バルセロナ ウォーカー 

提供:Office Hill お問い合わせ

La Pubilla 2

pubilla (1)
ブログの引越しに伴い、始めた「お勧め、ランチ(10~20€)」。
これまで殆どやっってこなかったジャンルだけにネタが無くて、慌てて食べ歩いています(笑
今日は以前食べて印象が良かったランチ、それをお勧めに出来ないかと検証の為に来ました。

 

pubilla (5)
この日は来ていたお客は、私達を除いて全て地元客。

 

pubilla (6)
人気店で予約が必要で、電話を入れた時には13:15分もしくは15:15分のどちらかと指定されました。
これって凄い事なんですよね。 バルセロナでランチを2回転させる店って殆ど聞いたことが無いですから。
ちなみにこの後すぐに満席、待ちの客が前の道まで溢れていました。

 

pubilla (2)
この店は1912年から続いているようですが、以前は全く別形態の普通の街場のバルだったんでしょうね、きっと

 

pubilla (3)
さて、検証に来たランチは14€で前菜、メイン、デザートそれにワンドリンクが付きます。
それぞれ3品から一つを選ぶプリフィックメニユー。

 

pubilla (4)
私は、いつもの様に昼間からビール。
お通しオリーブは小粒のアルベッキーナ種。

 

pubilla (7)
相方は、ガス入りの水。
ちなみに、最小サイズを出されて。。 量が少ないと、文句をタラタラ言っておりました(笑

 

pubilla (8)
では料理にいきます。
私の前菜は、シャトサラダ。

 

pubilla (9)
野菜の切り方、盛り付けにこの店のやる気、まじめさを感じます。

 

pubilla (13)
野菜をのけると、下からバカラオとロメスコソースが出現。

 

pubilla (10)
相方は、かぼちゃとレンズ豆のサラダ。

 

pubilla (11)
新しいカメラになって、以前に比べて奥の方にぼかしが入るんですが、これでの普通なのか?
説明書を読むのが億劫なので、いまひとつ使い方が分からない。

 

pubilla (14)
あ、それはそうと忘れていました、これカボチャです。(笑

 

pubilla (15)
次は私のメイン、アルボンディガス。

 

pubilla (16)
定番中の定番物ですね。

 

pubilla (17)
相方は、アロスネグロ(イカ墨ご飯)です。

 

pubilla (18)
これ、なんだか変な味がしたんですよね実は・・。

 

IMG_1028.jpg
今回、私のデザートはイチゴ。

 

pubilla (19)
相方はテイラミス。

 

pubilla (20)
最後にカフェで〆ですが、半分ほど既に飲んでいます(笑  1.30€

 

pubilla (21)

 

この日は2 人で食べて
総額:30.60ユーロ程 (定食と別にカフェ2 杯含む)

csouhyou.png
昔バルだったのを改造した店は、中途半端にモダンで安っぽく雰囲気はありません。
カウンター席で食べ前回は、テーブル席はもっと快適だと勝手に思い込んでいましたが、実際は非常に小さい上に、席数を稼ごうとやたら詰め込んだ為にテーブル間のスペースが狭く快適には程遠いものとなっています。サービスについては、この値段のランチとしては特に問題もなく普通。

次に料理について述べると・・
シャトサラダは野菜の盛り付けも綺麗で、味も悪くは無くカボチャとレンズ豆のサラダも同様の感想。
定番の肉団子のアルボンディガスも、この値段でしたら今日のこれで十分合格点。
と、ここまでは良かったのですが、アロスネグロが変な味がし、相方と二人でこれは何の味なの?? と、言い合っている内に・・、これってニンニクが焦げたあの味?? 何だか実際のところは分からず得体の知れない味に謎は深まるばかり・・。
その後のデザート、ティラミスは普通でしたがイチゴはちゃんと選んで仕入れた様で、甘みもあって美味しかった。

まとめると。。。
正直、前回ほどのインパクトはありません。イカ墨ご飯が不思議な味がしましたがそれを抜きにして、確かにしっかり手を掛け丁寧に作った料理。ですが、特にこの店と言う様な物はありません。もちろん、お安いランチな訳でそう言う物を求めるべきで無いと分かります。
ただ、この店は冷静に見ると、あくまでよくある近所のお気に入り定食屋レベルにしか過ぎず、遠い日本から来ている旅行者の方にわざわざ勧める店か? と言うとそうではありません。もしこれがカサ・ミラの近くやサグラダファミリの近くと言う観光客の方が必ず行くような場所なら、間違いなくお勧めとしますが、そうでないこう言う店までお勧めとしてしまうのは、それは今までガイドブックが散々やってきたあの無責任なお勧めと同じになってしまいます。

私の本心としては、低価格ランチのお勧め店リストを充実させたい。その数合わせにこの店を加えたいのですが、それをやってしまえば正に本末転倒のスッテンコロリン。 完成まで時間がかかってしまいますが、もう少しじっくり探して見ます。

味わい:3.9 食材:4.4  技術:4.0 個性:3.9
雰囲気:2.5 ボリューム:4.5 コスト:4.3  サービス:3.9

満足度:68点

【こちらも合わせてご覧ください】
過去訪問記事

 <<< 前記事「Norai Raval  【HOME】  次記事「FCバルセロナ スタジアム内レストラン」 >>>

 

La Pubilla 1

pupub (6)
今日の店はバルセロナにお住まいの日本人の方の、ブログで紹介されていました。
読んで興味があったので試しにやってきました。

 

pupub (2)
店の前には市場。
長く住んでいますが、この市場に来るのは初めて。

 

pupub (3)
ちょっと中をのぞいて見ると

 

pupub (4)
魚屋さんが目に付きました。
ところでスペインは日本と並んで、売られている魚の鮮度は世界でもトップレベル。
ちなみにイギリス、ドイツ、フランス、イタリアも含めて等の他のヨーロッパの国はスペインには遠く及ばないと言うのが現状。

 

pupub (5)
ただし、日本と違って売られている魚には殆ど季節感がありません。
メルルーサ、舌鮃、鱈、サーモン、マグロ、アンコウと今日もまたいつものメンバーが並んでいます。 (笑

 

pupub (7)
さて、市場を後にレストランの中へ。
見ての通りシンプルな店ですが、お値打ちランチが食べられるそうです。

 

pupub (8)
人気店で当日の朝に予約の電話を入れたら既に満席。
カウンターで良いなら、開店と同時に来たら大丈夫と言われ今日はカウンターになりました。

 

pupub (9)
お通しのオリーブは2種。
小さい方ほ地元の定番アルベッキーナ種のオリーブ。
ちなみにこの店のオリーブ、他で食べるより漬かりが浅い。

 

pupub (10)
今日のランチメニュー 14€。
いわゆるお昼の安定食の部類に入ると思うのですが、14€とはかなり高めの設定。
メニューには前菜、メイン、デザートに、ドリンク(カフェ除く)が付きます。

 

pupub (11)
料理は前菜3品とメインが3品と品数は少なめ。

 

pupub (12)
まず最初に、いつも通りビールを一杯キュッ!
味はトースタードと呼ばれる、黒ビールっぽい香ばしさ。
ところで見慣れないブランドのビールで、ラベルを見ると・・

 

pupub (14)
見ると女の子が男の子三人にスカートを上げて見せていると言う不思議ラベル(笑
ちなみに、普通のビールは定食に入っていますが、これは1.50€の追加になります。

 

pupub (13)
相方は定番、地元で人気のビールを注文。

 

pupub (15)
パン。
焼き立てで良い感じ。

 

pupub (16)
私の前菜は、お豆さんとアサリの煮込み。

 

pupub (17)
シンプルな一品ですが悪くありません。

 

pupub (18)
相方はサラダ。

 

pupub (19)
茹でた野菜が入ったニース風サラダ。
これも、街場の定食屋さんのランチとしては悪くない。

 

pupub (21)
私のメインは米料理。

 

pupub (22)
結構な量で、毎度のことながら今日もきっと夜は満腹で食べれなさそう。

 

pupub (28)
イカと豚バラが入っていて、いわゆる海と山の幸料理。

 

pupub (27)
味はしっかり、味も濃過ぎずこれも良い感じ。

 

pupub (26)
ここで、白をそれぞれ1杯追加。 2€/杯

 

pupub (23)
さて相方のメインはサバ。

 

pupub (24)
これまた結構な量で小さいサバにしても、まるまる一匹使っています。

 

pupub (25)
サバの下にはラタトゥイユの様な野菜がたっぷり。

 

pupub (29)
最後はデザートもしくはカフェのどちらかを選べますので、デザートを一つだけ。
梨のコンポートを二人でシエアして、あとはカフェにしました。。

 

pupub (30)
バニラに、ミントの葉が一枚添えらています。
これぐらいの量なら、甘さもほどほどで日本人の私でも大丈夫。

 

IMG_1675.jpg

この日は2 人で食べて
総額:34.80ユーロ程 (定食14€×2、ビール1.50エキストラ、白2杯、カフェ1杯含む)

csouhyou.png
サービスは特に大したものはありません。
また店の作りもこれまた大した事はありません。
ただ、ランチ専門の店と割り切ると、これはこれで全く問題無いでしょう。

料理について述べると・・
前菜2品、メイン2品共に、この値段のランチとしては非常に上質。
派手さこそは無いですが、しっかり考えて丁寧に作ったものです。
ランチの値段10€あたり相場のバルセロナにあって、14€は街場のランチとしては高めの値段設定に思えますが、この料理ならコスパは素晴らしい。

在住日本人の方、なかなか良い店を見つけられましたね。
ホント、こう言う店がバルセロナのそれぞれの地区に一軒あれば良いんですけど。

さて最後に・・
普段使いには最高の店なのは間違いありませんが、ただ私の家から近くないのでこのランチの為だけに行く事はあまりないと思います。
お近くにお住まいの方でしたら超オススメ、ぜひ一度試してみてください!

味わい:4.1 食材:4.4  技術:4.4 個性:3.9
雰囲気:3.6 ボリューム:4.5 コスト:4.5  サービス:3.6

満足度:72点

tizudai.png