バルセロナ ウォーカー 

提供:Office Hill お問い合わせ

Gurqui 3

IMG_7425.jpg
既に何度かこのブログで紹介されている隠れ家レストランです。
テーブルの数も少なく、御覧の様に全くレストランぽくありません。

guruquisa (1)
お通しのオリーブは、まあまあ。
ところで、この店の照明は非常に暗くて今日の写真はイマイチとなります。

 

guruquisa (2)
Ensalada con tomate faf,pulpo y vinagreta de pistachos. 16.20€
この店で特に気に入っているタコ料理。

 

guruquisa (5)
スペインでタコ料理と言えば、プルポ・ガジエゴとなります 最近はそれ以外の創作のタコを使った料理も出てきています。
ただ、その殆どがアイデア倒れでイマイチなのですが、そんな中でこの店のこれはバルセロナで広しと言えども特筆に値します。
評4.4/5.0

 

guruquisa (3)
Carpaccio de lagostinos con ceps y grenimados 11.80€
エビのカルパッチョ。
なんと生の「もやし」を使っています。

 

guruquisa (4)
さて今日は、日本に帰る同僚の送別会で来たのですが、これは皆に非常に好評でした。
私的には、生のもやしは微妙でしたがエビは確かに美味しかった。

 

guruquisa (6)
Ensalada templada con queso,champinones,membrillo y pinones.9.80€
チーズを使ったサラダ。

 

guruquisa (7)
悪くは無いのですが、わりと普通。
評3.8/5.0

 

guruquisa (8)
Navajas ala planxa 18.20€
ナバハス(マテ貝)はサイズ的には小さい物です。

 

guruquisa (9)
値段は安くないのですが、これは非常に美味しかった。
今まで食べた中で最高に美味しと言えますがなぜでしょう?素材?それとも・・?
評4.4/5.0

 

guruquisa (10)
Musclos de roca con tomate picante 10,10€
少しピリ辛のムール貝。
味は濃厚でそれなりに悪くは無いのですが、ムール貝料理としては特筆するほどでも無し。
評3.9/5.0

 

guruquisa (11)
Tagliatelle con aceite de turfa blanca y lamina de tufa negra 18.50€
パスタ
白トリフのオイルと、黒トリフが上にかかっています。
卵の黄身を面に絡めて・・・・
これは、インパクトが無かった。
評3.6/5.0

 

guruquisa (12)
Atun”al minut”con tirabeques 18.35€
今日の写真は色が滅茶苦茶ですが、マグロです。

 

guruquisa (13)
表面に火が通っていて、中は生。
付け合せはのインゲンも悪くないですし、少し平凡な料理とは言え合格点です。
評4.0/5.0

 

guruquisa (14)
Dados de solomillo de buey marinados con hierbas y mostaza 17.80€
牛ヒレ肉のサイコロステーキと言うところですが、ヒレ肉料理はどうしても、ただ焼いただけの
料理が多いのですが、この店のこれはかなり工夫しています。
ただ、完成度と言うと不満がほんの少し残ります。
評3.9/5.0

 

guruquisa (15)
Bombones de pollo con soja y arroz venere 11.80€
チュッパチャプス(バルセロナの飴)状に揚げた鳥とVenereと言う中国原産の黒米との
組み合わせです。
悪くは無いとは思いますが、イマイチ私にはピンと来ませんでした。

 

5人で食べて(CAVA2本、白赤それぞれボトル1本、カフェ、水を含む)

一人当たり 総額:55€

souhyou1.jpg
バルセロナでも隠れ家レストランと言うのがあって旅行ガイドブック等にも何軒か紹介されてもいます。
ただ、その殆どが隠れ家の意味をはき違えていて、アクセスの悪い不便なだけの場所にあるだけだったなんて事もしょっちゅうです(笑
そんな中で、この店のそれは隠れ家と言うのに相応しく、また出している料理のレベルも高く、そのせいかしっかりと地元の経済的に余裕のある固定客を掴んでいます。

今日は5人でシエアしたので色々と食べれたわけですが、料理に寄って少し物足りない物もありはしましたが、特にハズレと言うものも無く全体的には満足感は高い物でした。

ところで以前はメニューは無く口頭で告げられるのみでしたが最近、紙のメニューができて以前より解り易くなり、また精算時まで料理の値段が全く解らないと言うまるで日本の高額寿司屋の様な常連客以外は恐怖心を抱くシステムでしたが、現在はメニューに値段が書いてあり誰にも安心できます。

味わい:4.1 食材:4.0 技術:4.0  個性:4.2

雰囲気:4.0  ボリュームと:4.0  コスト:3.7  サービス:3.8

満足度:70点

地図

大きな地図で見る

Gurqui 2

IMG_7426.jpg
以前よく通ったレストランです。
半地下の隠れ家的な店で、普通知らない人は前の道を通っても気がつかないし、入って行くには勇気が要りそうな店です。
このブログでお勧めしている「Embat」の道を渡って斜め前。

 

IMG_7425.jpg
テーブルは4人掛けが5つ程のこじんまりとしたお店でレストランぽくありません。

 

IMG_7430.jpg
お通しでしょうか。
魚のスープ。
日本で冬に食べる鍋のスープそのもの。
これはイマイチ。

 

IMG_7451.jpg
トーストしたパンにオリーブオイル。
以前は、カリカリに焼いたパンでしたがこの方が美味しい。

 

IMG_7448.jpg
マグロのタルタル。
なかなか、いけます。
4/5

 

IMG_7432.jpg
タコ。
豪快にピスタッッチョが掛っています(笑
4/5

 

IMG_7438.jpg
前回も食べましたが、これが今日食べたな中で一番。

 

IMG_7437.jpg
マッシュルーム、松の実・・・

 

IMG_7446.jpg
あと、クルミに最初はまたマグロかと思ったらメンブリーヨでした。
お味は、まあまあですがメンブリーヨは美味しい物を使っています。
評3.3/5

 

IMG_7433.jpg
エスカリバーダ。
焼き野菜の上にビンナガマグロ。

 

IMG_7442.jpg
最近の和食ブームで生魚でしょうか。
この店10年近く通っていますが、以前なら考えられない組み合わせです。
評3.5/5

 

IMG_7459.jpg
ヒレ肉グリルにフォアグラ。
焼き加減はレアで頼みましたが、火が通り過ぎていました。
私は、血がしたたる・・と言うのが好きなんですよね。
あと、料理はありふれた何処にでもあるもので味も平凡でした。
評3/5

 

IMG_7454.jpg
鴨のから揚げに、ワイルドライスと言うところです。
悪くは無いのですが、味にもうひと工夫ほしいですね。
評3/5

 

IMG_7465.jpg
デザート。
パンナコッタをジュースにしたような・・
なんだか良く憶えていません・・。
お味はすっきり系
評3.6/5

 

IMG_7469.jpg
この店の定番デザート。
タルタ・デ・チョコラーテ。
割ると中から熱々のチョコレートが。
評3.8/5

 

■一言メモ■
前菜はなかなか良く、特にタコとマグロのタルタルはバルセロナの他の創作料理のレストランの中でもレベルの高い物です。
あと、メインの三品はどれも決して悪くはありませんでしたが、わざわざこの店と言う程では無く、エスカリバーダは最近の和食ブームなので生魚を使うのはしょうが無いと思いますがもうひと工夫欲しいところですし、
肉はフォアグラとの組み合わせですが平凡、鴨もただのから揚げで終わっていて前菜に比べて満足感に欠けました。

前回の訪問時にも書きましたが、紙に書いたメニューは無くてシエフの奥さんが、口で述べていくので言葉に自信が無い旅行者ですとかなりきついかもしれません。
ただ、今日はめずらしく外国人客がいて英語で対応していましたのでてっきりスペイン語だけだと思っていました、英語もOKのようです。

店の作り雰囲気はまさに隠れ家で、こう言う店はバルセロナでもあまり無くて面白いと思います。

今日の支払いは、料理にワイン、コーヒー入れて三人で150€程。
安いと言う店ではありませんが、量も十分ありますし考えた料理ですのでこれで適正価格と思います。

最後に、この店のオーナーシエフは私の友達でもあるのですがそれと評価はきっちり分けて言うと・・
今日の料理は、いつもに比べてメインが弱かったので・・・

評価68点

Gurqui 1

gurqui.jpg
以前この近を歩いていて立ち寄って食べてみたら
美味しかったのでそれ以来たまに食べに来ています。

今日は、隣のテーブルに地元のテレビ番組で良く見る司会者がいたりしました。さて料理は

 

IMG_4517-1.jpg
前菜の一皿。
トマト、チーズ、メンブリーヨ、松の実となんだか色々入っています。
悪くないです。

 

IMG_4514-1.jpg
トリフ入りのトルテイーヤ。
これは、まあ普通でした。

 

IMG_4516-1.jpg
タコ。
ピスタッチョが山盛りかかっています(笑
お味は悪くないです。

 

IMG_4512-1.jpg
マグロのタルタル。
なんだか、生と言うより少し火が入っていたような。
上には、キャビアもどきとマスのイクラ。

 

IMG_4511-1.jpg
牛のヒレ肉のグリル。
マスタードがたっぷり効いています。
割に普通というところでしょうか。

 

IMG_4510-1.jpg
デザート2品。
まずは、タルト・タタン。

IMG_4509-1.jpg
チョコレートムース。
中のチョコはとろ~り。

 

■一言メモ■
オーナーシエフとはもうかれこれ10年近い付き合いになります。
バルでビールを一杯おごってもらったり、また誕生日パーティーに招待されたりとまあ、友達のようなものです。
ですので、辛口評はしにくいのですが・・ 今のバルセロナの料理界のトップグループを走っているとは思いませんが
ちゃんとした料理を考えて出していて、私以外にも根強いファンがいます。
日本から知人、友人が来たときに何度か連れて行って皆に好評でしたので悪くないのは間違いないと思います。

ただ、紙に書いたメニューは無くシエフの奥さんが口頭で今日の料理を言うだけ。
観光で来られる方でスペイン語が全く解らない方には辛いかもしれません。

半地下の店にテーブルが5つほど、テーブルの間もゆったりとスペースが取ってあり、ある意味隠れ家的なレストランとなっています。
今日は、テレビの番組司会者がいましたし有名人も利用しているみたいですね。

今日のこの料理を3人で食べて、最初にそれぞれビール一杯にワイン一本あとコーヒー入れて一人50ユーロ程でした。
紙のメニューも無いし料理の値段も最後の精算まで分からないと言うまるで日本の高級寿司屋と同じシステムで初めて行く人はびびるとは思いますが、まあそんなに安くは無いですがこの料理にこのぐらいの値段で十分納得。

満足度  72点