バルセロナ ウォーカー 

提供:Office Hill お問い合わせ

Bohèmic 3

nohemicchan (13)
最近は保守的になって来たのでしょうか、既によく分かっている店への再訪が多くなっています。
また、この春から気合を入れ直して新店の開拓にと思っていますが今日は私のお勧めの中でもある、この店に来ました。不景気の影響は深刻で地元グルメの間でも非常に評価が高いこの店、キャパも小さいにも関わらずこの日も最後まで満席とまでいきませんでした。 

pan1.jpg
nohemicchan (14)
パンは二種類。

 

nohemicchan (15)
どちらも、まずまずの美味しさ。
ちなみに、今日は3つあるコースの中の一番安い、皿数の少ないコースを選択。

 

amyuzu.jpg
nohemicchan (16)
ヨーグルトの瓶で出てきました。

 

nohemicchan (17)
蓋には、ちゃんと店の名前と住所、電話番号まで書かれています。
スプーンに香り付けしてあったり、こういう演出がこの店の売りでもあります。
ところで蓋には賞味期限が書いていませんね(笑

 

nohemicchan (18)
中はクリームチーズ
お味は、シンプル。
もう少し味に工夫が欲しいでしょうか。

 

zensai_20111017045039.jpg
nohemicchan (1)
Risotto de pistons,Tuber Melanosporum i Tous dels til.lers
上にはトリフ
リゾットと言うことですが・・

 

nohemicchan (2)
米の代わりに、パスタが入っていました。
これは、この店の今まで食べた中でも当たり料理で非常に気に入りました。
バルセロナで初めて食べるもので、独創性また完成度共に高い。
評4.3/5.0

 

meinn.jpg
nohemicchan (3)
Els pesols deLavaneres,cansalada iberica i pa trufat
イベリコ豚のパンチエッタ。
付け合せのポテトはシンプルですが、地元のブランド物のグリーンピースを使っていてなかなか美味しい。

 

nohemicchan (4)
肉のは、ちょっと甘みがありなんだか照り焼きっぽい味がします。
悪くはないのですが、別段印象に残るようなものでもありません。
評3.9/5.0

 

nohemicchan (5)
チーズの盛り合わせ。
これはもう素材その物、チョイスだけの世界ですので料理としての評価はできないのですが多皿料理のデグスタシオンのコースでお腹一杯ゲロゲロになってから食べるチーズに比べると適度な量の今日の前菜、メインに続くこのチーズはちょうど良い感じ。

 

nohemicchan (6)
真ん中のこのメンブリーヨと合わせて食べます。
チーズのチョイスも悪くありません。

 

deza-to.jpg
nohemicchan (7)
Crema catalana,pinya rustida i pan perdu
クレマカタラナとパイナップルのデザート

 

nohemicchan (8)
まあ、甘過ぎずそこそこ。

 

nohemicchan (9)
瓶の中に入ったクレマカタラナ

 

nohemicchan (10)
なんだか焼きプリンみたいです。
特筆すような物はありませんが適度な甘みで、コースの最後としてはそれなりに満足できました。

 

kafepuchi.jpg
nohemicchan (11)
最後はエスプレッソで〆

 

nohemicchan (12)
この箱にお勘定が入っています(笑

 

総額: 60.€弱 (グラスワイン2杯とと水を杯含む)

souhyou1.jpg
前菜のパスタは大当たりでした。

メインも悪くはありませんが、イベリコの肉だから美味しいなんて事は無いと以前にもこのブログで言っていますが、素材にも味にも特徴がない。

ところで、この店からアラカルトのメニューが無くなりました。
私の哲学では料理はアラカルトで 食べるのが一番となっているのですが、今日食べて思ったのですが、この店のこれは皿数も多くないですし、これで良いのかなと思います。

あとワインの値付けも非常に良心的ですし、料理も手抜きじゃないしっかりしたものまた隠れ家的な感じもしますし、私のお気に入りの一軒としてこれからも 年に何回か通い続けていくでしょう。

最後に一つこの店の問題点をあえて挙げたいのですがメニューが全てカタルーニャ語しか無いと言う点。
お金を払うのは客である私、客だから偉いなんて思っていませんし店もお客も当然持ちつ持たれつで 良いと思うのですが、このメニューがカタルーニャ語しか無いと言うこの事は 店の怠慢でしか無いかと私は思います。

 

味わい:4.0  食材:4.0 技術:4.1  個性:4.2

雰囲気:4.0  ボリューム:3.9  コスト:3.9  サービス:3.6

満足度:70点

地図


大きな地図で見る

Bohèmic 2

bohemicusan (22)
このブログでお勧めいているレストランの一つです。

bohemicusan (4)
バルセロナの食通の間では知られた店ですが、土曜日の夜にも関わらず 半分以下の入り今日は最終的に8人の客のみで、現在のスペインの不景気の凄まじさを実感します。

 

bohemicusan (2)
まず、最初にこの店の名物のブラバスを頼んでみました。

 

bohemicusan (3)
上に掛かる、ピリ辛のパブリカのソースですが、なんだかラー油に近い味がします。
ただ名物だけあって、なかなか美味しい。
評4.2/5.0

 

dorinnku1.jpg
bohemicusan (1)
この店のは演出に凝っていて、ワインリストが箱の中に入って出てきます。

 

bohemicusan (5)
今日は、スペインBIERZO産の赤19.50€にしました。
この店で出すワインの掛け値は市売り価格の1.5倍と、バルセロナでは非常に良心的。
ただし、今日のチョイスをハズシた様でイマイチの味でした。

 

amyuzu.jpg
bohemicusan (6)
瓶の中のヨーグルトはセップス茸入り
ちなみにスプーンには松の匂いが付けてあります。

 

bohemicusan (7)
シンプルな物ですが、まずまず

 

zensai_20111017045039.jpg
bohemicusan (10)
甘エビの様に見えますが普通サイズのエビ。
これは生で食べます、10年前のスペインなら考えられなかった事です。

 

bohemicusan (8)
「鮮度が良いよ」と説明を受けて

 

bohemicusan (13)
頭の殻を取ってみると海老ミソと言うのでしょうか、う~んこれは美味しい。

 

bohemicusan (9)
付け合わせの野菜ズッキーニ。
見た目も綺麗です

 

bohemicusan (12)
ですが、味が殆ど付いていなく、悪く言えばただの野菜の微塵切り

 

bohemicusan (11)
この料理、ジントニックのエスプマが付いてきます。
鮮度の良い海老は美味しく、またビジュアル的にレベルは高いのですが付け合わせがイマイチなのが残念。
評3.8/5.0

 

meinn.jpg
bohemicusan (14)
メインはビンナガマグロ。
付け合わせのトマトが可愛くて良いですね。

 

bohemicusan (15)
かなりのボリュームで肉厚。
火入れは表面を焼いて、中はほぼ生に近い状態。
私の感想としては、ここまで肉厚だと外側の焼き目と中の生の身とのバランスが良くない。
もう少しマグロを小さくするか、火入れに工夫しないと。
評3.7/5.0

 

bohemicusan (16)
メインの後にはチーズですが、なんだかデザートみたいです。

 

bohemicusan (17)
ミモレットのチーズだそうですが、これはイケます。
大変気に入りました。
4.4/5.0

 

deza-to.jpg
bohemicusan (18)
デザートはこんな瓶の中に入っていて

 

bohemicusan (19)
蓋を開けると

 

bohemicusan (20)
アイスとチョコ。
演出は面白いですが、味は普通かな。
評3.8/5.0

 

kafe.jpg
bohemicusan (21)
たまには、紅茶で〆 1.50€

デグスタシオン1900 :36€
ワイン1/2:11€
パン:2.95€

 

総額: 55.95€

souhyou1.jpg
以前とシステムが変わった様で、アラカルトメニューが無くなりました。

現在は全てコースで合計3種類。
一番高いのは、一品は少量ですが皿数が多いコースと、その次は前菜2品とメイン1品そして今日食べたのが一番安く前菜とメインとそれぞれ1品づつ選べるプリフィックスのコースです。

食べた感想としては、感動するような物はありませんでしたが、この値段でしたら食材、料理を含めて大体満足できるレベルにあると思います。

演出も面白いですし、お気に入りの店なので次回は肉をメインに再訪したいと思います。

味わい:3.8  食材:4.2 技術:3.9  個性:4.0

雰囲気:4.0  ボリューム:3.9  コスト:3.9  サービス:3.8

満足度:67点

地図


大きな地図で見る

Bohèmic 1

IMG_5648.jpg
地元バルセロナに住むスペイン人のグルメブログを幾つかウオッチしているのですが、その中によく出てくる話題の店です。
場所は旧「INOPIA」の近くで、何も無い冴えない地区。

 

IMG_5651.jpg
店の中は良くあるパターンですがバルを改造した小さなスペースでご覧の様。
ただ雰囲気はシックなかつシンプルな感じで悪くありません。

 

IMG_5663.jpg
パンとオリーブオイル。2.95€×2
オイルは地元の定番アルベッキナー種のオリーブです。
パンは3種類で、最近食べた中ではなかなか美味しいものでした。

 

IMG_5656.jpg
スペイン人達のブログの紹介記事には必ず出てくる、この店人気のパタタス・ブラバス。
とりあえず、これとビールを頼んで始める事に。4.25€

 

IMG_5658.jpg
串が付いてきて、これで刺して食べます。
アリオリソースは普通ですが、パプリカでしょうか赤いソースはこの店独特で初めて食べるタイプのブラバスです。
お味は、悪くはありませんがブログで大絶賛されてる程インパクトは思った程、私にはありませんでした。    評3.2/5

 

IMG_5657.jpg
ワインを注文しようとしたらこんな箱が出てきました・中にワインリストがあります。
これ以外にもこの店、色々な演出で楽しましてくれます。
ちなみにワインの値付けは私が思う標準、店頭価格の1.5倍より少し安くて1.3掛けぐらいで、ワイン好きの私には安く出してくれるのは嬉しいです。

 

IMG_5665.jpg
創作タパスを出すバルなのですが、一品アミューズも出てきます。
なんとスプーンに松の木の匂いが付けてありました。
秋の松林の中をキノコ狩りに行くとこんな匂いがするのでしょうね。
チーズの様にコクがあるヨーグルトをそのスプーンでぐるぐるかき回して食べます。
面白いし、味も悪くなく気に入りました。
評4/5

 

IMG_5668.jpg
タルタルです。12.10€
他のお客さんもみんな食べていたので、この店人気の一品の様です。

 

IMG_5673.jpg
味付けは、調味料も少なく薄め。
肉と言うよりなんだかマグロのタルタルの様な色と味わいでした。
パンも良くあるカリカリにトーストされた物ではなく、食パンを切ってこれ専用に焼いた物で他の店より工夫していて評価できます。
評3.6/5

 

IMG_5669.jpg
イカの詰め物。12.75€
お味はまあまあです。
評3.2/5

 

IMG_5680.jpg
フォアグラ(ミクイ)。13.75€
解りやすい味です。
それなりによろしいかと。    評3.3/5

 

IMG_5677.jpg
最近のバルセロナの定番メニューのマグロのタタキ。15.15€
下には茄子のピューレにチーズ、ソースにはコリアンダーが使われていたようです。
評3.3/5

 

IMG_5685.jpg
焼き加減はこんな感じ。
特に火入れが良いと言う事も無く、まあ平均的なレベルです。

 

IMG_5688.jpg
下のマチエゴチーズとマグロの組み合わせ
私的にはイマイチでした。

 

IMG_5693.jpg
デザートいつもの様に二人でシエアしました。 7€
この店のお勧めを聞いたらこれでした。
味は特筆する様な事は何も無くごく普通。
評3/5

 

■一言メモ■
料理は確かに悪くはありませんが、かと言って一つ一つはそれほどインパクトがあると言うものではありませんでした。
特筆すべきは料理を出す際に細かな演出があったりして楽しませてくれてその点は非常に満足感はありました。

メニューは英語とカタルーニャ語のみ。
料理程度のカタルーニャ語はある程度解るのですが、スペイン語メニューが無いのはやはり不便です。
マダムはパキパキして親切で良い感じで、聞けば教えてくれるので特に問題では無かったのですが、お金を払うのは客なのですから、まずはお客一番に考えるべきで、わざわざスペイン語のメニューを置かないと言う
つまらない、そしてみみっちいカタルーニャ民族主義は出してはならないはず。
それが出来ないなら、店の怠慢と思います

さて店の作り雰囲気に関しては・先に述べたように小さなバルを改装した程度のシンプルな物ですが、その分テーブルの数も多くなく、居合わせた他の客にもよりますけど、この日はまったりした良い雰囲気でした。

値段は、飲み物を抜いて食事だけで二人で70ユーロ弱。
ワインの値付けも安いですし、この料理でこの値段ならCPも合格と思います。

またもう一回来て、今回他に食べて無い料理を試してみたいと思います。

評価71点