バルセロナ ウォーカー 

提供:Office Hill お問い合わせ

CAFE DE L’OPERA

opera (4)
今までレストランとバルしかUPして来なかったのですが、これから時々カフェテリア訪問記事もUPしてみます。
あまり観光のポイントから遠い所を紹介しても意味が無いので街歩きの途中に寄れそうな所に限定して紹介してみます。
と言う訳で第一回目はLiceu劇場の目の前にある老舗、カフェ・デ・オペラ(Cafe de L’opera)

 

opera (5)

中へ入るこんな感じでレトロの雰囲気が漂っています。

 

opera (1) opera (2)

奥はこんな感じ。
大画面のテレビが置いてありましたが・・・、まさかサッカー中継を見るのでしょうか??

 

opera (3)
ちなみに、店の奥から入り口を見るとこんな感じになります。

 

opera (6)

さて、スペインと言えばチュロス? でしょうか(笑
ちょっとこの店のを試してみます。

 

opera (7)
店がオープンして20分程に入ったので、当然揚げたてのはず。

 

opera (8)
チョコレートも頼みました。

 

opera (9)
チュロスはまず、砂糖を付けて食べてみました。

 

opera (10)
その後はチョコレートを付けて、パクリ

 

opera (11)

残ったチョコを飲んで、これにて終わり。

 

opera (12) opera (13)

ちなみにチュロス以外にも、サンドイッチやバルメニューのタパス等もあります。

 

IMG_0771

チュロス4本で1.50€、チョコラーテ2.20€

 

一人で
総額:3.70€

csouhyou.png
店の造りはさすが老舗、レトロな内装と相まって雰囲気満点。
サービスは老舗らしくベテランが揃っていて、そつが無い。

さて、チュロスについても感想を述べると。。
揚げ物全てに言えるのですが、時間と共に劣化していくのは皆さんご存知の通り。
なので今日は開店時間に合わせて行ったのですが、正直揚げがイマイチ。
私的には、外はサックリ中は少しモッチリと言うのが美味しいチュロスの条件と思いますが、この店のはまず油切れが悪いのと、中のモッチリ感がほとんどありません。
正直、もしかしてこれって昨日の残り? と疑ってしまったほどです。
あとチョコレートですが、これはまあ普通。

まとめとして。。。
チュロス以外に食べていませんが、メニューにあったタパスの写真を見て大体想像は付くのですが、特にこの店でと言うような物はないと思います。
ただし、目の前のランブラス通りの喧騒がウソのように静かな店内は、歩き疲れた体を癒すには持って来い。
また、早朝から深夜まで営業しているので使い勝手も非常に良いです。
ちなみに、ランブラス通りはツーリスト料金の店が多いのですが値段はこれで適正価格。

 

お勧め度:★★★★★ カフェテリアとして
お勧め度:★★★☆☆ 食べ物

住所: La Rambla 74
URL: www.bcn.cat/monestir
営業時間: 8:30~26:30 無休

<<< 前記事「La Piazzenza 2 【HOME】  次記事「Quimet & Quimet 4 」 >>>