バルセロナ ウォーカー 

提供:Office Hill お問い合わせ

Bar Tomas 3

 

tomaaba (1)
バルセロナにある有名カリスマバルの一軒に日本から来た友人達とやって来ました。

tomaaba (8)
店の中はこんな感じで下町感が漂っています。

 

tomaaba (4)
メニューと言っても数は少なく、黒板の下半分は飲み物。
食べ物もオリーブ等ボデガ(立飲み)系のつまみがそのほとんど。

 

tomaaba (5)
揚げ物が並ぶカウンターはハッキリ言って寂しい限り。

 

tomaaba (7)
さてカウンターの中では豪快にポテトを揚げています。
バルとしては正直イマイチなこの店を有名カリスマバルにしているのは、何を隠そうこれ!

 

tomaaba (2)
この店の自慢、伝説のパタタスブラバス。 2.45€

 

tomaaba (3)
油ギチャギチャポテト、その上に秘伝のアリオリソースとピカンテ(辛いソース)。

 

tomaaba (6)
なんと、この店のポスターが4ユーロで売られています!(笑

 

この日4人でブラバスを軽く2皿食べて
総額:10ユーロちょっと  (ビール4杯含む)

csouhyou.png
サービスはこの手の場末バルとしては非常に活気があって◎。
店の作り、最近のモダン、オシャレなだけで味っけないどこも同じ様なバルばかりの
バルセロナにあって、繁盛店にも関わらずよく昔の雰囲気を残していてそれも◎。

料理ついて・
と言っても、この店で語る語れる物はパタタス・ブラバスしかないわけですが
それについて述べると・・
まずポテトの揚げは普通、他の場末のバルで食べるのと何ら変わりありません。
特筆すべき、またそれがこの店のブラバスをバルセロナで一番と
巷で言わしめている理由になっているんですが、アリオリソースは絶妙
但し、旧市街のバル「El Tropezón 」のアリオリもこんな感じですし、これと同じ様な
ソースは何度も今まで食べいるので、特に奥が深いと言う様な物ではありません。
今日はブラバスだけですが、他のツマミも何度か以前に試しました。
そのどれもが普通、料理のバラエティーの少なさも踏まえて冷静に良く考えると・・・
この店のファンには怒らるかもしれませんが、特に何という店でもない

と言うのが私の評価、また感想としては・・
雰囲気、活気、手ごろな値段、ツボを突いたソースに既に世間に広く知られた知名度
それらが絶妙偶然相まって、カリスマバルとなっているものと思えます。

お勧め度:★★★★★ (近所に住まれている方なら)
お勧め度:★★★☆☆ (そうでない方なら

tizudai.png

Bar Tomas 2

IMG_6143-2334.jpg
以前、訪問した「パタタス・ブラバス」が有名なカリスマバルです。

このお店の名物。
今日は揚げたてです!

 

IMG_6145-1.jpg
カウンターに並んでいるタパスの定番物。

 

IMG_6144-1.jpg
まあ、どこにでもある普通の物ですね。

■一言メモ■
前回は、夕方の客のいない時間に来て食べて辛口の記事を書きました。
悪い条件で食べて店の評価をするのも公平性に欠けると思いましたので土曜の夜の店が回転している時間を選んで改めて確認の為の再訪です。

さて、どうだったかと言うと・・・
基本的には前回書いた記事で間違い無かったと思います。
結局はアリオリソースで食べるジャンクフード
辛いソースはこの店のオリジナルとも言えますがでは、アリオリソースはと言うと、どこにでもあるソース。

私の結論としては、ここの名物料理は日本で言えば、日本のたこ焼きと同じレベルの食べ物、もしくはそれ以下
正直、ポテト自体が特別とか、揚げ加減が絶品などとはとても思えないです。
あと、カウンターに並ぶ他のタパスに至っては「なんなのこれ?」っと言うレベル。

ただ、今日ここの名物のパタタス・ブラバスにワインをグラス2杯飲んで
合計4.85ユーロでした。
値段に関しては、とても良心的です。

最後に・・・
ジャンクフード好きなら確かにお勧めできますがわざわざ、これだけを食べにここまで来る理由は私には見当たりません。

でも、もし近所にこの店があると言うのであれば、スーパーでの買い物の帰りに寄ってサクッと食べるのには悪くないですね。
記事の中では文句を付けていますが、ほんとに近所なら通っているでしょう。

あれ?それって、たこ焼きじゃん!(笑

満足度  64点

Bar Tomas 1

s-78IMG_1824.jpg
「パタタス・ブラバス」という、スペイン人がバルで必ずというほど注文する定番タパがあります。
この店のそれは、バルセロナで一番美味いと評判で行ってみました。
ちなみに、嘘かホントかファンカルロス国王も食べに来た事があるそうです。

 

s-78IMG_1836.jpg
お店は、昔ながらの雰囲気でお店のウエイター達も最近よくある黒シャツを着たモダンですが味の無いバルの様な事も無く昔ながらと言う感じ。
ただ、少し店が蛍光灯で明るすぎるような気はしましたが・。

 

s-78IMG_1828.jpg
さて、これが超有名なパタタス・ブラバスです。
もちろん、ビールも一緒に頼んでみました。
美味しそう!

 

s-78IMG_1832.jpg
さて、お味はというと・・・
まず、気になったのは生暖かい・・・
その場で揚げて出すという話でしたが、既に揚げてしばらくたったものでした。
食感はもっとサクッと言う感じを期待していたのですが・・。
ひどくはないですが油がべたっという感じです。
さて、ソースはアリオリと辛いソースが別々にかけられていました。
普通は一緒になっているのですが、そういう意味では新鮮でしたが味はアリオリそのもの、もう少しニンニクだけでないロメスコ系の日本の味噌のようなコクのあるソースと勝手に想像していたので、ちょっと想定外。

 

s-78IMG_1833.jpg
あと、周りのスペイン人の常連さん達が頼んでいたエンパナーダ(スペインの揚げ餃子)は、しっかりした味がついていました。
悪くはないですがこれも、生暖かい。
さてあと一品は・・・

 

s-78IMG_1834.jpg
コロッケで、これも皆が頼んでいました。
常連さん達はこの3種類の揚げ物を皆頼んでいたので「パタタスブラバス」以外にも揚げ物がこの店のお勧めのようです。
さて、お味の方はと言うと・・・
どこにであるレベルで普通。
やはり揚げたてではなく、なんとも中途半端な温度でした。

写真の一皿は一人前ですが、結構量もあって最終的には、二人でこの三皿食べて、油で気持ち悪くなってしまい。
ちなみに、カウンターのガラスケースにはロシアンサラダなんかもありましたが見て味も想像できるようなものでしたので、これにて終わり。

 

■一言メモ■
はっきり言って想像していた物と違いました。
行った時間がまだ人が少なかったこともあり、店が回転していなくて揚げ物が冷めていたとは思いますがバルセロナで一番の「パタタス・ブラバス」と評判のお店、日本と違って客を待たすぐらいスペインなら平気なんですからその分頑張って揚げたてを出してもらいたかったです。
メニューは少なく、またそれぞれ一品の味、ワイン、カウンターにあるタパなど、私にはあまりにも名物の「パタタス・ブラバス」に頼りすぎて努力が足らないと見えます。
あと、店は昔ながらの味がある雰囲気ですが、バルセロナにはこのぐらいの店は他にいくらでもありますので、・・特筆すべきものでもありません。
値段についてはビールを3杯飲んで上記の3品で11ユーロほどでしたのでお安いです。

なんとも、がっかりのカリスマバルでした。
期待し過ぎた反動で、今回は一段と辛口評となりました。

満足度63点