バルセロナ ウォーカー 

提供:Office Hill お問い合わせ

El Xampanyet 2

 

Xannmna (3)
日本のガイドブックにも広く紹介されているボデガ(立ち飲み系居酒屋)です。

Xannmna (2)
私は、ここの常連でオーナーのファン・カルロスとは長年の付き合い。
ところで今年の前半は、病気で松葉杖を付いていましたが・・

 

Xannmna (5)
やっと、元気になりました。

 

Xannmna (4)
カウンターの中のこのおじさんも顔見知り、もうかれこれ10年以上働いていますが
てっきりファン・カルロスの親戚かと思っていたら、違うんだそうです。

 

xaymapnyyyee (1)
さて、この店の名物ドリンクの自家製シャンパン。
ただ自家製と言っても、バルセロナから一時間の郊外のジローナで特注で
作ってもらっています。

 

xaymapnyyyee (2)
さて、このアンチョビは呑兵衛には、たまりません。
この店に来て、これを食べなかったら何しに来たか分からない。

 

xaymapnyyyee (4)
大体いつも、この店2軒目立ち寄る事が多いので軽く飲んで軽くつまむだけなのですが
今日は色々と食べてみる事にしました。
まずは、生ハム。

 

xaymapnyyyee (3)
ハムの味は悪くないのですが、このパン・コン・トマテ。
パンが水道水、あのカルキの味がします! これは不味い・・ どうして?

 

xaymapnyyyee (5)
以前は作り置きと、ハムやチーズ、ソーセージ、缶詰類だけだったのですが
最近キッチンを広くして、タパスを出すようになりました。
と言う訳でトルテイヤーを試してみます

 

xaymapnyyyee (6)
注文してから焼いてくれるので、卵も中身もふんわりしていますが
味は、特にどうって言う事無く普通。

 

xaymapnyyyee (7)
ジャガイモの上にチーズと焼き野菜にチョリソ。
これも普通。

 

xaymapnyyyee (8)
チストーラ。
まあ見ての通り、こんなの私でも作れますね(笑

 

xaymapnyyyee (9)
季節のキノコのロベヨン。
オリーブオイルにニンニクとパセリ、全く芸が無いな~

 

xaymapnyyyee (10)
チーズの盛り合わせ。

 

xaymapnyyyee (11)
巨大な白アスパラ。
モンセラットの山をイメージしますね。

 

xaymapnyyyee (12)
白を1本。
近年流行りのRueda産の白。 葡萄は、もちろんベルデッホ

 

xaymapnyyyee (13)
ヒヨコ豆とタラ。
レベル的には家庭料理の域です。

 

xaymapnyyyee (14)
エビは、一言で言うと焼いただけ。

 

5人で食べて 一人
30€程 (CAVA1本、シャンパニ1本、赤2、白1本含む)

csouhyou.png
10年以上前から月に一度ぐらいの頻度で通っている店です。
客の大半は観光客ですが、満員電車にいる様なニギニギした店内は
雰囲気が良く楽しめるので、このブログでもお勧め店に入れています。

さて、最近キッチンを広くして店で調理した温かい物を出すようになりました。
今日はそれを全部食べてみてチエックしたのですが、感想として料理はイマイチ。
はっきり言って中途半端なタパスで、全く魅力を感じません。

オーナーで友人でもあるファン・カルロス。
彼なりの考えで料理を出すようになったとは思いますが、以前のままで良かったのでは?
もちろん中にはボデガの意味が分からないで来る観光客も多いとは思いますが、
今回の様な中途半端な料理を出すなら、今まで通りのアンチョビ、ドライトマト
缶詰物で十分、またそれがボデガと言うものですから。

これまで来たその道を、迷う事無くこれからも進めば良いと思います。
ただ、あえて私から注文を付けると・・
トイレのドアの鍵をちゃんとした物にして欲しいのと、この繁盛店にトイレが
一つしか無いと言うのは無理があるので、その増設をして欲しいですね。

満足度:★★★★★ (店)
★★★☆☆(最近出すようになった料理)

tizudai.png

大きな地図で見る

El Xampanyet 1

ss-123-ElXampanye.jpg
ピカソ美術館の近く同じ通りにあるバルです日本以外にもどこの国の ガイドブックにも載っている超有名店です。
店は昔ながらの雰囲気でオーナ家族が毎日元気に働いて その人柄を感じさせる店で私も常連です。

 

ss-123IMG_0388.jpg
夜行くといつもこんな感じです・・・。
ハッキリ言ってカオス状態で・・・お客は、地元少しと外人旅行者が大勢。
テーブル席もありますが・・その倍以上の立ちのみがいるのでいつも 押し競饅頭状態・・・。

 

ss-123IMG_0379.jpg
この日は、場所が無いのでトイレに向かう通路の横で飲みはじめて・・
場所が空いたので今は使っていないタバコの自販機の上(テーブル)に移動 (笑

 

ss-123IMG_0381.jpg
ここの店特製の乾燥トマト。
今までの、乾燥トマトの概念を打ち破る一品。
リオハの農家から直接仕入れてるそうです。

 

ss-123IMG_0383.jpg
アンチョア。
塩辛い中にも味が・・。
日本の塩辛みたいなものです、酒飲みにぴったりの一品。
他に缶詰物と生ハムとトルテイーヤそれぞれパンに乗っかった ピンチョがあります。

 

ss-123IMG_0390.jpg
ここ特製の店の名前にもなっている自家製(ジローナで作っているそうです)
シャンパン。
少し甘くて飲みやすいです。

 

■一言メモ■
居酒屋、バルは料理ももちろんですが特に立ち飲みバルは 自分との相性が一番重要だと思います。
私は、この店が好きですが・・・、まあ全然良さを感じない人も いると思いますのでその辺りは自分で判断をしてもらうとして
その判断材料を少し・・・。

◎ 立ち飲み大好き、なんだか異様に活気のある所が好き、食べ物より 飲んで話してハイになると言う人にお勧めです。

× ちゃんとした食事をしたい、ゆっくり座りたい、うるさいのが苦手 と言う人はやめておいたほうが無難です。

以上の条件に該当して行く人も、夜は超カオス状態なので お昼のほうが少しまったりしていて昔ながらの居酒屋の雰囲気が 楽しめるかもしれません。
あと、夜に背の低い人は埋もれてしまう可能性も結構あります 周りに190cm以上のドイツ人なんかが数人で飲んでいると、日本人の 女の子ならカウンターにたどり着けないかも(笑
オーナー親子、息子(50ぐらい)おじいさんに、おばあさん(若く見える) 皆んな感じのいい人です相性があうと気に入ると思います。

評価 79点