バルセロナ ウォーカー 

提供:Office Hill お問い合わせ

La Pastisseria 1


patiti (1)
二年に一度リヨンで開催されるクープ・デュ・モンド。各国の予選を勝ち抜いた代表3人がチームとなって競うパティシエのコンクールで2011年に優勝したのはスペイン代表チーム。その3人の内の一人のパテシエ君が優勝後にオープンした新しい店です。

 

patiti (9)
中へ入ると、ここもご他聞にもれずバルセロナどこもかしこも同じのMOC
注)MOCとは、私が作った新語です(笑) ちなみに意味は M=モダン,O=オシャレ,C=クール

 

patiti (13)
ショーケースの中をパチリ。 蛍光色のグリーンのケーキの向うに見えるサクランボ型のケーキがパティシェ君の代表作。

 

1-IMG_9480.jpg
売っているスイーツは当たり前ですが、基本は日本と変わらず。

 

patiti (2)
手前がこの店のシンボルマーク。代表作のサクランボをイメージさせた物です。

 

patiti (3)
ところで日本はケーキだけを売っていますが、こちらはヨーロッパは大体どこも、こう言うクロワッサン等のパン類も一緒に売っています。

 

patiti (6)
前回食べて気に入ったこのバラのケーキは、男性はバラを女性は本をお互いにプレゼントし合う、サンジョルディの日に売り出されました。 4.30€

 

patiti (11)
中はこんな感じ。

 

patiti (8)
飲み物はカフェ・コン・レチエ 1.45€

 

patiti (4)
相方はオレンジのケーキを注文 4.10€

 

patiti (10)
こちらの中はこんな感じで、チョコがメインとなっています。

 

patiti (12)
ちなみに、こんなお得な朝食のセットもあります。朝から一杯CAVAって良いですね~~。クロワッサンとカフェで2€は良心的、場末の中国人経営のバルより安い!

 

patiti (15)
ところで今まで、このイケメンのパテシエ君に合った事は無いのですが、その代わりにいつも店にいるのが左のお父さん。 私達は陰でこっそりと、おじさんの事をステージパパさんと呼んでいます。(笑

 

1-IMG_9512.jpg

 

二人で軽くお茶して
総額:11.30€ (カフェオレ2杯、ケーキ2つ)

souhyou
最近出来た店なので造りはバルセロナのどこででも見かけるMOCのモダン、オシャレ、クール。お茶をするのに特別な雰囲気がある訳ではありませんが、あくまでスイーツがメインな訳ですから問題なし。。サービスの女の子達は日本の様に笑顔のサービスはありませんが、スペインならこれもまあ普通レベル。

食べたケーキについて述べると。。。
バラはお勧め、チョコとオレンジのケーキは特にでしょうか。

まとめると。。。
バルセロナで食べれるスイーツの中では、日本人にとってトップレベルで間違いありません。ただしスペイン人の普通のおじいちゃん、おばあちゃんに買って持っていくとすると、きっと「味が薄い!」と言って砂糖を掛ける人もいるかも (笑

お勧め度:★★★★★

 <<< 前記事「Les Quinze Nits 1」  【HOME】 La Plassohla 1」次記事>>>