バルセロナ ウォーカー 

提供:Office Hill お問い合わせ

Neichel 2

IMG_4165.jpg
バルセロナで一番最初にミシュランの星が付いたフランス人シエフの店です。
一番の老舗だけあって、このレストランで修業したと言う料理人は数知れずと言ってもいい程で、市内あちこちのレストランで見かけます。

 

IMG_4127.jpg
なんだか、久しぶりに来たらこんなのが天井からぶら下がっていました。
レストラン「FREIXA TRADICIO」のまねをしたのでしょうか?
それともあの、地元画家サルバドール・ダリをイメージしたのか?

 

IMG_4116.jpg
今日は、アラカルトで前菜とメインをそれぞれ一品。
食べて満腹になり気持ち悪くなるだけなので、コースはやめてまた大して変わり映えしないデザートもパスします。

まず、オリーブオイルとチップス↑

 

IMG_4119.jpg IMG_4121.jpg
IMG_4120.jpg IMG_4122.jpg
アミューズの4品。
前回食べた時の方が印象が良かったです。
今日は、まあ悪くはありませんが・・2回目だったからでしょうか?
評3.9/5

 

IMG_4123.jpg
このアミューズが一番美味しかったかな。
ソブレアサダを乗っけて焼いた物と、フールツの味がする面白いソーセージ。
評4.1/5

 

IMG_4155.jpg IMG_4126.jpg
パンは5種類ほどから選べます。
どれも美味しく合格です。
バターは、アンチョビ入りで生臭いですが味は悪く無い。

 

IMG_4128.jpg
私の前菜。

 

IMG_4130.jpg
トリフのにおいがプンプンします。

 

IMG_4137.jpg
ポーチドエッグが中からとろ~り。
まあ、悪くはありません。
評4/5

 

IMG_4132.jpg
奥様の前菜は、海老のタルタルサラダ。
何だか、お子様ランチの様に見えます(笑
子供のままごとじゃあるまいし、皿一杯に盛り付け過ぎです!

 

IMG_4134.jpg
後ろから見た方がまだ良いかも。

 

IMG_4143.jpg
皿の中には、色々と小さな物がアクセントに・・

 

IMG_4140.jpg
ただ、肝心の海老のタルタルサラダは単純なマヨネーズ味で星付きレストランで出すレベルの料理とは思えません。
前月「Can Fbes」で食べた前菜の海老のラビオリと比べたら料理として月とスッポンぐらいの差があります。
評3.6/5

 

IMG_4148.jpg
さて私のメインは子羊(ミルクだけで餌を食べる前の)。
付け合わせの野菜、果物は他の料理とも共通の使いまわしですが、この皿の中にはソーセージがあって、それはなかなか面白い組み合わせでした。

 

IMG_4157.jpg
クスクスなんかも下にひいてあったり・・

 

IMG_4156.jpg
さて、お味はアニス(八角)を効かせた味で且つ少し甘めですが、一応合格というところでしょうか。
評4/5

 

IMG_4152.jpg
奥様のメインも肉。
子牛のほほ肉です。

 

IMG_4161.jpg
もう少しジューシーさが欲しい様な・・。
ソースを掛けてはくれましたが・。

 

IMG_4158.jpg
さてお味は、良くある味と言うか平凡な料理。
まあ、これでも人によっては悪くは無いのでしょうが私には、インパクトまるで無し。
評3.6/5

 

IMG_4168.jpg
プチフール。
平凡です。

 

IMG_4172.jpg
料理だけなら基本、前菜とメインそれぞれ×2人で100€ほど高くは無いのですがワイングラス5杯に水、パン代とコーヒーに税金8%でこんな感じ。
知らないうちに細かく雪ダルマ式に加算されたと言う印象がありました。

■一言メモ■
前回一人で訪問した時の印象が良くて期待して来ました。
ただし、コースで食べた為にお腹が一杯になって、食後感があまり良かったと言えず、その反省の意味であえてコースをやめて今回はアラカルトにしました。
私の持論となりますが、この店だけに関わらず普段からスペインのデザートはどこも美味しいと思ってないのでデザートは抜きに料理だけを楽しみたかったと言うのも正直あります。

さて今日の料理の印象としては、前回に比べて満足感がいま一つ。
前菜のエビのサラダは、ただのマヨネーズ味と言うだけでわざわざ星付きレストランで食べる様な物ではありませんし、他の料理もそれなりに悪くは無いと言っても期待したレベルに達していません

あと、シエフの年齢もあるのかも知れませんがぱっと見は綺麗に盛り付けてあるんですが、何だか料理が垢抜けしていない様な気がします。

もし、今日みたいな印象の料理があと1,2回程続いたら私的には、「もうこの店はいいかな、あえて来る事も無いかな・・」となってしまいそうです。

私の個人的な料理の好み、またそれについての考え方もあるとも言えますが、今日は期待し過ぎた反動で厳しい点数付けとさせて頂きました。

評価63点

追)今日、セーブして食べたつもりでも満腹で夜は食べれませんでした。
コース(デグスタシオン)を食べて途中チーズにその後デザートまで完食したら、日本人なら誰だって気持ち悪くなるぐらい満腹になります

星付きレストランでコースしか頼まない日本人にいい加減そのバカさに気が付いて欲しいと私は願うのですがまた余計なお世話でしょうね (笑

 


大きな地図で見る

Neichel 1

IMG_8824.jpg
何年か前にこの店で非常に不快な思いをして二度と来まいと思ったのですが、罪を憎んで店を憎まず?・・リベンジです。

 

IMG_8822.jpg
前回はここでは無く、変な狭い部屋に一見の外国人客ばかり詰められて食べさせられましたので、初めてこちらに座りました。
感想としては思ったより小さい、全て円卓ですが小さいテーブルが多くてそれは2人掛けにセッテイングされていましたので見たところは合計でも30人程度のキャパです。

 

IMG_8753.jpg
窓際にはなんだか訳の分からない人形が多数。
オーナー夫婦の趣味なのでしょうか?
ところで、今日シエフの奥様とお話しして気が付いたのですが・「この声! あの時私の予約の電話を受けたおばはんだ!」
そう、あのオーバーブッキングした張本人です、やはりそうだったのか・・・。
我ながら良く憶えていると言うか、それほどあの時は腹がたったということですね。

 

IMG_8755.jpg
さて、その話は終わりにして・料理です。
まずはお通し。
合計7品ありましたがこの中のフォアグラのロアワイヤル小さなカップに入っているのですが、これは絶品。
他のお通しもスナックも含めて非常にレベルが高くて私が今まで食べた中では最高のお通しと言って良いかもしれません。
評4.5/5

 

IMG_8758.jpg IMG_8759.jpg
IMG_8757.jpg IMG_8756.jpg
一口サイズでペロリなんですが、そのどれも悪くない。
出だしとしては、素晴らしい。

 

IMG_8760.jpg IMG_8762.jpg
パンは3種類あって、今日はシリアルを選びました。
シエフはフランス人ですが、フレンチお決まりのバターと言う訳で無くスペインらしくオリーブオイルと塩。
パンのお味は普通ですがオリーブオイルはもう一つです。

 

IMG_8766.jpg
サラダです。
本当に綺麗に盛りつけられていますね。
年のいったベテランのシエフですが、美的感覚は良いものを持っているということなんでしょうか。

 

IMG_8767.jpg
ただ、食べてみると味自体は見た目に比べると普通。
野菜のソースも平凡ですし、一品一品があまり印象的が無く悪く言うとただ並べているだけで、見た目程にはありません。

 

IMG_8770.jpg
ホタテとその上にはエビが乗っています。
ソースはフォアグラ。

 

IMG_8775.jpg
またその上には天ぷらまで。
さて、食べてすぐに気になったのは火入れ。
しっかりを通り越して焼きすぎです、海老も同様で硬くてイマイチ。
但し、ファオグラのソースは美味しく今まで他の店で食べたソースの中でも抜けていると思います、火入れさえ良ければ・・残念。
評3.9/5

 

IMG_8788.jpg
肉は二つの中から選ぶのですが、私は鹿にしました。

 

IMG_8791.jpg
最近は、大したレストランでも無いのに盛り付け皿にソースで絵の様にデザインするのですが、中には呆れるのも多くて素人が描くミロの絵の出来そこないかと笑えるのも多いのですが私的には、こう言う感じのシンプルかつ渋いのが好きです。

IMG_8793.jpg
さて、お味ですが・・うん!美味しい!
このレベルの肉料理はどこのレストランで食べれると言うものではありません。
トリフもこの料理にマッチして良い感じで、非常に気に入りました。
評価4.3/5

 

IMG_8784.jpg
魚はロダバーヨ(だるまガレイ)です。
ここの料理はどれも盛り付けが綺麗ですね。

 

IMG_8786.jpg
上にはエスパルデーニャス(ナマコの筋肉)とペルセベス(烏帽子貝)
なんかが乗っかって、野菜の中にはモヤシなんかも入っています。
さて、お味なのですが・・エスパルデーニャスが火の入れ過ぎで硬くて、美味しさを上手く引き出し切れていません。
肉ほどには評価できず点数は全体的に下がります。
評3.8/5

 

IMG_8796.jpg
さて、話はそれましたが・・
口の直しのデザートですが・・・
あれ? 何だかおかしい。

 

IMG_8798.jpg
こちらが正解。
サービスしてくれた女の子が逆に向けて皿を置いていったわけです。
なってないな~。
シャーベットです。
最近の流行は酸っぱい系が多いのですが昔ながらと言うか保守的な様な気も。
評3.3/5

 

IMG_8801.jpg
メートルのお兄さんがデザートのカートを2台ごろごろ引いてきました。
バルセロナの星付きでは今時めずらしい、古典と言えますねこう言うの。
10種類程あった中から私はタルト・タティンを選びました。

 

IMG_8805.jpg
盛り付けられて持って来られて・見ての通りいい感じに盛り付けされて、シエフの感性の良さが分かります。
ただ、味はいたって平凡。
評3.2/5

 

IMG_8816.jpg
最後は、いつもの様にエスプレッソで〆。

 

IMG_8818.jpg
プチフールは、わりと普通。
確かにそれぞれ厳選したとは思うのですが、先日サンパウで食べたものに比べるとありきたりで、もう一工夫ほしいところ。
味見にそれぞれ半分だけ食べてあと残しました。

 

■一言メモ■
アラカルト派の私ですが今日はデグスタシオンのコース。
理由は前回ひどい目に遭って怒りのあまり料理を殆ど憶えていません。
今回はそのリベンジ、前回はコースだったのであえて同じコースにしました。
ある意味時計の針をあの時に戻して最初からもう一度やり直しです。
また、良く私がお勧めしているレストラン「Lsarte」についての質問でコース料理についての感想を受けるのですが、実際は食べていないので質問に答えきれなく、コースも知っておいた方が良いと思い今回はあえてそうしたと言うのもあります。

さて、私の中では気に入らないレストラン・ランキングの見事トップに位置するこの店ですが今日は、過去は忘れて謙虚に評価してみたいと思います・・。

まず、料理については正直悪くありません。
フォアグラを使った料理はさすがシエフがフランス人、本場の向こうで修行しただけあって特筆すべき物があります。
特に、アミューズの一品フォアグラのロワヤル、前菜のホタテのソースあとそれ以外には肉もかなり満足のいくものでした。
ただ、気になったは全体的に火が入りすぎで素材のおいしさが生かしきれていません。
最近は日本食ブームで殆ど生もしくは半生と言う調理が多くてその中にはイマイチな物がかなりあるのですが、とは言ってもここまで火入れしているのは時代遅れです。
デザートも盛りつけは良いのですが結局はカートに入った作り置き。
これも昔ながらで、そう言う点では今のスペインの料理界の大きな流れに付いて言っていない、もしくはあえて付いて行かないと言うポリーシーなのかも知れませんが、現在のダイナミックな流れのスペイン料理界にあって保守的。
あと一点言い忘れましたが、盛り付けに関して最近流行の奇を狙う様な事もせず大人しいながらセンスの良さを感じさせ好感が持てます。

今日は、ワインをグラスで頼みましたが私が家飲みする時に買ってくるどこにである様な1本5ユーロ程の物でイマイチ。
一杯6.5ユーロ取るならもう少し違う選択は無い物でしょうか?
私に選ばせれば、もっと良いのを選んであげれます(笑

あと、サービスはバルセロナでは最初にミシュランの星が付いた老舗なのにスタッフは若い人ばかりでプロと呼ぶにはまだまだ。
ただ、スペインでは星付きレストランのサービスレベルが低いので文句を言うレベルではありませんが・・・。
ちなみに今日のコースが75ユーロそれにCAVAとワイン白赤それぞれ一杯あとそれに諸々付いて一人116ユーロ。
値段はまあ、こんなものでしょう。

総評として・・
料理は確かに一つ星の実力は十分あります。
ただ、全体的に今の時代の流れに付いて行っていないのでその点が私には満足感に欠けます。
面白い話に、ここバルセロナ地元グルメの間では「ネイチエラー」と言う言葉があるそうなのですが・・宗教みたいですね(笑
このレストラン「ネイチエル」の絶大なファン達と言う意味らしいですがその人達が新しい物じゃない、昔からの物を求めているからある意味ニーズに合わせてそうなっているのかも知れません。

私的に、少し古いと言っては失礼ですが、古典的な料理を食べるなら間違いなくお勧めできる店と言って間違いありません。
そう言う意味では、次回アラカルトでピンポイントにこの店の定番料理を味わってみたいと思います。

評価75点

但し週末の予約は注意が必要です。
オーバーブッキングの悪癖は未だに健在と地元のグルメブローガーから確認済みなので行くなら平日が無難です不快な思いをしたくなければ。