バルセロナ ウォーカー 

提供:Office Hill お問い合わせ

コドルニウ Codorniu ~バルセロナ近郷の日帰りワイナリー見学~

スペイン最古の企業として知られるのが、CAVAを作るコドルニウ社。
その創業は16世紀1551年、日本はその頃戦国時代の真っただ中で、あの織田信長が17歳の年です。

img_7130

老舗中の老舗ワイナリーと言えばココ

スペイン最古の企業として知られるのが、CAVAを作るコドルニウ社。
その創業は16世紀1551年、日本はその頃戦国時代の真っただ中で、あの織田信長が17歳の年です。

創業時は一地方の小規模ワイナリーに過ぎなかったコドルニウ、それが成長するきっかけとなったのは1659年コドルニウ家の娘アナと、資産家ラベントゥス家のミケルが結婚、その後急速に拡大していきました。ちなみに、現在のオーナーファミリーの姓はラベントゥスで、「コドルニュウ」と言うのは商標として受け継がれています。

二人の結婚を契機に成長したコドルニュウが、更なる成長を遂げたのは1872年その当時の当主のホセ・ラベントウスによりCAVAの生産を開始したことによります。ただ当初はその品質がイマイチなこともあり販売も伸びませんでしたが、息子のマヌエルがフランスで学び、本場仕込みの高品質CAVAが作られるようになりました。

現在、年間生産量は約2億本でスペイン第2位。
1位のフレシネ社には僅かに及びませんが、CAVA以外にもワインのRaimatブランドを擁するコドルニュー社は、ヨーロッパで最大規模のワイナリーと知られています。現在、世界100か国以上に輸出、醸造所はスペイン国内に留まらずサンフランシスコ、遠く南米アルゼンチンまで11か所を数えます。

尚、日本ではメルシャンワインが代理店となって販売していますので、すでに飲まれた方がおられるかも知れません。

今回ここでは、コドルニュ―社のワイナリー見学ツアーの紹介とその予約方法を紹介します。

 

*当サイトはスマホでは正しく表示されません。お手数ですがPC表示に切り替えてご覧ください。

 

 

まずは、コドルニウのHPから予約!

ツアーの予約は以下のHP(英語)から申し込むことができます。
(http://www.visitascodorniu.com/booking-codorniuvisit-date/

1-codorun1
まず、赤枠上で希望の日を選択し、その下の赤枠で人数をフォームに入力します。
もし、学生やシニア、障碍者などの割引が適用される方は、下の青枠にチエックを入れ、右下の【BOOK】をクリックします。すると以下のページになり。。。。。
1-codorun2

ここでは最初に時間を選択、次に個人情報を入力しますが「NAME」「LAST NAME」「TELEPHONE」「E-MAIL」まで入力し終えたら次は一番下の「Other Country」でJapónを選択。
そして右の  【BOOK】をクリックします、すると以下の様な画面が出ます。。。

1-codorun3
 @
地中海朝食8€を誘ってきますが、必要なければ赤枠の【BOOK】をクリック。朝食も頼みたい方は上の青枠の〼にチエックを入れてから【BOOK】を押します。ちなみに、朝食の内容はパンコントマテにソーセージ、それにCAVAが1杯付いてきます。

 

1-codorun4
 
次に表れるのがこの画面で、これはこの予約をこの15分以内に終えないと最初からやり直しになると言う注意書きです。予約の途中にトイレに行ったり、Amazonの配達でもない限り、そんなに時間は掛かることは心配せずに、ここは【OK】をシンプルにクリック。

 

1-codorun5
 @
この画面が現れますので、ここでは予約内容をまず確認。それで、間違いなければ赤枠上の利用規約に同意の〼にチエック。次にその下のの【MAKE PAYMENT】をクリックし決済画面に進みます。

 

1-codorun6
 @
ここでカード情報を入力します。
①カード番号16桁の数字をスペースを空けずに入力。
②次に有効期限(月/年)
③最後にセキュリティコード(クレジットカード裏の3桁の番号を入力します
以上が入力終わったら  【ACCEPT】  ボタンをクリックします。

決済が無事終了すると、予約が完了。

尚、ここでの予約はシンプルな見学ツアー+試飲(グラスCAVA2杯)ですが、他のタイプの予約に関しては問い合わせして、予約可能かどうかの返事待ちとなります。その場合は、決済画面は無く、リクエストメールの送信となります。また、この見学ツアーで既に満席となっている日、時間に関しては問い合わせても、やはり満席となっていて予約は出来ませんので注意が必要です。

 

 

直行バスで行く

1-IMG_0743
朝9時にバルセロナ市内から出る直行バスは便利
1-kodo1 1-kodo2
地下鉄に着いたらこの出口を目指す 地上に出たら、まっぐ道を進むと
1-IMG_0738 1-IMG_0745
ガソリンスタンドを越えたところにバス停 バスのフロントガラスにコドルニウのプレート
 
2017年よりバルセロナ市内からコドルニウまでの直行バスが出来ました。運行は1日1回のみでバルセロナ出発は朝9時で料金4ユーロ、所要時間40分。市内の乗り場は3か所ありますが、始発のバス停が一番分かり易く、そこから乗って下さい。

バス停の場所は、最寄り地下鉄駅  L5  【Hospital Clinic】から約350メートル徒歩4分にあります。行き方は、地下鉄駅に着いたらホームより出口 【Sorida Comite d’Urgell】を目指し、そこから地上に出たらそのまま道なりにまっぐ進むと前方にガソリンスタンドが見えます。横断歩道がちょっと渡りにくいですが、ガソリンドの右横を更に10メートル進むとバス停。ちなみに横に青い色のベンツの修理工場があります。

注意点としては、色々なバスがこのバス停に停まりますが9時ぐらいになったらフロントガラスに【CODOURNIU】のプレートを付けたバスが来るのでそれがそうです。尚、バス停が他のバスでい一杯の場合は、その後方に停まりますので、修理工場の壁辺りに立って見てると分かり易いと思います。あと、スペインなので5,10分はざらに遅れますが、大きな気持で待ちましょう。

*地図上のCarrer del comte d’Urgell,175 が地下鉄の地上出口にあたります。

 

 

帰りは電車で

1-IMG_0867
1-sansadoe1 1-sansadoe3 1-sansadoe2
駅の出たとこ360°画像 駅舎内360°画像 ホーム360°画像
 @
バスで来ても、帰りは電車になります。
駅までは、歩くと30分少し掛かりますがコドルニウの受付のお姉さんに言えばタクシーを呼んでくれ料金15€ほど所要時間は10分弱。

電車は30分に1本あるので、時刻表は特に気にせず駅に向かえば良いでしょう。切符は、窓口で買えますが閉まっていた場合は以下の要領で券売機で買って下さい。

 

切符の買い方
1-IMG_0869 1-IMG_0877
 自販機が2台窓口横に並んでいます まず、画面にタッチ
1-IMG_0879 1-IMG_0880
 次に、左下で英語にして大人片道上を選択  画面が変わりましたがサンツ駅が無いので下のボタンを押す
1-IMG_0882 1-IMG_0883
 すると、サンツ駅が出てきますので選択  切符の枚数と料金を確認し
1-IMG_0876p 1-IMG_0294-001
 カードもしくは現金で支払い  これがチケットです

 

 

午後のツアーの場合はサンツ駅から行く

IMG_0041 バルセロナからのバスは、朝9時1本だけなので午後のツアーへ行かれる方は中央駅のサンツ駅を起点に近郷電車に乗って一路目的地を目指します。
チケットは自動券売機でも、一番左に並んでいる窓口でも購入可能。料金は往復で8.2ユーロ
CIMG2023 サンツ駅 Barcelona Sants】
バルセロナ最大のターミナル駅で、国際列車、マドリッドへのAve、グラナダへの…..
penechan
@
目的地のサンサドルニダアノイア(Sant Sadurni d’Anoia)へ行くには、R4号線のビラフランカ・デル・ペネデス(Vilafranca del Penedes)または、サント・ビセンク・デ・カルデルス(Sant Vicenc de Calders)行きに乗車する。だいたい7もしくは8番ホームからの出発が多いですが、構内にある右の案内で確認してください。
所要時間は約45分で一時間に2本。*7,8番ホームはエスカレーターを下りた同じホームの左右に位置します
時刻表はこちらで確認

(注意)
電車は遅れることがよくあります、場合によっては後ろの電車が抜いてしまって先にホームに入ることがあります。なので、一度確認したからOKと思わないで電車が来るまで良く案内のモニターを見ていて下さい。

 

 

自販機での切符の買い方

1-IMG_0228 1-IMG_0230
自販機の操作画面をタッチすると➡ この画面の下を押してカタルーニャ語を英語表記に変更
1-IMG_0252 1-IMG_0267-001
すると英語表記画面になりました ここで行先選択しますがSを押し、続けてA,N,Tまでいくと。。
1-IMG_0274 1-IMG_0275
そこで、このSPACEを押してからS,と押します すると Sant Sadurni d’Anoiaが出て来るので
1-IMG_0279-001 1-IMG_0259
そこを押し選択、次に下の緑のボタンを押す するとこの画面になるのでAduilt Return(往復)を選択
1-IMG_0261 1-IMG_0263
次に切符の枚数を選択して下の緑のボタンを押す するとこの確認画面がでるので、間違いないか確認します
1-IMG_0264
間違い無ければ支払いします。クレジットカードでの購入の際は、暗証番号4桁を入れる必要があります。
@
上が購入したチケットになります。
行先は書かれておらず、代わりに左上にゾーン①➡④と書かれています。

(注意点)タッチパネルの反応が非常に悪い券売機があります。その場合は辛抱強く操作するか、別の券売機で試してください。あと、50、100€の高額紙幣は使えませんので注意。また、慣れない券売機に手間取ることもありますから、サンツ駅には早めに着くようにしましょう。

 

 

駅に着いたらそこからはタクシー移動

img_7087
sansadtaku 駅からコドルニュウまで歩くと30分少し掛かり、バスなどの公共交通はなく、唯一の交通手段と言えるのはタクシーとなります。

タクシー乗り場は駅を出た右手(赤丸)、その前に停まっている黒い車がタクシーです。村に数台しかないので、もし停まっていない時は電話で呼んで下さい。

料金は片道15€程で所要時間は10分弱。
帰りのタクシーは、コドルニウのレセプションの人に言えば呼んでくれます。

尚、タクシーの呼び出し電話は以下。
全て個人タクシーで、ドライバーは簡単な英語なら通じますし、カタカナ読みで「コドルニウ」と言えだけで通じ連れて行ってくれます。

ドライバ名  電話番号
村のタクシー代表 (固定電話) 93 891 04 28
Juan Cusco Carda (ファンさん) 610915353
Albert Pujadó Ferrer (アルベルトさん) 639375129
Angel Pujado (アンヘルさん) 619 333 339

 

 

周り一面ブドウ畑

abetete
http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/10/IMG_7125.jpg img_1558
 遠くにモンセラットの山が見えます  葡萄畑が延々と続きます
 @
駅から10分弱、ワイン畑を進むと目的のコドルニウに到着。
門は通常閉まっていますが、左横に通用口があるのでそこから中へ入ってください。
次に、入った右の建物(写真下)へ向かい受け付けをします。


帰りでも良いですが、時間があれば一面に広がるワイン畑で記念撮影するのもお勧め。

 

 

受付はモデルニスモ建築内

http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/10/IMG_7115.jpg
mvi_71281 ガウディと並び称されるモデルニスモ建築の巨匠、プッチイカダファルク作の建物が見学ツアーの受付場所です。

まずは、この受付でチェックイン(?)をし、入場料9ユーロ/大人を支払います。すると、訪問客を示すリストバンドが渡されますので、見学が終わるまで腕に付けておいて下さい。
ツアー開始時間までは、ソファーで休んで待ちますが
建物内の奥にある併設のカフェでコーヒーを飲んだり、カバを飲んだりして適当に時間をつぶすのも良いでしょう。カフェには生ハム、ソーセージやチーズなど簡単なつまみもあります。

尚、開始が近づいたら受付付近に集まって下さい。
img_7130

 

puu 【ジュゼップ・プッチ・イ・カダファルク】
ガウディ、モンタネールと並び地元カタルーニャを代表する称され建築家の一人。その代表作としては「カサ・アマトリエール」「カサ・マルティ」「カサ・プンシャス」などが知られ、作風としては中世ゴシックの様式を取り入れたデザインが多く、同じモデルニスモでもガウディとは一線を画しています。

 

 

ビデオから始まる見学ツアー

img_0015 ツアーの最初に10分ほどのビデオ上映があり、コドルニウの歴史を学びます。
冒頭に述べましたが、スペイン最古のファミリー企業は450年の歴史をもち、現在ファミリーの総数は100人以上というのには驚かされます!!

3D映像はい個人的にはイマイチのような。。
ビデオを見終えた後は、トロッコ列車に乗って広いワイナリーを巡ります。
途中に見える白い塔のある家、これも建築家のプッチイカダファルクの作品です。以前はオーナー家族が住んでいましたが田舎暮らしに飽きたのか、現在は楽しいバルセロナ暮らし。
尚、この家の注目すべきは屋根がなぜか中国風になっているところです。
img_0027
*トロッコ列車の短い動画を作ってみました。

 

 

博物館

img_1483
アーチが連続するこの建物がミュージアムとなっています
img_0036 img_0058
 昔、醸造に使われていた建物 葡萄の香の違いを試す面白い企画

トロッコ列車でワイナリーの敷地をぐるりと巡った後は、今度はガイドさんの説明を受けながらCAVAが出来るまでの工程を、この博物館と地下の貯蔵庫で見学します。今はもう使われていませんが、この建物で昔は醸造がおこなわれていました。尚、ここで面白いのはコドルニウで実際に使われるぶどうの香りを試す体験コーナーがあるところ。

http://i2.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/10/uvab.jpg @ カバの材料となるブドウは全部で7種類ほどですが、その中でも主力はカタルーニャ独自の白ぶどう品種「マカベオ」、糖度の豊な「チャレロ」、上質な酸味がある「パレリャーダ」の3品種が基本になり、それぞれの配合を変えていろいろなラインナップを揃えています。

 

ここで、簡単にカバの工程を説明すると・・・
1. 収穫 8月下旬から10月上旬までブドウの品種によって収穫
2. 搾汁 皮ごと空気圧搾器で搾汁し、ぶどうジュース「モスト」を作る
3. 一次発酵 モストに酵母を加えて一次発酵させる
4. ブレンディング 味を決める1番重要な作業。ぶどうの品種ごとに発酵させたワインを品種の違いや年ごとのぶどうの作柄を考慮してブレンドする。そして、1本ずつ瓶詰し、2次発酵用の酵母と蔗糖を加えて王冠で仮栓
5. 2次発酵・熟成 瓶内では酵母により糖分が分解されアルコールと炭酸ガスが発生。地下セラーでゆっくり熟成させる。地下で熟成させるのは、年間を通して15度前後と言う一定の気温に保たれていること、振動が少ない事、光が差さない薄暗い中にあるという3つの理由から。
6. 動瓶 二次発酵・熟成を終えたカヴァは発酵によって生じた澱を取り除くため、瓶口を下にして澱を瓶口に集めていく。
7. 澱抜き 澱が集まった瓶口を-24℃の冷却液に浸すと澱を瞬時に凍り、仮栓の王冠を抜くと瓶内の炭酸ガスの圧力で凍った澱が外に「ポン!」と飛 び出す。コルク栓とラベルを張って出荷。
    もっと詳しく知りたい方はコドルニウのHPへ

 

codobin 【以前はシャンパンと呼ばれていたCAVA】
1992年にEU法でシャンパーニュ地方のシャンパンが原産地名称保護制度の地理的保護表示の対象となったのでシャンパンと同じ製法で作っていてもスペイン産スパークリングワインは「シャンパン」と名乗ることが出来なくなりました。同じ和牛でも松坂で育った牛以外は松坂牛と名乗れないそれと同じと言うことですね。
*CAVAとラベルやコルクに記載することが出来きるのは、厳格なDO(原産地呼称)規定に基づいて作られたものだけです。

 

 

ツアー最大のアトラクション、地下トロッコ列車!

img_1513
img_0075  

このツアーの最大の見せ場と言えるのが、地下に掘られたカバの貯蔵庫めぐり。
地中を網の目に掘られたトンネルは30キロ以上、なんと東京から横浜の距離に匹敵し、その狭いトンネル中を暴走するトロッコ列車は迫力満点!

 

 

お待ちかねの試飲タイムで〆

http://i1.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/10/IMG_1547.jpg

見学ツアーの〆は、お待ちかねのCAVAの試飲会。ここではBurt(白)とRosado(ロゼ)の2種を試します。

ちなみにツアーだからと言ってせこく廉価版のカバではありません。太っ腹、わりと良いものを飲ましてくれるのは嬉しいところです。あと、つまみはなんだか懐かしい「リッツ・ミニクラッカー」が付きます。

 

 

ショップでお土産探し

img_0111 img_0094

コドルニウで作られている製品が一堂に並ぶショップ。
カバはもちろんですが、Raimat ブランドをはじめとしたコドルニウグループで作られるワインもあり、購入の際は選ぶのに目移するほど。さすが世界に展開しているワイナリーだけのことはあります。


img_0098 img_0109

さて、お土産ですがカバは一本が2キロ近い重さと、昔と違い日本のインポーターが増えたせいか楽天などでかなり安く買えますので、ベンジャミンボトルと呼ばれる飲みっきりサイズのミニボトルが無難なところでしょうか。もし自分、家族用と1,2本ボトルで買われるのでしたら、せっかくですからバルセロナのスーパーで普通に買える物ではなく例えば「Jaume Codorniu Gran Reserva」や「Reina Maria Cristina Blanc de Noris」などの高級版がお勧め。ちなみに高級版と言っても30€程で、高級ワインに比べたらCAVAは全然安い。

尚、人それぞれ好みが違いますので、ツアーの受付横にあるカフェで全種類のCAVAがグラスで飲めますので、一度そこで一杯飲み比べて、お土産用のCAVAを選ぶのも良いかと思います。

また、日本へはお土産として写真右のカバの栓(Tapón) 5ユーロなんかもお勧めで、シリコン製とステンレス製があります。

 

cdo5                        MVI_7082(2)  MVI_7082(1)  fcodo1                     IMG_7099       MVI_7103(1)       cdo1                         cdo6                          IMG_7116     cdo4                       cdo3                      cdo2                        cdo7                        IMG_0025                      IMG_1482                      IMG_1483           cdo10                        cdo9                        MVI_0040(1)            cd08                        cdo13                        cdo14                        MVI_0063(1)-001          cdo12                       cdo11                      cdo16                     cdo15                    cdo17                    cdo18                   IMG_0110        cdo19                   IMG_0109        cdo20

 

 

 

まとめ&アドバイス

地下のワインセラーは長大なもので、他では見れないもので見応えたっぷり。
また、CAVA2杯飲めるだけでもツアー代の半分は回収。
更にCAVAの製法の説明、なども興味深くこの見学ツアーは値段の価値は十分あるのは間違いありません。

唯一の難は駅からアクセスが悪い事でしたが、2017年よりバルセロナ市内から直行バスが出るように非常に便利になりました。ただし、バルセロ行きの帰りのバスは運行していないので、ツアーの帰りは駅まで自力で行く必要があります。尚、土日祝日限定となりますが10時の英語ツアーが終わった後に、コドウニウを11:50に出る、サンサドルニ村までの無料バスが1本ありますのでそれに乗車できます。

あと、予約の際に朝食付きコースを勧めてきますが、試した感想としては朝一番からCAVAもなんですし、どうせツアーの最後に試飲で2杯は最低飲む訳ですから特にお勧めしません。また、ホテルに朝食がついているなら尚更必要ないでしょう。


最後にアドバイスとしては、春から秋の観光シーズン中の午前の英語ツアーはけっこう混みます。なので、予約はなるべく早めに入れておくことをお勧めします。あと、ツアー後のランチですがバルセロに戻って食べると言うのでも良いですし、どうせ郊外に来たのですからサンサドルニ村で食べるのも良いでしょう。もし行かれるなら、何度も行ったこのレストランなんかがお勧めできます。ちなみに、行きの歩きはお勧めしませんが、帰りなら30分田舎道を歩いて村までも、歩きが苦手で無ければいいかも知れません。

 

 


お勧め度:★★★★☆(4.2)


 

住所 Avda Jaume de Codorníu s/n  Sant Sadurní d’Anoia 【地図はこちら】
URL http://www.visitascodorniu.com/en/
電話 +34 938 913 342
時間
英語ツアー
平日は2もしくは3回で 11:30 y 15:30  土日祝日は1回のみで10:00
料金 一般:12€  8歳~17歳:8€  子供8歳未満:無料 
行き方 バルセロナ・サンツ駅または、カタルーニャ広場駅からR4号線に乗りサンサドルニ・ダ・ノイア(Sant Sadurni d’Anoia)で下車
所要時間 ツアーは約1時間30分

 

 


By miranda1 オフィスHILL
2016.10.16 作成
2017.11.10 最終更新
記事は取材時点のものです。現在とは記事の内容が異なる場合もありますのでご了承ください。間違った情報があれば、また有用新情報、分かり難い点や質問等ございましたらこちらよりご連絡ください。よろしくお願いいたします。

関連記事

1-IMG_0475 【トーレス】
個人所有としては世界最大の生産量を持つワイナリーとして…
IMG_9856 【フレシネ】
最大手でスパークリングワインとして世界一の生産量を誇るワイナリー…
1-IMG_0504-001 【ワイナリー見学3つのを徹底比較】
バルセロナ近郷はCAVAと呼ばれるスパークリングワインの一大産地と知られ
rodada 【ロダリアス】
バルセロナとその近郊を結ぶ役割を果たすローカル線は本来セルカニアスと

ピックアップ記事。

IMG_4594 「これは便利!バルセロナ地図集」
スマホ、タブレット用に地図、路線図をPdf保存!バルセロナ便利地図集めました。
IMG_0478 「安い様で案外高いバルセロナの物価」
スペインは日本と比べて高い?安い?お財布に優しい旅の指南!
IMG_2022 「これで安心!日曜日のレストラン」
バルセロナ滞在が日曜日になると、お目当てレストランはお休み。でも
IMG_1254 「スタッフお勧め厳選土産」
スバルセロナウォーカースタッフがお勧めするバルセロナ厳選土産一覧。
1-MVI_2795(1)-001 「フラメンコを比較検証、お勧めはこれだ!」
バルセロで見られるフラメンコショー9か所を2ヶ月掛けて回り徹底比較検証しました
1-MVI_1996 (4).00_15_49_24.Still009 「必見!人間の塔は世界無形文化遺産」
カタルーニャ名物の人間の塔。以前より開催頻度が上がり運が良ければ見れますよ!
IMG_5424-001 「バルセロナの地元ビール特集」
ジモピーがよく飲む人気ビール6ブランドを徹底検証!ここまで来て飲まずに死ねるか!!
IMG_4790 「特集・スペイン人のこだわり・コーヒー編」
何につけつてもいい加減なラテンなスペイン人ですが、コーヒにはこだわります
IMG_0195 「保存版・カンプノウ観戦マニュアル」
初めてのサッカー観戦もこれで安心!ガイドブックの10倍情報を詰め込んだバイブル登場!
IMG_4875_201501060212043b6 「5大ショッピングモール徹底検証」
近年バルセロナに増殖中の巨大ショピングモール。旅行者に一番使いやすいのはどれ?!
Chocolate_con_churros_de_lazo 「地元の人気菓子と言えばチュロス」
大人から子供まで大人気のチュロス。その歴史、作り方、店選びまでを徹底解説!
IMG_2766 【バルセロナウォーカー主催タパスツアー】
バルセロナ食べ歩き女王辛口ジョランダが自信を持って贈るタパスツアー!
policia 「バルセロナは危険な街なの?」
ネット上にあふれる口コミに惑わされない!私達スタッフが真実を教えます!
IMG_6062bb 「空港から市内へ200円お得に移動」
空港からの移動手段で一番のコスパの空港バス。今なら往復買うと200円お得!
wallet 【これで完璧!地下鉄すり対策】
日本人が一番被害に遭う地下鉄のすり。その対策を徹底解説しました。
lisboa (10) 「旅行者の特権、免税でお安くお買い物」
日本人なら13%のお金が戻ってくる免税。誰よりも詳しく手続きを全解説!
20140 「これはお得!お勧め両替用カード」
バルセロナウォーカースタッフも使っている、お勧めカードで賢く両替しましょう!
barjo (2) 「美味しく楽しむ!バルセロナグルメ10ヶ条」確実に美味しい物を楽しく食べたい人の為に、まずは基本の10ヵ条。
IMG_6346 「本当はどっちがお勧め生誕VS受難の塔」
サグラダファミリアの塔に登る際に迷う、生誕か受難か。それに正面からお答えします!
barceplo774 「検証!バルセロナお得なチケット3種」
バルセロナ観光で使える代表的な割引券の3つ。本当に一体いくらお得なの?!
IMG_2196 「もう迷わない?! バルセロナの歩き方」
碁盤の目に区画割された街は、分かり易いようで道に迷うことも。そんな悩みを解決!
1-IMG_0300 「楽しく賢くショッピング!」
旅行の楽しみは観光、食事、そして買い物。ショッピングのアドバイスをお送りします!

観光記事一覧

http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/CIMG8869.jpg?resize=70%2C70 【ガウディ】
サグラダファミリアを筆頭に天才のガウデイの残した世界遺産建築は必見!
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_2806.jpg?resize=71%2C71 【バルセロナの見所】
ヨーロッパでも屈指の人気都市バルセロナの外せない見所を全部リストアップ。
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_6332.jpg?resize=71%2C71 【その他のモデルニスモ】
ガウディ以外にもある、多くのモデルニスモの傑作建築を徹底紹介!
http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_0012_2015052421442444c.jpg?resize=70%2C70 【美術館・博物館】
ピカソ、ミロ、ダリ、世界的な芸術家達の作品を見尽くす美術館、博物館館ガイド。
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/DSC_0497-001.jpg?resize=70%2C70 【シュートトリップ近郊の見所】
自然、歴史、人情味豊かなカタルーニャ。郊外のお勧めスポットとを紹介します。
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/201501140612226692.jpg?resize=68%2C68 【現代建築】
あまり知られていない現代建築ですが、斬新な現代建築が多くその筋では意外と有名。

基本情報記事一覧

http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/billetes.jpg?resize=69%2C69 【バルセロナの基礎知識】
気候、歴史、習慣、通貨、物価、インターネット事情など知っておきたい基礎知識。
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1-IMG_7563.jpg?resize=70%2C70 【空港情報】
バルセロナのゲートウエイ空港、空港から市内への移動、免税の仕方を徹底解説。
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/CIMG1919.jpg?resize=70%2C70 【交通情報】
便利で安いバルセロナの公共交通。ポイントを押さえて詳しく解説します。
http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/policia.jpg?resize=69%2C69 【安全に過ごすアドバイス 】
何かと不安な治安、本当のところはどうなの?現地からの最新情報&アドバイス。
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/th1.jpg?resize=71%2C71 【バルセロナ旅行に役立つ情報】
旅立つ前の準備、お得な情報をまとめて紹介。バルセロナ旅行に役立て下さい。
   

レストラン記事一覧

http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/2014101414204999c1.jpg?resize=68%2C68 【お勧めレストラン&バル、リスト】
実際に何度も足を運んで食べ、選りすぐったリスト。もうこれで失敗しないぞ!
http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1327496250_0.jpg?resize=68%2C68 【レストラン、バルで役立つ情報】
スペイン料理ってどんな料理?注文は?予約は?チップは? 疑問に答え徹底解説。
http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1sh_201505242209252e0.jpg?resize=71%2C69 【ジョランダ辛口訪問記】
開設100万アクセスを誇る人気のジョランダ食べ歩き訪問記。今日もビシバシ辛口炸裂!
http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/20150420201521727_201505242209302ed.jpg?resize=68%2C68 【オリジナルツアー紹介 】
バルセロナ一の食べ経験を誇るジョランダ監修、美味しく楽しむグルメ&夜景ツアー。
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_1524_201505242209315bc.jpg?resize=71%2C71 【レストラン全リスト】
約500軒を食べて評価した、血と汗と涙と怒りと喜びの全リストはお店選びの強い味方。
   

ショッピング記事一覧

http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1-Mujer_compra1.jpg?resize=70%2C70 【ショッピング役立つ情報】
買い物のコツ、免税。またスタッフによるお土産検証と厳選お勧め紹介もあります。
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1-IMG_0387.jpg?resize=68%2C68 【ファッション】
世界的なファストファッションZARAを初め靴、鞄、アクセサリー等の地元ブランド紹介。
http://i1.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1-IMG_0327.jpg?resize=69%2C69 【おしゃれな雑貨・陶磁器】
スペインで一番のオシャレな街バルセロナだからこそのお勧め雑貨や陶磁器などを紹介。
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_9557-001.jpg?resize=68%2C68 【グルメ】
美食の街バルセロナで買うべきグルメ食品を一堂に集めた、お土産選びの参考書!
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/20150424012603e73_20150524225601e5c.jpg?resize=70%2C70 【マーケット・デパート・モール】
地元に愛される市場、何でも揃うデパート、便利な大規模ショッピングモールを一挙紹介。
   

エンターテイメント記事一覧

http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_1259_20150524221731b84.jpg?resize=71%2C71 【サッカー情報】
メッシー、ネイマールを擁するバルサ。世界屈指の人気チームを中心に解説します。
http://i0.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/tablao-flamenco-sevilla.jpg?resize=71%2C71 【フラメンコ情報】
本場アンダルシアに負けず劣らずのレベルの高いフラメンコがここでも見れます。
http://i2.wp.com/blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/conci.jpg?resize=69%2C69 【バルセロナのイベント情報】
コンサートを初め、お祭り、スポーツ、サッカー等のイベント情報まずはココでチエック!