バルセロナの観光で人気のおすすめ情報サイト

提供:Office Hill お問い合わせ
提供:Office Hill お問い合わせ

ダリの家美術館(卵の家)=ダリの遊び心が凝縮された家=

IMG_5860

バルセロナからバスで2時間。

フランス国境に近い漁港のカダケスは夏のリゾート地として知られていますが、そこから徒歩20分程のPort-Ligat(ポル・リガット)と言う地中海の入り江にダリがが晩年を過ごした家「Casa Museu Salvador Dali 」があります。

奇才ダリと知られ、独特の口ひげと奇抜なスタイル、数々の尊大な名言で生前は欧米のマスコミの注目を集めていたダリ。

ただ、親しい友人達の前では非常に繊細、気の行き届く常識人だったと知られるダリ。

本当のダリを知る上では、なくてはならない場所がこのダリの家と言えるでしょう。

 

 

ガラとの出逢い

この家を語る際にダリと共に忘れてはならない存在のガラ。

その出会いは、パリでダリの描く絵を扱っていた画商と共に、スペインに住むダリを訪れたシュルレアリスムの詩人ポール・エリュアール

その妻で同行した、ダリよりも10歳年上のロシア人女性のガラ、夫と娘がいるにも関わらず二人は知り合って直ぐにお互い強く惹かれあい、その後ガラの夫エリュアールの了解のもとで恋愛関係をこの漁師小屋からスタートさせます。

 

尚、ダリの父親はダリが人妻と恋愛関係にあったことに非常に不満で彼を勘当、1948年まで父子が再開することはありませんでした。

それでは、現在はそのまま博物館として一般に公開されている家を今回は一緒に見て行きましょう。

 

 

家の成り立ち

1930年にポートリガットの入り江の端にある小さな漁師小屋を購入し、途中アメリカに亡命していた期間を除き、約40年の時間をかけて増築、妻のガラが亡くなる1982年までここで暮らしました。

漁師小屋を購入した際、隣のフィゲラスの町からは道路も無く家財道具は全て細い石段の道をロバで運びました。

ちなみに住み始めた当初、現在の熊の玄関の間のみで、電気もないオイルランプが唯一の灯りの狭い空間にガラと二人、足の踏み場もないようなありさまは、正に50年前に大ヒットしたかぐや姫の名曲「神田川」の”三畳一間の 小さな下宿”でした…

尚、傾斜地に少しづつ部屋を増築したことにより、上下左右複雑に部屋が配置され内部はまるで迷宮のようになっています。

 

 

卵の家

IMG_5934

またこの家は別名「卵の家」とも呼ばれ邸内には幾つもの卵のオブジェが置かれています。

ダリにとってタマゴは完璧性や誕生を表すモチーフで、また自分の内面の脆さを意識していたダリにとって、卵の殻の硬さも安心と自信を与えてくれた大切な要素でした。

自伝には「ガラと私は神聖な2個の卵のうちの1つから生まれた」と綴り、ガラと自分が一卵性双生児のように離れられない関係であること、そして卵への憧れを吐露しています。

と言う訳で、徹底的に卵にこだわりを持つダリ。


晩年、自ら陣頭指揮に立ち全精力を傾け作ったダリ劇場美術館の上部に並ぶ卵の意味もこれで理解できるのではないでしょうか。

 

 

4つのスペース

美術館(家)は大きく分けて4つのスペースからなっています。
家の内部はサロン、寝室などの住居スペースとアトリエ、画材などを保管したワークスペース。

もう一方の家の外はパティオを含めた庭、そしてプールに分かれています。

見学する順番は住居部分(アトリエ含む)その後に、庭、パティオ、そして最後にプールとなり、それぞれポイント毎に番号が振られた標識がたっています。

 

 

専属ガイドによる説明

IMG_5916

庭やテラス、プールは自由に見て回れますが、家の中は美術館の専属ガイドの、スペイン語もしくは英語での案内となります。

予約の指定時間になると、チケットオフィスの横の入り口階段よダリガイドが家の中へ通してくれます。

尚、家の中は各部屋のスペースが小さいこともあり15分毎に1グループ8人で回っていきます。
1時間に最大で32人しか入場できないので、夏は入場チケットは直ぐに完売されます。

なので、旅程が確定したらなるべく早く購入されることをお勧めします。

 

見学コース

ここから、見学コースを順に解説していきます。

 

シロクマお出迎え

家に入ってまず目に入るのがこの白熊ですが、それ以外にもダリらしい装飾が部屋中にちりばめられています。

ここで主な物を、詳しく説明していくと….

 ①    熊の剥製

これは、イギリスの富豪でシュールレアリスムのコレクター、エドワード・ジェイムズからダリにプレゼントされた物で首にはメダルや宝石を散りばめたネックレスが掛けられています。

また、エドワード・ジェームス1938年のダリの作品をすべて購入、また2年間にわたりダリの画材など制作資金を提供したなど、ダリに心酔バックアップしたパトロンと知られています。

ちなみに、エドワード・ジェームスもダリに劣らず変わり者で、その晩年はジャングルのなかにコンクリート建築を中心とした不思議な楽園ラス・ポサスを死ぬまでつくり続けました。


左からエドワードジェームスのイギリスの邸宅、若い頃のダリとジェームス、ジェームス晩年、ダリ晩年。

 

 ②   杖と火縄銃

ダリが生前に愛用していた色んな種類の杖と、15世紀に作られたドイツ製の火縄銃。この火縄銃は1957年にダリが制作したリトグラフの「ドン・キホーテシリーズ」に使われた物です。

 

 ③  ランプ

部屋の照明に熊が右手に持つランプ。電球を覆う木を編んだランプシェードは、なんと漁師がエビを捕る際に使う籠を利用した物です。シーフード好きで知られるダリならではの発想。

 

 ④  フクロウの剥製

ダリの家には幾つもの剥製が置いてありますが、このフクロウは知恵を象徴しています。また、その後方を注意して見ると額に入った蝶が飾られていますが、その蝶の羽の模様がフクロウ顔そっくりになっていて、2度繰り返すことにより強調しています。

 

 ⑤  イモテールの花

ガラが特に好んだハーブ、イモテールの花がクローゼットの上に飾られています。一見するとミモザにも見えるこの花、乾燥させた後も色や形の変化が無いことから、スペイン語で言うインモルタル inmortal(不滅)、シエンプレビバ siempreviva(永久に生きる)とも呼ばれ、ガラが晩年住んだガラ城(プボール城)にも置かれています。

 

 ⑥  唇ソファー

メイ・ウエストの唇ソファと呼ばれる唇の形をしたソファー。20世紀でも最もセンセーションなソファーと言われ、ここ以外にフィゲラスのダリ劇場美術館、プボール城でも見られます。

ただ、不思議なことになぜか?ここのソファーだけは緑の葉っぱの生地となっています。

ちなみに、メイ・ウエストとはアメリカの女優で、今から100年前の戦前のマリリン・モンローのような存在でした。

メイ・ウエストは当時のほかの女優と異なりスキャンダル性など、ダリにとって理想の要素をあわせもつミューズだったといわれますが、ダリにとは夫も子供も捨てて来た妻のガラと言いい、わゆる世間で言う悪女。悪女、好みだったと言うことでしょうか。 

 

 

ダイニング

白熊の部屋から左へと段差を上ると地味なダイニングルームになります。ちなみに途中の段差は、ここが元々は岩の上に建てられた漁師小屋、それをそのまま改装して家にしたと言うなごりです。

では、この部屋を説明していくと….

 ①  ミニチュア椅子
画像では見えませんが、ダイニングの左奥が暖炉になっていて、その前のベンチに3つのミニチュア椅子が並んでいます。まるで、マトリョーシカ人形をイメージさせますが、それはガラ婦人がロシア人と言うことからかも知れません。

 

 ②  ダイニングテーブル
17世紀に作られたアンティークなテーブル。ダリの家全体に言えることですが、当時すでに世界的に知られた画家でとても裕福だったダリにしては、案外と質素なに暮らしていたと気づきます。

 

 ③  錬鉄で作られた燭台
テーブルの上に立つ2つの燭台はダリがデザインした物で、これ以外にもダリ手作りの作品が家のあちこちに置かれています。

 

 ④  貝殻、ヒトデ

ダリの数ある作品の中でも最も有名なあの「記憶の固執」の中で溶ける時計のその背景に描かれているクレウス岬。よくそこへ散歩していたダリが途中、海辺で拾い集めた貝やヒトデが棚に置かれています。

 

 ⑤  ベラスケスが描いたフェリッペ4世
ダリが尊敬してやまなかった画家ベラスケス。彼の遺した作品の中でもよく知られるスペイン国王フェリッペ4世の肖像画(左)。数あるベラスケス作品の中からこの絵が選ばれているのは、髭にこだわりを持つダリだからこそ。

ちなみに、ダリのトレードマークにもなっている髭ですが、実は髭の角度にもこだわっていて、人知れず時計の針の示す10時10分になるようにしていました。

 

 ⑥  闘牛
1961年にフイゲラスで開催されたダリの功績を称えたお祭り。その行事の一つの闘牛のポスターが壁に貼られて、そのポスターをよく見ると、中にダリが描いた闘牛の絵もあります。

ちなみに、スペインを離れ死を迎えるまでの50年をフランスで過ごしたピカソも、かなりの闘牛好きだと知られています。

 

 

図書室

IMG_5874

ダイニングから更に階段を上ると、そこはリビングも兼ねた図書室があります。

現在、本はフィゲラスのダリ美術館に保管されていて、ここに置かれているのはイミテーションです。

ところで蔵書は芸術はもちろんですが、建築、文学、哲学、物理学、医学、数学、自然科学など非常に多様なテーマに渡っていてダリの溢れんばかりの好奇心が伺い知れます。

ちなみにダリは毎晩、必ず本棚から一冊の本を取り新らなたインスピレーションを得るためにそれを徹底的に読み込み研究しました。

本棚の上には白鳥の剝製が並びますが、ダリによると白鳥は生の象徴で横にいる鷲は死の象徴、その2つが対比するように部屋に並んでいます。

また、白鳥はダリがよく作品を描く際に用いたモチーフでもあるギリシャ神話「レダと白鳥」を示しているともここでは解釈できます。


フィゲラスのダリ美術館で見ることが出来るダリの作品の一つの「レダ・アトミカ」においては、白鳥と台座に座ったスパルタの神話の女王レダが妻のガラに置き換え、ダリは白鳥に姿を変えて描かれています。

白鳥の後ろにある絵はダリがカダケスの身近な日常の風景をキュービズム的に解釈描いた作品の複製(本物はフィゲラスのダリ美術館蔵)。

ちなみに、描かれた場所はカダケスの街の海岸で見ることが出来ますので、時間があれば一度歩いてみることお勧めします。

 

 

テラス


図書館の続きに訪れるのは、小さなテラス。
全体がまばゆくばかりに白く塗られた空間の後ろを見ると、同じくダリがデザインした鳩小屋がせまります。

ここでの、見どころは壁をくり抜いて作られたパノラマ窓。
ポートリガット湾の全景が眺められ、自然を切り取ったまるで風景画のようにも見えます。

このテラスを見学した後は、再び最初の白熊の部屋まで一旦戻ります。

 

 

アトリエまでの通路

白熊の部屋まで戻ると、今度は2階へは熊の横の階段を上がって行きます。

すると、迷路の様に部屋がそれぞれ繋がっている家の、それぞれの部屋への分岐点とも言える場所に着きますが、この場所を簡単に説明すと….

 ①  和日傘

この場所で一番目立つ、天井を覆い被さる様に置かれている日傘。

なんとなく日本ぽいですが実は昔、日本のテレビ局TBSからプレゼントされた物で、ダリも大変気に入っていたようでインテリアとして使っています。

ちなみに、フイゲラスのダリ劇場美術館にも日本の昔の羽子板や屏風が作品の中に使われています。

 

 ② ウニの骨格

ウニの骨格のイラストが描かれていますが、それはダリはウニが持つ同じ形の部分が中心から5つの放射状に並ぶ「五放射相称」という数学的にも規則的な構造こそが完璧な動物の証であると信じ、称賛していたからです。

ちなみに、ダリはこのウニの骨格以外にも犀の角を対数螺旋状に成長する素晴らしい幾何学芸術と讃え、またハエの複眼、ツバメの尾などに完璧な自然の美を見いだし崇拝していました。

 

 ③ ミレーの晩鐘

ウニの骨格の横にあるのがミレーの2枚の「晩鐘」。
いわゆる偏執狂的批評法と呼ばれる潜在意識の奥底にアクセスことによりシュールレアリスム(超現実)を作り上げるダリが編み出した手法を駆使して、この絵に徹底的にこだわり続けたダリ。

ちなみに、本来のこの絵についてミレーは「かつて私の祖母が畑仕事をしている時、鐘の音を聞くと、いつもどのようにしていたか考えながら描いた作品です。彼女は必ず私たちの仕事の手を止めさせて、敬虔な仕草で、帽子を手に、憐れむべき死者たちのためにと唱えさせました」。

ですが、ダリは全く別の解釈をし、描かれている男性を交尾の後にメスに食べられる運命のオスのカマキリに見立て勃起した股間を帽子で隠していると言い、またダリは土の下に堕胎した嬰児の棺が埋まっており、夫婦がその死を悼んでいるというふうに解釈します。

 

 ④  モデルの部屋


階段の上にはモデルの部屋と呼ばれる部屋がありますが、ここへは入れません。
中に入れないので、特に説明することは無いのですが、下から遠目に眺めると奥に見えるマネキンが気持ち悪いで(笑)です。

 

 

アトリエ

ダリのアトリエがここ。
当時、使用していた絵の具や筆などがそのまま置かれていて、ダリ好きの人にはたまらない空間となっています。

ところで、潜水服を着て講演に上がるなど数々の奇行や「狂人と私の唯一の違いは、私が狂っていないことだ」というような発言を繰り返したり。

また、金と名声の追求は芸術への裏切りだと前衛芸術家たちが考えていた時代、ダリはその両方を積極的に追い求めたりと、そんなダリでしたが、この家での日々の生活は非常に規則正しいものでした。


ダリは実は几帳面な人で自分で決めたスケジュールを守ることに徹し、日光を最大限利用するために日が昇る早朝からアトリエで働き、昼食(スペインは13時半)前に一旦シャワーを浴び、ランチの後は短い昼寝をとりました。

また、午後は創作のインストール得るため本や資料を読み込み、夕方は訪問客を受けい入れると言う様に、一日を可能な限り有効に使いました。

ちなみに、この短い昼寝についてもダリは「鍵を持って寝る」と称し、それはアインシュタインやアリストテレス、バルセロナウォーカーのカミムラなど、名だたる世界の賢人たちも実践していた方法です。

では、具体的どんな昼寝をしていたかと言うと….

① イスに腰掛けたまま眠る(ひじ掛け付きの椅子)
② 指と指の間に乗せるようにして手にカギを持つ
③ リラックスして眠りに落ちる
④ 眠りに落ちるとカギが手から落ち、ガチャン!と音がする
⑤ すると見事に目覚める!

と言うことで、無駄な時間を過ごさない姿勢。
奇行を繰り返し、当時メディアの寵児でもあったダリのイメージからは想像出来ない、自分に厳しく妥協なしの創作活動に多大な時間を費やしていました。

ちなみに、カタログに記載されているだけでも1,178と、パブロ・ピカソ、アンディ・ウォーホルに次ぐ多くの作品を残しまし。

 


まるでつい昨日まで使っていたように置いてある、色の滲んだパレットとパレットナイフ。

ところで椅子の前にある木製ボードのキャンバスには仕掛けがあって、後ろの鉄枠とキャンバスが床と壁の隙間に沈み込むことにより、上下にスライドするようになっています。

大きな作品は梯子使って描くことになりますが、晩年のダリにはそれはかなり厳しく考えた解決策がこれで、ダリ自身は椅子に座りながら描くことだけに集中し、キャンバスが必要に応じて上下するという仕掛け。

ちなみに、フイゲラスのダリ美術館にある巨大な天井画はダリの晩年に描かれたものですが、当時のダリにはかなり辛かったはずですが立って描き続けた。

晩年、ダリは人生の集大成として美術館に創設にかけていたと言うことがうかがい知れます。

 

 

黄色の居間

ソファの生地が黄色いことから、黄色い部屋(La sala amrilla)と呼ばれているこの部屋。

窓から海の景色を臨むこの部屋机の上のカタツムリは、ダリがデザインした時計とランプを兼ねた置物で、アメリカの高級宝飾店のティファニー製の特注品。

ちなみに、ダリは崇拝する精神分析学者のフロイトとの家を訪れた際、外に置いてあった自転車に張り付いていたかたつむりが、フロイトの頭のつむじの形そのものであったことから、以降ダリはカタツムリに強い拘りを持ち多くの作品でこの軟体物を描いています。

また、ダリはこの居間の窓にはちょっとした工夫を施しました。

海を臨む東側に向く窓、朝の日の出の陽(矢印)が窓から差し込むと、壁の鏡を介して陽が反射し、隣の寝室のベッドに陽が差し込むようになっています。

と言う訳でダリは毎朝、日の出の陽に起こされ一日をスタートしていました。

 

 

鳥の部屋

黄色の居間から寝室の間にあるのが、ここ鳥の部屋と呼ばれる空間で、ダリが飼っていたカナリアを入れていた鳥籠が今も当時のまま置かれています。

ちなみに面白いのは窓の右側にある小さな籠(赤囲み丸)。
これにダリは昆虫、コオロギ入れて、日本の鈴虫のように飼っていました。

 

 

寝室

IMG_5915

各部屋を順番に上っていって最後にたどり着くのがこの寝室です。

赤と青のベッドカバーで覆われた2台のベッド、右側がガラ、左側がダリのベッドでした。

ちなみに現在からすると、ベットのサイズが随分と小さいと気が付くはずです。
ダリは172㎝、ガラは160㎝と大柄では無かったにしろ、昔は現在と違いどこもベッドは小さいものでした。

尚、生前はダリを残して愛人の元へ走ったりして決して良妻と言えなかったのですが、プボール城に住んでいた(別居)の彼女は重度のインフルエンザにかかり、その後、認知症の兆候が現れ始め、死の3カ月前にこの家に戻りダリに看取られここで亡くなりました享年87歳。

 

寝室の観側にあるタイルで円を囲むように作られた暖炉は、ダリのデザインでルネッサンス期の画家のヤン・ホッサールト(1472‐1533)の絵画「サン・アントニオの誘惑」からインスピレーショを得たと言われています。

 

 

クローゼットと写真部屋

ガラクローゼットが置かれた部屋は、ガラにとって特別な意味を持つ写真や、雑誌の表紙がガラスの扉に貼られています。

主な

 

 

の一つは生前のダリの写真が数多く展示され、その中には同じスペインを代表するピカソとのショットも。

ちなみに、戦時中にフランスからアメリカに脱出する時にピカソがその資金を援助しました。

また、市民戦争を経てスペインの独裁者となった悪名高いフランコ将軍との写真もあります。

この将軍との会見、握手している様子が彼がその後に非難を浴び続ける原因となりました。

 

 

楕円の部屋

 

庭もダリ

この家の別名「卵の家」と呼ばれる所以になった卵のオブジェが屋根を初め庭のあちこちに置かれ、またオリーブ畑の中にはボートや瓦などで作り上げモンスターをイメージさせる作品が点在します。

古い手漕ぎボートや瓦を利用して作った「瓦礫のキリスト」等も見る事が出来ます。

 

プールもダリ

プールの奥はダリとガラが寝そべってくつろいでいた場所。

横には闘牛士のミニュチュア人形、フイゲラスのダリ美術館でお馴染みのあの唇型のソファー、更に意味不明のイタリアピレリー社のタイヤの看板。

この他にもミシュランのゴム人形や電話ボックスなど、ダリならではの感性あふれる遊び心満載の品々で溢れています。

 

予約必須

IMG_5861

チケットはオンラインでの事前購入が必須となっています。

 

IMG_5863 IMG_5864

しかし、購入が完了した際にダウンロードして印刷したものはチケットではありません。

予約番号のみで実際のチケットは入場予約時間の30分前に窓口でピックUPしなければなりません。

 

まとめ&アドバイス

バルセロナからカダケス行のバス、そしてそこから徒歩もしくはタクシーと言う行程になります。

ほぼ丸一日かかるダリの家、ここまで来るのは数日のバルセロナ滞在でかなり難しいと思いますが旅行の日程に余裕のある方で、ダリの過ごした日常全てを知りたい方にはお勧めです。

尚、入場チケットは少し面倒、なぜか30分前に着いてオンラインで購入した仮チケットとを交換しなければなりません。

入場開始までの30分は、ダリの家の周りの入江を歩いたりして時間を潰してみてください。

 

【広告】
フイゲラスのダリ美術館と、この卵の家を
一日で2か所周りたい人はバルセロナウォーカーのオリジナルツアーもあるので、そちらもご検討されてはどうでしょうか。

ちなみに、プボール城を含めた、ダリ・トライアングル3ヶ所巡りなんかも、バルセロナウォーカーのツアーなら一日で可能です。

2-c4-grand-picasso--644x362 【バルセロナウォーカーツアー】
ホテルまでの送迎がついているのでドアツードアで安心、そして楽ちんツアー。

 


お勧め度:10点/20点
★★★☆☆(2.5)


 

住所 Platja Portlligat, s/n, 17488 Cadaqués, Girona,   【地図はこちら】
URL http://www.salvador-dali.org/museus/casa-salvador-dali-portlligat/
電話 972 25 10 15
時間 1/1~1/6(10:30~18:00) 1/7~2/11(閉館) 2/12~6/14(10:30~18:00)
6/15~9/15(9:30~21:00) 9/16~12/31(10:30~18:00) *最終は閉館50分前
休み:1/1、2/7-3/9の月曜、6/8、10/5、11/1-12/28の月曜、12/25
料金 一般15€  学生,66歳以上12€  子供7歳未満無料 チケットは上記HPより
行き方 バルセロナからは、北バスターミナルよりバス会社Sarfaに乗って約2時間
シッチエスバス停から徒歩15~20分    【バス停から詳しい行き方】
所要時間 1時間

 


記事は取材時点のものです。現在とは記事の内容が異なる場合もありますのでご了承ください。間違った情報、また有用新情報、分かり難い点や質問等ございましたら情報共有いたしますので、サイト内の「バルセロナ観光情報掲示板」に書き込んでください。

 

この記事を書いた人:アキモト
日本で社会人を経験後マドリッドへ大人の語学留学。海のあるバルセロナへ移住後、バルセロナウォーカーにて情報を発信しています。最終更新 2024.03.28

関連記事

201501142jj 【北バスターミナル Estacion del Norte】
バルセロナで一番大きいバスターミナルで、地下鉄1号線アルク…
IMG_5977 【カダケス】
スペイン最東端のこの街は、幾多の芸術家を魅了し続けて….
IMG_1109-001 【ダリ劇場美術館】
バルセロナから高速鉄道で1時間。ダリの神髄を知るならここ!
casagala (1) 【ガラの家・プボール城】
バルセロナから120キロの郊外、ダリがガラにプレゼントしたお城

ピックアップ記事。

IMG_1336-001 「バルセロナ楽しみ切る!最終日の過ごし方」帰国日が午後のフライト。そんなあなたに最後の最後まで楽しみ切る方法を伝授! 1-IMG_1335 【バルセロナ究極のスリ、置き引き対策】
こうすればまずトラブルに遭う事は無いと保証できる方法をアドバイスします。
ciudaa 「必読!バルセロナ基礎の基礎」
バルセロナ初心者必読、歴史、人、気候そして、一風変わった常識!etc….
IMG_2761 「これだけは押さえたい!観光スポット ベスト10!」あのメッシーも絶賛したバルセロナの必見スポットベスト10!
IMG_4594 「これは便利!バルセロナ地図集」
スマホ、タブレット用に地図、路線図をPdf保存!バルセロナ便利地図集めました。
IMG_0478 「安い様で案外高いバルセロナの物価」
スペインは日本と比べて高い?安い?お財布に優しい旅の指南!
IMG_2022 「これで安心!日曜日のレストラン」
バルセロナ滞在が日曜日になると、お目当てレストランはお休み。でも
IMG_1254 「スタッフお勧め厳選土産」
スバルセロナウォーカースタッフがお勧めするバルセロナ厳選土産一覧。
http://i0.wp.com/kamimura.com/wp-content/uploads/2016/03/momochan.jpg 「ジョランダ辛口レストラン訪問記」
100万アクセス突破!レストラン、バル訪問記!今日もビシバシ斬ります!
jyra1 「レストランの食事のチップって払うの?」
日本に無いチップ、一体幾ら払えばいいの?! 大丈夫これさえ読めば安心。
IMG_5405-1 「食べずに死ねるか!必食”焼きネギ”」
12月から3月末までの季節限定のカルソッツ(焼きネギ)はバルセロナの冬の風物詩!
1-IMG_3783 「私達なら知り合いをここに泊める!」
日本の友人に聞かれたら、自信をもって勧めるホテルのリストはこれだ!
danngan 「ここまで出きるぞ!バルセロナ弾丸ルート」 たった1日2日の滞在でも、観て食べてそして楽しみ尽くす必殺ルートはこれだ! gaigapaella 「これだけは押さえたい!パエリヤ10ヵ条」
スペイン料理の代表?果たしてホント?知られざるパエリヤの真実を教えます!
1-MVI_2795(1)-001 「フラメンコを比較検証、お勧めはこれだ!」
バルセロで見られるフラメンコショー9か所を2ヶ月掛けて回り徹底比較検証しました
1-MVI_1996 (4).00_15_49_24.Still009 「必見!人間の塔は世界無形文化遺産」
カタルーニャ名物の人間の塔。以前より開催頻度が上がり運が良ければ見れますよ!
IMG_5424-001 「バルセロナの地元ビール特集」
ジモピーがよく飲む人気ビール6ブランドを徹底検証!ここまで来て飲まずに死ねるか!!
IMG_4790 「特集・スペイン人のこだわり・コーヒー編」
何につけつてもいい加減なラテンなスペイン人ですが、コーヒにはこだわります
IMG_0195 「保存版・カンプノウ観戦マニュアル」
初めてのサッカー観戦もこれで安心!ガイドブックの10倍情報を詰め込んだバイブル登場!
IMG_4875_201501060212043b6 「5大ショッピングモール徹底検証」
近年バルセロナに増殖中の巨大ショピングモール。旅行者に一番使いやすいのはどれ?!
Chocolate_con_churros_de_lazo 「地元の人気菓子と言えばチュロス」
大人から子供まで大人気のチュロス。その歴史、作り方、店選びまでを徹底解説!
lisboa (10) 「旅行者の特権、免税でお安くお買い物」
日本人なら13%のお金が戻ってくる免税。誰よりも詳しく手続きを全解説!
IMG_6126 【祭りの〆は悪魔の火祭りコレフォック】
市内各地区ごとに行われる伝統の火祭りはラテンスペイン人ならでは、アッチッチ!
barjo (2) 「美味しく楽しむ!バルセロナグルメ10ヶ条」確実に美味しい物を楽しく食べたい人の為に、まずは基本の10ヵ条。
20120116073257169 「日本人がよく失敗する店」
ガドブックを見て行ったのに、こんなはずじゃなかった・・。ガックリ店のリストです。
54fd 【間違いだらけの缶詰選び】
お土産として重宝する缶詰。スペイン中の缶詰を食べ尽し検証その数500!
1-IMG_3215-001 「モンセラット観光裏技はこれ」
混雑の元凶となっている日帰り観光客のウラをかき、モンセラを独り占めせよ!
IMG_1626 「検証!カカオサンパカ51種食べ比べ」
日本人に人気のお土産チョコレート。その51種類を世界初の食べ比べ検証記録。?
1-Synced Sequence.00_04_31_01.Still004 「バルセロナ、ビギナーウォーカー」
初めてのバルセロナ、旅行計画から実際の街歩きまでを初心者向けに順に解説。
funsui (2) 「マジカ噴水ショー」
米人観光客に絶大な人気を誇る、無料の噴水ショー。水と光の魅惑の競演を楽しめ!
1-IMG_4223 【どっちがお勧めガイドツアーVSコンサート】 カタルーニャ音楽堂の見学方法はコンサートかツアーどっちが良いのか検証! 1-IMG_0504-001 【お勧めワイナリ見学はこれだ!】
バルセロナから日帰りのワインナリー見学、人気の3つを見て飲んでの徹底比較!
IMG_6346 「本当はどっちがお勧め生誕VS受難の塔」
サグラダファミリアの塔に登る際に迷う、生誕か受難か。それに正面からお答えします!
barceplo774 「検証!バルセロナお得なチケット3種」
バルセロナ観光で使える代表的な割引券の3つ。本当に一体いくらお得なの?!
IMG_2196 「もう迷わない?! バルセロナの歩き方」
碁盤の目に区画割された街は、分かり易いようで道に迷うことも。そんな悩みを解決!
1-IMG_0300 「楽しく賢くショッピング!」
旅行の楽しみは観光、食事、そして買い物。ショッピングのアドバイスをお送りします!

観光記事一覧

http://blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/CIMG8869.jpg 【ガウディ】
サグラダファミリアを筆頭に天才のガウデイの残した世界遺産建築は必見!
http://blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_2806.jpg 【バルセロナの見所】
ヨーロッパでも屈指の人気都市バルセロナの外せない見所を全部リストアップ。
http://blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_6332.jpg 【その他のモデルニスモ】
ガウディ以外にもある、多くのモデルニスモの傑作建築を徹底紹介!
http://blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_0012_2015052421442444c.jpg 【美術館・博物館】
ピカソ、ミロ、ダリ、世界的な芸術家達の作品を見尽くす美術館、博物館館ガイド。
http://blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/DSC_0497-001.jpg 【シュートトリップ近郊の見所】
自然、歴史、人情味豊かなカタルーニャ。郊外のお勧めスポットとを紹介します。
http://blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/201501140612226692.jpg 【現代建築】
あまり知られていない現代建築ですが、斬新な現代建築が多くその筋では意外と有名。

基本情報記事一覧

http://blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/billetes.jpg 【バルセロナの基礎知識】
気候、歴史、習慣、通貨、物価、インターネット事情など知っておきたい基礎知識。
http://blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1-IMG_7563.jpg 【空港情報】
バルセロナのゲートウエイ空港、空港から市内への移動、免税の仕方を徹底解説。
http://blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/CIMG1919.jpg 【交通情報】
便利で安いバルセロナの公共交通。ポイントを押さえて詳しく解説します。
http://blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/policia.jpg 【安全に過ごすアドバイス 】
何かと不安な治安、本当のところはどうなの?現地からの最新情報&アドバイス。
http://blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/th1.jpg 【バルセロナ旅行に役立つ情報】
旅立つ前の準備、お得な情報をまとめて紹介。バルセロナ旅行に役立て下さい。

レストラン記事一覧

http://blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/2014101414204999c1.jpg 【お勧めレストラン&バル、リスト】
実際に何度も足を運んで食べ、選りすぐったリスト。もうこれで失敗しないぞ!
http://blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1327496250_0.jpg 【レストラン、バルで役立つ情報】
スペイン料理ってどんな料理?注文は?予約は?チップは? 疑問に答え徹底解説。
http://blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1sh_201505242209252e0.jpg 【ジョランダ辛口訪問記】
開設100万アクセスを誇る人気のジョランダ食べ歩き訪問記。今日もビシバシ辛口炸裂!
http://blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_1524_201505242209315bc.jpg 【レストラン全リスト】
約600軒を食べて評価した、血と汗と涙と怒りと喜びの全リストはお店選びの強い味方。

ショッピング記事一覧

http://blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1-Mujer_compra1.jpg 【ショッピング役立つ情報】
買い物のコツ、免税。またスタッフによるお土産検証と厳選お勧め紹介もあります。
http://blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1-IMG_0387.jpg 【ファッション】
世界的なファストファッションZARAを初め靴、鞄、アクセサリー等の地元ブランド紹介。
http://blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/1-IMG_0327.jpg 【おしゃれな雑貨・陶磁器】
スペインで一番のオシャレな街バルセロナだからこそのお勧め雑貨や陶磁器などを紹介。
http://blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_9557-001.jpg 【グルメ】
美食の街バルセロナで買うべきグルメ食品を一堂に集めた、お土産選びの参考書!
http://blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/20150424012603e73_20150524225601e5c.jpg 【マーケット・デパート・モール】
地元に愛される市場、何でも揃うデパート、便利な大規模ショッピングモールを一挙紹介。

エンターテイメント記事一覧

http://blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/IMG_1259_20150524221731b84.jpg 【サッカー情報】
バルサ。世界屈指の人気チームを中心に解説します。
http://blog-imgs-75.fc2.com/r/i/b/ribochan/tablao-flamenco-sevilla.jpg 【フラメンコ情報】
本場アンダルシアに負けず劣らずのレベルの高いフラメンコがここでも見れます。