バルセロナ ウォーカー 

提供:Office Hill お問い合わせ

Ramona

ramonaa (22)
友人に近所に人気のバルがあると連れて来られたお店。
まだ開店して一年程とのこと

ramonaa (1)
店内はこんな感んじで非常に狭い。
グラシア地区で良く見かける若者向けのバルみたいです

 

ramonaa (4)
タパスの種類はそんなに多くありません。
値段設定は安めでしょうか。

 

ramonaa (2)
今日のお勧めが黒板に書いてありますが・・・・
濡れた雑巾で拭いて、まだ乾き切らないうちに書いたので見難い! (笑

 

ramonaa (5)
まずはCAVAで乾杯! 2€

 

ramonaa (6)
揚げたラビオリとロメスコソース 5.80€

 

ramonaa (7)
まるで揚げワンタンです。

 

ramonaa (8)
中には海老が入っていて、お味はまずまず。

 

ramonaa (3)
ドリンクメニューは街場のバルの標準価格。

 

ramonaa (9)
地元カルーニャ、Monsantのワイン。  13€
これって、なんだかJimilla産のワイン「Juan Gil」のラベルのパクリの様な気も・・・。

 

ramonaa (10)
さてお次のタパは、今日のお勧めにあったSticks de calamares  6.50€

 

ramonaa (11)
この揚げたステイックと

 

ramonaa (12)
アリオリソースを付けて食べますが、アリオリは流行りのエスプマ。

 

ramonaa (13)
ステイックの中にはイカとイカ墨が。
初めて見る創作です。

 

ramonaa (14)
次は地元伝統料理のXataonada 4.80€

 

ramonaa (15)
ちょっと苦みのあるレタスとツナ、オリーブ、アンチョビ、そしてロメスコソース。
お味は、まずまず。

 

ramonaa (16)
モルシーヨ(血入りソーセジ)を中に詰めたコロッケ。 2€×2

 

ramonaa (17)
中はこんな感じ。
アイデアは面白いのですが、それだけの様な気も

 

ramonaa (18)
トマトとツナのサラダ。 6.00€
大きなツナですね

 

ramonaa (19)
トマトは2種類。
少し色の黒いのが「クマト」言う名のトマト、ちなみに熊本原産と言う訳ではありませんヨ (笑

 

ramonaa (20)
マグロのタタキ。
今ではすっかりスペイン料理になりましたね、これも

 

ramonaa (21)
マグロの周りを炙ってゴマを掛け、付け合わせはイチジク。
特にどうってこと無い料理です。

 

IMG_1911.jpg

2人で食べて結構飲んで
66.30€ (赤1本、CAVAグラス2杯、グラスワイン4杯、水4本含む)

csouhyou.png
サービスは街場のバルとして見ると平均点以上。
感じの良い女性オーナーに、もう一人のお兄さんもこれまた感じが良く対応してくれます。
また満席にも関わらず注文、皿出しに待たされる事も無くストレスを全く感じませんでした。

料理については、一言で言うと特に印象に残る物は何もありません。
一応今の時代の創作タパスをやろうとしているの分かりますが、流行をなぞっているだけで、
このブログでお勧めしている、それらの店に比べるとインパクト無く完成度はまだまだ。

ただしドリンクを含めて料金はリーズナブル。
街場のどこにでもある小さいバルなのですが、雰囲気感じの良い店は
普段使いに良さそうで、友人のみならず実際私の自宅の近くならリピートすると思いますが
日本からの旅行者、またこの近くにお住まいで無い方にはどうでも良い店でしょう。

味わい:3.8  食材:3.9  技術:3.9 個性:4.0
雰囲気:4.0 ボリューム:3.9  コスト:4.0  サービス:4.0

満足度:68点

tizudai.png

大きな地図で見る