バルセロナ ウォーカー 

提供:Office Hill お問い合わせ

L’Angle

anglema (13)
1つ星レストランの「Gaig」がついに撤退しました。.
入れ替わって オープンしたこれも1星の「Angle」ですが、こんな事ってバルセロナで初めて。
「Gaig」の評判が、またこれで一段と落ちたような気がしますが大丈夫なんでしょかね?

anglema (28)
店の入口のウエイティングなんですけど、誰も・居ない

 

anglema (14)
2階がレストランになっていて。
私の好みとは、ちょっと違いますが窓が大きくて明るいのは良いですね。

 

anglema (1)
おしぼりなんて普通スペインでは出てこないんで、日本で買った携帯おしぼりをいつも
持っているのですが、日本の皆さんもスペインに来るときは。

 

anglema (8)
こんな出てきました。

 

anglema (2)
さてお通しの一つ目は生ハムにメロンと言う、スペインのランチにようある料理です。

 

anglema (3)
もちろん星付きなんで、こんな風にアレンンジしてあります。
上のハムと薄っぺらい透明の板をまず食べて、そのあとメロンのジュースを

 

anglema (4)
二つ目はこれ

 

anglema (5)
真ん中のオレンジのんがパン・コン・トマテらしいです。
手前と横にあるのが、ブテイファラネグラ。

 

anglema (15)
これも可愛い

 

anglema (6)
飲み物は夏なので白ですね

 

anglema (7)
この店、☆付きにしてはリーズナブルなのをそろえています。

 

anglema (16)
プリオラッっト

 

anglema (9)
ここバルセロナのレストランでは珍しい
いつもオリーブオイルばっかりも飽きますよね。

 

anglema (17)
パンは3種類あって私はシリアル入りにしました。
お通しからワイン、パンまでここまでの感想を言うと良い感じ

 

anglema (18)
Ensalada de ceviche con hamachi,manzanas,tomates,brotes,
hojas y sorbete de cilantro.  24€
最近バルセロナで流行りのセビッチェ

 

anglema (19)
えらい野菜たつぷりで何だか分からないですね、これ見ただけでは。

 

anglema (20)
上の葉っぱをどけて中を出してみるとこんな感じ。
ソースは殆ど無いんですけど、結構しっかり味ついてますこのセビッチエ。

 

anglema (21)
Pintada asada con foie gras,manzanas,pasas y Pedro Ximenes.  30€
メインはホロホロ鳥にしました。

 

anglema (22)
骨を取って肉だけをまとめてます。

 

anglema (23)
さすが☆付き、仕事が細かい。

 

anglema (24)
口直しのデザートは、もうちょっと酸っぱいもん予想していたのですが、クリームがまったり

 

anglema (25)
でも、見た目も良いし味も悪くない

 

anglema (26)
Brioche asado,infusionado con lacteos y especias,
servido con helado de vainilla de Tahiti.  10€
ブリオッシュのアサード(焼いた)のに惹かれて頼みました。

 

anglema (27)
そのアサード。
予想通り、表面がパリット焼けててイイ感じ。

 

2人で食べましたが1人分だと

総額:85€ (ドリンク含む)

souhyou2.png
サービスですけど客は私たちしかいなかったんで何ともいえません。
たった二人で食べてるのを4人のスタッフに見られるのは結構きついですよ。
ワイン飲んでアルコールが回ってほろ酔いなるまで針のむしろとはこの事。

料理はアミューズがなかなかイイですね。
前菜のセビッチエも、まあまあ悪くないと思います。
メインの鳥は骨も無くて食べやすいけど、肉が加工し過ぎて素材の良さがイマイチわからない。
デザートのブリオッシュの焼いたんは気に入りました。

まあ全体としては1つ☆として問題無しの合格点と思います。

本店の「Abac」に比べると、大分シンプルな気もしますが値段もわりとリーズナブル。
ワインも、あんまり高く無いしで気を張らないで使える点はお勧めかも。
でも、次回は4人に終始ウオッチングされるのは勘弁して欲しいですね
気楽にたべさせてねスタッフの皆さん、疲れますからほんと。

味わい:4.1  食材:4.0  技術:4.2  個性:4.2
雰囲気:3.9  ボリューム:4.0  コスト:4.0  サービス:3.8

満足度:69点

tizu2.png

大きな地図で見る

L’Angle

mchefgg.jpg
先日までスペインで放送されていた「マスターシエフ」。
本家はイギリスBBCで始まった料理人バトル番組ですが、ここスペインでも放送されました。
そのスペイン版に出ていたシエフの一人(左)が地元イケメンJordi Cruzシエフ。

angleyy (3)
「Abac」「Ten’s」に続き、その彼のバルセロナ3号店が出来たと聞きやって来たのがここ。
以前は一つ星レストラン「Gaig」が入っていたのですが、長年の閑古鳥の末に先頃ついにこのクラムホテルから撤退、そこへ今最も話題の料理人であるJordi Cruzシエフが招かられての再出発です。
ちなみに、以前バルセロナから車で1時間程の郊外Sant Fruitos de BagesにあったJordi Cruzシエフのキャリアのスタートにもなった彼の一つ星レストラン「L’Angle」が、こちちらに引っ越した形になっています

 

angleyy (4)
店の中へ入ると、まず目に付くのが「Gaig」時代から誰も利用する人のいなかった
ウェイティングルームは相変わらず 全く機能していない・・。

 

angleyy (8)
2階にあがるとTV番組に出演と共に、スペインでも最も知名度の高い
料理人の一人になった彼のレストランなので混んでいるのかと思いきや私達が一番乗り。

 

angleyy (5)
さて、気が利いています。
おしぼりがスペインには珍しく出てきました。

 

angleyy (6)
アミューズの一つ目は
JamonとCocaとメロンの冷たいスープ。
これは、メロンの上にハムを載せる定番料理のいわゆる創作版。

 

angleyy (7)
Jamonの塩加減とメロンの甘さのバランスが良い感じです。

 

angleyy (12)
プリオラット産の白 26.50€  ブドウは地元の定番シャレロにガルナッチャ ブランカ。
この値段にしては、わりと美味しく飲めました。

 

angleyy (9)
アミューズ2.
ButifarraとPan con Tomate
血入りソーセージとパン・コン・トマテ

 

angleyy (10)
これも見ての通りの創作。
パンくずの上にトマトのアイスでパン・コン・トマテ。
ブテイファラはエルブジ風に透明なカプセルに入っています。
夏らしい1品、アミューズとしてどちらも悪くない入り。
これからの料理に期待が膨らみます。

 

angleyy (14)
パンは3種類。
普通のパン、シリアル入りのバゲット、オリーブ入のバゲットは目の前で焼きたてを切ってくれました。

 

angleyy (15)
オリーブオイルとバター。

 

angleyy (16)
スペインではレストランでは滅多にバターは出てきません。
なので久しぶりに食べましが、これはこれで美味しい。

 

angleyy (18)
Vieiras con apio-nabo,naranja y macarrones de soja con ponzu.  32€
前菜に選んだのはホタテ。

 

angleyy (19)
ホタテは大きめで肉厚。
マッシュポテトはセロリの味、この組み合わせは初めてです。
下には、もやしが敷いてあって醤油の味がします。

 

angleyy (20)
ポン酢の味がするマカロニ
この透明のマカロニは大豆で出来ているのでしょうか?

 

angleyy (22)
Ternera en tres cocciones con consome de trompetas,
pequenas verduritas y hierbas fresca.  29€
仔牛肉を3種類の調理で頂きます。
出てきた料理に目の前でコンソメが注がれました。

 

angleyy (23)
食べて見ると3種類の調理法なのですが煮込んだ肉、ひき肉を使ったものそして・・
あとは何か分からず  (笑

 

angleyy (24)
プレポストレ( 口直しのデザート)はピンク色で可愛い。

 

angleyy (25)
手前のホワイトチョコレートのムースが美味しかったです。

 

angleyy (26)
Sopa fresca de melon con lima y kefir  10€
デザートはこれを頼みました。
夏らしくて涼しそう。

 

angleyy (27)
メロンスープとヨーグルトのアイスはあっさりスッキリ。

 

angleyy (28)
コルタードで〆  2.25€

 

angleyy (29)
プチフールは昔からの「Abac」の定番。
リップスティックに見立てたシャーベット

 

angleyy (30)
トリュフチョコ と

 

angleyy (31)
乾き物で終わり

 

angleyy (1)

2人で食べて

 

総額:173.25€(ワイン白1本、水1本、カフェ1杯含む)

csouhyou.png
今日の客は私達2人のみ。
開店早々ということもありますが、さすがのJordi Cruzシエフをもってしても、この不景気の時代の集客は簡単ではないというところでしょうか?
二人に対してオーダーを取る女性が1人、サービスが2人、ソムリエが1人の合計4人。
テーブルウオッチングは完璧なのは当たり前ですが、これではさすがにサービスについては評価できません。

現在、星無しですが1つ星レストランが引っ越して来たので自動的に来年は1つ星になると思いますが料理は、どれも見た目の綺麗さもそうですが美味しくそのレベルには十分あると思います。
また定番の料理(パン・コン・トマテやメロンの生ハム乗せ)も上手くアレンジして彼らしさを表現していました。

さてこの店ですが既に2つ星の「Abac」がバルセロナ市内にあるのでそのセカンドと言う位置付けになるのかも知れません。

味わい:4.0  食材:4.2  技術:4.3  個性:4.3
雰囲気:3.8  ボリューム:4.0  コスト:4.3  サービス:4.0

満足度:72点

tizudai.png

大きな地図で見る