バルセロナ ウォーカー 

提供:Office Hill お問い合わせ

サン・ジョセップ市場(ラ・ボケリア) ~バルセロナ市民の台所~

ランブラス通りにある、通称「ボケリア」。地元の言葉で『胃袋』と呼ばれる市場です。近年スペインのガストロノミーが世界中から注目されるようになり、バルセロナ市も市場からの文化発信に力を入れています。


IMG_2806

通称ボケリア(胃袋)

ランブラス通りにある、サンジョセップ市場はバルセロナを代表する市場で、更に立地の良さも手伝って観光客にも超人気スポットとして大変な賑わいを見せています。

尚、日本のガイドブックではサンジョセップ市場と紹介されていてそれは確かに正式名ですが、一般的にはボケリア、地元の言葉で『胃袋』を意味する通称の方が親まれており、どうかすると地元スペイン人にサンジョセップ市場と聞いても何のことか?と逆に聞き返されたりします。

さて、この市場の歴史は1217年にさかのぼり、それから数えると優に800年の歴史を誇ります。
最初は肉の市場から始まり、約150年前から野菜と果物の扱いが始まり、その後100年ほど前に魚の取り扱いが始まると共に、市場のシンボルともいえる鉄製の屋根が作られ現在に至ります。

また、近年スペインのガストロノミーが世界中から注目されるようになり、バルセロナ市も市場からの文化発信に力を入れ、そのお陰もあり訪れる観光客も多く、食のテーマパークと化しています。ただ、以前よりは減りはしましたが相変わらず地元の人から星付きレストランのシェフまで、買い物にやって来る人気NO.1の市場として君臨しています。

 

*当サイトはスマホでは正しく表示されません。お手数ですがPC表示に切り替えてご覧ください。

 

 

市場の全体像

1boqueim
 緑  野菜、果物
 赤  肉
 青  魚貝類
 橙  レストラン、バル

バルセロナ一番の繁華街でもあるランブラス通りを入り口にする市場は、その中には約200の様々な店舗があります。市場の案内図を見ると売っている物の種類によって地図で色分けされていて、野菜果物と魚介は大体同じ場所に固まっています。それ以外はバラバラの配置となっています。
http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-IMG_2394-001.jpg
昔から言われていることですがランブラス通りからの市場への入口付近、またそこから奥へと続く市場の中央通り沿いの店は、他の店舗に比べると同じものでも値段が高く売られています。

更に悪い事には、高くて美味しくない時まであり、正に踏んだり蹴ったりで注意が必要で、ここでジュースなどは買ってはダメ!

 

IMG_3568 【ランブラス通り】
バルセロナ屈指の繁華街はカタルーニャ広場から海のコロンブスの塔まで続く…

 

 

スペインと言えば生ハム

1-IMG_2840

さて、数ある店が軒を連ねるボケリア市場を順番に紹介していくと、中でも目につくのが豚の脚が何本も吊られた Xarcuteria と呼ばれるハム、ソーセージ類を売る店。ここでは、スペインを代表する生ハムやソーセージが種類豊富にそろっています。

最近では日本でもスペインバルが多く出来、生ハムを食べたことがある方も多いかと思いますが、日本人のほとんど誰も知らない生ハムの豆知識をここで解説してみようと思います。


http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-cerdo_iberico.jpg 【イベリコ(黒豚)と白豚】
日本のグルメの間でも広く知られているイベリコ豚。スペイン西部からポルトガル東部にかけて生息し黒い脚と爪をもつことから、スペイン語では「黒い脚(pata negra)」とも呼ばれます。ハモンセラーノと呼ばれる安価な生ハムは、白豚を使ったものでイベリコ豚に比べて甘味が劣りますが、スペイン風サンドイッチのボカディーヨニはハモンセラーノを使うのが一般的です。
http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-fisiologi.jpg 【前脚と後ろ脚】
天井から豪快に吊り下げられた生ハムですが、案外と知られていないのが一見同じ様に見えて実は2種類あること。一つはJamónと呼ばれる後ろ脚と、もう一つはPaletaと呼ばれる前脚。大きさはJamónが倍程大きく1本約8~10キロ。また100グラム当たりの値段も同じように高くなっていて、その理由はJamón味が味に甘味があり美味しいいからです。
http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-bllodonguri.jpg 【どんぐりと配合飼料】
白豚より希少で高価と言えるイベリコ豚ですが、その中にもランク付けがあります。そのランク付けの元になっているのは与えられる餌の違い。最高級のベジョー(bellota=スペイン語で「どんぐり」)」は、どんぐりのみを食べて育ち、一方配合飼料を食べて育ったものは「セボ」と呼ばれる2流品。それはプレミアモルツを飲んで育った松坂牛と第三のビールで育ったと言う感じでしょうか。
http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-jamonparte.jpg 【部位によって違う味】
ここまでイベリコか白豚、前脚か後ろ脚、更に餌の違いドングリを食べて育ったかどうかと、その違いを説明しましたがそれだけでは、まだ生ハムを知ったと言うには不十分です。実は一本の脚でも部位によって味が全然違い、一番ジューシーで美味しいのはMazzaと呼ばれるふくらはぎの部分で、次にその反対の脚の前面。Puntaと呼ばれる付け根は、味がかなり濃く同時に塩分も高くなり、Jarreteから脚下は筋が多くハムとしては不適格。

以上、一概に生ハムと言っても色々な違いがあることを、ここで理解して頂けたでしょうか?
あと、値段も驚く程の差があり、例えば白ブタを使って作ったハモンセラーノなら脚1本安い物なら50€程で買えますが、最高級のイベリコベジョタだと500€、実に値段の差が10倍にも達します。

尚、残念ながら現在は日本への持ち込みは禁止されていいるので、真空パックの生ハムを買っても持ち帰れないのですが、折角スペインに来たからには美味しい生ハムを思うぞんぶん食べたい!と言うそんな方は、ここで買ってホテルで食べるのもあり。その場合は、真空パックに入っている生ハムより、その場で手切りしてもらったほうが断然美味しいです。

美味しいハムの見分け方としては、最高級のイベリコベジョタが味は間違いなく一番。既に述べましたが前じゃなく後ろ脚のJomonを選び、ハム切台の上に載っている豚の脚の蹄の裏が上に向いているかを確認します。なぜ蹄かと言うと、部位的に一番ジューシーな太ももの裏が上になっていて、今まさにその部位がカットされているという事です。更に付け加えると、ほとんど切り取られて骨に残り肉が僅かしか付いてないような物は、肉が乾燥しているのでこれは買ってはダメです。
@
【ソーセージ類】
http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-pic-2-001.jpg http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-pic-4.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-pic-2.jpg
【Chorizo/ チョリソ】 【Longaniza/ロンガニサ】 【Lomo/ローモ】
http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/butibura.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/butibngu.jpg http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-butifarra.jpg
【Blanca/ ブランカ】 【Negra/ ネグラ】 【Huevo/ ウエボ】
@
スペイン名産のソーセージとして、生ハムと同じように有名なのがチョリソ。細かく刻んだ豚肉に塩を混ぜ、ニンニクやパプリカなどの香辛料を加えて腸に詰め、干して作るいわゆるドライソーセージの一種です。その他にも、パプリカなどを入れないドライソーセージとしてロンガニサ(サイズにより呼び名が変わり大きいとサルチチョン、逆に小さいとフエッテ)や、製法はチョリソに準ずるのですが、脂身の無い背中ロースの芯の部分を使ったローモも独特の味わいがありスペインでは人気があります。

あと、忘れてはならないのが地元カタルーニャを代表するソーセージ、ブティファラ。生と火を通した調理済みがありますが、市場で売られている調理済みのブテイファラは非常に安定した味で、日本にお土産に出来ないのが残念な逸品です。3種類あって血入りのネグラは日本人向きではありませんが、あと二つは誰が食べても美味しいと思える味で、特に最近は卵入りのウエボに私自身ハマっています。

 

 

市場の主役は魚売り場

http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-IMG_2279.jpg

スペインは日本と並ぶ魚好きの国民で、それは世界でも突出していると言っても良いでしょう。

因みに、多くの方がバルセロナは海沿いの街だからと言う理由で魚が美味しいと思われる様ですが、地中海は塩分濃度が高いために、魚が僅かしか取れず大西洋沿いのガリシア地方から直送されて来る魚がその殆どを占めています。そうは言っても、ヨーロッパのどの国よりも魚の流通ルートが整っていて、生刺身としても食べる魚が多くあるのはスペインだけ。

尚、スペイン人が良く食べる魚としては、日本と共通しているイワシやマグロなどもありますが、例えば日本では食べない深海魚のメルルーサがスペインで最も食べられる魚として常にトップに君臨しています。また、冬に鍋ぐらいしか日本で使う事の無いタラも、ここでは一年を通してレストランの定番魚料理となっています。また、高級魚の部類になりますが、アンコウもグリルにして一年を通してよく食べます。

http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-IMG_2285-001.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-p191t2k9tu7udb001v1u69310co1.jpg http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-bacalao-2.jpg
【Merluza/ メルルーサ】 【Boquerón/ ボケロン】 【Bacalao/ バカラオ】
http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-Salm%C3%B3n-1.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-leguada1.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-Sarda_sarda_5_L.jpg
【Salmón/ サルモン】 【Lenguado/レングアード】 【Bonito/ ボニート】
http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-IMG_2287.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-IMG_2288.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-rape1.jpg
【Dorada/ドラーダ】 【Lubina/ルビナ】 【Rape/ ラペ】

スペイン名 日本名
【Merluza/ メルルーサ】  メルルーサ
【Boquerón/ ボケロン】【Saldina/ サルディーナ】 シコイワシ、イワシ
【Bacalao/ バカラオ】 タラ
【Salmón/ サルモン】 サーモン
【Lenguado/レングアード】 舌平目
【Bonito/ ボニート】【Atún/ アツン】 ビンナガマグロ、マグロ
【Dorada/ドラーダ】 ヨーロッパヘダイ
【Lubina/ルビナ】 スズキ
【Rape/ ラペ】 アンコウ
【Caballa/ カバーヤ】 サバ

@

日本とは違う魚の捌き方に注目
【スペイン流の魚の捌き方】
日本の魚屋さんでは魚をおろす時に、包丁を用途に応じて何本か替えますが、スペインでは1本で全部済ませます。尚、包丁の形はまるでギロチンを彷彿させるもので、慣れない日本人にはそれは恐ろしく感じます。
*動画見下の四角をクリックすると全画面表示できます。

 

 

【Marisco/マリスコ】
魚介類のうち、エビや貝、イカ、タコなどいわゆる甲殻類をスペイン語でMariscoと言い、スペイン人にとっての大好物でクリスマスやお正月のごちそうの代名詞となっています。

http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-pulpo1.jpg http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-IMG_2289-001.jpg http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-navajas2.jpg
【Pulpo/ プルポ】 【Sepia/コウイカ】 【Nabajas/ ナバハス】
http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-c1-001.jpg http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/gambapala.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-IMG_2292.jpg
【Cigala/ シガラ】 【Gamba de Palamós/パラモス産エビ】 【Percebe/ ペルセベ】
@@
普通、西洋の国では悪魔の使いと言われるタコですが、スペイン人は日本人と同じく世界でも珍しくこれを好んで食べます。あと、イカも好きでコリコリしたゴムの様な食感のモンコイカも人気。

更に、カミソリ貝の異名を持つナバハス(マテ貝)やサイズが大きくなると肉に甘味がある手長エビ、そして高価なブランドエビと知られるパラモス産のエビなどがあります。また、スペインでシーフードの珍味の代名詞となっているペルセベ(烏帽子貝)はレストランで食べると非常に高価なものです。


http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-IMG_3721.jpg 【これを食べずに死ねるか!!】
日本でも生息してますが、九州の一部を除きほとんど食べる習慣のないマテ貝。一見するとグロテスクな姿をしたこの貝が、日本人に一番ウケるシーフードと言って間違いありません。
ただし注意が必要なのは、砂抜きがいい加減な店や、生きてはいるけれど鮮度の落ちた貝は異臭がするので、適当な店で食べるとダメです。市場内で食べるものはその点で安心できます。

因みに、人気のレストランバル Cervecería Catalana は砂抜きが全くなってなく最低。また、格安シーフードレストランの La Paradeta もこれまたダメでお話にならない。

食べるなら、この市場内のバルもそうですが、他に当サイトのお勧めバルとしてCal Pep やお勧めパエリヤと紹介しているシーフドレストランの El Cangrejo LocoCa la Nuri PlatjaCan Majyo などの専門店がお勧めです。

 

 

スペインならではの野菜に果物

http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-IMG_3576-001.jpg

市場の入り口付近に固まっていた八百屋さん。観光客の増大に伴い次第にジューススタンドに変身して、以前に比べると大分減りはしましたが、スペインならではの野菜を見ることが出来ます。

1-IMG_2303 http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-Alcachofas-2.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/pimiento.jpg
【Pimento de padron/ピミエント… 】 【Alcachofa/アティチョーク】 【Pimiento rojo/赤パプリカ】
http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-mcarcs.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-IMG_2390.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/cogollo.jpg
【Calçots/ メルルーサ】 【Tomate/ パンコントマト用トマト】 【Cogollos/ コゴーヨ】
http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-chirimoya.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-naranja_.jpg http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-IMG_2349.jpg
【Chirimoya/ チリモヤ】 【Naranja/ ナランハ】 【Merluza/ メルルーサ】

面白い野菜としては、まず日本のシシトウの原種でもある唐辛子のピミエントデパドロン。中南米原産の唐辛子を世界に広めたのは何を隠そうスペイン人。もし彼らが居なければ、キムチもタイ料理も存在せず、日本人はうどんに七味を入れることすら出来なかったはずです。あとは、サボテンの様にも見えるのがアーティチョークで、これは冬の野菜で高血圧に良いと言われ、日本で言うところフキノトウの様な独特の味があり人気の野菜です。次に巨大な赤パプリカは地元代表料理のエスカリバーダに欠かせない物になっています。ただし、茄もそうですが日本の物に比べ皮が非常に固くてそのままでは食べられず、一旦焼いた後に外皮を取って日本の焼き茄子の様にして食べます。

次にバルセロナの冬の風物詩のカルソッツ。一見、ネギのように見えるこれは玉ねぎを特殊な栽培法で育てたネギで薪の直火で焼いて食べます。あと、バルセロナに来てバルで食べたパンコントマテの美味しさに感動する人も多いかと思いますが、実は専用のトマトが存在します。八百屋さんの天井をよく観察すると、なぜか上から房に吊ってあるトマト、これがパンコントマテ専用のトマトで普通のものとは違い水分が少なく味が濃縮された専用のトマト。そして、コゴーヨと呼ばれるほんのり苦みのあるスペイン風のレタスはランチの野菜サラダにも良く出て来る人気野菜です。

次にスペインの果物ですが、日本で見ることが無いのがチリモヤ。世界三大美果「マンゴ」「チェリモヤ」「マンゴスチン」と呼ばれる世界を代表する三大フルーツの1つで元々は南米のペルー産ですが、現在はスペインで栽培されバルセロナでもお馴染みの果物の一つ。果肉は白くてなめらかな食感で、りんごのような味は甘味が強く、熟すと香りも強くなる不思議な果物です。ナランハは、バレンシアオレンジとしてお馴染みのスペイン産のオレンジ。市内のカフェやバルで普通に飲めますが、これを飲むと日本の100%ジュースなんてもう飲んでられない!と、日本人の誰もが唸るその味をぜひ一度は試してください。

最後は、野菜でも果物でもありませんがアーモンド。これは、このカタルーニャの特産品でもあるのですが、それと同時にこれが無いとカタルーニャ料理が成立しなくなるほど、重要な食材となっています。冬の名物詩の焼きネギカルソッツを初め、肉、魚料理、サラダなど様々な料理のソースに使われています。

calcota 【カルソッツ、バルセロナの冬の風物詩】
12月から3月までの冬季限定の食べ物、カルソッツ(ネギ)。地元の人達にとって…

 

 

その他の市場の専門店

http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-IMG_2338-001.jpg http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-IMG_2420.jpg
色んな種類のカタツムリが 卵だけを売っている店
http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-IMG_2344.jpg http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-IMG_2421-001.jpg
牛、豚、山羊の臓物のみを売る店 大航海時代からの保存食の塩タラ専門店
http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/aceiteuna.jpg http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-IMG_2411.jpg
世界一の生産量を誇るオリーブ 昔ながらお菓子を量り売り
http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-IMG_2410.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-IMG_3578.jpg
パエリヤの色付けに使うサフランは高級食材 ミシュラン星付きレストラン食用花
http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-IMG_2309-001.jpg http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-C00254-001.jpg
色とりどりのグミがずらりと並びます 屋外には近郷の農家の市が立ちます

市場には野菜、魚、肉以外にも様々なお店があり、それぞれ専門店として色々な物を売っています。日本から来られる方に珍しいと思える物に、色々な種類のカタツムリを売っている店や、ただ卵だけを売る店、見るとギョッとする臓物専門店、エスケシャーダなど地元定番料理に使われる大航海時代からの保存食の塩タラ。また、世界一の生産量を誇り、スペイン人にとっての漬物と言える何十種類もあるオリーブ。また、キノコ専門店やミシュラン星付きレストランで使う食用花などまで、なんでも揃うのがここボケリア(サンジョセップ市場)の魅力です。

最後に、市場には乾物や伝統のナッツ、チョコなどのお菓子、色鮮やかなグミを量り売りする店があります。また、お土産用にパリヤ用の高価な食材のサフランやオリーブオイルなども販売しているので、お土産探しをするのも面白いでしょう。尚、簡単な英語は通じますし、また言葉は出来なくても欲しい物を指をさして自分の欲しい分量を身振り手振りで伝えれば、店員は観光客に慣れているので親切に応対してくれます。

市場の外、屋外に目を移すと地元の農家の人達が野菜を売る青空市があり、観光化した市場内と違って地元のスペイン人の普通の買い物風景も見ることが出来るので覗いてみてください。

 

 

市場のバル&レストラン。そしてランキング!

http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-IMG_3554.jpg
市場で一番の有名人と言えば、80歳を越えても元気に働くこのファニートさん
bar

食事に関しては市場の中にはバルがあり、新鮮な食材を使った料理が食べられます。以前は早朝から開けているので夕方に店じまいのところが多かったのですが、最近は観光客に合わせて20時頃まで営業しているところも増えて来ました。

尚、素材の新鮮さや料理の味については十分満足できると思いますが、値段に関しては市場のカウンターだから安いと言うことは全く無く、中級レストラン並みの値段になっています。とは言って、活気のある独特の雰囲気で食べる料理は非常に人気があり思い出になるので、お勧めします。

以下、市場内のレストランバルを食べ歩いて比較しランキングを付けましたので参考にしてみてください。

http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/crown-10300-gold.png kioscomini 【Kiosco Universal】
近年オープンしたバルに比べると若干地味に映るこの店ですが、市場のバルとしては正統派とも言え安心して食べることが出来ます。前菜の野菜の盛り合わせは絶品で超オススメ。  訪問記>>
http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/crown-10300-silver.png pinochomini 【Pintxo bar】
市場の生き字引、80歳を越えた今も現役のファニートさんが働くこの店、ピノッチョ(ピノキオ)は、観光客が溢れ様変わりした市場で唯一昔ながらの雰囲気を残す貴重なバルです。  訪問記>>
http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/crown-10300-bronze.png 1-IMG_3604 【Quim de la Boqueria】
市場内にあるバルとしては特殊で、レストラン並みの料理出すこの店は技術レベルで他を圧倒しています。ただ、値段もそれになってしまうのがウイークポイント。 訪問記>>

 

 

市場でつまんで食べ歩き

http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-IMG_2333.jpg
旅行中不足がちなビタミンCを補給するには持って来いのカットフルーツ!
http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-IMG_3672.jpg http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-IMG_3682.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-IMG_3681.jpg
最高級の生ハムも試せます シーフードフライの盛り合わせ スペインの珍味と言えばこれ

市場に足を踏み入れると、色とりどりのカットフルーツやフレッシュジュースが溢れています。日本では珍しいフルーツを試すのもお勧め。また、どうしても野菜不足になるのが海外旅行、そんな時にビタミン不足補う意味でもお勧めです。

また、フルーツ以外にも生ハムやソーセージ、イカフライ等の簡単に調理したシーフード、更にエスニック料理などなどが売られています。右はペルセベス(別名:亀の手)はスペインの代表的な珍味で、これはレストランで食べるとすごい高いので、こうやって少量で試せるのは嬉しいところです!

以下お勧めのランキングを付けましたので参考にして見て下さい。

http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/crown-10300-gold.png 1-IMG_2332 【フレッシュフルーツジュース】
新鮮な果物を絞ってたジュースは色々なものがあり、オレンジやキウイ、マンゴウなどから、それらを混ぜてものまで様々。店によって値段は違いますが相場は1~1.5€程。
http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/crown-10300-silver.png 1-IMG_2333 【カットフルーツ】
フレッシュジュース同様に、市場で売られている物の中では一番人気の高いものです。カップに入っていて、フォークも付いているので、歩きながら食べることもで来てお勧め。値段はジュースとほぼ同じ。
http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/crown-10300-bronze.png 1-IMG_3672 【生ハム】
スペイングルメを語る時に欠かせないのが生ハム。色々な種類がありますが、せっかくなら一番高級なイベリコ・ベジョタ(Iberico Bellota)を試してください。高価で量は少ないですが絶品です!


【バルセロナウォーカースタッフが実際に検証食べ歩きしました】

 

 

お土産には?

http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-IMG_2312.jpg http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-IMG_2314.jpg
レトロな雰囲気漂うインフォメーション(案内所) 市場のオリジナルグッズが販売されています
http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-IMG_2314-001.jpg
@
お土産にお勧めなのがこのエコバック(3ユーロ)、安いのでバラマキ土産にも使えそう。
市場の奥のワインショップ横にあるインフォメーションでは、このエコバックを初めサンジョセップ市場のオリジナルグッズが売られています。

 

 

訪れるベストの時間は午前中

http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-IMG_3552.jpg http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-IMG_3599.jpg
早朝の商品を並べているところ カオスと化す前の朝の市場は昔と同じ
http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/turiiis.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-C00041.jpg
日中は観光客で一杯、地元客がほとんど居なくなる 午後はシャッター街と化した市場の奥

非常に混むようになったサンジョセップ市場は季節にもよりますが、春から秋の観光シーズンの期間は正にカオスそのものです。そんな中でも朝の早い時間ならまだ空いていて、この時間なら市場の雰囲気をじっくり味合うことができます。

時間としては、ずばり朝の8時半から10時。市場は、7時にオープンしますが商品の搬入や並べる作業が
大体8時半ぐらいまでかかるので、それが終わる時間から観光客が大挙押し寄せる10時頃までに入るのがベスト。

尚、夕方になると少しは人も減りますが、レストランやバルなどの
飲食店以外、多くの店が閉まり市場はシャッター街となるので、やはり朝に見て回るのがお勧めです。

 

 

トイレは有料

http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-C00171.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-C00172.jpg
トイレは市場の正面入り口から魚売り場を越えた一番奥 階段を下りた地下にあります
http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-C00175.jpg http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/07/1-C00176-001.jpg
有料で入り口のコイン投入口に0.50€を入れます 両替機もあるので安心

市場のトイレは一つのみで、場所は正面入り口から真っ直ぐ進み、魚売る場を越えて更に先の一番奥にあります。有料になっており、入り口で0.50€のコインが必要になります。トイレには常時掃除のおばさんがいるので安心で、またスペインの公衆トイレとしてはわりときれいです。

市場で食事される方はこのトイレしかなく、食事の途中に行くことは困難なので事前に済ませておくようにしましょう。(8:00~20:30)

 

 

みどころを動画にしました

 

 

まとめ&アドバイス

バルセロナの市民の胃袋と言われたボケリア(サンジョセップ市場)。近年は様変わりして観光客向けの市場となって来ていますが、それは時代の流れでしょうがない事です。とは言っても、バルセロナに数ある市場の中でも一番活気があるのは間違いなく、観光で来られた方には他のどこよりも楽しめる市場であることに間違いありません。

ところで、入場チケットは要らないし語学も必要と特にされず、行って歩き回っていれば誰でも観光出来ます。もちろん、それはそれで楽しいと思いますが、スペインならではの食材など予め予備知識として入れておくと、さらに興味深く市場内を歩けるのではないかと、ここでは生ハム、魚、野菜、果物を出来る限り詳しく解説しました。

最後にアドバイスとして。。
既に述べましたが、他の人気の観光地と同じく観光客で一杯になる前に訪れるのが一番のポイントとなります。出来れば朝10時までに行くのが良く、特に春から秋にかけての観光シーズンはお昼になると観光客を掻き分け歩かなければならない程の大渋滞となってしまい、ゆっくり見ることすらままならなくなります。また、混む時間帯にはスリも出没し日本人の被害者も出ていますので持ち物には十分注意して下さい。尚、日曜は閉まりますし、平日でも午後から閉まる店も多く、特に奥の方へ行くとシャッター街になって魅力が半減となることも覚えておいてください。

食事については、値段は市場だからと言って安いわけでは全くありませんが、素材に関しては新鮮で味も悪くありません。活気ある市場での食事は良い思い出になるので、バルセロナウォーカーとしてはお勧めとさせて頂きます。実際、私達の家族や友人が訪れたら連れて行くこと間違いありません。

最近はお昼から夜8時まで通しでやっているので、スペインのディナータイムの20、21時まで待つ必要なく、早い時間帯の夕方に食事をとりたい人にはぴったり。尚、その時間帯なら昼に比べてまだ人が少なく、なんとなくまったり感があり、午前中の早い時間に訪れ見て周り、日中は他の観光をし夕方にまた戻って市場で食事と言うのも一つの観光のコースの取り方としてはありかと思います。

もし、あまりにも観光化された市場には興味が無いと言う方でしたら、カテドラルか徒歩4分程のサンタカテリーナ市場に行かれると良いでしょうし、全く観光客の居ない地元スペイン人だけが買い物をしている市場が見たいのであれば、サグラダファミリア生誕の門からわずか徒歩4分にサグラダファミリア市場があるので、観光の途中に寄られてみてはどうでしょう。ただし活気はボケリアに遥かに及ばないので面白味に欠ける気もしますが、そこから先はご自分の中で落としどころを見つけて納得して下さい。

 

 


お勧め度:18点/20点
★★★★★(4.5)


 

住所 Rambla, 91    【地図&行き方】
URL http://www.boqueria.info
電話 93 318 25 84
時間 8:00~20:30   ※店舗個々に営業時間があるので注意してください。
休み:日曜、祝日
料金 無料
最寄り駅 地下鉄  L3   Liceu駅から徒歩約1分
所要時間 1時間

 

 

 


By http://i1.wp.com/blog-imgs-77.fc2.com/h/o/s/hostalhill/yolanda.png?resize=69%2C81 オフィスHILL
2015.2.20 作成
2017.07.25 最終更新
記事は訪問時点のものです。料金、営業時間等は頻繁に変わります。現在とは記事の内容が異なる場合もありますのでご了承ください。間違った情報や有用新情報、分かり難い点などございましたらこちらよりご連絡ください。

その他の市場

IMG_3839 【サンタ・カタリーナ市場】
ボケリア(サンジョセップ)市場に並ぶバルセロナの中心的な市場。
20150424012717aa0 【バルセロネータ市場】
この地区の下町に建つ市場は1884年に開設。近年の大改修工事を経て….
concep (13) 【コンセプシオ市場】
世界遺産カサ・ミラから徒歩8分にある市場。 入口はいつも花で一杯。
20150424025837842 【リベルター市場】
周りに観光スポットも特になく、地元スペイン人しか訪ずれることが無い…
201504212348085a1 【サグラダ・ファミリア市場】
世界遺産サグラダファミリから徒歩4分程にある市場。今や観光客が溢れ…

近くの見所

CIMG1245 【リセウ劇場】(徒歩3分)
歴史を誇るオペラ劇場は火災で焼失後に新たに再建された….
20150121194918ebb 【バルセロナ現代美術館】(徒歩4分)
MCBA(マクバ)の愛称で親しまれる1995年にオープンしたコンテンポラリー…
CIMG1209 【レイアール広場】徒歩5分)
旧市街ゴシック地区の中心に位置する広場は観光スポットとしても人気の….
IMG_0127 【グエル邸】(徒歩6分)
繊維業で財を成した大富豪の邸宅。ガウディのスポンサーとしても知られ…

ピックアップ記事。

IMG_2766 【バルセロナウォーカー主催タパスツアー】
バルセロナ食べ歩き女王辛口ジョランダが自信を持って贈るタパスツアー!
IMG_6126 【夏の風物詩、悪魔の火祭りコレフォック】
市内各地区ごとに行われる伝統の火祭りはラテンスペイン人ならでは、アッチッチ!
ciudaa 「必読!バルセロナ基礎の基礎」
バルセロナ初心者必読、歴史、人、気候そして、一風変わった常識!etc….
IMG_2761 「これだけは押さえたい!観光スポット ベスト10!」あのメッシーネイマールも絶賛!? バルセロナの必見スポットベスト10!
IMG_4594 「これは便利!バルセロナ地図集」
スマホ、タブレット用に地図、路線図をPdf保存!バルセロナ便利地図集めました。
IMG_0478 「安い様で案外高いバルセロナの物価」
スペインは日本と比べて高い?安い?お財布に優しい旅の指南!
IMG_0195 「保存版・カンプノウ観戦マニュアル」
初めてのサッカー観戦もこれで安心!ガイドブックの10倍情報を詰め込んだバイブル登場!
IMG_4875_201501060212043b6 「5大ショッピングモール徹底検証」
近年バルセロナに増殖中の巨大ショピングモール。旅行者に一番使いやすいのはどれ?!
Chocolate_con_churros_de_lazo 「地元の人気菓子と言えばチュロス」
大人から子供まで大人気のチュロス。その歴史、作り方、店選びまでを徹底解説!
20140 「これはお得!お勧め両替用カード」
バルセロナウォーカースタッフも使っている、お勧めカードで賢く両替しましょう!
policia 「バルセロナは危険な街なの?」
ネット上にあふれる口コミに惑わされない!私達スタッフが真実を教えます!
IMG_6062bb 「空港から市内へ200円お得に移動」
空港からの移動手段で一番のコスパの空港バス。今なら往復買うと200円お得!
wallet 【これで完璧!地下鉄すり対策】
日本人が一番被害に遭う地下鉄のすり。その対策を徹底解説しました。
lisboa (10) 「旅行者の特権、免税でお安くお買い物」
日本人なら13%のお金が戻ってくる免税。誰よりも詳しく手続きを全解説!
funsui (2) 「マジカ噴水ショー」
欧米人観光客に絶大な人気を誇る、無料の噴水ショー。水と光の魅惑の競演を楽しめ!
barjo (2) 「美味しく楽しむ!バルセロナグルメ10ヶ条」確実に美味しい物を楽しく食べたい人の為に、まずは基本の10ヵ条。
IMG_4790 「特集・スペイン人のこだわり・コーヒー編」
何につけつてもいい加減なラテンなスペイン人ですが、コーヒにはこだわります
dororo 「被害に遭わない置き引き対策」
バルセロナの犯罪被害で2番目に多い置き引きに絶対遭わない対策を伝授!

レストラン記事一覧

http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/2014101414204999c1.jpg?resize=68%2C68 【お勧めレストラン&バル、リスト】
実際に何度も足を運んで食べ、選りすぐったリスト。もうこれで失敗しないぞ!
http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1327496250_0.jpg?resize=68%2C68 【レストラン、バルで役立つ情報】
スペイン料理ってどんな料理?注文は?予約は?チップは? 疑問に答え徹底解説。
http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1sh_201505242209252e0.jpg?resize=71%2C69 【ジョランダ辛口訪問記】
開設100万アクセスを誇る人気のジョランダ食べ歩き訪問記。今日もビシバシ辛口炸裂!
http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/20150420201521727_201505242209302ed.jpg?resize=68%2C68 【オリジナルツアー紹介 】
バルセロナ一の食べ経験を誇るジョランダ監修、美味しく楽しむグルメ&夜景ツアー。
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_1524_201505242209315bc.jpg?resize=71%2C71 【レストラン全リスト】
約500軒を食べて評価した、血と汗と涙と怒りと喜びの全リストはお店選びの強い味方。

観光記事一覧

http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/CIMG8869.jpg?resize=70%2C70 【ガウディ】
サグラダファミリアを筆頭に天才のガウデイの残した世界遺産建築は必見!
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_2806.jpg?resize=71%2C71 【バルセロナの見所】
ヨーロッパでも屈指の人気都市バルセロナの外せない見所を全部リストアップ。
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_6332.jpg?resize=71%2C71 【その他のモデルニスモ】
ガウディ以外にもある、多くのモデルニスモの傑作建築を徹底紹介!
http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_0012_2015052421442444c.jpg?resize=70%2C70 【美術館・博物館】
ピカソ、ミロ、ダリ、世界的な芸術家達の作品を見尽くす美術館、博物館館ガイド。
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/DSC_0497-001.jpg?resize=70%2C70 【シュートトリップ近郊の見所】
自然、歴史、人情味豊かなカタルーニャ。郊外のお勧めスポットとを紹介します。
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/201501140612226692.jpg?resize=68%2C68 【現代建築】
あまり知られていない現代建築ですが、斬新な現代建築が多くその筋では意外と有名。

基本情報記事一覧

http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/billetes.jpg?resize=69%2C69 【バルセロナの基礎知識】 気候、歴史、習慣、通貨、物価、インターネット事情など知っておきたい基礎知識。 http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1-IMG_7563.jpg?resize=70%2C70 【空港情報】 バルセロナのゲートウエイ空港、空港から市内への移動、免税の仕方を徹底解説。
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/CIMG1919.jpg?resize=70%2C70 【交通情報】 便利で安いバルセロナの公共交通。ポイントを押さえて詳しく解説します。 http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/policia.jpg?resize=69%2C69 【安全に過ごすアドバイス 】 何かと不安な治安、本当のところはどうなの?現地からの最新情報&アドバイス。
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/th1.jpg?resize=71%2C71 【バルセロナ旅行に役立つ情報】 旅立つ前の準備、お得な情報をまとめて紹介。バルセロナ旅行に役立て下さい。

ショッピング記事一覧

http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1-Mujer_compra1.jpg?resize=70%2C70 【ショッピング役立つ情報】
買い物のコツ、免税。またスタッフによるお土産検証と厳選お勧め紹介もあります。
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1-IMG_0387.jpg?resize=68%2C68 【ファッション】
世界的なファストファッションZARAを初め靴、鞄、アクセサリー等の地元ブランド紹介。
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1-IMG_0327.jpg?resize=69%2C69 【おしゃれな雑貨・陶磁器】
スペインで一番のオシャレな街バルセロナだからこそのお勧め雑貨や陶磁器などを紹介。
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_9557-001.jpg?resize=68%2C68 【グルメ】
美食の街バルセロナで買うべきグルメ食品を一堂に集めた、お土産選びの参考書!
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/20150424012603e73_20150524225601e5c.jpg?resize=70%2C70 【マーケット・デパート・モール】
地元に愛される市場、何でも揃うデパート、便利な大規模ショッピングモールを一挙紹介。

エンターテイメント記事一覧

http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_1259_20150524221731b84.jpg?resize=71%2C71 【サッカー情報】
メッシー、ネイマールを擁するバルサ。世界屈指の人気チームを中心に解説します。
http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/tablao-flamenco-sevilla.jpg?resize=71%2C71 【フラメンコ情報】
本場アンダルシアに負けず劣らずのレベルの高いフラメンコがここでも見れます。
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/conci.jpg?resize=69%2C69 【バルセロナのイベント情報】
コンサートを初め、お祭り、スポーツ、サッカー等のイベント情報まずはココでチエック!