バルセロナ ウォーカー 

提供:Office Hill お問い合わせ

【2021年コロナ禍 最新版】完全解説 カサ・ミラ Casa Mila ~訳あり格安賃貸住宅は世界遺産~

この建物はガウディが54歳の時に設計し、19010年から2年かけ実業家のペレ・ミラとその妻ルゼー・セギモンの邸宅兼集合住宅として建設されました。

IMG_0089

目抜き通りに建つ石切り場

この建物はガウディが54歳の時に設計し、1910年から2年かけ実業家のペレ・ミラとその妻ルゼー・セギモンの邸宅兼、集合住宅として建設されました。

カサ・ミラは他では見られない直線部分をまったく持たない建造物になっていて、壮麗で非常に印象的な建物です。それはあたかも砂丘か溶岩の波のような雰囲気をもっており、一般的な現代建築の様式とは隔絶したものとなっています。

建設当時のバルセロナ市民はカサ・ミラを醜悪な建物と考え、「石切場(ラ・ペドレラ)」というニックネームをつけましたが、今日ではバル セロナを代表する歴史的建造物となっており、1984年にユネスコの世界遺産にも登録されました。
@
尚、ガイドブックなどでは、あまり語られていませんが「サグラダファミリア」同様にカサ・ミラはガウディ作品と完全には言い切れないところがあります。それは1909年に起きた「悲劇の一週間」の事件を境にガウディがこの建築から手を引いてしまったことにより本来と違う形で完成され、規模、予算では同じグラシア通りに建っガウディ作の「カサ・バトリョ」を遥かに上回るにも関わらず評価が微妙に劣る大きな理由となっています。

http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/roseduen.jpg 【ミラ夫妻】 施主ペレ・ミラは名高い繊維業者の父を持ち、叔父はバルセロナ市長を務めると言うカタルーニャの名家出身。また、その妻ロゼ・セジモンは22歳年上の前夫の膨大な遺産を引き継いだ未亡人で、どちらもセレブ中のセレブ。二人は当時のバルセロナでは「目立つ家」が富豪のステイタスシンボルだったこともあり、巨額な費用を投じてガウディにカサ・ミラの建築を委ねました。

 

コロナウイルス感染拡大後の、最新状況はこちらより。
*当サイトはスマホでは正しく表示されません。お手数ですがPC表示に切り替えてご覧ください。

 

デザインの起源

http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/monserachi.jpg http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/sanmiquqel.jpg http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/cappaa.jpg http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/hokusai.2JPG.jpg
モンセラット サン・ミケル・デ・ファイ カッパドキア 葛飾北斎

ガウディは作品の中で常に自然界の動物や植物を手本にしていました。このカサミラの場合もやはり、自然界の景色からインスピレーションを得たものと言われています。ただ、ガウディは生前に多くを語らなかったこともあり、一体何にインスピレーションを得たとは未だに誰も確かなことは分からずじまいとなっています。

現在、推測の域を出ませんが専門家達によると上記4つあるうちの、多分どれかではないかと言われています。その一つは、バルセロナ近郊にあるカタルーニャの聖地のモンセラットの山。二つ目はこれもバルセロナ近郊にある渓谷、サン・ミケル・デ・ファイ。あと、スペイン国外になりますがトルコのカッパドキア。そして最後は、その当時ヨーロッパで流行していた葛飾北斎の版画。この4つのうち、日本人としては北斎であって欲しいと思いますが、当時モネセザンヌゴッホなど名だたる巨匠が熱狂した浮世絵、当然ガウディも知っていたはずで、もしかしたらその可能性もゼロではないでしょう。

IMG_1897 【モンセラット】★★★★☆
カタルーニャの聖地として巡礼が訪れ、また黒いマリア信仰のの地として…

 

 

波打つ外観と鉄を駆使した欄干

http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_3293.jpg
地中海の波をイメージさせる外壁、バルコニーの手すりにはまるで海に漂う海藻のよう
http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_0093.jpg http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_3124-001.jpg
うねる外壁の奥に、150の窓が潜むように並びます 床に穴を開けガラスの床にすることで光を導く

さて、カサミラに来て最初に目に入るその姿は、周りに立ち並ぶクラシックな建物の中にあって全く異質。バルセロナ郊外のエル・ガラフで取れる石灰岩を使った外観は、石切り場と称されたのもうなずけるほど個性を発しています。ここでの見どころは、直線を徹底的に排し曲線だけで構成される壁面と、一つ一つが異なり同じものが一つとしてないバルコニーの鉄の欄干、そのデザインです。

また、外壁部分でガウディらしさがよく表れているものとして、建物の正面にあたるグラシア通りの角にある幾つかのバルコニー。よく見ると、床に穴を開けてガラス床にすることで、可能な限り自然光を下に通し明るさを保ちました。

尚、カサ・ミラは、例えば同じガウディ作となる、カサ・バトリョの2軒分以上に相当する敷地面積があり、地下から屋根裏部屋まで8フロアー、更に当時バルセロナ初となる地下駐車場を備え合計の窓数は150、住宅としては他に類をみない大規模な建物でした。また、建築費に至ってはカサ・バトリョの10倍にも達し、この場所がバルセロナで一番と言える一等地を占める事でも分かるように、建物のオーナーのミラ夫妻は当時バルセロナのブルジョワの中でも、トップクラスの資産家だったというのが分かります。

1-IMG_2730 【カサ・バトリョ】 ★★★★★
1877年にEmilio Sala Cortésによって建てられた建物を1903年から繊維業で…
palauguell 【グエル邸】★★★★☆
アントニ・ガウディの良き親友であり、最大のパトロンであった実業家エウセビ・グエル。

 

【くず鉄を再利用した欄干】
http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_3379.jpg
地中海をイメージさせる外壁、バルコニーの手すりにはまるで波に漂う海藻とも言われます
http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_3113.jpg http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_3117-001.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_3114.jpg http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_20200720_1629161-003.jpg
鉄のリボン 何か分からない…

では、次の見どころとなる欄干を見ていきます。既に100年以上前に現在を先取りするかのごとくリサイクルが大好きだったガウディ。彼の多くの作品の中で特に壁面を飾るモザイク、その制作に不要となったタイルや生活食器の皿やコップ、瓶などをよく利用しましたが、ここではバルコニーの欄干をリサイクル材料を使い制作しました。

欄干の制作においてリサイクルの材料となったのは、くず鉄でした。その内容は鉄板、鎖、鉄の網、鉄管、鍋、などあらゆる種類のくず鉄を材料とし、裁断したり曲げたりして使用しました。また、それらは溶接ではなく鋲止めと言う職人技術で、膨大な手間が掛けられ、更に驚くべきは小さい欄干まで含めると合計で100近くある中、一つとして同じ物がないと言います。

欄干は海藻とよく例えられますが、見ていくと抽象的な現代アートの様な装飾で、中に鉄で出来たリボンや鳩、人の顔、また一体何を表しているのか分からない物までさりげなく埋め込まれています。これらはガウディ主導のもと、実際のデザインや制作を行ったのは右腕と称され、ガウディ作品にはなくてならないジュゼップ・マリアジュジョール、その人でした。

jujol 【ジュゼップ・マリア・ジュジョール】
建築家でアントニ・ガウディの協力者として家具デザインや絵画などの分野で才能を発揮した総合アーティスト。「彼はあなたの助手か?」と聞かれた際に「助手ではない兄弟だと」答えたと言う逸話も残るほどガウディの信頼が厚く正に右腕と言う存在でした。ガウディの裏方とし、顔に似合わずその天才的な色彩感覚はこのグエル公園のモザイクに遺憾なく発揮され、非常に大きな役割を果たしました。

 

 

見学の入場口は2ヶ所

http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/iriguti11.jpg
http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2015/02/IMG_1810.jpg http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2013/02/IMG_6881.jpg
プレミアチケットは並ぶ事なくスイスイ入れます 当日券は季節によって100人以上の行列になることも

カサ・ミラの入口は2か所あり、正面入口が「PREMIUM Tiket Office」プレミアムチケット入場口そして、正面右手の先に「With Ticket」オンライン予約済と「Without Ticket」当日券、それぞれのレーンから入場します。上の写真を見ての通り、優先入場のプレミアチケットは一切待つ必要がありません。また、通常チケットでもオンラインで既に予約済みの方は、指定の時間に行けば待たずに入場できます。

当日券に関しては春から秋、年末年始などのシーズン中は長い行列に並ぶことになり、貴重な時間をむやみに浪費するだけですので、できるだけ事前に予約するようにして下さい。オンライン購入のうち、
プレミアと一般チケットの違いは、プレミアには日時の指定がなく開館時間ならいつでも入れて、時間に全く縛られないのが利点。ご自分の旅程に合わせて選ばれるとよろしいかと思います。
@@
2016-04-25 (6) 【カサ・ミラ予約方法】
オンラインによる事前チケット予約購入についてできる限り分かり易く説明しました。

 

【入場受付、荷物検査、オーディオガイド】
http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_1695.jpg http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_1697.jpg http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_1717.jpg
オーディオガイドの貸し出し 入場前の荷物検査 オーディオガイド&パンフレット

入場すると、まずネットで予約した控えを受付に見せます。そのあと隣にあるオーディオガイドの貸し出しカウンターへ行き、「ジャパニーズ(日本語)」と言ってオーディオガイドが借りますが、これはもちろん料金に含まれています。次に荷物検査が一応形だけですがあるので、荷物を機械に通して前に進んでください。

 

 

見取り図、見学できる場所

http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/zumen11.jpg
http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_3108.jpg http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_3289.jpg http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_1679.jpg http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_1536.jpg
グラシア通りの①入り口 ②入り口 左のパティオは丸い空 右のパティオは楕円の空

カサ・ミラは同じガウディ作となる、カサ・バトリョの2軒分以上に相当する広い敷地面積があるため入り口が2つあり、またパティオも2つ存在します。右の②のパティオは横長の楕円形、左の①のパティオは丸に近い形になります。既に入場の項で述べましたが、プレミアムチケット保持者は上の地図の左角から入場。それ以外は右の建物入り口の更に右に「一般予約・当日券」専用入り口があってそこから入ります。なので最初に見るパテイオは、チケットの種類によって異なります。

尚、カサ・ミラは建物内の全てが見学できるわけではなく、次の5ヶ所だけが一般公開されています。
・1階の中庭 
・屋上 
・屋根裏の回廊 
・屋根裏の一つ下の階の住居スペース(借家人の家)

では、カサ・ミラの見学をスタートします。

 

 

最初に現れる吹き抜けの中庭

http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/patio21-001.jpg
ぎっしりと並んだ窓。採光のために下段の窓ほど大きくなる
http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_1539-001.jpg http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/patio23-001.jpg
家主のミラ家専用の階段 壁にも色が塗られています

ここからは通常チケットでの入場と仮定して、進めていきます。まず、荷物検査を済ませて中へ入ると、石切り場と揶揄された外観とは同じ曲線でも、そこはまったく違った雰囲気をかもしだし、それはまるで深い海底にいるような感じ。次にパティオから上を見上げると、垂直にぎっしりと並んだ窓の集合体に圧倒され、更に上を見ると楕円に切り取られた空が、ぽっかりのぞいていると言う何とも不思議な光景です。

ヨーロッパ人の多くは、このポーチを中世のゴシック様式と感じるようです。日本人の私には、九州の「軍艦島」の様な密集感を感じたり、映画「アルカトラズからの脱出」などをイメージしてしまいます。また、上のぽっかり空いた穴から望む青い空は、不思議な世界を醸し出していると言えば聞こえは良いのですが、見方によれば刑務所と紙一重と言えなくもありません。

このパティオには2つ階段があり、ハワイやバリのリゾートホテルのよな、植物の生えている螺旋の階段が家主のミラ家専用。また、パティはガウディが採光をより重視した為に、屋根は取り付けられず完全な吹き抜けとなっていて雨の日は容赦なくポーチを濡らします。なので、ガウディによって階段の上には専用の屋根が取り付けられました。


http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_3365.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_3147-001.jpg
階段の欄干は鍛鉄を職人が金槌で叩いて制作 各窓には波打つリボンの様な格子

建物の外に比べ、中のポーチは見えないことも通常簡単に仕上げられているものですが、さすがガウディだけあって一切手抜きなし。階段の欄干や窓の格子なども、きっちりと職人に作らせています。

 

http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/patio24-001.jpg
ここが、Provenca通りにある②入り口。紐が張ってあって門や左横にある階段へは近づけません
http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_3357.jpg http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_3359.jpg
キリスト教や演劇をテーマに淡い色彩で描かれたした絵
ガラスの温室の様なこれが管理人室

今度はパティオの下部を見ていくと、そこは上部とは一転して華やかな世界が広がります。。シャビエル・ノゲスの絵はまるで印象派のモネが描いた絵を彷彿させます。

ただし、この部分は元々は破砕タイルを張る予定でした。それが、ガウディと施主のミラ夫妻との間に起きたトラブルによりガウディが途中でこのカサ・ミラの建築から手を引いてしまい、計画が変更。その後にこの壁に描かれた絵に関しては、ガウディ作品ではありません。

 

 

エレベーターで一気に屋上へ

http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_1735.jpg http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_1550-001.jpg
中庭を見終えると奥へ進みます ここから、エレベーターに乗って一気に屋上へ
http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_1578-001.jpg

屋上に出ると、光景が一転。山の稜線をイメージした床は、高低差のある波打つ構造になっているのが分かるでしょうか?これらは山の峰をイメージしています。また、奇妙なオブジェのように見えるのは階段出口や煙突、換気口です。

 

【ガウディの真骨頂、奇妙なオブジェ群】
http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_1553.jpg
左から、巨大抹茶アイス、タコ星人、ダルマ!と思わず呟いた日本人もおられました…
http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_1580.jpg http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/romahe1.jpg
兜を被ったローマ兵と言われる煙突 サグラダファミリア受難のファザードに見る兵士
http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_1562-001.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_1567.jpg
リサイクルされた緑色のガラス(CAVAの瓶)の欠片 細かく砕いたタイルを貼り付けたトレンカディス

世界で一つ、ここでしか見れないユニークなオブジェを見ていきます。まず、写真左上はキリスト誕生の際に聖書に出てくる兜を被ったローマ兵をイメージしたものと言われ、このデザインはガウディの死後に作られたサグラダファミリア受難の門にも使われています。

次に今から100年以上前に作られたと思えない、ファンタジーなオブジェが並び、その一つはリサイクルされた空ビンで装飾されています。ここでも、ガウディのエコ意識の高さがうかがえます。

http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/tenecade.jpg 【トレンカディスとは】
カタルーニャ語で破砕タイル又は破砕仕上げ全般を指す言葉。ですのでカサミラの場合に使われているリサイクル瓶も、タイルではありませんが一種のトレンカディスと言えます。元々は降雨から壁を保護する目的に始まり、次第に装飾するために利用され一種のモザイクとして使われました。ガウディ以外にもこの時代に活躍した他の建築家も多用し、数多く残るモデルニスモ建築に見ることができます。

 

【屋上の主な登場人物】
http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_3161.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_3168.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_3234.jpg http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_3214.jpg
煙突① 煙突② 通気塔① 通気塔②
http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_3195.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_3179.jpg http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_3241.jpg http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_3202.jpg
http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_3178.jpg http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_3179-001.jpg http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_3163.jpg http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_3165-001.jpg
階段出口① 階段出口② 階段出口③ 階段出口④

屋上に並ぶオブジェはよく見ると、2つの種類が見てとれます。その一つは素焼きの鉢、テラコッタ風の防水モルタルで作ったオブジェ、そしてもう一つはトレンカディスと呼ばれる破砕タイルを全面に張り付けたオブジェです。

ではこれらの
奇妙な像、登場人物とも言える面々を解説します。まず煙突の総数30本、①ガラス瓶の破片を煙突の上にモザイクとして貼り付けたものと、もう一つは②鎧を被ったローマ兵とも呼ばれる煙突。ローマ兵の煙突は単体で立っているものもあれば、2,5,6,7本とグループになっているものもあって、その配置も偶然なのか意図的なのか分かりませんが絶妙なバランスで立っています。

次に通気塔が2つあり、そのうち①はメビウスの輪を合わせたとも呼ばれるもので存在感は絶大。ダリのシュールレアリスムを彷彿させ、日本人には岡本太郎の作品に似ていると言う意見もあります。②はゲゲゲの鬼太郎に出てくるお化けのようですが、キノコをインスピレーションしたもので、開いている穴は女性を表しているとも言われます。

最後は6つある階段出口のオブジェ。どれも釣り鐘状になっていて①は焼き菓子のメレンゲ、それ以外は抽象的な人の顔で、その中でもこの後に述べますが、サグラダファミリアが見えるフォトスポットのオブジェは、通称 ”笑うブッダ” とも呼ばれるもので、実際お釈迦様が屋上で楽しそうに笑っておられます。

ちなみに、カサミラの屋上にまつわる都市伝説とも言える話があって、実はこの屋上では風の強い日には煙突に風がぶつかり、不思議な音が聞こえると言われています。それを知っているのは長年この建物に住む住人だけだそうですが、一説には煙突を螺旋状の形状にすることにより屋上に吹く風の上昇気流が加速、煙突内部はその為に真空状態になり煙や空気を吸い上げる効果を産み出していると言われます。実際にガウディがそれを計算していたのか定かではありませんが、本当だとするとそれは正に驚異的。

 

http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/vicens1.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/parkento.jpg 1-IMG_1379 IMG_0113
カサ・ビセンス グエル公園 カサ・バトリョ グエル邸

【煙突に込められた意味】
ガウディ建築にみられる特徴として、その奇抜な煙突があります。建物の中では脇役でどうでもいい存在のはずが非常に凝った造りが多く、ガウディは煙突にかなりこだわりを持っていました。一説には、魔物が家に侵入する際に煙突こそが一番の弱点と言う意識が中世の昔から人々にあり、ここを守る意味で荒々しく武器の様に尖った煙突にしたり、このカサ・ミラの場合では兵士の顔になっていたりするのもその為です。

MAH000931 【カサ・バトリョ】 ★★★★★
1877年にEmilio Sala Cortésによって建てられた建物を1903年から繊維業で.…
IMG_2489 【グエル公園】 ★★★★★
ガウディの大スポンサーでもあり、理解者でもあったグエル伯爵が計画した…
IMG_0126 【グエル邸】★★★★☆
アントニ・ガウディの良き親友であり、最大のパトロンであった実業家エウセビ.…
201501140624364fb 【カサ・ビセンス】★★★☆☆
ガウデイの初期の作品で他との違いは、直線的な構造の煙突が見れ…

 

【屋上の歩き方】

http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_3153-002.jpg

エレベーターを降りたら、赤線矢印通りに屋上をぐるっと一周するオーソドックスなコースで回りますが、下の360°カメラ画像で大体の配置が分かると思います。また、各オブジェですが、特に通気塔①などは見る角度によって全く違う印象になりますので、色々な方向からオブジェを見ると更に楽しめるはずです。

あと、お勧めと言う程では無いですが、屋上からはバルセロナの目抜き通りのパセジダグラシアや周りのビルに住む住人の庭、オフィスなどが見えます。また、カサミラの裏から碁盤の目に都市整備された内側が見え、それらは観光には関係ないかも知れませんが、街歩きでは見れないバルセロナの市民の裏の生活が垣間見れて案外と興味深いかと思います。

 

【360度画像で見るとこんな感じ】

 

 

パティオ

http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/jyoukuu1.jpg
上空からカサミラを見ると3つの穴
1-img_1584
直線を排し、楕円上に開いた中庭の開口部。横長楕円すなわちこれは②パティオと言う事です。
http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/%EF%BC%91tiisaimado11.jpg http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/%EF%BC%91tiisaimado.jpg
屋根裏部屋の採光に作られた、鳥の巣箱のような小窓 よく考えられた窓の配置

屋上の開口部から下を覗きこむと建物内壁にぎっしり並ぶ窓、その下には1階の中庭が見えます。ここでよく注意して並んだ窓を見ると、階下へ行くにつれて窓が大きなサイズとなっていることに気づくはず。これは意識的に、より自然光が取り込めるようにと言う、カサ・バトリョでも使われたガウディならではの手法です。
@
また巣箱のような形の屋根裏部屋の窓は上下2列に並んでいますが、それぞれ微妙に大きさが違います。下の方の窓は上より大きく、それは屋根裏部屋の空間にできる限り自然光を入れるためです。それぞれの窓は開閉することが出来、夏場は合計160ある上下の窓を同時に開けることにより中の温度を効率的に下げることができます。

余談になりますが、オーナーのミラ夫人は建築中に何度も費用やデザインに関してガウディともめたのに加え、出来上がったこの建物が大嫌いで夫の死後、屋上の一部を勝手に改装しました。

 

 

フォトスポット

http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_1581.jpg
ガウディの遊び心。サグラダファミリアがこんなところから見えます
http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_1570-001.jpg http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_3157-001.jpg
前に見えるのが通称 ”笑うブッダ” ティビダボに立つサグラダ・コラソン教会
@
屋上全体がフォトスポットと言えるカサミラですが、歩き回っていればこんな景色(写真左下)に遭遇するはずです。奥に立つ白いタイルの階段出口のオブジェが通称 ” 笑うブッダ ” ともいわれる像で、その左手(写真上)から向こうに、なんとガウディの代表作サグラダファミリアが見えます。
ここは、人気のフォトスポットですのでお忘れなく!

日本のガイドブックには書かれていませんが、バルセロナの後ろにそびえるティビダボの山。そこに建つサグラダ・コラソン教会もやはり階段出口の像の手の向こうに見えます。場所はエレベーターから屋上に登って来て、最初に見る白い大きなオブジェがそれです。

CIMG8869 【サグラダファミリア】★★★★★
バルセロナ観光の目玉をガイドブック要らずの徹底解説し尽くしました。
sagarado (14) 【サグラダ・コラソン教会】 ★★☆☆☆
標高512メートルに建つ天空の教会はバルセロナの街から夜になると山の上にライト…

 

 

屋根裏部屋

http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_3275.jpg
アーチの回廊、昔はここに洗濯物を干していました
http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_1607-001.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_1605-001.jpg
まるで動物のあばら骨 薄いレンガのアーチは屋上にあがる階段の柱に集合します
http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_3262.jpg http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_3263.jpg
屋根裏のアーチの平面模型 高低差のある波打つ屋上の床は、こう言う理由からです

屋上から降りて今度は屋根裏を見学します。バスケットコート2面の広さを持つ屋根裏部屋は、洗濯物を干す場所、使用人の作業場、また建物の温度を調整する機能を担っていた空間です。尚、広いアーチ状の回廊が続くこのフロアーは、現在「エスパイ・ガウディ」と呼ばれる、ガウディ建築に関する展示場となっています。


見学を始めると最初に目に飛び込む天井を支えるアーチ。それはまるで動物のあばら骨にも見えますが、これこそがこのフロアーの最大の見どころです。また、注目すべきはカタルーニャ地方でよく使われる、通常の半分ほどの厚みの蒲鉾板のような薄いレンガ。一見、きゃしゃに見えますが「カテナリーアーチ」と呼ばれる、特異なリブ構造が屋上を安定的に支えています。

【カテナリー曲線(アーチ)とは】
http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/caterina.jpg
二本のポールに張られた鎖のたわみがカテナリーアーチ ロープのたわみ通りに切った型に積み木を載せる

ロープや鎖などの両端を持って垂らしたときにできる、曲線をカテナリーと呼びます。因みに上下逆向きにした形状にすると、全ての部材に均等に圧縮力がかかることになり、力学的に最も安定するため現在でもアーチ橋などに多く用いられています。

では実際に、ガウディは工事現場でどうやったかと言うと、まずアーチの起点となる2点を定め、そこにロープを張ります。次に、アーチの高さを決め、垂れ下がるロープの下の頂点がその位置に来るように調節します。出来上がった曲線の後ろに板を置いて、その曲線を筆などでなぞって板に移すことによって、重力と張力のバランスが完璧に取れたカテナリーアーチをゲット。後はその曲線通りに板を切り抜き、その上下を逆転させれば、職人達がレンガをアーチ状に積んでいく基本になる枠が完成となります。

尚、ガウディはこのカサ・ミラの他にカサ・バトリョの屋根裏、サグラダファミリアの身廊など様々な作品でカテナリーアーチを使用しました。その理由としては安定した構造に加え視覚的にも美しく、更にレンガ積みの構造は制作しやすく、また経済的な方法でもあったからです。

 

 

ガウディ建築の全般が展示

http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_1818-001.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_1601-001.jpg
内部構造も見れるカサミラの模型 ガウディの研究資料も展示されています
http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_1829.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_1831-001.jpg
カテナリーの集合体、フニクラと呼ばれる逆さ吊り模型 下に置かれた鏡に映った様子は正にサグラダファミリア

屋根裏の回廊にはカサミラの模型をはじめとして、それ以外のガウディの資料が展示されています。
例えばサグラダファミリア地下の博物館に、錘と糸を利用した有名な逆さ吊り模型がありますが、それがここでは糸の代わりに細いチエーンを使った模型が展示されています。またその下に鏡がおかれており、逆さに見えるその姿はあのサグラダファミリアそっくり。

展示されている模型は後から作った、ただの模型と言えばそれまでですが、ガウディは建築に当たっては図面より模型を重視し、実際に幾つもの模型を製作し実験を重ねながら細部を詰めていくと同時に、新たなアイデアを得たりしていました。ポイントとしては、ガウディになった気持ちになって眺めてみると、展示物もまた違った見方が出来るかと思います。

 

http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_1613.jpg
ガウディがデザインした椅子の数々
http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_1617.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_1616-001.jpg
椅子①.背もたれにある凹みは、親指で掴めるように 椅子②.会話はには全く不適
http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_3294.jpg http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_20200721_111532.jpg
引き出しの取っ手 植物や動物など自然をモチーフにしました

このフロアーには、ガウディが設計した椅子も幾つか展示されています
。ガウディは建築のみならず、デザイナーとしても優れ、個性的な家具を残しています。

写真の②椅子はカサ・バトリョの建設の際にデザインしたもので、二人用の椅子の間にひじ掛けを設け、それぞれの椅子が違った方向を向いているという、何とも意味深な組み合わせはガウディ流のジョークでしょうか。また①椅子は、椅子を引く際に、ちょうどいい具合に指が入る凹みが背もたれにあると言う、まるで小林製薬の様な痒い所に手が届く、そのアイデアには脱帽です。ちなみに、ガウディが制作した椅子は全て、耐久性に優れたトネリコの木が使われています。

椅子以外にも家具はもちろん、それに付ける金具なども非常に凝ったものを残しています。ガウディ作品のそれらどれにも共通しているのは自然界にある、日常の生活で普通に目にしている植物や動物などをモチーフとし、デザインに生かしている点です。尚、カサ・ミラの前のグラシア通りに敷かれている敷石もガウディのデザインですので、歩く際には是非確認してみて下さい。

http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/toneriko.jpg 【トネリコ(西洋トネリコ)】
ガウディが愛したこの木は、スペインからロシアにかけて自生する木で成長が早い上に、用途の広い材木で昔から重要な資源として建物の柱、木工品など多岐にわたって利用されてきました。その特徴としてはトネリコの材は固く丈夫で耐久力がある上に曲げやすく、初期の飛行機のフレームにも使われた程です。

 

 

平凡な住居部分

http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_1651.jpg http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/nakajyuu1.jpg
IMG_1861-001

カサ・ミラは現在も4世帯が住む集合住宅と言う、珍しい世界遺産です。それ以外の部分はどうなっているかと言うと、事務所、ショップ、カフェテリアなどになっています。

また家主であるミラ夫婦が住んでいた2階は、エキシビション(特別展示会場)となっていて、不定期で色々な展示がされています。なので、住宅部分の見学可能なのは、屋根裏部屋の下の借家人が住んでいた1フロアーのみ。

‘@
http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_1644-001.jpg http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_1658.jpg
キッチン 浴室
http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_1630.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_20200721_120155-001.jpg
子供部屋 途中で写真を撮ってくれますが有料です
http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_20200721_120054-001.jpg
窓から覗くパティオの吹き抜け

中はサロン、ベッドルーム、キッチン、浴室、またその時代に使用された家具などが置かれていて、当時の生活を垣間見れます。ただし、見学した多くの人が受ける印象はと言うと、奇抜な外観や、空まで突き抜ける吹き抜けのポーチ、インパクトあるオブジェが並ぶ屋上に比べるとずいぶんと平凡。そこにはガウディらしさが殆どなく芸術性は皆無で、またブルジョアが住んだ豪邸と言うには明らかに質素で、いいとこスペインのどこにでもある小金持ちの家と言うところです。

ただこれには理由があって、それは既に述べましたが、施主のミラ夫妻との間に起きたトラブルによりガウディが途中でこのカサ・ミラの建築から手を引いてしまっていたので、この住居部分にはタッチしていませんでした。

更にそれに加えオーナーが住んでいた2階フロアーとは違い、あくまでもここは賃貸物件であったことからシンプルな造りになっており、建物のオーナー家主が住んでいたフロアーが見学出来る「カサ・バトリョ」との大きな差となっています。

 

 

最後にもう一つのパティオ

http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_20200721_120751.jpg
入場して最初に見たパティオと思いきや空の形が違います。それもそのはず、これは別のパティオ
http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_20200721_101644.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_3338.jpg
ミラ家の専用階段も微妙に違います こちらでは門が間近で見れます
http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_3128-001.jpg http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_3129.jpg
鍛鉄とガラスの組み合わせ まさに職人技

見学の最後は、グラシア通り入り口のパティオに降りて来ます。最初に見たパティオと同じ様に見えますが、よく見ていくと幾つか違いが見受けられます。まず一つ目は空。上を見上げると、最初に見たパティオの空が楕円だったのに、ここは丸い円。また形だけで無く、大きさにも違いがありこちらの方がより小さくその分暗くなります。次の違いは、オーナーのミラ夫妻の住居となっていた2階への専用階段。よく似た螺旋階段ですが、屋根に違いがあります。

あと、このポーチでは建物への入り口の門を間近で見ることが出来ます。ガウディ建築の特徴の一つとして鍛鉄を使い職人が手間を掛けて作ったっ素晴らしい、手すり、欄干、オブジェ、それらが見れます。

以上で、カサミラの内部の見学は終わりになりますが、入場チケットにエキシビション(2階の特別展示)も含まれていますので時間があれば見て下さい。

 

エキシビション(展示会場)
http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_3137-001.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_20200721_121421.jpg
ミラ家専用だった階段を上がると 展示場は広大なスペースを誇った邸宅だったと分かります

展示はガウディとは全く関係ない写真展などがおこなわれています、なのでわざわざ見る必要はありませんがここに来て分かるのは、今では家具も無く壁も取り払われ何も残っていない、床面積1,323平方メートル、坪換算で400、畳を敷き詰めると800畳と言うこの広大なスペースにオーナのミラ夫妻が住んでいたと言う事です。カサバトリョの10倍の建設費をつぎ込むことが出来た資金力なら贅を尽くした邸だったはず、もしここが残っていたなら屋根裏の下の階で見た住居と印象はかなり違ったはずです。

 

http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_337399.jpg 【プレミアチケットの注意点】
プレミアチケットで入場した人は、最後に入場した時と同じポーチに戻って来るので、もう一つの横長楕円のポーチを見ないままに終わってしまいます。二つに大きな差は無いのですが、せっかく入場したんですから両方見てはどうでしょう。売店に入る手前を左へいくとそこがポーチです。

 

 

売店

1-img_1898
売店は広くて買い物しやすい
http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_1703-001.jpg http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_3376.jpg
ちょっとベタなお土産ですが 置物としてはお手頃?
http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_20200721_123205.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_20200721_123157.jpg
面白いところでは、このネズミ電灯 Lupoのバッグはカサミラをモチーフ

最後に、お土産を売っている売店ですが、カサミラ内には2軒あって1軒は住居の見学できるフロアー、もう一軒は建物の一階部分のプレミアチケット入場口の右にあります。


一階の方が広くて買いやすいので、見学が終わった最後にゆっくりみて下さい。尚、バルセロナ他の観光スポットやデパートで買える共通のお土産物も多くありますので、ここではカサ・ミラと関係した物を選ぶと良いでしょう。

 

 

カサ・ミラにまつわるトリビアの泉

IMG_1861-001 マンションとして建てられたこの建物ですが高額な家賃(当時の平均的月収の約10倍)と見た目の悪さから、なかなか借り手が見つからず家賃は3世代に渡り値上げをしないという条件で賃貸契約がなされ現在でも4世帯が実際に居住しています。家賃は当時からほとんど値上げされず1200ユーロほど。バルセロナのド真中、300㎡以上の広さ、しかも世界遺産と言う事で、現在の家賃の相場ならその10倍、日本円で100万以上するとも言われています。
IMG_20200725_110050[1] ガウディ作品の殆どがレンガを積み上げる中世からの手法、組積造により建てられていますが、このカサミラには当時としては極めて斬新な鉄が建材として使われています。それにより建物の負荷を支えていた従来型の壁を全て取り払うことが出来、各階の間取りを自由に変えられるいわゆるカーテンウオールを可能としました。
http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/yosityu.jpg オーナーのミラ氏はバルセロナ市長を務めていた叔父と共に、自分でレースを主催する程の車好きだったと言う事もあり、バルセロナでも最初となる地下駐車場が建物内に作られました。観光客に公開はされていませんが、現在は会議スペースとして利用されていて200人が収容でき程の大きさを誇ります。地下駐車場へのスロープがあって、2つあるどのポーチからもアクセスできるようになっています。
http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/sagurada.jpg ガウディは生涯に幾つかの住宅を建てましたが、このカサミラが最後になります。これ以降は、未完となったコロニアルグエル教会、そして生涯をかけたサグラダファミリアのみ。
http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_3275.jpg カサ・ミラのオーナのペレ・ミラの死後7年後建物は売却されましたが、購入した不動産業者により屋根裏部屋に新たに13の賃貸用の部屋が増設されました。尚、1990年にそれらは全て撤去され現在に至ります。
http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/Bauhaus.jpg ガウディが生きた時代は、建築材に大きな変化が起きそれまでのレンガや石を使った組積造から、鉄の建築材への利用、更にセメントとの併用など、それまでの建築の常識を覆す出来事がありました。そうした時代変化の中で、ガウディは言わば前時代の最期にいた建築家でもありました。
http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/darichan.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/12/1-IMG_1553.jpg ダリは、このカサ・ミラのオブジェ群の大ファンで、また同時に大きな影響を受けました。カサ・ミラ屋上の写真を常に持っていたと言いますし、生前ダリがインタビューを受けた際には、ガウディとピカソの二人は数いる芸術家の中でも特別。彼らこそが本当の天才だと言っています。
http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2020/07/roseduen.jpg カサ・ミラ工事期間中、施主のミラ夫妻とガウディとの間には争いが絶えませんでした。理由は設計の変更や精度を追求するあまり、やり直しを繰り返し建設費が増大、建物の大きさが敷地の外まではみだしたため市役所との間に問題が起ったりと、施主、特に夫人の怒りをかいます。しかし、絶対に妥協しない筋金入りのガウディの頑固さもあって、最後は建設から途中で降りる最悪の事態にまで発展しました。

 

 

フォトムービーを作ってみました

*画面右下 YouTube の文字横の四角のマークをクリックすると全画面表示になります。
*PCの方は全画面表示でご覧ください

 

【カサ・ミラ、主要観光スポット間のアクセス一覧】

【カサ・ミラ ➡ グエル公園シャトルバス乗り場】
【カサ・ミラ ➡ カサ・バトリョ】
【カサ・ミラ ➡ サグラダ・ファミリア】
【カサ・ミラ ➡ カタルーニャ音楽堂】

 

まとめ&アドバイス

ガウディの代表作の一つですが、カサ・ミラは通常の建築物というよりむしろ彫刻であるとの見方もあり、実用性に欠けるという批判もありますが、誰の目にもその圧倒的な存在感を持つ建物を否定できないのは事実です。あと、既に何度も述べていますが、惜しむらくはガウディが途中でこの建築から降りたことに尽きると思います。外壁、ポーチ、更に屋上に関しては素晴らしいの一言に尽きるのに対して住宅部分は貧弱で、とてもガウディ作と言えず不満の残るところです。

特に建築に興味が無い方でしたら、外からの見学で良いかも知れませんが、そうでない方は見る価値は十分にあります。特に屋上は必見、天才建築家だけでは語り尽くせないアーティストとしてのガウディの凄さを感じることが出来、あの鬼才のダリが大ファンだったと言うのもうなづけます。あと、たまに聞かれるライトアップについてですが、サグラダファミリアの様な必見とは全く言い難く、近くに夜たまたま来ていたら見る程度で十分です。

最後に。。
カサ・ミラの観光にかかる所要時間は、1時間が目安となります。建築が好きな方、ガウディに強い思い入れがある方でしたら更にプラス30分~1時間というところでしょうか。写真が好きな方は結構大変です。理由は最近監視カメラが異常なほどに増設され、それが写り込んでしまう事が多々あります。また消化器など余計な物が、所かまわず配置されていてもう少し、置き場所を考えられないものかと悲しくなりますが、お手数ですが色々とアングルを変えて頑張って良い写真をとってください。

ナイトツアーに興味ある人は、下にレポート記事があるのでそれを参考にして下さい。

 


お勧め度18点/20点
★★★★★(4.5)


 

住所 Paseo de Gracia, 92 【地図はこちら】
URL https://www.lapedrera.com/en/home
開館時間 11/4-2/27:9:00~18:30、2/28-11/1: 9:00~20:30、12/26-1/3:9:00~20:30
*入場は閉館15分前まで
休館日 1/13~1/19、12/25
料金 大人€24 学生:€18.50, 子供7歳~12歳:€12 6歳以下は無料
プレミアチケット(優先入場)31€、  ナイトツアー34€
デイナイトチケット(日中と夜両方入場可)43€ ディナー付きナイトツアー59€
※当日窓口で購入する場合は3ユーロ加算されます
最寄駅 地下鉄 L3 L5 号線Diagonal(ディアゴナル) 駅から徒歩1分
所要時間 1時間~1時間半

 

 

お勧め一階のカフェテリア

カサミラの1階のプレミアチケット入場口の左にはカフェテリアがあります。

中へ入って階段を上がると、こんな波打つ天井。
世界遺産の中でゆっくりお茶はいかがでしょうか?
値段もそんなに高くなく日本のスタバと同じぐらい。この界隈のどのカフェテリアより静かで落ち着いて、それを知ってか、ご近所のマダム達がよく利用しています。
1-img_9373
1-img_9381

1-img_9393 【カフェテリア訪問記】
実際に中のカフェテリア「El Cafè de la Pedrera」でお茶をしてみました!

 

 

カサ・ミラを裏から眺められる無料スポット

http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/01/1-IMG_0717.jpg カサ・ミラにお金を払って入場しても、どうしても見れないのが建物の裏。

ほとんど知られていませんが、実は2軒隣のビルの中庭のテラスから見ることが出来ます。

しかも無料なので、興味のある方は覗いてみてはどうでしょう?。詳細は下のリンクから。
1-img_0721

1-img_0740 【カサ・ミラを裏から眺めれる穴場スポット】
日本人で知っている人はいないカサ・ミラを裏から無料で見える場所がここ….。

 

 

ナイトツアー

1-IMG_2903-001
ナイトツアーの目玉は何と言っても、屋上でおこなわれるプロジェクトマッピング
1-IMG_2906 1-IMG_2916
バルセロナの目抜き通りグラシア通りの夜 遠くに白く輝くのはサグラダファミリア
1-cavvava 1-sekaimesi
ツアーにはワンドリンクが無料で付いてきます 世界遺産でディナーが食べれる食事付のツアーもあり

カサミラの見学は日中以外にも、夜にナイトツアーで観ることもできます。昼とはまた違った幻想的な景色が見れるので、時間と予算が許せば是非ご覧ください。


以下、ナイトツアーと食事付ツアーの2つを検証して来ました。
モデルニスモ建築で、雰囲気たっぷりのディナー 幻想的な夜のカサミラを満喫

 

 

 


By miranda1 オフィスHILL
2015.03.04 作成
2020.10.30 最終更新
記事は取材時点のものです。現在とは記事の内容が異なる場合もありますのでご了承ください。間違った情報、また有用新情報、分かり難い点や質問等ございましたらこちらよりご連絡ください。よろしくお願いいたします。

関連記事

2016-04-25 (6) 【カサ・ミラ予約方法】
オンラインによる事前チケット予約購入について説明しています。
IMG_9392 El Cafè de la Pedrera】★★★★★
カサミラ内、1階にあるカフェテリア。波打つ天井のの下でゆっくりカフェできます。
1-IMG_2730 【カサ・バトリョ】 ★★★★★
1877年にEmilio Sala Cortésによって建てられた建物を1903年から繊維業で…
CIMG8869 【サグラダ・ファミリア】★★★★★
サグラダ・ファミリア教会は、グラナダのアルハンブラ宮殿とともに…
IMG_2489 【グエル公園】★★★★★
ガウディの大スポンサーでもあり、理解者でもあったグエル伯爵が…
palauguell 【グエル邸】★★★★☆
アントニ・ガウディの良き親友であり、最大のパトロンであった実業家エウセビ・グエル。

ピックアップ記事。

IMG_0478 「安い様で案外高いバルセロナの物価」
スペインは日本と比べて高い?安い?お財布に優しい旅の指南!
1-IMG_0504-001 【お勧めワイナリ見学はこれだ!】
バルセロナから日帰りのワインナリー見学、人気の3つを見て飲んでの徹底比較!
IMG_1336-001 「バルセロナ楽しみ切る!最終日の過ごし方」帰国日が午後のフライト。そんなあなたに最後の最後まで楽しみ切る方法を伝授! 1-Synced Sequence.00_04_31_01.Still004 「バルセロナ、ビギナーウォーカー」
初めてのバルセロナ、旅行計画から実際の街歩きまでを初心者向けに順に解説。
ciudaa 「必読!バルセロナ基礎の基礎」
バルセロナ初心者必読、歴史、人、気候そして、一風変わった常識!etc….
IMG_2761 「これだけは押さえたい!観光スポット ベスト10!」あのメッシーも絶賛!? バルセロナの必見スポットベスト10!
IMG_6346 「本当はどっちがお勧め生誕VS受難の塔」
サグラダファミリアの塔に登る際に迷う、生誕か受難か。それに正面からお答えします!
barceplo774 「検証!バルセロナお得なチケット3種」
バルセロナ観光で使える代表的な割引券の3つ。本当に一体いくらお得なの?!
http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/03/momochan.jpg 「ジョランダ辛口レストラン訪問記」
100万アクセス突破!レストラン、バル訪問記!今日もビシバシ斬ります!
jyra1 「レストランの食事のチップって払うの?」
日本に無いチップ、一体幾ら払えばいいの?! 大丈夫これさえ読めば安心。
danngan 「ここまで出きるぞ!バルセロナ弾丸ルート」 たった1日2日の滞在でも、観て食べてそして楽しみ尽くす必殺ルートはこれだ! IMG_1254 「スタッフお勧め厳選土産」
スバルセロナウォーカースタッフがお勧めするバルセロナ厳選土産一覧。
1-IMG_0300 楽しく賢くショッピング!」
旅行の楽しみは観光、食事、そして買い物。ショッピングのアドバイスをお送りします!
IMG_2196 もう迷わない?! バルセロナの歩き方」
碁盤の目に区画割された街は、分かり易いようで道に迷うことも。そんな悩みを解決!
1-MVI_1996 (4).00_15_49_24.Still009 「必見!人間の塔は世界無形文化遺産」
カタルーニャ名物の人間の塔。以前より開催頻度が上がり運が良ければ見れますよ!
1-MVI_2795(1)-001 「フラメンコを比較検証、お勧めはこれだ!」
バルセロで見られるフラメンコショー9か所を2ヶ月掛けて回り徹底比較検証しました
IMG_5424-001 「バルセロナの地元ビール特集」
ジモピーがよく飲む人気ビール6ブランドを徹底検証!ここまで来て飲まずに死ねるか!!
1-IMG_3783 「私達なら知り合いをここに泊める!」
日本の友人に聞かれたら、自信をもって勧めるホテルのリストはこれだ!
IMG_0195 「保存版・カンプノウ観戦マニュアル」
初めてのサッカー観戦もこれで安心!ガイドブックの10倍情報を詰め込んだバイブル登場!
IMG_4875_201501060212043b6 「5大ショッピングモール徹底検証」
近年バルセロナに増殖中の巨大ショピングモール。旅行者に一番使いやすいのはどれ?!
Chocolate_con_churros_de_lazo 「地元の人気菓子と言えばチュロス」
大人から子供まで大人気のチュロス。その歴史、作り方、店選びまでを徹底解説!
wallet 【これで完璧!地下鉄すり対策】
日本人が一番被害に遭う地下鉄のすり。その対策を徹底解説しました。
policia 「バルセロナは危険な街なの?」
ネット上にあふれる口コミに惑わされない!私達スタッフが真実を教えます!
IMG_6062bb 「空港から市内へ200円お得に移動」
空港からの移動手段で一番のコスパの空港バス。今なら往復買うと200円お得!
barjo (2) 「美味しく楽しむ!バルセロナグルメ10ヶ条」確実に美味しい物を楽しく食べたい人の為に、まずは基本の10ヵ条。 54fd 【間違いだらけの缶詰選び】
お土産として重宝する缶詰。スペイン中の缶詰を食べ尽し検証その数500!
IMG_1626 「検証!カカオサンパカ51種食べ比べ」
日本人に人気のお土産チョコレート。その51種類を世界初の食べ比べ検証記録。?
1-IMG_1335 【バルセロナ究極のスリ、置き引き対策】
こうすればまずトラブルに遭う事は無いと保証できる方法をアドバイスします。
IMG_6126 【夏の風物詩、悪魔の火祭りコレフォック】
市内各地区ごとに行われる伝統の火祭りはラテンスペイン人ならでは、アッチッチ!
IMG_0003-001 「バルセロネータで地中海を満喫」
地下鉄15分、わずか150円でこんなビーチへ!地元スペイン人に紛れ地中海を楽しもう!
IMG_4594 「これは便利!バルセロナ地図集」
スマホ、タブレット用に地図、路線図をPdf保存!バルセロナ便利地図集めました。
funsui (2) 「マジカ噴水ショー」
欧米人観光客に絶大な人気を誇る、無料の噴水ショー。水と光の魅惑の競演を楽しめ!

観光記事一覧

https://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/CIMG8869.jpg?resize=70%2C70 【ガウディ】
サグラダファミリアを筆頭に天才のガウデイの残した世界遺産建築は必見!
https://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_2806.jpg?resize=71%2C71 【バルセロナの見所】
ヨーロッパでも屈指の人気都市バルセロナの外せない見所を全部リストアップ。
https://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_6332.jpg?resize=71%2C71 【その他のモデルニスモ】
ガウディ以外にもある、多くのモデルニスモの傑作建築を徹底紹介!
https://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_0012_2015052421442444c.jpg?resize=70%2C70 【美術館・博物館】
ピカソ、ミロ、ダリ、世界的な芸術家達の作品を見尽くす美術館、博物館館ガイド。
https://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/DSC_0497-001.jpg?resize=70%2C70 【シュートトリップ近郊の見所】
自然、歴史、人情味豊かなカタルーニャ。郊外のお勧めスポットとを紹介します。
https://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/201501140612226692.jpg?resize=68%2C68 【現代建築】
あまり知られていない現代建築ですが、斬新な現代建築が多くその筋では意外と有名。

基本情報記事一覧

https://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/billetes.jpg?resize=69%2C69 【バルセロナの基礎知識】
気候、歴史、習慣、通貨、物価、インターネット事情など知っておきたい基礎知識。
https://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1-IMG_7563.jpg?resize=70%2C70 【空港情報】
バルセロナのゲートウエイ空港、空港から市内への移動、免税の仕方を徹底解説。
https://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/CIMG1919.jpg?resize=70%2C70 【交通情報】
便利で安いバルセロナの公共交通。ポイントを押さえて詳しく解説します。
https://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/policia.jpg?resize=69%2C69 【安全に過ごすアドバイス 】
何かと不安な治安、本当のところはどうなの?現地からの最新情報&アドバイス。
https://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/th1.jpg?resize=71%2C71 【バルセロナ旅行に役立つ情報】
旅立つ前の準備、お得な情報をまとめて紹介。バルセロナ旅行に役立て下さい。

レストラン記事一覧

https://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/2014101414204999c1.jpg?resize=68%2C68 【お勧めレストラン&バル、リスト】
実際に何度も足を運んで食べ、選りすぐったリスト。もうこれで失敗しないぞ!
https://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1327496250_0.jpg?resize=68%2C68 【レストラン、バルで役立つ情報】
スペイン料理ってどんな料理?注文は?予約は?チップは? 疑問に答え徹底解説。
https://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1sh_201505242209252e0.jpg?resize=71%2C69 【ジョランダ辛口訪問記】
開設100万アクセスを誇る人気のジョランダ食べ歩き訪問記。今日もビシバシ辛口炸裂!
https://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/20150420201521727_201505242209302ed.jpg?resize=68%2C68 【オリジナルツアー紹介 】
バルセロナ一の食べ経験を誇るジョランダ監修、美味しく楽しむグルメ&夜景ツアー。
https://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_1524_201505242209315bc.jpg?resize=71%2C71 【レストラン全リスト】
約600軒を食べて評価した、血と汗と涙と怒りと喜びの全リストはお店選びの強い味方。

ショッピング記事一覧

https://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1-Mujer_compra1.jpg?resize=70%2C70 【ショッピング役立つ情報】
買い物のコツ、免税。またスタッフによるお土産検証と厳選お勧め紹介もあります。
https://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1-IMG_0387.jpg?resize=68%2C68 【ファッション】
世界的なファストファッションZARAを初め靴、鞄、アクセサリー等の地元ブランド紹介。
https://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1-IMG_0327.jpg?resize=69%2C69 【おしゃれな雑貨・陶磁器】
スペインで一番のオシャレな街バルセロナだからこそのお勧め雑貨や陶磁器などを紹介。
https://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_9557-001.jpg?resize=68%2C68 【グルメ】
美食の街バルセロナで買うべきグルメ食品を一堂に集めた、お土産選びの参考書!
https://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/20150424012603e73_20150524225601e5c.jpg?resize=70%2C70 【マーケット・デパート・モール】
地元に愛される市場、何でも揃うデパート、便利な大規模ショッピングモールを一挙紹介。

エンターテイメント記事一覧

https://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_1259_20150524221731b84.jpg?resize=71%2C71 【サッカー情報】
メッシーを擁するバルサ。世界屈指の人気チームを中心に解説します。
https://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/tablao-flamenco-sevilla.jpg?resize=71%2C71 【フラメンコ情報】
本場アンダルシアに負けず劣らずのレベルの高いフラメンコがここでも見れます。
https://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/conci.jpg?resize=69%2C69 【バルセロナのイベント情報】
コンサートを初め、お祭り、スポーツ、サッカー等のイベント情報まずはココでチエック!