バルセロナ ウォーカー 

提供:Office Hill お問い合わせ

41º 2

IMG_8826.jpg
先日行ったばかりですが、話題の店だけあって全国ネットのニュース番組に出たり新聞、雑誌に取り上げられる現在バルセロナで一番ホットな店。

さて、今日は先日お知らせした「食べ友募集」に応募された方と二人です。
混むのは分かっていたので、5時開店と同時に行ったのですが・・なんと6時開店!でした・・
しょうがないので近所のバルで時間を潰して6時に戻ったら今度はなんと既に行列が出来ていました!

 

IMG_8828.jpg
でも10分程待ったら無事に入れ、とりあえず一安心。
今回もカウンター、相変わらず中はスタッフが忙しそうに働いてなんだかぐちゃぐちゃ、カクテルバーと言うよりまさにバルです(笑

 

IMG_8843.jpg
私のカクテル。
わりと美味しかったので前回と同じネグローニ。

 

IMG_8845.jpg
食べ友さん(…と文中ではお呼びします)
は、カイピリーニャ にされました。

ちなみに、このカクテルはポルトガル語で田舎者と言う意味だそうですスペイン語なら「カンペシーナ」になります。
なんだかありそうなカクテルの名前ですね。

 

IMG_8846.jpg
前回食べて感激した生牡蠣。
食べ友さんに強力にお勧めして1軒目はこの店にして頂いたのですが・・本当のところ、実はこれを私は食べたかったのです!(笑

ところが・・
あれ?
前回のと何だか違う・・

 

IMG_8849.jpg
では、もう一つ。
今度はライチーと大根おろし入りの牡蠣です。
う~ん・・
ライチと大根の組合わせは悪くは無いのですが、肝心の牡蠣が前回ほど美味しくありません。
あれは、たまたま絶品生牡蠣に当たっただけなのかな?
評3.6/5

 

IMG_8851.jpg
日本の「もなかアイス」と言うところでしょうか。
パルメザンチーズが効いていて・・

 

IMG_8857.jpg
「もなかアイス」に比べると皮は超薄。
評3.4/5

 

IMG_8855.jpg
モッツレーラチーズのボール。
外皮の部分だけがモッツアレーラと思っていましたが聞いてみると中もそうだとの事で同じ物でも違う食感で楽しますエルブジ流の趣向のようです。
評4/5

 

IMG_8856.jpg
前回食べて気に入りましたこれ。
写真では何だか宙に浮いているように見えますね。
外皮はカシスの味で中はヨーグルト。
食べると軽いんですよこれ、何が軽いって言うと説明しにくいんですが、その説明し難さそれがエルブジ料理とも言えます。
評4/5

 

■一言メモ■
前回疑問だったこの店の名前ですが、ついに分かりました!
バルセロナ市の緯度から名付けたそうです。
詳しく言うと北緯41度22分57秒、その41。
私はてっきり温度の41℃と思っていました。

さて、今回の感想は目当てにして来た生牡蠣がイマイチ。
その日の仕入れに大きく左右されるようです。
他は前回とほぼ同じ感想。

あと、カウンター内は相変わらずぐちゃぐちゃ。
こんなに落ち着かないカクテルバーは世界でも珍しでしょう(笑

この店は2回目になりますが私的にはこれで十分。
もう来る事は無いですが・新しいバルセロナの新名所誕生とい言うところです。

エルブジに興味ある人には・・
評価80点
全く興味無い人には・・
評価63点

41º 1

IMG_8399.jpg
このブログでおなじみの、世界一著名な地元バルセロナの料理人フェランアドリアの弟アルベルト氏が新たに開店したカクテルバー。
さすがエルブジグループ店だけあって開店4日目ですが既に行列ができています。

 

IMG_8344.jpg
中は案外と狭い印象。
ところで私が思うのにはスペインにはカクテル文化が未だ存在しないというか発展途上と言うのか・実際今日の店のバーテンダーと話して、彼も私と同意見でまだスペインは始まったばかりでこれからだと言っていました。

 

IMG_8350.jpg
お店の名前は41°と言う事なんですが、意味はなんなんでしょうね?
今回は聞き忘れてしまいました。

 

IMG_8348.jpg IMG_8353.jpg
さて、カクテルバーなのでカクテルを2杯頼んでみました。
この店の料理を目的に来たので、なるべく甘くないものをと私はカンパリの少し苦みの効いたネグローニ。
そしてを奥さんはいつものブラッデーメアリー。

 

IMG_8359.jpg
では、つまみの始まり始まり・・まずはフランス産の生牡蠣。

 

IMG_8361.jpg
黄色いイクラ?の様に見えるのはオリーブオイルです。
いわゆるエルブジですね。
さて、お味はと言うと・・
絶品!
これは美味しい、うならされましたほんと。
評4.7/5

 

IMG_8355.jpg
生牡蠣の別のバージョン。

 

IMG_8357.jpg
ミントがアクセントになりますこちらは。
最初に食べた方が私の好みですが、でも美味しい牡蠣です。
評4.2/5

 

IMG_8375.jpg
ぺろりと食べて、気分は天国!と言う感じです。
以前、生牡蠣をバルセロナで食べたいというコメントに関して全否定(笑)しましたが、今回それについては素直に謝ります。スミマセンでした。
ただ、これはフランス産なので日本から来てバルセロナでわざわざとも思いますが・・

 

IMG_8364.jpg
牡蠣でテンションがあがってその後に食べたのは「メキシコ万歳」と言うタイトルの豚の皮をフライにしたチップス。
中南米ではチチャロンと言います。

 

IMG_8365.jpg
これは、イマイチでした。
評3/5

 

IMG_8385.jpg IMG_8380.jpg
カクテル2杯め。
ワインの方がいいのですが、カクテルバーなのでまたカクテルです(笑
相方はシンガポールスリング。
私は、スペインで一番ポピュラーなジントニック。
ジントニックだけはイマイチでしたが、ほかのカクテルはどれも合格点です。

 

IMG_8387.jpg
モッツレーラチーズ。
これも中に一工夫してありました。
評3.8/5

 

IMG_8390.jpg
ココナッツ味のマシュマロ水分が残っていて。
バルセロナにあるスイートの店の中では好きな「Bubo」にも同じようなマシュマロがあるのですが、こっちが全然美味しい。
評4/5

 

IMG_8392.jpg
ヨーグルトを周りはカシス味の皮。

 

IMG_8396.jpg
横には穴があいています。
ここから、注射器でヨーグルトを詰めたのでしょうか?
これも気に入りました。
評4/5

 

■一言メモ■
予想していた通り開店と同時に行列のできる店になっています。
考えてみるとカクテルバーに行列して待つというのはある意味滑稽と言うか馬鹿げていますが、そこはエルブジグループ話題先行はいつもの通りで、H&Mの東京オープンを思い出します。

さて、まず最初にカクテルバーとして評価してみると・・
私が考えるバルセロナのカクテルの相場としては一杯7ユーロ。
この店は12ユーロもしますので何とも割高
店はオシャレには作ってあると言えますが、カウンターの中が近年のエルブジーグループのレストランの定番ともいえるオープンキッチンで、客側からから見ると料理人が背と尻を向けていて何ともマヌケで見苦しい
また忙しいのは解りますが、カウンターの中を人が行ったりきたりで落ち着かない。
カクテルバーとしては問題だらけで、とても雰囲気を楽しみに行く場所ではありません。

ただ出している、料理(つまみ、スナック)は「EL Bulli」風・・と言うかまさにその物です。
エルブジの予約の取りにくさ、アクセスの悪さ、また値段を考えると簡単にバルセロナでエルブジが体験できるのがこの店の最大の売りに間違いありません。
今日支払は86ユーロ、内訳はカクテル12ユーロ×4杯で48ユーロですので食べ物は40ユーロ/2人程。
エルブジ本店の250ユーロ/1人に比べれば随分安くエルブジ体験ができます。

エルブジと言うキーワードに興味のお持ちの方でしたら一度行ってみる価値は十分あります。
また、日本の土産話にもよろしいかと。

カクテルバーとしては・・
評価49点
料理(おつまみ)・・ 評価80点