最後の晩餐  ①  から、「S」の字を描くように上にエピソードが進んでいくので、それを順に追って見ていきます。

 

http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0485.jpg http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0471.jpg

. 【最後の晩餐】 キリストが処刑される前夜の最後の晩餐の場面は、数々の名画の題材にもなりました。弟子たちの苦悩の表情をスビラックスは直線で描きます。 【16数字の板】 「ユダの接吻」の後ろに見える、合計16個の数字が描かれた一枚のパネル。その4つの数字を縦、横、斜めいずれの組み合わせで足しても「33」。なんと、それはイエスの死んだ年齢を表しているのです。

 

http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0466.jpg http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0469.jpg

.【ペテロの否定】キリストが捕らわれた後、弟子のペテロがキリストを知っていることを否定した場面。後ろの三人の女性が三度に渡り否定したことを表しています。 【この人を見よ】鞭打ちの刑の後に、民衆の前にさらし者される場面。

 

http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0470.jpg http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0475.jpg

.【イエスの裁判】ここで手を洗うのはローマ総督のピラト。自分の立場を守る為に無罪だと知りながらキリストの運命を決めることを放棄した場面。 【ロンギネス】キリストが磔になった際に、更に脇腹に槍で突きさしたとされる兵士です。

 

http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0474.jpg http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0472.jpg

.【ネガのレリーフ】十字架を背負わされて自ら歩くキリストに、汗を拭うよう布を差し出したヴェロニカ。その布にはなんとキリストの顔の跡が残ったという場面。ここでスビラックスは、ガウディへのオマージュとして、ローマ兵の仮面にはカサ・ミラの煙突を模した仮面 をかぶせ、兵の左に立つ福音者はガウ ディその人を表しています(地下の博物館にはモチーフになったガウディの写真が展示)。 【3人のマリアとキレの人シモン】倒れたキリストのそばで聖母マリア、クレオファスのマリア、マグダラのマリアの3人が嘆き悲しむ場面。そして。右側はキレネ人のシモンがキリストが磔された十字架を担ぎあげようとするところです。

 

http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0477.jpg http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0479.jpg

.【サイコロ遊びにふける兵士達】キリストが十字架に磔になっているにも関わらず、キリストから奪い取った衣服を賭けてサイコロ遊びをしている場面。 【キリストの磔】磔で死んだキリスト、その傍らにいるのはヨハネに慰められる聖母マリアとマグダラのマリア。キリストの足元には死を意味する頭蓋骨が置かれています。

 

http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0481.jpg .【キリストの埋葬】ヨセフとニコデモにより、今まさに埋葬されようとしている布に包まれたキリスト。その後ろには、膝まづく聖母マリア。 【鞭打ちのキリスト】受難の門側の入口の前には、鞭打ち刑を受けるキリストの彫刻。その後ろに見える「福音の扉」には、キリストの生涯最後の2日間についての出来事が新約聖書から8,000文字抜粋され、その中でも特に重要な部分は金色で書かれています。
http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2015/03/1-IMG_0616.jpg 1-img_0613

 

 

塔へ上る

pasio1 img_9978-1
生誕側より15メートルも高い所まで登れます 重さ2トンの金色のキリスト像
img_6656 IMG_6346
工事の様子がリアルに見れます 同じように見える螺旋階段ですが、実は…

生誕のファザードと同じでこちらもエレベーターで塔に登ることが出来ます。
現在も工事が続いていてリアルに現場体験できるのは興味深いのですが、
渡り廊下からの展望台には落下物に備えて鉄板の屋根と柵があり、その点が少々残念。
柵の間から撮った街の眺めと、塔の階段、そして工事の様子を動画にしましたのでご覧ください。
生誕の塔のダイジェスト動画 受難の塔のダイジェスト動画

 

img_9949-1 どちらの塔がお勧めか、徹底検証】
塔に登るなら生誕それとも受難側?それぞれの長所と短所は比較したその結果はいかに!

 

 

ピナクル(小尖塔)

1-img_0489
生誕と受難のファザード各4本ずつ計8本が完成
1-img_k495 1-mitra
司教冠(ミトラ)
1-pope12n-5-web
司教杖(バクルス)
1-spellmans-toys
 司教指輪(アヌルス)

塔の先端部分はピナクルと呼ばれる鮮やかなモザイク装飾が施されています。
これには意味が込められていて上部から司教帽、杖、指輪を表現しています。

現在は生誕と受難それぞれ8本のみが完成していますが、今後はマタイ、ルカ、マルコ、ヨハネの4本の塔、更に急ピッチで建設が進む聖母マリアに捧げる塔(当オフイスの目の前)に続き、最後は最も高い塔となる170メートルのキリストに捧げる塔の合計18本が建つ予定となっています。

 

 

教会内部

http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2015/03/1-IMG_0589.jpg

教会を支える柱は4種類の石が使われ、天井近くに達するとそれらは枝を広げ、まるで木の葉が生い茂っている森のようです。ガウデイが100年前に目指した自然の明るさに満ちた教会、上を見上げると木々の間から太陽の光が差し込み、それはまるで森の中にいるような錯覚に陥ります。

 

 

ステンドグラスと天井飾り

otska-hikasa 120
 一 般的に教会の内部は薄暗いものですが、サグラダ・ファミリア教会の内部には大きなステンドグラスを通して陽の光が入り込むため、自然な明るさなのがとても印象的です。
@
こちら生誕の門側は海をイメージした青と緑色のステンドグラスで。。。
1-img_0569

 

 

1-img_0578
1-img_0580 そして、こちら受難の門側は主にオレンジとグリーンで構成されています。
この2つのステンドグラスの違いは色の差だけかと思う人も多いのですが、それ以外に大きな違いを感じるのが午後。

晩秋から冬にかけては15時ごろから、夏場はそれより遅い時間、西日を受け、まるで燃えるようなオレンジ、ごらんのように周り一面が色の洪水に包まれます!!

 

 

天井飾り

1-img_0553

サグラダ・ファミリア教会の主祭壇の天蓋飾り。
これはガウディの作品ではありませんが、麦とブドウで飾られた天蓋は、生前のガウディ作品の一つであるマヨルカ島のパルマ・デ・マヨルカにあるカテドラルの天蓋飾りを元に、彼の死後に作られました。
img_6875 検証ステンドグラスの時間変化】
朝から夕方まで時間の経過にともない、刻々と変わるステンドグラス色変化を検証!

 

 

教会付属の学校と地下博物館

1-img_0634
1-img_0666-001 1-sagrada-escuer
教室内も見学できます 1910年当時の授業のようす

受難のファザードの横にひっそりと佇むこの建物はガウディがサグラダ・ファミリア教会で働く労働者の子供達のために教会の角地に建てた付属学校です。天井は波のようにうねり、地味で小さな作品ながらも最小限の材料で最大限のスベースをガウディは生み出すことに成功させました。尚、現在建つものは1936年の内戦で破壊された後に再建されたものです。

 

 

1-img_0526 少し入り口が分かりにくいのですが受難の門を出て左、付属学校の手前に地下博物館(写真左)があります。

サグラダファミリアの入場料にはこの見学も含まれており、建設当初の貴重な写真やガウディのデッサン、模型、資料などの展示、更には実際の建築に使う模型製作の工房を目の前で見ることができます。
http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2015/03/1-IMG_0655.jpg http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2015/03/1-IMG_0647.jpg
教会の地下に博物館  フニクラと呼ばれる逆さ吊り模型
http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2015/03/1-IMG_0650.jpg
作業中の工房の様子がリアルに

あと、展示の中で見逃せないのが、錘と糸を利用した有名な逆さ吊り模型。カタルーニャの聖地モンセラットの奇岩をモデルにしたと言われるサグラダファミリアですが、設計にあたっては複雑な計算はおこなわず「フニクラ」と呼ばれる逆さ吊り模型を使い、自然な曲線に加え力学的にも安定した設計をガウディは達成しました。

 

 

売店(お土産)

1-img_0516 1-img_0530
受難の門の売店 生誕の門の売店
1-img_0517-001 http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2015/03/1-IMG_0535.jpg

お土産が買える売店は、2店あって一つは受難の門側、そしてもう一つは生誕側。
博物館の最後の出口が生誕側の売店につながっているので、最後に買い物するといいでしょう。ちなみに、お土産はサグラダファミリアだけでしか買えないものと、バルセロナの他でも買える物があるので、できればここではサグラダファミリアでしか買えないものを選びたいですね。

 

 

ミサもあります(無料入場)

IMG_4673 http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2015/03/1-IMG_0512.jpg
ミサ前後の時間以外、普段は工事関係者しか入れません 観光客が溢れかえる上の教会とは別世界
img_5007 img_4998
礼拝堂の奥には ガウディのお墓

受難の門、当日入場券売り場の左横には地下の礼拝堂の入り口があり、ここは無料で誰でも入ることができます。ミサ以外の時間は閉鎖されていつでも入れる訳ではありませんが、年間300万人の観光客が訪れる教会も、この地下の礼拝堂は別世界。観光客しかいない上の教会と違って、本当の地元の信者の人達がお祈りしています。

礼拝堂にはガウディのお墓があるので、時間があれば入場前にお参りしてみてはいかがでしょうか。

例えば朝一にサグラダファミリアへ行かれる方でしたら、8:45ぐらいに地下礼拝堂へ入って見学、9時からミサが始まるので後方でミサを少し5分程どんな感じか見て、それが終わればサグラダファミリア生誕の門(見学の入場口)へ行く。なので礼拝堂から生誕の門までの移動時間を5分と仮定して、朝一の9時入場を15分後ろにずらし9:15にすると、もれなく全部見ることができるはずです。

  カタルーニャ語 スペイン語
平日 20:15 9.00
土曜 19:30 9:00
祝、祭日 10:30 13.00 18.30 9:00 11:45 20:15

*地下礼拝堂に入れる時間は朝は8:30~10:30 夕方は18:00~21:00

 

以下、地下礼拝堂のミサの様子とガウディのお墓を紹介する動画を作りました。

*動画の中で夕方の開門時間を18~22時と言っていますが21時の間違いです。

 

 

夜景(ライトアップ)

http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2015/03/IMG_5973.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2015/03/IMG_4802.jpg
日本人に人気の高い、サグラダファミリア夜景バージョン 池に映る、逆さまファミリアも必見

日中の観光だけでサグラダ・ファミリア教会を見終えたと思っていませんか?実は夜景を見てこそのサグラダ・ファミリアなのです。

ちなみに、日中は観光客で溢れるサグラダ・ファミリもライトアップされた夜は未だ観光客にはよく知られていないので、昼に比べ落ち着いて鑑賞できます。
日中、太陽の光の中でみた教会とは違った迫力、それはまるでひとつの有機体のような、不思議なエネルギーを感じます。

尚、ライトアップは生誕のファサードがメインで、受難のファザードもライトアップはさてはいますが、ライトの色のせいもあり残念ながらイマイチです。

【ライトアップの時間】
1月 18.30-22.00 h 7月 22.00-24.00 h
2月 19.00-23.00 h 8月 21.30-24.00 h
3月 19.30-23.00 h 9月 21.00-24.00 h
4月 21.00-24.00 h 10月 20.00-23.00 h
5月 21.30-24.00 h 11月 18.30-22.00 h
6月 22.00-24.00 h 12月 18.00-22.00 h
(年に数回、急遽変更になる場合がありますのでご注意ください)
IMG_2766 【バルセロナウォーカー主催タパスツアー】
絶品タパスを決め打ち!更にサグラダファミリアの夜景にお連れします!

 

 

世界遺産として案外と知られていない事実とは

073 picsada
登録されているのは生誕のファザードと この地下礼拝堂だけ

サグラダ・ファミリアは2005年、ユネスコの世界遺産に登録されましたが未完成の建造物が建設途中に世界遺産に登録されたのは、このサグラダ・ファミリアが初めてです。

ところで皆さんは、サグラダ・ファミリア全体がひとつの世界遺産だと思っていませんか?

実は世界遺産に登録されているのは、ガウディが携わった教会の中で最初に建設された地下礼拝堂と生誕のファサード(門の表面と塔)だけなんです。もちろんいずれ教会が完成したあかつきには、建物全体が世界遺産になることは間違 いありません。

 

 

フォトムービーを作ってみました 【PCの方は全画面表示でご覧ください】

*画面右下 YouTube の文字横の四角のマークをクリックすると全画面表示になります。

@

@

さて私達の評価は・・・
kurooe1 ★★★★★
これこそバルセロナ観光のハイライト!
シーズン中は混むから必ず予約して行ってね。しかも、オンライン予約したほうが割引があるのよ。でも、チケットの予約方法がしょっちゅう変わるから注意して!
miranda1 ★★★★★
日中も良いけど、夜のライトアップは幻想的。私達スタッフ皆がやっているお勧めタパス+サグラダファミリア夜景ツアー
があるから、参加してね!(笑)。あと世界遺産サンパウ病院も歩いて10分程だから合わせて観光の予定を組むと良いわよ。
samy1 ★★★★★
入場料は結構エエ値段するんやけど、初めてバルセロナを訪れた時にサグラダファミリアを見たあの感動は
今でも忘れられんな。ここだけは金ケチってる場合やないで!
kuroe1 ★★★★★
住宅街の中に、このとてつもない世界遺産。これを見ないでバルセロナに来た意味は無いわね。サッカー観戦がメインと言う人でもせめてここだけは行ってね。
 


お勧め度:20点/20点
★★★★★(5.00)


 

住所 Carrer de Mallorca, 401    【地図はこちら】
URL http://www.sagradafamilia.cat/sf-eng/docs_serveis/informacio.php
TEL 935 13 20 60
開館時間 4~9月 9:00~20:00、10月・3月 9:00~19:00、11月~2月 9:00~18:00
1/1、1/6、12/25、12/26 9:00~14:00
料金 当日券(入場のみ):一般18€   オンライン予約(入場のみ):一般15€
最寄駅 最寄り駅:地下鉄  2    5  号線サグラダ・ファミリア(Sagrada Familia)駅下車すぐ

 

 


By kurooe1 オフィスHILL
2015.3.1  作成
2017.5.1  最終更新
記事は取材時点のものです。現在とは記事の内容が異なる場合もありますのでご了承ください。間違った情報、また有用新情報、分かり難い点や質問等ございましたらこちらよりご連絡ください。

関連記事

sag11 【予約方法】
サグラダファミリの事前チケット予約購入の方法を説明します。
barcelona (48) 【サグラダファミリア夜景】
日中の観光だけでサグラダ・ファミリア教会を見終えたと思って….
img_6875 検証ステンドグラスの時間変化】
朝から夕方まで時間の経過にともない、刻々と変わるステンドグラス色変化を検証!
img_9949-1 【どちらの塔がお勧めか、徹底検証】
塔に登るなら生誕それとも受難側?それぞれの長所と短所は比較したその結果はいかに!
IMG_4121 【サグラダファミリ周辺で両替できる銀行】2002年のユーロ導入後、バルセロナでは両替が…. 1-IMG_8244 【FCBotiga サグラダ・ファミリア店】
サグラダ・ファミリアの受難の門に向かって右側にバルサショップ….
20150407172854982 【近くのコンビニスーパー】
物価の高いサグラダファミリア周辺でも適正価格で売っている店を紹介….
img_6063 【世界遺産に一番近いコインランドリー】
旅行中に溜まった洗濯物を一気に洗う、場所はサグラダファミリア徒歩2分!

近くのお勧めレストラン

ss-1IMG_2637 【La Piazzenza】
サグラダファミリアから徒歩4分にあるお勧めピザ屋はこのエリアでは手堅い1軒とし….
bardenisanga (3) 【Bardeni】
サグラダファミリの夜景観賞の行き帰りにお勧めバルで軽く….
1-1-IMG_1091 【Olé Mallorca】
サグラダファミリアから徒歩3分にあるこの店のトルティーヤは地元でも定評の….

ピックアップ記事。

ciudaa 「必読!バルセロナ基礎の基礎」
バルセロナ初心者必読、歴史、人、気候そして、一風変わった常識!etc….
IMG_2761 「これだけは押さえたい!観光スポット ベスト10!」あのメッシーネイマールも絶賛!? バルセロナの必見スポットベスト10!
1-IMG_4223 【どっちがお勧めガイドツアーVSコンサート】 カタルーニャ音楽堂の見学方法はコンサートかツアーどっちが良いのか検証! IMG_1608 【検証パエリヤキット】
帰国後に家庭で手軽にパエリヤ、どれがお勧めなのか検証します!
IMG_6346 「本当はどっちがお勧め生誕VS受難の塔」
サグラダファミリアの塔に登る際に迷う、生誕か受難か。それに正面からお答えします!
barceplo774 「検証!バルセロナお得なチケット3種」
バルセロナ観光で使える代表的な割引券の3つ。本当に一体いくらお得なの?!
1-IMG_0300 楽しく賢くショッピング!」
旅行の楽しみは観光、食事、そして買い物。ショッピングのアドバイスをお送りします!
IMG_2196 もう迷わない?! バルセロナの歩き方」
碁盤の目に区画割された街は、分かり易いようで道に迷うことも。そんな悩みを解決!
IMG_4790 「特集・スペイン人のこだわり・コーヒー編」
何につけつてもいい加減なラテンなスペイン人ですが、コーヒにはこだわります
dororo 「被害に遭わない置き引き対策」
バルセロナの犯罪被害で2番目に多い置き引きに絶対遭わない対策を伝授!
Chocolate_con_churros_de_lazo 「地元の人気菓子と言えばチュロス」
大人から子供まで大人気のチュロス。その歴史、作り方、店選びまでを徹底解説!
20140 「これはお得!お勧め両替用カード」
バルセロナウォーカースタッフも使っている、お勧めカードで賢く両替しましょう!
policia 「バルセロナは危険な街なの?」
ネット上にあふれる口コミに惑わされない!私達スタッフが真実を教えます!
IMG_6062bb 「空港から市内へ200円お得に移動」
空港からの移動手段で一番のコスパの空港バス。今なら往復買うと200円お得!
wallet 【これで完璧!地下鉄すり対策】
日本人が一番被害に遭う地下鉄のすり。その対策を徹底解説しました。
lisboa (10) 「旅行者の特権、免税でお安くお買い物」
日本人なら13%のお金が戻ってくる免税。誰よりも詳しく手続きを全解説!
20120116073257169 「日本人がよく失敗する店」
ガドブックを見て行ったのに、こんなはずじゃなかった・・。ガックリ店のリストです。
funsui (2) 「マジカ噴水ショー」
欧米人観光客に絶大な人気を誇る、無料の噴水ショー。水と光の魅惑の競演を楽しめ!
1-IMG_8150 「バルサ選手の出待ち」
特命!メッシー、ネイマール、イニエスタからサインをもらえ!
IMG_1626 「検証!カカオサンパカ51種食べ比べ」
日本人に人気のお土産チョコレート。その51種類を世界初の食べ比べ検証記録。?

観光記事一覧

http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/CIMG8869.jpg?resize=70%2C70 【ガウディ】
サグラダファミリアを筆頭に天才のガウデイの残した世界遺産建築は必見!
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_2806.jpg?resize=71%2C71 【バルセロナの見所】
ヨーロッパでも屈指の人気都市バルセロナの外せない見所を全部リストアップ。
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_6332.jpg?resize=71%2C71 【その他のモデルニスモ】
ガウディ以外にもある、多くのモデルニスモの傑作建築を徹底紹介!
http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_0012_2015052421442444c.jpg?resize=70%2C70 【美術館・博物館】
ピカソ、ミロ、ダリ、世界的な芸術家達の作品を見尽くす美術館、博物館館ガイド。
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/DSC_0497-001.jpg?resize=70%2C70 【シュートトリップ近郊の見所】
自然、歴史、人情味豊かなカタルーニャ。郊外のお勧めスポットとを紹介します。
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/201501140612226692.jpg?resize=68%2C68 【現代建築】
あまり知られていない現代建築ですが、斬新な現代建築が多くその筋では意外と有名。

基本情報記事一覧

http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/billetes.jpg?resize=69%2C69 【バルセロナの基礎知識】
気候、歴史、習慣、通貨、物価、インターネット事情など知っておきたい基礎知識。
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1-IMG_7563.jpg?resize=70%2C70 【空港情報】
バルセロナのゲートウエイ空港、空港から市内への移動、免税の仕方を徹底解説。
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/CIMG1919.jpg?resize=70%2C70 【交通情報】
便利で安いバルセロナの公共交通。ポイントを押さえて詳しく解説します。
http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/policia.jpg?resize=69%2C69 【安全に過ごすアドバイス 】
何かと不安な治安、本当のところはどうなの?現地からの最新情報&アドバイス。
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/th1.jpg?resize=71%2C71 【バルセロナ旅行に役立つ情報】
旅立つ前の準備、お得な情報をまとめて紹介。バルセロナ旅行に役立て下さい。

レストラン記事一覧

http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/2014101414204999c1.jpg?resize=68%2C68 【お勧めレストラン&バル、リスト】
実際に何度も足を運んで食べ、選りすぐったリスト。もうこれで失敗しないぞ!
http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1327496250_0.jpg?resize=68%2C68 【レストラン、バルで役立つ情報】
スペイン料理ってどんな料理?注文は?予約は?チップは? 疑問に答え徹底解説。
http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1sh_201505242209252e0.jpg?resize=71%2C69 【ジョランダ辛口訪問記】
開設100万アクセスを誇る人気のジョランダ食べ歩き訪問記。今日もビシバシ辛口炸裂!
http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/20150420201521727_201505242209302ed.jpg?resize=68%2C68 【オリジナルツアー紹介 】
バルセロナ一の食べ経験を誇るジョランダ監修、美味しく楽しむグルメ&夜景ツアー。
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_1524_201505242209315bc.jpg?resize=71%2C71 【レストラン全リスト】
約500軒を食べて評価した、血と汗と涙と怒りと喜びの全リストはお店選びの強い味方。

ショッピング記事一覧

http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1-Mujer_compra1.jpg?resize=70%2C70 【ショッピング役立つ情報】
買い物のコツ、免税。またスタッフによるお土産検証と厳選お勧め紹介もあります。
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1-IMG_0387.jpg?resize=68%2C68 【ファッション】
世界的なファストファッションZARAを初め靴、鞄、アクセサリー等の地元ブランド紹介。
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1-IMG_0327.jpg?resize=69%2C69 【おしゃれな雑貨・陶磁器】
スペインで一番のオシャレな街バルセロナだからこそのお勧め雑貨や陶磁器などを紹介。
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_9557-001.jpg?resize=68%2C68 【グルメ】
美食の街バルセロナで買うべきグルメ食品を一堂に集めた、お土産選びの参考書!
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/20150424012603e73_20150524225601e5c.jpg?resize=70%2C70 【マーケット・デパート・モール】
地元に愛される市場、何でも揃うデパート、便利な大規模ショッピングモールを一挙紹介。

エンターテイメント記事一覧

http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_1259_20150524221731b84.jpg?resize=71%2C71 【サッカー情報】
メッシー、ネイマールを擁するバルサ。世界屈指の人気チームを中心に解説します。
http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/tablao-flamenco-sevilla.jpg?resize=71%2C71 【フラメンコ情報】
本場アンダルシアに負けず劣らずのレベルの高いフラメンコがここでも見れます。
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/conci.jpg?resize=69%2C69 【バルセロナのイベント情報】
コンサートを初め、お祭り、スポーツ、サッカー等のイベント情報まずはココでチエック!