バルセロナ ウォーカー 

提供:Office Hill お問い合わせ

Taktika Berri解説

このピンチョスバルの一番の問題点はその突出した使い勝手の悪さ。
具体的に言うと、まずこの店の一番ダメなのはこれ↓

tatukiitubasa.jpg
カウンターの上に、私が勝手に(笑) 線を引きましたが・・
赤線のところに、ピンチョスが大皿に載って並べてあり、その前の青線上に横一列に客が座っています。

 

njiiii (2)
ピンチョスは本来、自分で好きなのを勝手に取ると言う性格上ビュッフェレストランと同様に、料理の置いてある前は本来フリーのスペースでならないと いけないのですが 、前にこの様に客が座って食べているので客の肩越しに手を伸ばして取らなければならず、ピンチョスが自由に取れません。

何を考えてこんな配置になっているのか?
呆れるばかりなのですがこれがこの店のやり方。
私が文句を言っても、どうなるものでも無いわけですが。

あと、それともう一点この店のイマイチなところがあって・・

njiiii (1)
この彼と、あともう一人のウエイター二人コンビで店を仕切ってやっているのですが、このおっさん達ときたら愛想も素っ気もない (笑

何度もこの店に通っている内に、彼らのキャラクターに私は慣れ決して嫌なおやじ達では無いのは既に知っているのですが、とは言っても 流行っている店だからこそ、こんなのでやっていけると言えます。

ちなみにカウンターに座れば、ドリンクのオーダーを聞いてくれますが、それ以外の後方のテーブルもしくは立ち席だと、いつまで経ってもオーダーを取ってくれずただでも大人しい日本人観光客の場合は、延々放ったらかしにされかねません

さて、そのアドバイスですがこの使い勝手の悪い店をどうしたら良いんでしょう?

私から言えるのは、とりあえずカウンター席に座らないと話にならないと思います。
特に日本人観光客は初めてで慣れてないし、スペイン語も分からないでしょうからウエイターのおっさん達の目の届く、カウンター席に必ず座って下さい。
それでしたらドリンクのオーダーも簡単に通りますし、手の届かない所にあるピンチョスも指させば無言で(笑) 目の前に持って来てくれます。

takitititi (2)
ただ、ここで問題になるのはバルセロナでも開店前に列を作って並ぶピンチョスバルはこの店ぐらいだと思うのですが開店時間に、のこのこ店に着く様ではカウンター席は既にもう一杯と言う可能性が特に夜は高いので開店20~30分前に並んでおかないとダメです。

本来は軽くつまむ様な料理、たかがピンチョスと思ってしまうのですがそんな事はこの際 言ってられないので、とにかく大人しく並んで下さい。

あと、これも重要かと思うのですが食べ方も私からアドバイスさせて頂くと・・

takitikiiiiiibe (12)

カウンターに並んでいる、こう言う冷たい系のピンチョスを最初に食べるのは4つぐらい迄にしておいた方が良いと思います。
1人で食べれるピンチョスの数って、具の下にバゲットのパンが付いて来るのでよく食べれたとしても10個、正直そのあたりが限界と思いますが、・・

cb_bcn_ta.jpg

開店から40分ほどすると、↑この様に今度は温かい揚げ物や調理したてのピンチョスが出てくるので、その分の数も考えておかないといけません。もし、テーブルにまだ食べたい冷たい系のピンチョスが残っていても、それは一番最後に自分のお腹具合と相談しながら食べれば済みます。

 

konokooo.jpg
ところで、この女の子
これまた愛想も何も無いと言うと、なんて店かと思われるかも知れませんが (笑
奥から温かいピンチョスをこのピンチョス小僧もとい、ピンチョス天使!があなたの目の前に運んで来てくれます。

既に述べましたが、カウンター席に座れるように早めに行って並んで下さい。

tautika (1)
遅れるとこの壁側の席とか、立ちになってしまいますよ。

 

tautika (18)
あと、最後のお勘定は他のピンチョスバルと同じで楊枝を数えての自己申告制です。

ちなみに予算ですが、ピンチョス1個が2€弱で大して差は無いですが他の店よりも安め。
私の様な飲兵衛でなければビール、ワインそれぞれ1杯づつなら20€内で納まるはずです。
もっともステーキを食べると、もう少ししますが。

 

Taktika Berri(barra)4

taki2012k (12)
肉が美味しいと評判のバスク料理のレストラン
お昼に行きましたが、この日は地元客ばかり。

taki2012k (6)
開店して直ぐで誰もいませんがテーブル席はいつも予約で一杯になっています。

 

cdorinku.png
taki2012k (1)
予約の要らない、カウンターで食べることにしました。 1.85€
まずは、ビールを一杯。

 

cpinchos.png
taki2012k (2)
バスクレ料理のレストランです、カウンターにはピンチョスがあります。
お目当ては肉ですが、前菜代わりにつまむことに。

 

taki2012k (3)
バカラオ(鱈)のトルテイーヤは少し塩が足りないですが中身が半熟で美味しい。 1.45€
この他にポテトのトルテイーヤもあります。

 

taki2012k (4)
練り物系のピンチョで、ツナとゆで卵が入っています。  1.45€

 

taki2012k (5)
これがお気に入り。  1.45€
焼きピーマンの練り物で最高  ◎

 

taki2012k (7)
生ハム入りのコロッケも食べてみました。  1.45€
スペインで食べる中では悪くない味です。

 

cgurasuaka.png
taki2012k (10)
ピンチョスはここまで、これからメインの肉。  1.50€
ワインは当然赤、この店のグラスワインは値段の割に美味しい。

 

cmein.png
taki2012k (8)
これが人気にの牛肉300グラムあります。   15.00€
今日は二人で行ってこれをシエアしました。

 

taki2012k (9)
表面には、丸い荒塩が掛かっています。

 

taki2012k (11)
焼き加減はミデイアムで頼みました。
なぜか、お味は以前に食べたようなインパクトがありません。
熟成の加減でしょうか?

 

二人で食べて一人あたり
総額:19.00 €(ビール、グラスワインそれぞれ1杯+ピンチョス)

csouhyou.png
サービスは相変わらず微妙ですが何度も来ていると,その愛想の無さにも慣れてきます。

今日は肝心の肉が熟成の加減か、いまひとつインパクトがありませんでした。
ピンチョスはバルセロナの他と比べてもレベルは高く値段は安めで間違いなくオススメ。

市内の中心から外れるので、時間の無い観光客より在住者向きの店ですが
次回は美味しい肉に当たる事をと期待して、またチャレンジしてみたいと思います。

味わい:4.2 食材:4.2 技術:4.3 個性:3.8
雰囲気:3.9  ボリュームと:4.0  コスト:4.3  サービス:3.4

満足度:68点

大きな地図で見る

Taktika Berri(barra) 3

takitikiiiiiibe (11)
今回は前回食べれなかった肉を目当てに来ました。

takitikiiiiiibe (9)
今日も満席、人気店です。
開店して5分後に着いた時には既に一杯だったので、右手に見える壁側の狭いカウンターで食べることに。

 

takitikiiiiiibe (17)
まずは最初にビールを一杯。1.85€

 

takitikiiiiiibe (12)
今日は会社の同僚と二人で。
過去に食べて印象の良かったピンチョスを適当に・・

 

takitikiiiiiibe (13)
ボケロン(カタクチイワシ)にピーマン、ウズラのゆで卵。普通に美味しいです。

 

takitikiiiiiibe (14)
アンチョビに揚げピーマン青、赤
これも悪くない。

 

takitikiiiiiibe (15)
玉子サンドの具。
中にはアンチョビのペーストが入っていてこれも、悪くない。

 

takitikiiiiiibe (16)
私の、この店のお気に入りの焼きピーマンの練り物。

 

takitikiiiiiibe (1)
ツナマヨネーズ。
子供のころに食べた懐かしい味がしました。

 

takitikiiiiiibe (2)
まあこれは普通。
漬物代わりにと言うところ。

 

takitikiiiiiibe (19)
モルシシーヨ。
これでピンチョスは〆。

ここから前回食べ損ねた、念願の肉です。
takitikiiiiiibe (3)
パンは皮がパリッとしていてまあまあ。
メインの肉の前にピンチョスを結構食べたので最終的には半分残しました。

 

takitikiiiiiibe (4)
これが噂に肉、チュレトン(2人前)です。 30€
軽く500グラム、それ以上ははあります。

 

takitikiiiiiibe (5)
表面には荒塩がたっぷり掛かっています。

 

takitikiiiiiibe (6)
焼きはいつものレア注文。

 

takitikiiiiiibe (7)
肉には甘みがあり、美味しいのですがレアで注文したせいか微妙に中が冷たい。

 

takitikiiiiiibe (8)
最後はカフェ(コルタード)で〆。 1.25€

 

takitikiiiiiibe (10)
二人で食べて

総額:58.10€ (ビール2杯、ワイン5杯、カフェ2杯含む)

souhyou1.jpg
ピンチョスは相変わらずレベルが高く、尚且つ1個1.45€。
グラスワインも良くある地元ペネデス産の不味いワインで無くそこそこ飲めて1.50€と言うのは文句無しに安い。

お目当ての肉は焼き加減をレアで注文したせいか、中が微妙に冷たくてその点がイマイチ。
ただ、熱々の皿に乗せられて来たせいか食べている途中から気にならなくなりましたが最初に注文する時の焼き加減はミディアムレア ぐらいが良いのかも知れません。
次回は、それで試してみます。

あと掛かっている荒塩は粒が大きくて硬いので噛み潰した時に塩の味を強く感じます。
肉の温度と同様に食べている途中で気にならなくなって来るのですが、もう少し粒の細かいもしくは違うタイプの塩が良いのではないでしょうか。

ところで肉には甘みがあり最後まで美味しく食べれました。
熟成の加減が絶妙なんでしょうね、魚に関しては日本人の足元に及ばないのですが肉に関しては、さすがヨーロッパ人よく知り尽くしていると称賛できます。
また、以前よく通ったアルゼンチン料理レストランの肉より、こちらが上。

ピンチョスの前に客が座っていて不便な点、ウエイター達が何とも愛想のない点
その2点を過去に指摘しましたが、今回は私自身が大分それに慣れたせいかあまり気にならなくなりました(笑

今日は合格点の70点以上を付けますが、とは言ってもやはりこの店は日本からの観光客にはお勧めとは言えません
バルセロナの外食に慣れた在住者向けの店でしょう。

味わい:4.1  食材:4.2  技術:4.1  個性:3.9

雰囲気:3.6  ボリュームと:4.3  コスト:4.5  サービス:3.5

満足度74点

地図

大きな地図で見る

Taktika Berri(barra)2

 

takitititi (1)
開店前には既に長蛇の列

takitititi (2)
人気のピンチョスバルへ久しぶりにやってきました。

 

takitititi (11)
店の中はこんな感じ、このカウンターの奥がレストランスのペースとなっています。
ウエイターのお兄さんがグラスに注いでるのが、バスク地方でお馴染の
チャコリと呼ばれる微発泡の白。 ちなみに物珍しいだけで味はイマイチ。

 

takitititi (10)
今日は最初は二人で。

 

takitititi (12)
適当に取ってみました。
練り物2つにバカラオ(鱈)
手前の赤いパプリカが特に美味しいです。

 

takitititi (13)
友人が二人合流して4人に。 ピンチョスはモルシーヨ。

 

takitititi (9)
トルテイーヤは焼きたて

 

takitititi (8)
ここで更に三人合流して7人に。 ピンチョスはバカラオを揚げたものです。

 

takitititi (7)
豚のローモ(ヒレ肉)

 

takitititi (6)
コロッケ

 

takitititi (5)
エスカリバーダ(焼きピーマン)の上にアンチョビ

 

takitititi (3)
エビ

 

takitititi (4)
アリオリソースたっぷり。

 

7人で食べて1人あたり
20€弱 (ビール、ワイン、水何杯か含む)

csouhyou.png
バルセロナに何軒もあるピンチョスバルの中でも、
使い勝手の悪さに関しては、この店がダントツで一番。(笑

また他の店に比べると地味で華の無いピンチョスなのですが、ただ味に関しては
日本のガイドブックにも載っている「Irati」や、ブログでお勧めしている「Txapela」より
こちらの方が上と思います。

非常に問題の多いこの店なのですが・・・、良い所もあるので・・
もしかしたら、私が前もってしっかりと注意書きを入れれば、
非常に使い勝手の悪いこの店も
なんとか観光で来られる日本の方にもお勧め出来るんじゃないのか??
・・ と言う訳で、次回の記事ではそれに挑戦してみます!

お勧め度:★★★★☆
tizudai.png

大きな地図で見る

1 2