バルセロナ ウォーカー 

提供:Office Hill お問い合わせ

モンセラット(モンセラート)~バルセロナ発ショートトリップ一番の人気スポット~

カタルーニャの聖地と呼ばれるモンセラット。バルセロナから約1時間で気軽に行くことができ、見所も多いために市内からからのショートトリップで行けるスポットして一番の人気を誇っています。

DSC_0497

一番人気の郊外観光スポット

カタルーニャの聖地と呼ばれるモンセラット(モンセラート)。バルセロナから約1時間で気軽に行くことができ見所も多く、ショートトリップで行けるスポットとしては一番の人気を誇っています。

カタルーニャ語で「のこぎりの山」という意味のモンセラット。元々は湖であったところが古代地殻変動により隆起、その後の長年の浸食により現在、私達が目にする特徴的な形になりました。 この不思議な風景に多くのカタルーニャの芸術家が影響を受け、その中でも一番よく知られているのが、あのガウディ。彼の残した多くの作品の中に、見ることができます。

また、この地が聖地として重要な地位を占める理由の一つとなったのが、19世紀初頭のスペイン独立戦争。当時フランスの皇帝であったナポレオンがスペインに侵攻、その際に地元の民兵が立てこもり最後まで抵抗を続けた場所として知られています。また近代のスペイン史に残る、あの悪名高き独裁フランコ政権時代には家以外の公の場で話すことが禁止されていたカタルーニャ語。その言葉を断固として使い続けミサを行っていた唯一の教会でもあったため、地元の人々の心の故郷として、また精神的なよりどころとなっています。

ところでバルセロナの女子に付ける名前の人気NO1を知っていますか?
現在でこそ名前にも色々なバリエーションがありますが、少し前まではバルセロナの女の子の名前人気NO.1は「モンセラット」。この事実からも、いかに地元の人達に愛されているか分かるでしょう。ちなみに男の名前のNO.1は「ジョルディ」。

さて、ここで主な見どころをピックアップすると、まず岩山の中腹(標高725m)に建立された、ベネディクト会のサンタ・マリア・モンセラット修道院付属大聖堂、並びにそこに安置されている黒マリア像、少年合唱団と、遠くピレネー山脈を望む眺望などがあります。また、自然を楽しむトレッキングコースなどもあり、週末は地元スペイン人達で賑わいます。

saguraji

【サグラダファミリア】

ガウディがここモンセラットを訪れた際に受けたインスピレーションが、その後の彼の創作活動に大きない影響を与えたと言われています。それが最も表れているのが、あのサグラダファミリア。尖塔はまさにモンセラットの山そのものと言えます。

@
furachan 【フランコ将軍とは?】
1936年に始まったスペイン内戦で反乱軍を指揮し勝利、その後に30年に渡り独裁政権をしいた元首で第二次大戦中はあのヒトラーを手玉に取ったことでも知られるつわもの。また、当時より独立意識が強かったカタルーニャにおいてはカタルーニャ語の使用禁止するなど強硬な姿勢をとり、ここバルセロナでは最も忌み嫌われる存在となっています。

 

*当サイトはスマホでは正しく表示されません。お手数ですがPC表示に切り替えてご覧ください。

 

 

見どころ1. 【大聖堂】

IMG_1823
教会正面に並ぶキリストと12使徒。ミサの前ぶれに鳴る鐘が、このパテイオに響く音は圧巻!
1-MVI_1996 (4).00_01_17_08.Still027 1-MVI_1996 (4).00_01_45_03.Still035
規模は小さいですが、よくこんな山の上に作ったと溜息 正面左の奥にはバルサが寄付したランプもあります
IMG_1940
お供えのロウソクは大3€、小2€で買えます この円の中心が有名なパワースポット!

モンセラットの一番の観光スポットは、ここベネディクト会のサンタ・マリア・モンセラット修道院付属大聖堂(Monasterio de Montserrat)。 元あった聖堂はスペイン独立戦争 (1808-1814)の際ナポレオン軍の砲撃により破壊され、現在の建物は19~20世紀に再建されました。ゴシック様式とルネサンス様式の折衷の
聖堂前のパティオは、パワースポットと知られ、腕を広げて瞑想すると不思議な力が蘇ると言われています。

また、江戸時代はじめの1582年、九州のキリシタン大名からローマに派遣された4名の少年を中心とした使節団、天正少年使節が立ち寄った場所としても知られています。現在の様な交通機関がなかった遥か400年以上前に、日本人がここに来ていたとは、なんとも感慨深いものがありますね。
 monjos
【ベネディクト会とは? 】

カトリック教会最古の修道会で、服従、清貧、童貞(純潔)の厳しい戒律を持つ一方、中世ヨーロッパにおいては宗教のみならず・芸術・建築・土木において大きな役割を果たしました。また、黒い修道服を着ていることから「黒い修道士」とも呼ばれています。現在も80人ほどの修道士が暮らし、カタルーニャのカトリック総本山となっています。

tensyou 【天正遣欧少年使節とは? 】
1582年(天正10年)に九州のキリシタン大名、大友宗麟・大村純忠・有馬晴信の名代としてローマへ派遣された4名の少年(伊東マンショ、千々石ミゲル、中浦ジュリアン、原マルティノ)を中心とした使節団。日本人として初めてヨーロッパの地を踏んだ彼らは8年の長旅を経て1590年(天正18年)に帰国。持ち帰ったグーテンベルク印刷機によって日本語書物の活版印刷が初めて行われるなどの功績にも関わらず、豊臣秀吉によるバテレン追放令発布後、1人は処刑、1人は追放、1人は棄教(信仰を捨てる)と言う悲しい結末を迎えることになります。

 

 

見どころ2. 【黒いマリア】

IMG_1981
 多くの病に苦しむ人達、また生まれて間もない赤ちゃんの健康を祈る家族が、ご利益にあやかろうと訪れます。
1-MVI_1996 (4).00_02_09_10.Still030 1-MVI_1996 (4).00_02_20_03.Still031
大理石の彫刻がぎっしり施された黒マリアへの入り口 モザイク装飾の階段の壁と天井
1-MVI_1996 (4).00_01_35_28.Still028 1-IMG_1939-001
 黒マリア様の真後ろにある、ステンドグラスが美しい間  春から秋のシーズンは行列が出来2時間待ちになることも
@
“ラ・モレネータ”(黒い女の子)の愛称で親しまれている黒いマリア様。キリ ストをひざに抱き、右手には世界(全宇宙)を象徴する球を持って聖堂に祀られています。また、マリア像はガラスに収められ、手に持った球の部分だけが触ることが出来るようになっていて、それに触れ願い事をすれば叶うといういわれ長い行列が連日出来ています。

尚、修道院の公式見解ではもともと白かったマリア像が、長い年月をかけて多くの人に触れられたり、ろうそくのすすによって黒くなったとしています。科学的検証では、12世 紀のものだとか.. (伝説の年代と異なります)。
@
いろんな謎がある黒マリア様ですが、お昼休みを挟んで一日2回、面会できます。その行列は大聖堂入口の右に出来ていて季節によりますが通常20分くらい並べば入ることができます
(夏季、観光シーズンは1時間i以上の待ちもあり)。お勧めの時間は午前中の早く、もしくは少年合唱団の合唱が終わって少し時間が経ったころが、日中ならまだ比較的空いています。

 黒マリア様の面会時間  7:00~10:30、 12:00~18:15、19:30~20:00(7/1~9/15)
 
a0277094_1421698 黒マリア伝説】
その昔880年、とある土曜日の午後のこと。山の麓に住む人々が天からのメロディーとともに、山の中腹に光が灯されているのを見ました。次の土曜日にも同じことが起こったので、司祭が洞窟に入ってみるとマリア像が佇んでいたのです。麓の村へ降ろそうと持ち上げると、マリア像が重くて動かず仕方なくそこに教会を建て今に続いています。←(注)イメージ画像
【登山電車駅から歩いて黒マリア様までの解説動画】

 

 

見どころ3. 【少年合唱団】(エスコラニア)

IMG_1972
ヨーロッパ最古の少年合唱団といわれている、モンセラット・エスコラニア。 10歳から14歳までの声変わりする前の少年たちが大体、平日13時と18時45分から聖歌を2曲(10分くらい)歌います。 美しい歌声を聴いていると、心が洗われるよう。
聖歌隊の合唱が始まる30分前にはほとんど席がなくなり、立ち見になりますので早めに席を確保しましょう。
スケジュール
についてはこちら日本語解説を入れていますのでご確認ください。
IMG_1968

 

 

見どころ4-1. 【山と一体化した教会が望める展望台】

1-IMG_1904-001 1-IMG_1895
 教会から山道を20分程歩くと  十字架が建つサン・ミゲル展望台
1-IMG_1900
 モンセラットの写真、絵葉書で見る代表的な風景は、ここから撮ったもの
@
【サン・ミゲル展望台 Creu de San Miguel 】

修道院の方から見ると、遥か向こうの岩の上に十字架が建っている、そこがサン・ミゲル展望台。 ちなみに、モンセラットのポスターや絵葉書になる定番のビューポイントがここ。修道院側に居るだけでは決して分からない景色が見れます。歩くのが苦手でなければ一押しスポットで、修道院から歩いて往復40分程です。

【サン・ミゲル展望台まで、ひょこひょこ歩いてみました】

 

 

見どころ4-2. 【大絶景が広がる展望台】

1-funciular-subasta-ebay 1-IMG_1856
 朝10時より12~20分おきに運行(時刻表PDFファイル  サン・ジュアン祈祷庵
1-IMG_1851
 冬の晴れた空気の澄んだ日には、遥か山の向こうに雪化粧したフランスとの国境ピレネー山脈が望めます

【サン・ジュアン Sant Joan 】
モンセラットは台地状の山になっていて、その最高地点は1236m。
一方、大聖堂がある中腹の標高は725m。もちろん、そこからでもバルセロナの街を遠くに見ることは出来ますが、その上のケーブルカーで上がる標高972メートルの山上は、まるで天空にいるかのよう。

天気が良ければ地中海が輝いて見え、また遠くフランスとの国境ピレネー山脈まで望むことができます。
見所の一つの、隠修士が住んでいたサン・ジュアン祈祷庵(写真上左)まではここから往復20分程。また、サン・ジェロニ祈祷庵は片道で1時間。
1-colourplates-8 【隠修士とは?】
神との一致と完徳を求める孤独生活の修道士。その起源は3世紀初めエジプト,パレスティナ,シリアの荒野や砂漠に現れるがその後、キリスト教は隠修様式から家族様式へと発展したことにより一旦は廃れるが11世紀~13世紀には複数の隠修士会が復活。いわゆる、仏教でいうところの洞窟修行にあたります。
torecha 【ミニ・トレッキング】
時間と体力がある方なら、上記のスポットまでちょっとしたトレッキングもできおすすめです。ただし、ハイヒールは論外!それなりの靴は必要、あと日焼け止めも必需品。ただし普段歩きなれない人や、長旅で疲れている人はくれぐれも無理しない範囲で。尚、一番遠いサン・ジェロニ祈祷庵まで行くのは日帰り旅行では、時間が掛かるだけで無意味と思います。

 

 

見どころ5. 【サンタ・コバ】

1-IMG_2078
この巨大を岩肌を縫って続く道をひたすら歩くと、黒マリアが発見された洞窟サンタ・コバ
kanatanni IMG_2051
 サンタ・コバへはケーブルかで下ります  断崖に貼りつくように建てられた修道院
IMG_2062 IMG_2040
 洞窟内に現在はレプリカの黒マリア  岩肌にはガウディ作のキリスト像

教会の守護神の黒マリアが発見された洞窟へ。
ケーブルカーに乗って、サンタ・コバまで下ることができます。
そこから、黒いマリア様が発見された洞窟の往復には約40分。ケーブルカーに乗らずに修道院から歩くと、片道約40分ほどかかります。
「ロザリオの道」と呼ぶ洞窟に通じる道には多くの芸術家によって作られた15の彫刻作品が並んでいて、何とその中にはガウディが制作に参加した「キリストの復活」も。お見逃しないように!

 

 

お勧め地元名産チーズ

matoo1
 地元モンセラットの名産品、山羊の乳から作ったフレッシュチーズと、これまた地元で採れたハチミツ
1-MVI_1996 (4).00_02_51_24.Still033 1-MVI_1996 (4).00_02_55_15.Still034
 売店から駐車場へ行く途中にある屋台  普通のチーズやドライフルーツなども..
 @
モンセラットに来られたら是非食べて欲しいのが、この地域で作られる山羊のフレッシュチーズ。Mató(マト)と呼ばれるこのデザートチーズは、脂肪分が少なくクセもなく日本人好みの味。軽く食べられる小さいカップに入ったものが2€で売られてその場でハチミツを掛けてくれます。

食べる時のポイントは、そのままでも美味しいのですが、下の方から混ぜながら食べるとハチミツの甘味が全体にいきわたるので、最後まで甘味を感じながら美味しく頂けます。

 

 

当サイトのお勧め観光モデルコース

http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/06/1-C00031.jpg http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2015/10/1-C01161.jpg 【バルセロナ・スペイン広場駅 ➡ Monistrol de Montserrat 駅】
7:36発の電車に乗ると約一時間で、登山電車の乗り換え駅のMonistrol de Montserrat駅に8:41に到着。下車したら、同じホーム前方に停まっている登山電車に乗り換えます。
http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2015/10/cremallerara.jpg http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/06/1-C00272.jpg 【Monistrol Enllaç 駅 ➡ Montserrat Monestir 駅】
登山電車の出発時間は8:48 で頂上駅には9:08分着。ちなみに、同じ駅にも関わらず駅名が違うのは登山電車とFGCと違う会社が運営しているからです。
http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2015/10/1-IMG_1460yhi.jpg http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2015/10/1-IMG_1718.jpg 【頂上に着いたら一番に黒マリアを目指す】
ポイントは何はともあれ一目散に黒マリアへ。Montserrat Monestir 駅を出たら、前方に見える階段を上り右手へ進むと聖堂が見えますが、黒マリアへの入口はその右側です。
http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2015/10/1-IMG_1750.jpg http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2015/10/1-IMG_3318.jpg 【引き続き大聖堂の内部や外を見学】
黒マリアの見学が終わったら、次は教会内部を見学します。ちなみに、昼前には観光客で一杯になるモンセラットですが、まだこの時間だとまばらで、パワースポットでもゆっくり写真撮影することも可能!
http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2015/10/1-IMG_1744.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2015/10/1-namewo.jpg 【ケーブルカーに乗ってサンジョアンへ】
次はケーブルカー乗り場へ行き、更に上のサンジョアンを目指します。春から秋は12分、冬は20分間隔で運行しています。料金は片道8.10€、往復12.50€、サンタ・コバとのセットだと16€
http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2015/10/1-IMG_1854@1.jpg http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2015/10/1-h12-5-001.jpg 【サン・ジュアン祈祷庵、サン・ミゲル展望台へ行く】
標高972メートルの山頂の見どころの一つのサン・ジュアン祈祷庵へ(往復20分。また、体力のある方は帰りのケーブルカーを使わず歩いて下り、途中にサン・ミゲル展望台に寄る事も可能(徒歩45分)
http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2015/10/kanatanni.jpg http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2015/10/1-IMG_2051.jpg 【サンタ・コバ】
下のケーブルカー駅に戻ってきたら今度は、サンタ・コバまで再びケーブルカーに乗って行きます。そこから、黒いマリア様が発見された洞窟の往復には約40分
尚、このケーブルカーは20分間隔の運行。
IMG_1968 IMG_1972 【13時のミサ、少年合唱団の歌声を聞く】
天使の歌声の少年合唱団のミサに参加。合唱が始まる30分前にはほとんど空席がなくなり立ち見になりますので早めに席を確保しましょう。 休みの日も多いのでスケジュール確認はこちら
http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2015/10/cremallerara.jpg http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2017/06/1-C00031.jpg 【少年合唱団の歌が終わったら、バルセロナへ戻る】
合唱団の歌は10分程で終わります。それが終われば、14:15発の登山電車に乗りバルセロナへ戻ります。
スペイン広場に着くのは15:45分ですので、そのあと市内観光や、買い物をする時間があります。

上記のコースは、全て詰め込んだかなりハードなコースです。特に13時の聖歌隊を聞くのには、場所取りの時間を含めると、サンタ・コバは飛ばした方が無難でしょう。健脚の方は、サンジョアンのケーブルは行の片道だけ買って、帰りは徒歩で下りると途中にサン・ミゲル展望台へ一度に寄ることもできます。ただし、この下りは最低1時間必要ですし体力のない方にはお勧めしません。

また、このお勧めコースは昼食の時間は予定に入れていませんが、観光時間を少し減らして食事の時間にしたり、バルセロナに戻る時間を遅らせたりして、その辺はご自分で調整してください。

注意:サン・ジョアンにケーブルカーで昇ってサン・ジュアン祈祷所やサン・ミゲル展望台に行く場合、日差しを遮るものがありません。夏場は炎天下を歩くことになるので注意して下さい。


【密かに教える裏技】
この記事では日帰り観光を想定していますが、本当に落ちついてモンセラットを楽しみたい方へは1泊すると言う裏技の方法もあり、当サイトでは時間に余裕がある方へはそちらをお勧めします。詳細は以下。

1-IMG_1701 【モンセラット観光の裏技はコレ】
観光客で溢れかえる日中のモンセラットも、そこし時間をずらすだけで静寂の世界..
hilltyan 【週刊HILLチャンネル 第10回】
お馴染み語れり尽くせりHILLチャンネル、この回はモンセラット特集です

 

 

見所を集めたフォトムービー (PCの方は全画面表示で)

 

 

まとめ&アドバイス

 バルセロナから日帰りできるスポットとしては、なんと言ってもここが一番人気。バルセロナの街の人ごみに疲れたら、ここで自然に癒されてみてはどうでしょう。

ただし、春夏秋のモンセラットは、市内のと同じでかなり混み合います。アドバイスとしては、
バルセロナ市内からは1時間おきに電車がありますが、ズバリお勧めは朝の7:36発の電車でしょう。理由は、この電車で行くと未だ殆どの観光客がモンセラットに来る前なので効率よく、そして落ち着いて観光が出来ます。8時台の電車だと黒マリアを見るのに行列に並ぶ必要があり、運が悪いと並んでいても10時半の午前の最終入場で「ハイ、ここまで人で終わり!」と切られてしまいかねず、その後の観光の予定が狂ってしまいます。

尚、山の全部を回ると、まる一日かかるので特にケーブルカーに乗るサン・ジョアン祈祷所やサンタ・コバは省略し教会だけ、もしくは教会+サン・ミゲル展望台で終わらすのもありかと思います。特に体力に自信の無い方は無理は禁物。

ちなみにお勧め度合いをランク付けすると。。
①登山時の麓からの車窓
②黒マリアと教会
③サンミゲル展望台からの眺め
④サンジョアンからの眺めと祈祷庵
⑤サンタ・コバ
⑥少年合唱団(聖歌隊)
⑦地元名産のマト(Mató)チーズ

それぞれの理由としては。。
①なんといってもモンセラット観光の最大の魅力はその景色
②山腹の聖地に建つ教会はもちろん、黒マリアも外せない
③途中坂が続きますが徒歩で簡単に行ける手軽さ+景色
④教会より更に高いだけあって、眺めが良い
⑤上記の④⑤の次になりますが、まずまずお勧め
⑥日中は非常に混んでイマイチ雰囲気が味わえず順位が落ちます
⑦カップ1杯2ユーロで、これがわりと美味しく日本人に好評

①②までは必須ですが、③以降は各自の旅程、体力、好みによるかと思います。

【現地ツアー参加者へ注意事項】
時間のかかるモンセラットはツアーに参加される方も多いかと思いますが、ツアーの内容によっては魅力が半減するものもあります。まず一つ目は、麓から山上へは登山電車を利用するツアーをお勧めします。バスで山上まで行くツアーだと途中に繰り広げられる絶景の景色が見えず、なんのことはない日本の峠道と同じで、ただカーブが続くだけの景色となりますし、酔いやすい人は気持ち悪くなりかねません。

次に、黒マリアが必ず見れ触れることを確約しているツアーで無いと、せっかく行っても
「なんで名物の見てないの?」と言われかねず、後々まで悔いが残ります。

以上、2点を確認してから申し込まれると良いでしょう。

 


お勧め度:18点/20点
★★★★★(4.50)


 

住所 Montserrat  【地図はこちら】
URL http://www.montserratvisita.com/en/index.html
開館時間 大聖堂 7:30~20:00
インフォメーション・カフェテリア・ショップ 9:00~18:45(土日祝9:00~20:00)
ビュッフェ・レストラン 12:15-16:00 (冬季はお休み)
美術館 10:00~17:45 (土日祝10:00~18:45)
最寄駅 FGC R5線 Montserrat-Aeri駅もしくは、Monistrol de Montserrat駅

 

 

 


By miranda1 オフィスHILL
2015.03.01 作成
2018.09.28  最終更新
記事は取材時点のものです。現在とは記事の内容が異なる場合もありますのでご了承ください。間違った情報があれば、また有用新情報、分かり難い点などございましたらこちらよりご連絡ください。よろしくお願いいたします。

関連記事

DSCF1005 【少年合唱団のスケジュール】 
天使の歌声を聞くには必ず時間を確認して行きましょう。日本語で解説しています。
IMG_2185-001 【モンセラット&コロニアルグエル教会1日攻略法】 モンセラットとグエル教会を一日で周りきる方法をお教えします。
DSCF1078 【モンセラットへの行き方】
スペイン広場からFGCに乗って1時間少し。駅では色々なコンビネーション….
1-IMG_3171 【モンセラットのレストラン検証】
山上にある2軒のレストランを実際に食べて比較検証してみました..
1-IMG_1701  【モンセラット観光の裏技はコレ】
観光客で溢れかえる日中のモンセラットも、そこし時間をずらすだけで静寂の世界..
hilltyan 【週刊HILLチャンネル 第10回】
お馴染み語れり尽くせりHILLチャンネル、この回はモンセラット特集です。
 

ピックアップ記事。

IMG_5405-1 「食べずに死ねるか!必食”焼きネギ”」
12月から3月末までの季節限定のカルソッツ(焼きネギ)はバルセロナの冬の風物詩!
IMG_1336-001 「バルセロナ楽しみ切る!最終日の過ごし方」帰国日が午後のフライト。そんなあなたに最後の最後まで楽しみ切る方法を伝授!
IMG_6346 「本当はどっちがお勧め生誕VS受難の塔」
サグラダファミリアの塔に登る際に迷う、生誕か受難か。それに正面からお答えします!
barceplo774 「検証!バルセロナお得なチケット3種」
バルセロナ観光で使える代表的な割引券の3つ。本当に一体いくらお得なの?!
IMG_4594 「これは便利!バルセロナ地図集」
スマホ、タブレット用に地図、路線図をPdf保存!バルセロナ便利地図集めました。
IMG_0478 「安い様で案外高いバルセロナの物価」
スペインは日本と比べて高い?安い?お財布に優しい旅の指南!
http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/03/momochan.jpg 「ジョランダ辛口レストラン訪問記」
100万アクセス突破!レストラン、バル訪問記!今日もビシバシ斬ります!
jyra1 「レストランの食事のチップって払うの?」
日本に無いチップ、一体幾ら払えばいいの?! 大丈夫これさえ読めば安心。
danngan 「ここまで出きるぞ!バルセロナ弾丸ルート」 たった1日2日の滞在でも、観て食べてそして楽しみ尽くす必殺ルートはこれだ! IMG_1254 「スタッフお勧め厳選土産」
スバルセロナウォーカースタッフがお勧めするバルセロナ厳選土産一覧。
1-IMG_0300 楽しく賢くショッピング!」
旅行の楽しみは観光、食事、そして買い物。ショッピングのアドバイスをお送りします!
IMG_2196 もう迷わない?! バルセロナの歩き方」
碁盤の目に区画割された街は、分かり易いようで道に迷うことも。そんな悩みを解決!
gaigapaella 「これだけは押さえたい!パエリヤ10ヵ条」
スペイン料理の代表?果たしてホント?知られざるパエリヤの真実を教えます!
IMG_2022 「これで安心!日曜日のレストラン」
バルセロナ滞在が日曜日になると、お目当てレストランはお休み。でも
IMG_5424-001 「バルセロナの地元ビール特集」
ジモピーがよく飲む人気ビール6ブランドを徹底検証!ここまで来て飲まずに死ねるか!!
1-IMG_3783 「私達なら知り合いをここに泊める!」
日本の友人に聞かれたら、自信をもって勧めるホテルのリストはこれだ!
IMG_0195 「保存版・カンプノウ観戦マニュアル」
初めてのサッカー観戦もこれで安心!ガイドブックの10倍情報を詰め込んだバイブル登場!
IMG_4875_201501060212043b6 「5大ショッピングモール徹底検証」
近年バルセロナに増殖中の巨大ショピングモール。旅行者に一番使いやすいのはどれ?!
Chocolate_con_churros_de_lazo 「地元の人気菓子と言えばチュロス」
大人から子供まで大人気のチュロス。その歴史、作り方、店選びまでを徹底解説!
20140 「これはお得!お勧め両替用カード」
バルセロナウォーカースタッフも使っている、お勧めカードで賢く両替しましょう!
policia 「バルセロナは危険な街なの?」
ネット上にあふれる口コミに惑わされない!私達スタッフが真実を教えます!
IMG_6062bb 「空港から市内へ200円お得に移動」
空港からの移動手段で一番のコスパの空港バス。今なら往復買うと200円お得!
1-MVI_2795(1)-001 「フラメンコを比較検証、お勧めはこれだ!」
バルセロで見られるフラメンコショー9か所を2ヶ月掛けて回り徹底比較検証しました
1-MVI_1996 (4).00_15_49_24.Still009 「必見!人間の塔は世界無形文化遺産」
カタルーニャ名物の人間の塔。以前より開催頻度が上がり運が良ければ見れますよ!
mvi_1407 「グエル公園早朝無料入場ってお勧め?」
早朝のグエル公園は静かで無料ですが、そこに隠されたメリット&デメリットを検証!
IMG_6126 【祭りの最後は悪魔の火祭りコレフォック】
市内各地区ごとに行われる伝統の火祭りはラテンスペイン人ならでは、アッチッチ!
20120116073257169 「日本人がよく失敗する店」
ガドブックを見て行ったのに、こんなはずじゃなかった・・。ガックリ店のリストです。
funsui (2) 「マジカ噴水ショー」
欧米人観光客に絶大な人気を誇る、無料の噴水ショー。水と光の魅惑の競演を楽しめ!
1-Synced Sequence.00_04_31_01.Still004 「バルセロナ、ビギナーウォーカー」
初めてのバルセロナ、旅行計画から実際の街歩きまでを初心者向けに順に解説。
1-IMG_1335 【バルセロナ究極のスリ、置き引き対策】
こうすればまずトラブルに遭う事は無いと保証できる方法をアドバイスします。

観光記事一覧

http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/CIMG8869.jpg?resize=70%2C70 【ガウディ】
サグラダファミリアを筆頭に天才のガウデイの残した世界遺産建築は必見!
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_2806.jpg?resize=71%2C71 【バルセロナの見所】
ヨーロッパでも屈指の人気都市バルセロナの外せない見所を全部リストアップ。
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_6332.jpg?resize=71%2C71 【その他のモデルニスモ】
ガウディ以外にもある、多くのモデルニスモの傑作建築を徹底紹介!
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_0012_2015052421442444c.jpg?resize=70%2C70 【美術館・博物館】
ピカソ、ミロ、ダリ、世界的な芸術家達の作品を見尽くす美術館、博物館館ガイド。
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/DSC_0497-001.jpg?resize=70%2C70 【シュートトリップ近郊の見所】
自然、歴史、人情味豊かなカタルーニャ。郊外のお勧めスポットとを紹介します。
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/201501140612226692.jpg?resize=68%2C68 【現代建築】
あまり知られていない現代建築ですが、斬新な現代建築が多くその筋では意外と有名。

基本情報記事一覧

http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/billetes.jpg?resize=69%2C69 【バルセロナの基礎知識】
気候、歴史、習慣、通貨、物価、インターネット事情など知っておきたい基礎知識。
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1-IMG_7563.jpg?resize=70%2C70 【空港情報】
バルセロナのゲートウエイ空港、空港から市内への移動、免税の仕方を徹底解説。
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/CIMG1919.jpg?resize=70%2C70 【交通情報】
便利で安いバルセロナの公共交通。ポイントを押さえて詳しく解説します。
http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/policia.jpg?resize=69%2C69 【安全に過ごすアドバイス 】
何かと不安な治安、本当のところはどうなの?現地からの最新情報&アドバイス。
http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/th1.jpg?resize=71%2C71 【バルセロナ旅行に役立つ情報】
旅立つ前の準備、お得な情報をまとめて紹介。バルセロナ旅行に役立て下さい。

レストラン記事一覧

http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/2014101414204999c1.jpg?resize=68%2C68 【お勧めレストラン&バル、リスト】
実際に何度も足を運んで食べ、選りすぐったリスト。もうこれで失敗しないぞ!
http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1327496250_0.jpg?resize=68%2C68 【レストラン、バルで役立つ情報】
スペイン料理ってどんな料理?注文は?予約は?チップは? 疑問に答え徹底解説。
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1sh_201505242209252e0.jpg?resize=71%2C69 【ジョランダ辛口訪問記】
開設100万アクセスを誇る人気のジョランダ食べ歩き訪問記。今日もビシバシ辛口炸裂!
http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/20150420201521727_201505242209302ed.jpg?resize=68%2C68 【オリジナルツアー紹介 】
バルセロナ一の食べ経験を誇るジョランダ監修、美味しく楽しむグルメ&夜景ツアー。
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_1524_201505242209315bc.jpg?resize=71%2C71 【レストラン全リスト】
約600軒を食べて評価した、血と汗と涙と怒りと喜びの全リストはお店選びの強い味方。

ショッピング記事一覧

http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1-Mujer_compra1.jpg?resize=70%2C70 【ショッピング役立つ情報】
買い物のコツ、免税。またスタッフによるお土産検証と厳選お勧め紹介もあります。
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1-IMG_0387.jpg?resize=68%2C68 【ファッション】
世界的なファストファッションZARAを初め靴、鞄、アクセサリー等の地元ブランド紹介。
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1-IMG_0327.jpg?resize=69%2C69 【おしゃれな雑貨・陶磁器】
スペインで一番のオシャレな街バルセロナだからこそのお勧め雑貨や陶磁器などを紹介。
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_9557-001.jpg?resize=68%2C68 【グルメ】
美食の街バルセロナで買うべきグルメ食品を一堂に集めた、お土産選びの参考書!
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/20150424012603e73_20150524225601e5c.jpg?resize=70%2C70 【マーケット・デパート・モール】
地元に愛される市場、何でも揃うデパート、便利な大規模ショッピングモールを一挙紹介。

エンターテイメント記事一覧

http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_1259_20150524221731b84.jpg?resize=71%2C71 【サッカー情報】
メッシーを擁するバルサ。世界屈指の人気チームを中心に解説します。
http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/tablao-flamenco-sevilla.jpg?resize=71%2C71 【フラメンコ情報】
本場アンダルシアに負けず劣らずのレベルの高いフラメンコがここでも見れます。
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/conci.jpg?resize=69%2C69 【バルセロナのイベント情報】
コンサートを初め、お祭り、スポーツ、サッカー等のイベント情報まずはココでチエック!