バルセロナ ウォーカー 

提供:Office Hill お問い合わせ

Harrison Foc

harriso (15)
店の名前になっているHARRISONとは、あのハリソンフォードから取ったと言う
変わった名前の店。 ちなみにFOCとは炎と言う意味。

harriso (13)
さて今日は、このブログではあまり扱わない安価なお昼の定食を試してみます。

 

harriso (1)
店の中はこんな感じでキャパは50人弱というところでしょうか。
この日の客は近所で働く サラリーマンにOL客が多くいました。

 

harriso (2)
まず出て来た、お通しのオリーブは平凡。

 

harriso (3)
パン・コン・トマテは自分で作ります。
田舎風のパンはカリッと焼けていましたが少し時間が経っていたようで、
欲を言えば、もう少し温かければ良かったですが

 

harriso (4)
ドリンクは今日も水にしました。

 

harriso (7)
前菜に選んだのは地元の伝統料理
シャトサラダ。

 

harriso (8)
味が濃そうに見えましたが、定食ランチのサラダとして悪くない。
ツナもしっかり入っていました。

 

harriso (9)
この店の定番のブテイファラは見た目が寂しい・・・

 

harriso16.jpg
ですが、このブテイファラはとても
フレッシュで美味しい。

 

harriso (10)
行け合わせのポテトはあと一工夫と言うところ。

 

harriso (11)
定食なのでデザートも試します。
選んだのはシンプルなプリン。

 

harriso (12)
味は普通ですがプリンはずいぶん堅め、それがなんだか気に入りました。

この後〆にカフェ1.36€を一杯飲んで終わり。

 

1人で食べて
総額:14.26ユーロ
(水1本、カフェ1杯含む)

csouhyou.png
サービスは女性二人、移民の人達が多いバルセロナの飲食業界ですが
最近では珍しい、地元のノリの普通のスペイン人。
店のキャパがそれなりにあるにも関わらずこの日は二人で回っていたせいか
ぎりぎりと言う感じで、あと一人は最低入れないとだめでしょう。
ただ、注文また皿出しで待たされる事も無く特にストレスは感じず。

料理に付いて述べると・・・
前菜のシャトサラダは、お昼の定食として食べるものとしては優秀。
メインは皿としては寂しい物がありましたが、ブティファラは最近食べた中でも、
なかなか美味しい物でした。
ただ付け合わせに関してはもう少し工夫があっても良いかと思います。

お昼の安価な定食とは言ってもチップを入れると15€で、バルセロナの相場から言うと
それは少し高めな訳ですが、シンプルながら料理自体は悪くないと思います。
周りには何も無い場所ですので、日本から旅行で来られる方がわざわざ来る
理由は全く見当たりませんが、近くを通ったらまた立ち寄ってみます。

味わい:4.0 食材:4.0  技術:4.0 個性:3.8
雰囲気:3.9 ボリューム:4.0 コスト:3.9  サービス:3.8

満足度:70点

tizudai.png