バルセロナ ウォーカー 

提供:Office Hill お問い合わせ

Taverna El Glop 4

battiike (1)
日本のガイドブックにも紹介されている、老舗のブラセリア(炭焼き料理)。

 

battiike (2)
店は昔から変わらず田舎風。
ただ椅子がプラスチックと言うのが、なんだかな~ (笑

 

battiike (3)
ブラセリアと言うのはどこも、こんな焼き台があってそこで肉も野菜もパンまで全部一緒に焼いてしまう豪快調理。

 

battiike (4)
さて、今日はネギ焼き定食(カルソターダ)を食べに来ました。 お値段は全部入って26€。

 

battiike (5)
まず飲み物。
樽出しのワインがポロンと言われる瓶に入って一つと水が1本付いて来ます。

 

battiike (6)
ネギに付けるロメスコソース。

 

battiike (7)
あの焼き台で豪快に焼いたパン。

 

battiike (8)
ネギ、これで4人分です。

 

battiike (9)
食べた残骸

 

battiike (10)
そしてドロドロのテーブル (笑

 

battiike (11)
ネギは前菜で、これかがメイン。

 

battiike (12)
肉、豆、ソーセージといつもの取り合わせ。

 

battiike (13)
〆はこれまたいつもの、クレマカタラナ。

 

battiike (14)
カフェと、写真を撮り忘れましたがCAVAも一杯付いて来ます。

 

battiike (15)
明瞭会計。

一人
26€ポッキリ

csouhyou.png
店の造りは田舎の農家をイメージした物で、最近オシャレな店だらけになったバルセロナではある意味貴重。
ただ椅子がちゃちなプラスチックだったりするのですが、それは庶民の店なのでご愛嬌とします。
サービスはベテランもいて結構こなれていて、それに関しては全く問題無し。

さて、料理について簡単に述べると・・
市内で食べるならこんな物かと言うところですが、今日は店に着いた時には既にネギが焼きあがっていてそれを焼き台の脇に置いて温めていたせいか、なんだか中が異様に熱くて不自然なカルソッツでした。
ロメスコソースは固さ(粘り)味共に合格点の範囲。
メインの肉は少し少ない様な気もしますが、日本人には適量でこれより少しでも多いとハッキリ言って食べきれません。
ただ付き合わせの豆が水っぽかったのがそれがイマイチでした。
最後のデザートのクレマカタラナは、まあこう言う店ですから庶民の味と言う事でこれで良しとしましょう。

まとめると。。。
バルセロナ市内で季節の名物であるネギ定食(カルソターダ)簡単に食べられる店として私のお勧め店。
もちろん在住者の中には私に異論がある方もおられるかと思います。
ネギの焼き方一つとっても、本場の様にブドウの剪定枝を使った薪で豪快に焼き上げる訳でも無く、ソース、メインの料理と全て完璧とはとても言えないのですが26€でワイン、水、CAVA、カフェまで付いてサービスも、マトモ。
お昼は観光に時間を取られる日本からの旅行者に、夜にカルソッツを市内で手軽に食べれるところが他にもあればそれに越したことが無いのですが、それが無いのならこれで文句は言えないかと思いますがどうでしょう。

現在卒業旅行シーズンですが、学生のみなさんも旅の思い出にぜひ試してみて下さい。

味わい:3.7 食材:3.8  技術:3.8 個性:3.9
雰囲気:4.1 ボリューム:4.2 コスト:5.0  サービス:4.2

満足度:71点

 <<< 前記事「La Mar Salada 2」  「TOP」  次記事「Can Culleretes」 >>>

El Glop 3

elgoptave (7)
「カルソッツ・トライアル」は続きます。
今日はグラシア地区にある、このレストランにやってきました。

tavglopp (7)
店内は昔ながら造り。
ブラセリア(炭焼きレストラン)でよく見かけるパターン。

 

tavglopp (8)
店の奥が焼き場になっています。

 

tavglopp (3)
さてネギは今が旬の真っただ中。
11月の終わり頃から始まるカルソッツですが、初期はどうしてもサイズが小さいのですが
年を明け1月後半辺りから、この様に太って食べ頃になってきます。

 

tavglopp (2)
本場のタラゴナVallesでよく見かける古い農家を利用したレストランでは
葡萄の剪定の後に出た柴を使って豪快に焼きあげますが、
さすがにバルセロナ市内では、そんな事は出来ないのでガス台を使います。

 

tavglopp (4)
「カルソターダー」のお決まりのエプロンと手袋。
手袋が出ない店も多いのですが、炭が爪の間に入ると
洗っても取りにくいので、やはりあった方が良いかと思います。

 

tavglopp (5)
最初に出て来た定番のポロンに入った樽出しハウスワイン、それと水。
これ以外にメインの肉の時のCAVAが、セットメニューの値段に入っています。

 

tavglopp (9)
パン・コン・トマテはブラセリアらしく田舎風パン。
これは冷えると不味く、そして水っぽくなるので出てきたら早めに食べた方がいいですね。

 

tavglopp (6)
カルソッツの一番重要な要素の一つであるソース。
さてこの店の味はと言うと・・
平凡と言えばそうなのですが、粘り硬さも適当で一応合格点か。

 

tavglopp (10)
ネギが登場!
皮を剥いて油を掛けて焼いたり、と言う様な邪道では無く本物。

 

tavglopp (11)
ただ、全体的に少し焼きがあまい様な気がしました。

 

tavglopp (12)
食べた残骸。
カルソッツを何度も食べた事のある在住者の方ならお分かりと思うのですが
本来ネギはもっと焦げているのが普通。

 

tavglopp (1)
さてメインの肉はこんな感じ。
私的には、あとこれに付け合わせに好物のアーテイチョークが欲しいのですが・・

 

elgoptave (6)
デザートは定番のクレマカタラナ

 

elgrop (2)
最後はコルタードで〆

 

総額:26ユーロ

csouhyou.png
サービスは同カテゴリーのレストランの中では平均点で特に問題無し。
ちなみに、この店の他に2軒姉妹店があるのですが、
その中でも本店に当たるここ「Taverna El Glop」 が一番雰囲気があるかと思います。

さて料理(カルソターダ)に付いて今日もざっと述べますと・・・

まず焼き加減は火の通りがあまく、ネギの中には噛み切りにくいものもありました。
良く焼くとカサが減ってしまい原価率が上がる=利益が減る?
と、店が考えているのかも知れませんが、もう少ししっかり焼かないとダメです。
ただネギの太さに関しては全く問題無く、良く太っていて ◎
ソースの味に関しては他店に比べて特筆する物は無いのですが、
硬さ粘り共にネギに絡めやすく、その点は悪くない。
メインの肉とソーセージは及第点で、まあこんな物でしょう。
欲を言えば付け合わせが豆だけでは寂しく、アーテイチヨークもしくはポテトが
欲しいところですが、この26ユーロの値段でそこまで望むのは酷。
〆のデザートのクレマカタラナは、いたって普通で無いよりマシ程度。

最後に・・
ネギの焼きが少し足りないのが難点ですが、それを除けば料理と値段のバランス、
雰囲気共に悪く無く、店も旅行者の扱いに慣れていて日本人にも使い易く
まあ少々安直な気はしますが、市内で食べる中ではお勧め店の一つ・・
と言う事にしておきます。。

味わい:3.9 食材:3.9  技術:3.8 個性:3.5 8
雰囲気:4.0 ボリューム:4.0 コスト:4.5  サービス:3.9

満足度:68点

tizudai.png

Taverna El Glop 2

elgoptave (7)
バルセロナで3軒展開するブラセリア(炭焼き)レストランです。
今日は本店とも言える「Taverna EL Glop」にやって来ました。

elgoptave (8)
入り口。

 

elgoptave (9)
店内は昔ながらの雰囲気。
100人くらいは座れそうです。

 

arcooo.jpg

さて今日のお目当てはこれ↑
地元カタルーニャの冬の名物のカルソターダ(ネギ焼き)。
飲み物のワイン、CAVA1杯、水、コーヒも含まれて26€。

 

elgoptave (1)
まずはパン・コン・トマテ。
ブラセリアで良く見かけるタイプで、しっかり網の焦げ目が入っています。

 

elgoptave (2)
ワインは、いわゆる樽出し。
安ワインですが、まあ飲めなくはない。

 

elgoptave (3)
カルソッツのソース。
これは店に寄って味が大きく違います。

 

elgoptave (4)
さて、ネギが登場!
これで2人前 。
見た目は焼きが少しあまい様に感じましたが、芯までちゃんと火が通っていていました。

 

elgoptave (5)
ネギをたらふく食べた後はカルソターダのお決まり ↑
羊肉とソーセジそして白豆の盛り合わせ。
肉とブテファラネグラ(血入りソーセージ)は美味しかったのですが豆の味付けは今ひとつ。

 

elgoptave (6)
最後は、これもお決まりのデザート、クレマカタラナ。
殆どハズレの無い定番デザートですが、味はともかく中が冷たくてその点が残念。

ネギを二人で一皿(10.50)追加したので

 

総額:30.50€

csouhyou.png
毎年この季節になるとバルセロナ在住者の中で話題になるカルソターダ。
本場はバルセロナから電車で一時間のタラゴナ市郊外になるのですが、車がないと行きにくい場所にあり運転者は当然アルコールを飲めない事になります。
そこでバルセロナ市内で気軽に食べられる所はどこ?となるのですが、それを探すのは結構難しい。

前置きが長くなりましたが
ネギの焼き加減は見た目に反してちゃんと中まで火が通っていて合格。
欲を言えばネギを焼いた後に新聞で包んで少し蒸らした方が良いでしょう。
ネギの量がこのセットメニューだけでは少ないかと心配して最初に、二人でネギを一皿追加 したのですが予想より量が多過ぎて食べ切るのに苦労しました。

またネギの後に食べたメインとも言える皿は豆の味付けにコクが無く、その点が今ひとつでしたが羊肉、ソーセージともに美味しく頂け全体として悪くありません。

あと一番このカルソターダに重要なロメスコソース。
コクが足りない代わりに酸味が強く味にあと一工夫と言うところ。

ただ味は本場には及ばないにしても、車で往復3時間かける労力を考えれば地下鉄で十数分、26€でこれだけ食べて飲めれば悪くないと言うところで

おすすめ度
★★★★☆

最後に、冬に食べるクレマカタラーナは中も温かい方が私は好きなのですが
皆さんはどうですか?


tizudai.png

大きな地図で見る

El Glop 1

elgrop (4)
今日は地元カタルーニャ州の冬の名物、カルソッツ。
本場はバルセロナから100キロのタラゴナの郊外なのですが、もちろんバルセロナにもあります。
ただしネット上でよく紹介されているレストランの殆どが、やはりバルセロナと言っても郊外。
自分の足、車があれば問題ないのですが、そうでない方は行き辛いですし車で行けば お酒が飲めない等、使い勝手が良くありません。そこで今日は、市内でも簡単にカルソッツを食べれるところはないかと言うことで試しにきました。 

elgrop (3)
お店は入り口はバルになっていて、階段で地下に降りるとレストランになっています。
テーブルの向こうで既にカルソッツを食べている人を発見。
白いエプロンを掛けている人がそうです。

 

elgrop (5)
カルソッツは普通コースになっていてメニューには「calçotada」と書かれています。
この店は26ユーロで飲み物、コーヒーまで全部含みます。

ハウスワインは、よくあるグレープジュースの様な安ワインですが、少し甘くて冷やしてありこの手の料理には案外こんなものがあいます。

 

elgrop (9)
パン・コン・トマテ。
水っぽくて、これは全く美味しくなかった。

 

elgrop (6)
ガソリンスタンドで給油の際に良く置いてある、使い捨ての手袋と日本の焼肉屋で使うエプロンが出てきました。

 

elgrop (10)
生手でやると爪の間まで墨だらけになります。

 

elgrop (8)
今日は、会社の同僚と二人で。
これで2人前、タラゴナの本場で食べるのに比べるとネギが綺麗に焼けています。

 

elgrop (7)
ロメスコソース。
カルソッツは例外なくこのソースで食べますが、店によって味は千差万別。
この店ソースは、酸味が強くコクがいま一つ足りません。

 

elgrop (11)
食べた残骸です。
量的にはもう少し食べたかったのですが、この後にメインの肉が出るのでこんなものでしょうか。

 

elgrop (12)
カルソターダはネギの後に、必ずこれ(羊肉、ソーセージ、血入りソーセージ・・)と、この白い豆が続きます。
今日食べたものは、肉、ソーセージ共に合格点ですが豆が水っぽくてそれがイマイチ。

 

elgrop (1)
ハウスワインの赤以外にもCAVAがグラス1杯付いてきます。

 

elgrop (13)
アリオリソースを肉に付けると、更に美味しく頂けます、

 

elgrop (14)
これもカルソターダのお決まり。
デザートのクレマ・カタラン。
今日のこれは、クリームの中にダマ(塊)があってイマイチ。

 

elgrop (2)
最後は、コルタードで〆

総額:26€(飲み物全て含む)

 

souhyou1.jpg
日本から旅行で来られる方に、郊外の不便な立地にあるレストランを紹介してもしょうが無いので 市内で簡単に食べれるカルソッツを探しに来ました。

食べた感想としては、カルソッツ(ネギ)は、サイズまた焼き加減共に悪くありません。
もう少し量が欲しいかと思いましたが、メインの肉そしてデザートまで食べたらお腹一杯となったので これで適量と言えばそうかとも思います。

あと私の経験では、カルソッツで一番重要なのは「ソース」これに尽きると思います。
各店それぞれ、同じロメスコソースでも千差万別でそれの当たりハズレで印象は大きく変わりますが、この店のソースは合格点にはあと一歩でした。

値段は26€で、ワイン、CAVA、メインの肉も悪く無いですし、デザートはイマイチでしたがコーヒーまで全部付いてこの値段なら適正価格です。

お勧め度:★★★☆☆ (5段階の3.7星ぐらいです)

今シーズン中に私なりに市内で、カルソッツを簡単に食べれるお勧め店をもう少し探してみます。

地図

大きな地図で見る