バルセロナ ウォーカー 

提供:Office Hill お問い合わせ

Norai Raval 2

noraii (4)
バルセロナを代表するマイナー博物館でもある海洋博物館。
前回、この博物館に併設されているレストランが、割りと良かったのでまたやって来ました。

 

noraii (3)
だいぶ暖かくなって来たバルセロナ。
あと少しで、このテラス席での食事も可能な季節となりますね、気持ちよさそう。

 

noraii (18)
レストランの中、昔の王立造船所を利用した博物館なので凄い天井が高く

 

noraii (12)
また大きな全面窓からは、光が降り注ぎ開放感抜群。
ちなみに、私が日本からのお一人様の旅行者にどうかと密かに考えている↑このテーブル席。

 

noraii (13)
平日も近くで働くサラリーマンん&OLで混みますが、この日は週末だったので更に混んでいました。

 

noraii (5)

ランチは平日は10.50ーロですが、週末の土日は16€となります。
今日はその違いを、試して見ます。

 

noraii (7)
前回と同じで可愛いテーブルマット。

 

noraii (6)

前回は無かったお通しにこんなのが出て来ました。かぼちゃのスープです。

 

noraii (8)
パンは、まあ普通。 前回見かけなかったサービスのお姉さんですが、なんだか投げるように置いていきました。

 

noraii (9)

ランチはワンドリンク込み。白をグラスで1杯とりあえあず、ただしこれでは私には少なすぎるので、あとでもう一杯お代わりしました。

 

noraii (10)
私の前菜は、シーザーサラダ。

 

noraii (11)

この容器、どうでもいいですが食べにくい。

 

noraii (17)
ちなみに、こんな大きなパルメザンチーズ入り。

 

noraii (14)
相方の前菜は、ヒヨコ豆とタコの煮物。

 

noraii (15)
手前の黄色いのは、アリオリソース。

 

noraii (16)

タコはスプーンで切れるほど柔らかく、とろ~り。

 

noraii (19)
私のメインは魚。今日のお魚とメニューに書いてありましたが、またもやメルルーサ。
安い定食の魚はどうしても、こうなってしまいますよね。

 

noraii (20)

でも、平日より5€高いだけあってアサリが3個入っていました♪

 

noraii (21)

肉もあったのですが「いまいちピンと来ない」
と言う様な事をほざいていた相方は、イカのフリートにしました。

 

noraii (22)

濃厚なソース。 ところで、隣で食べていたアメリカ人のご夫婦はイカの足を残していましたが? アメリカ人って皆そうなの?それとも内陸の州に住む人なのでしょうか?

 

noraii (23)

私のデザート、クリームのタルトレットに季節の果物。

 

noraii (24)

これって季節の果物なわけ? なんて気もしましたが。。。

 

noraii (26)

相方は、前回隣のテーブルの人が食べていて気になっていたと言う、これ。

 

noraii (25)

蓋をあけると、ただのヨーグルトに蜂蜜ですが

 

noraii (1)
結構、濃厚な味でしたね

 

noraii (2)

 

2 人で食べて
総額:35.10€ (ワイン2杯のお代わり含む)

csouhyou.png

店の造りは元の王立造船所の建物をそのまま使っているだけあって、バルセロナでも他に例を見ない高い天井と広々とした空間。ただしその広すぎる空間ゆえに、本来私達がイメージするのレストランの雰囲気とは違い、少しばかり殺風景と言えなくもありません。
サービスに関しては、前回は全く問題ありませんでしたが、今回は若い女性スタッフが最低で印象が大きき変わりました。私達が店に着いた時から面倒くさそうな顔をするわ、パンの置き方も雑、ワインの注ぎはショボく、最後に精算したらカードとその控えを投げる(軽く)で、こんなの全く話になりません。ただ、男性スタッフは前回同様、皆きっちり仕事できてましたので、その子だけがダメだったわけですが。
ちなみに、これまで数百軒のレストランへ行っての感想でなのですが、女性より男性の方がサービスが良かったと思います、また一番良い印象が残っているは、オカマちゃん達。差別用語と取られるかも知れないですが、そうじゃなくて愛着を込めて、彼らはオシャレだし当たり前ですが物腰を柔らかく、サービスもしっかり出来ていて、男と女の良い所を取っていると言うと褒めすぎかもしれませんが、私の中では評価が圧倒的に高いのは間違いありません。。。
あれれ、話はなんだかそれてしまいました(笑

さて、料理について述べると。。
前回無かったお通し。カボチャのスープは、ただ水とカボチャの味しかしない汁で、こんなの出す意味が全くありません。前菜のシーザーサラダは容器が食べ難かった事を除けば合格点。もう一つのタコと豆の煮物は、付いていたアリオリソースは単純ですが目からウロコの組み合わせで、非常に美味しかった◎。メインのメルルーサは前回と同じ食材ですが、大きなあさりを3個奮発してくれたので合格(笑)。 イカのフリートは、少しイカが硬い様な気もしましたが量、ソース共にこのお値段のランチとしては合格。デザートは、いつもの様に特にコメントする事は無く平凡。

まとめると。。
バルセロナのどこもそうですが週末は割高で、ここも平日のランチより5.5€高いわけですが、その分食材にもそれが多少反映されていますし、16€と言う値段ならこの内容で問題無いと思います。今回はレベルの低い女の子によって点数は下がりましたが、他は全て満足できました。
たぶん大丈夫だとは思うのですが、あと一回平日のランチを確認するために食べに来て、それで問題なければお勧め店リストに加えます。次回も問題なくいって欲しいな~、と内心祈っています。

味わい:4.0 食材:4.0  技術:3.9 個性:3.7
雰囲気:4.2 ボリューム:4.0 コスト:4.2  サービス:1.3

満足度:70点

過去訪問記事

 <<< 前記事「Bilbao Berria」  【HOME】 Mauri」次記事 >>>