バルセロナ ウォーカー 

提供:Office Hill お問い合わせ

Bardeni 4

bardenisanga (1)
前回の記事の缶詰バル。 グルメ不毛地帯と言われるサグラダファミリア近辺ですが、丹念に探せば見つかるのかなと思いつつ、次にやってきたのは、ここそサグラダファミリから徒歩3分程にある、私のお気に入りバル。
手前がバルで向こうが、お勧めリストにも入れているレストラン「Caldeni」 。

 

bardenisanga (2)
ところでバルの入り口に書いてあった注意書き。 「ここはバルでは無くレストランバルです」と、書かれているます。 日本のガイドブックには、レストランとバルと言う分け方でしか書いていません。
以前から私が何度も言ってきたことですが、やっぱりその分け方には無理があります。 その違いを表す意味でスペインでは「ガストロバル」とか「バルレストラン」とか言う人もいますが、私が一番しっくり来る言葉は、この店も言っていますが「レストランバル」。この言葉を私は勝手に普及させてようとしているのですが、こんな所に賛同者がいました(笑

 

bardenisanga (4)
さて、前置きは長くなりましたが。 店の中はこんな感じでカウンターが基本で、あと二人掛けのテーブルが3つ。 なのでグループの利用には向いていません。

 

bardenisanga (5)
テーブルセッティングも、この手のレストランバルとしてはちゃんとしています。

 

bardenisanga (7)
メニューの数はそんなに多くなく、前回来た時とほぼ同じ。 ただその日のお勧めがいつも4,5品あります。

 

bardenisanga (6)
まず、私はCAVAを一杯。

 

bardenisanga (8)
相方は白ですが、今日は臨場感を出すために、お兄さんにカメラの前で注いでもらいました(笑

 

bardenisanga (11)
最初に頼んだのはコロッケ。

 

bardenisanga (12)
日本から来られる方は特にスペインに来てまで食べなくて、いい物の代表なのですが、日本の美味しいコロッケが食べれ無い私は最初のつまみに頼みました。

 

bardenisanga (9)
次は、鰯のマリネ。

 

bardenisanga (10)
日本の〆サバとほぼ同じ味がします。 今日はいつもより酢が弱いようです。

 

bardenisanga (15)
さて、次は肉なので赤を。
また、お兄さんに頼んで臨場感ゴッコやってます(笑

 

bardenisanga (13)
次は肉。

 

bardenisanga (14)
いつもなのですが、やっぱりレアで食べる方が肉は美味しい。

 

bardenisanga (16)
付け合せのポテトはマスタードがたっぷり効いています。

 

bardenisanga (18)
次も肉ですが、違う部位。

 

bardenisanga (19)
柔らかくて、少し甘みもありました。

 

bardenisanga (20)
今日は〆のカフェはやめて、ガス入りウオーターでお口中をスッキリ。 もちろん臨場感ゴッコも忘れずに、なんだかこの遊びにハマリそう(笑

 

bardenisanga (21)

 

2 人で食べて
総額:49.40€ (CAVA1杯、ワイングラス4杯、水1本含む)

csouhyou.png
店の造りは冒頭のフォトで見ての通り、今風のモダンでクール。キャパは小さいので、スペインのバルでありがちな他の客の話し声が煩くてと言うような事はありません。もちろん居合わせる客にもよりますが、こお店の客層は大人が多いのでその点は安心。
サービスはカウンターバーなので、特に何もないのですがストレスを感じるよう様なことは何もありません。

料理について述べると。。
コロッケは同じ事の繰り返しになりますが、この店に限らず日本人がスペインまで来て食べる理由はないでしょう。次の鰯のマリネはいつもより酢が弱かったですが、街場のバルで食べる「ビナグレッタ」より上質。二つの部位の肉は甘みもあり悪くありませんでした。

まとめると。。。
事務所から5分程と近い事もあり頻繁に利用していますが、いつ来てもがっかりさせられる事も無く、サグラダファミリアの周辺の店としては一押しできると思います。

味わい:4.1 食材:4.4  技術:4.2 個性:4.0
雰囲気:4.0 ボリューム:3.9 コスト:4.0  サービス:3.9

満足度:73点

過去訪問記事

 <<< 前記事「Lata Barra」  【HOME】 Joséphine」次記事 >>>