バルセロナ ウォーカー 

提供:Office Hill お問い合わせ

Quimet & Quimet 4

IMG_0615_20150303142600d3e.jpg
夕闇のバルセロナ、私のお勧めリストに入れている立ち飲みバルにやってきました。

 

IMG_0627_201503031426068f4.jpg
店の形態はいわゆるボデガ、酒屋に立ち飲みスペースそして簡単なつまみと言う店なのですが、この店が他のボデガとは一線を画していてその理由はこれ。

 

IMG_0626-001.jpg

つまみのレベルが非常に高いこと。
それは、缶詰等の殆ど調理を伴わない食材の組み合わせなのですが、独創的、そして美味しい。

 

IMG_0618.jpg
さて、前置きはこれぐらいにしてテーブルを見ると、こんなメニューが。
あれ? こんあメニューってあったっけ? それも英語でまで書いてある。。。

 

IMG_0619_20150303142603395.jpg

さて、とりあえず一杯のビール。
これは、トスターダと呼ばれる黒ビール。

 

IMG_0624.jpg
この店を代表するモンタディートはスモークサーモンにヨーグルト、蜂蜜、トリフオイルを使っています。

 

IMG_0621.jpg

そして、これも私のお気に入りのバカラオ(鱈)の肝を使ったモンタディート。

とここまで、食べたところで。。
何だかいたたまれず、店を出る事にしました。

 

総額:10€程(ビール2杯含む)

csouhyou.png
店の造りは今まで何度も記事を上げていますが、狭いながらも昔ながらの良い感じ。
サービスは立ち飲みなので、評価する事もないのですが常連の私にとっては心地良し。

料理については。。。
定番の二つのモンダディートは何度食べても美味しく、何年たっても色褪せない名品。

と言うわけで、ここまでの評価はほぼ満点なのですが、なんだかいたたまれず店を出ました。

さて、とうとう前回の訪問で危惧していたことが現実になったようです。
以前はアジア人と言えば、たまに日本人観光客を見かける程度だったのですが、急に中国人観光客が増えました。
今回はそれに、更に韓国人観光客も増えて店はアジア人だらけ(私も含む)。
元々、中国、韓国のガイドブックが日本の旅行ガイドブックのパクリ、コピー物だからもあるのでしょうが、この店が向こうで紹介されているようで、それを見た観光客が大挙押しかけています。
同じアジア人の私はOKで、彼らはどうしてダメなのかと言う方も、これを読まれている中にはおれるかもしれないのですが、サングリアやジュースを飲んで、全員が携帯で写真を撮りまくっているわけですが、ハッキリ言ってここはそう言う店ではありません。

ここは昔ながらの立ち飲み、定番物を1,2品つまみながらビール、ワインをちびちびやり、たまにカウンターの中のオーナQuimさんと雑談する、日本にもあるような、そんなローカルな店です。

今迄から観光客も多くは来てはいたのですが、私にはもう限界を超えてしまっている様に思えます。
オーナーさんもこの事態に正直困られています。

今回、非常に残念ですがこの店はお勧めから削除する事にしました。
お店が困られているところに、私が更にアジア人を増やす様なことはできません。
もうこれ以上、お店を傷つけたくありません。

ちなみに、もうバルセロナは限界に達していると思います。
増えすぎた観光客、幾らなんでもこの街が受け入れられる限界と言うものが自ずとあるわけで、歴史ある観光名所を新たに作ろうといっても当たり前ですが出来るはずも無く、結局はどこも大行列で住んでる地元住民の生活にも支障が出る始末。
以前はよく買い物に行っていたボケリア市場は、もう本来の市場として機能せず、観光市場と化してしまって買い物するのも、観光客が邪魔でどうにもならずもう無茶苦茶。

最後に私事ですが。。
先日、自ら招いた出入り禁止の件もあって、これからは特にキャパの小さい店をお勧めするときは、ほんとに細心の注意を払わないといけないと、感じています。

 

【こちらも合わせてお読み下さい】
ジュランダからのお願い

 <<< 前記事「CAFE DE L’OPERA  【HOME】  「Norai Raval 」次記事 >>>