バルセロナ ウォーカー 

提供:Office Hill お問い合わせ

La Xocolateria by Oriol Valaguer

barage (11)
デザート界のピカソ」の異名を持つ?
バルセロナから電車で約一時間のタラゴナ出身のショコラティエ、オリオール・バラゲ。既に閉店しましたが東京にもお店がありました。 最近、カフェテリア兼ショップがボルンカルチャーセンター横に出来たので行って来ました。

 

barage (12)
お店の中はこんな感じ。

 

barage (8)
先日、行ったGranja La Pallaresaとは、正に雲泥の差。。 とも言えるオシャレな店です。

 

barage (2)
奥には、こんなカフェのスペースもあり

 

barage (4)
この日は地元の学生さんが、まったりとカフェを楽しんでいました。

 

barage (3)
ちなみに、チョコももちろん売っていて

 

barage (1)
東京で1個400円で売っていたバラゲの代表作と言えるこのチョコも、もちろんあります。

 

barage (13)
ところで、ここのクロワッサンが2014年のスペインのベストクロワッサンに選ばれたそうです。

 

barage (9)
ミーハーな私は、いても立ってもいられず早速試してみました。

 

barage (5)
ついでに、これチュロスも試してみます。

 

barage (6)
ちなみに、やっぱりここも4本。 何か決まりがあるのでしょうか、この本数?

 

barage (7)
チョコ付けてパクリ!

 

二人で食べて
総額:6.85€ (チュロス+チョコラーテ=3.90€、クロワッサン+カフェ=2.95€)

csouhyou.png
店の造りは非常にオシャレ、印象としては悪くありません。またカフェテリアとしては大きい店で、この辺りは人気のエリアなのでその分賃料も高そうですが勝算はあるのでしょうか? と思うのは余計なおお節介ですね。
あと、サービスはセルフなので、特に語ることはありません。

さて、スペインで一番に選ばれたと言うクロワッサン。
一番かどうかについては何ともいえませんが、確かに悪くない中々イケます。
次のチュロスはこの店で揚げているか? それはハッキリ言って疑問。食べた感じは他から買って来た様に思います。
ただし、さすが著名なチョコレートの専門店だけあって、チョコに関しては街場のチュロス屋とはレベルが全く違います。
先日紹介した「Granja La Pallaresa」のチュロスもしくは、揚げ物屋さんで買った揚げたてのチュロスを、この店のチョコに付けて食べるというのが、私の考えるベストと思いますが、それを店が許してくれるかは疑問ですが。ほんとにそう思います。

お勧め度:★★★★☆

 

【近くのみどころ】
ボルン・カルチャーセンター  サンタ・マリア・ダル・マール教会  ピカソ美術館
チョコレート博物館

<<< Bar Joan サンタ・カタリーナ市場  【HOME】 「Sergi de Meia」次記事>>>