バルセロナ ウォーカー 

提供:Office Hill お問い合わせ

Cinc Plats 2

IMG_3210.jpg
今回で2回目となる、この店。
バルセロナで日本レストランを手広く経営するYMASHIATAグループのスペイン料理レストラン。

 

IMG_3263.jpg
今日は一人なのでカウンターでタパスをつまんでみる事に。
全部で10種類ちょいのタパスがカウンターで食べれます。

 

IMG_3265.jpg
2階がテーブル席で下がキッチン。

 

IMG_3219.jpg
話はそれましたが・・
さて、早速つまんでみます。
まずは牡蠣です。
日本の出汁とポン酢が良く効いたジュレが山盛り乗っています。

 

IMG_3221.jpg
悪くはありませんが、日本人なら誰でも考え付きそうなアレンジです。
でも、スペイン人には面白いんじゃないでしょうか。
評3.8/5

 

IMG_3223.jpg
フォアグラのミニサンドと言うところでしょうか
パリッと焼けた軽いパンで良い感じです。
私が酒飲みのせいもありますが、その辺のパン屋で売っている様なバゲットとか、美味しくも無いのにやけに重いパンは好きじゃないのでこの店のこれは気に入りました。

 

IMG_3226.jpg
上のパンを取ってみるとウヅラの玉子焼きが乗っています。
フォアグラもこの卵も、パンも悪くないのですがもう少し塩が効いている方が良かった気がします。
残念、あともう一歩です
評3.9/5

 

IMG_3228.jpg
前回食べて、あまりにもひどい揚げ方で良く憶えていますこれ(笑
ちょっと心配しましたが今回は、まとも

 

IMG_3232.jpg
サービスだったっでんしょうか、山盛りソースが付いてきたのでたっぷり付けて食べてみると・・・
悪くないですね、見た目の面白さは中華をヒントにしたとは思いますがスペイン人にはウケル事間違いなしですし、今回はわりとパリっと揚がっていてこれなら合格点です
4.1/5

 

IMG_3231.jpg
セプス茸のコロッケ。
ちょっと揚げ温度が低い様な気がしますが・・

 

IMG_3233.jpg
まあこれぐらいならいいかな・・?
ただしお味は悪くありません。
流行りのスペイン人経営のバルと比べても何の遜色も無いですし味にも丁寧さを感じます。
評3.8/5

 

IMG_3240.jpg
定番タパスの一つでもある、海老のアヒーヨ。
付いてきたパンもパリッしていて、ちゃんとしています。

 

IMG_3252.jpg
海老も悪くないですし、ニンニクは一枚一枚綺麗に薄く切ってあってさすがは日本人の仕事と言うところです。

 

IMG_3249.jpg
パンにオイルを付けて食べるのが、この料理の食べ方なのですが実は私は、あまりこの料理好きではないんですよね。
理由としては、以前にも記事で書きましたが底の浅い誰にでもできる、また大して美味しいと思えない料理だからです。
でも、バルセロナの平均的なバルに比べても
これ良い方だと思います。
評3.9/5

 

IMG_3234.jpg
炭焼きの焼き鳥。

 

IMG_3237.jpg
黒ゴマがかかっています。

 

IMG_3236.jpg
バスク地方の唐辛子、エスペレット。
風味はありますが辛みは殆ど私には感じません

 

IMG_3239.jpg
メキシコとタイに住んでいた事のある私には・・・
ここまで掛けても、まだまだ足らん・・(笑
評3.4/5

 

IMG_3271.jpg
ミニハンバーガー。

 

IMG_3275.jpg
最近は赤身を残したレアな焼き加減が流行りなのですがこの店のは割としっかり火が通っています。
お味はそこそこ。
評3.7/5

 

IMG_3253.jpg
ウヅラのもも肉。
日本では何て言うんでしたっけ?
こちらでは、チュッパチャプスなんて言います。
もちろんバルセロナ発祥の、あの飴の事です。

 

IMG_3255.jpg
また、黒ゴマ。
一度は面白いのですが、こう言うのが二度違う料理に続くと安直な発想と思えてきます。
お味は、焼き鳥と基本は同じ甘ダレなのですがその甘さも続くと飽きてきます。
評3.6/5

 

IMG_3280.jpg
〆は半焼きそば。
ハーフポーションです。
これにはウヅラの目玉焼きが乗っていません(笑

 

IMG_3286.jpg
お味ですが、はっきり言って甘い!
日本料理は甘いと言えるのかもしれませんが子供じゃあるまいし辛口オヤジの私にはこの甘さ・ここまで来ると・・。

 

IMG_3289 2011-06-25 19-46-05
一人で昼間っから良く食べて飲みました(笑

 

■一言メモ■
前回は揚げ物がひどくて、どうしようもありませんでした。
その時は、たまたま悪い日に来たかとも思って再度確認の為の訪問にもなりました。

さて、その揚げについては今回はぎりぎり微妙なんですが問題無しとします。
他の料理についても、バルセロナの最近の流行りの創作タパスの中でもそれなりに悪くないと思います。
また値段も手頃で、コストパフォーマンス的に優秀なのは間違いありません。

ただ、料理によっては塩がゆるくて甘さがくどい
日本食ブームでスペイン人もだいぶ甘い料理に慣れてきてはいますが、ここまで甘い物が何品も続くと限界超えてしまいます。

あと、黒ゴマも何にでも掛けてしまうと面白いアイデアのはずが「またかよ~」となりかねません、ウヅラの目玉焼もそうですし、
フアグラを使った料理も例えば「Taberna de Clinic」なんかに比べてみると値段が違うと言われるかも知れませんが完成度が低さは否めません。
今の時代、日本風のアレンジを加えるだけで皆が振り向いてくれはしますが、こう言う料理では将来ある時点で飽きられるでしょう。

ところで海外に住まれている方なら良くご存知の事と思いますが現在日本料理については異常と言うか、不当にと言ってもいいぐらい高評価されていますが、そう言うのを聞く度になんだか背中がむずむずして全身が痒くなるのは私だけでしょうか?

さて、悪い癖でぐちゃぐちゃ色々言いましたが
前回よりは大分良い印象ですが、まあこんなところでどうでしょう

評価62点


大きな地図で見る

Cinc Plats 1

IMG_3197-1.jpg
バルセロナで何軒も日本食レストランを経営するYAMASHITAグループの
スペインの創作タパスのお店です。
最近の流行の創作タパスには日本食もどきが結構あって、なんだか良く分からない料理が多い中で日本人がスペイン創作料理を作って見るとどうなるかと言う面白いコンセプトのお店です。

店の名前も完全な地元のカタルーニャ語です。

 

IMG_3212-1.jpg
キッチンが地下、ダイニングが中一階と変則的な作りのお店であまり大きなキャパではありません。
私は、食べてる横でタバコを吸われるのが嫌なのでこの禁煙席にしました。
6畳ぐらいの小部屋にテーブルが4席で閉塞感があるのですが煙まみれになるよりはまし。

 

IMG_3198-1.jpg
さすが日本人経営の店だけあってメニューも日本語で出てきました。
普段スペイン語に慣れていて日本語で書かれているとかえって混乱するのですが日本人には分かりやすいですし何より安心できると思います。

 

IMG_3200-1.jpg
お通し。
スイカとトマトのスープ。
お味は、別にどうこう言う物でもないただのジュースです。

 

IMG_3201-1.jpg
パンは別料金となるのですが、ちゃんとした物で悪くありません。

 

IMG_3202-1.jpg
エビの串揚げ。
周りに春雨が巻いてあって面白いですね、スペイン人に受けそうです。
食べて最初に感じたのは、とりあえず油切れが悪い。
素人の作るような揚げ物でしたし、見た目のインパクトに比べてソースもただのタルタルですし見た目以外の全てがイマイチな料理です。

 

IMG_3208-1.jpg
ピメント・デ・パドロン。
定番のしし唐の揚げ物です。
先日「Taberna Los Olivares」で食べたこれが久しぶりに美味しかったのですがここのは、またなんですが油切れが悪くて油ベタベタ。
オレンジ色に熟した本来なら捨てる獅子唐も一個入っていましたし、丁寧さに欠けるものです。

 

IMG_3204-1.jpg
パタタス・ブラバス。
見た目は、ほんと今流行の創作タパスその物という感じ。
お味も悪くはありませんでした。
欲を言うと、ソースにあと少しインパクトが欲しいところ。

 

IMG_3205-1.jpg
きのこ入りのコロッケ。
味は、悪くは無いのですが・・
これも、また油切れの悪いものです。
一体ここの料理人は揚げ方を知らないのでしょうか?

 

IMG_3203-1.jpg
マドリッドの名物タパス料理のモツ煮込み。
これが今日食べた中で一番美味しかったです。
バルセロナで食べた中では一番かもしれません。

 

IMG_3210-1.jpg
ホタルイカと説明を受けましたが・・・
こんな大きいのがいるのでしょうか?

 

IMG_3211-1.jpg
まあ、ホタルではなくてやはり普通のイカの味でしたがお味自体は、玉ねぎの甘さが効いていて悪くありません。
奥さんの、今日のお気にいりの一品。

 

IMG_3207-1.jpg
小魚の揚げ物。
獅子唐もそうですが、これも量が多くてこれだけでかなりお腹一杯になりました。
おかしな揚げ加減が続いたのですが、これはまあこんな物で良いと思いますし味も標準的なところ

 

IMG_3209-1.jpg
牛のカルパッチョにフォアグラ。
下のパンは、「L’Olive 」で食べたあのパンの様です。
お味は、カルパッチョが水っぽくてそれがどうにもイマイチ。

揚げ物がヘビーだったのでこれでお腹一杯となりデザートは食べずに、これにて終わり。

■一言メモ■
流行の創作タパス。
スペイン人が日本食にアプローチすると言うのが現在のスペインの創作料理の流行なのですが、その逆で日本人がスペイン料理にアプローチするという点で期待してきました。
食べてみての感想は、期待した物は全く無かったと言うのが正直なところ。

料理は、日本人もしくはスペイン人の料理人、誰が作っているのか知りませんが、まず揚げ物に関しては一から勉強し直す必要があります。

あと、サービスは普通ですが日本語が通じると言うのはポイントでしょうか。

値段については安いと思います。
今日、お腹一杯になるまで食べデザートは食べませんでしたが、カバ2杯にワイン1本、コーヒーまで入れて65ユーロですので悪くありません。

総評としては・・
この店のオーナーは何軒も日本料理店を経営されていて、遊び心でこの店をされたのかもしれませんがこのレベルの料理でしたら、わざわざ日本人がスペイン料理をする理由もなかった様に思います。

日本人だからこそ出来るスペイン料理創作タパスを見せて欲しかったのですが、正直がっかりです。

期待していた分だけ辛い点数付けですが・・・

評価 59点