バルセロナ ウォーカー 

提供:Office Hill お問い合わせ

Ciudad Condal

conda1.jpg
この店の名前スペイン語のCIUDA CONDALと言う呼び名に慣れているのですがここバルセロナでは最近は一段とスペイン語表記に対する締め付け逆差別が強まってきていますのでカタルーニャ語で「CIUTAT COMTAL」と
しておきます。
カタランの意固地にもあきれたものです(笑

 

IMG_4191-1.jpg
さて、今日は2階席に来ました。
大繁盛の店ですが、案外とキャパは小さくて各テーブルの間隔もかなり狭くなっています。

 

IMG_4193-1.jpg
スペインのビールのつまいの定番。
揚げの温度が低すぎたのでしょうか、色は良いのですがイマイチ。

 

IMG_4192-1.jpg
これも、定番のロシアンサラダ。
普通に美味しい。

 

IMG_4194-1.jpg
コロッケ。
まあまあ。

 

IMG_4195-1.jpg
ヒレ肉の串焼き。
ピンチョモルーノの味がしました。

 

■一言メモ■
この店は、「CERVECERIA CATALANA」の姉妹店です。
このグループの店にはあと「LA FLAUTA」なんかもあります。
店によっては多少違うメニューもありますが基本どの店で食べても値段、味、サービスどれも変わりません。
フィリピン人のウエイター達にワインまで、どの店も同じ。

さて、このレストラングループもバルセロナの外食の勝ち組の典型。
名前を変えて色々なタパス・レストランを経営する同族会社のチエーンでブランドの希薄化になる2号店はあえて出さず、全て違う名前の多店舗経営。
的確に一定の客層をターゲットとした巧みな経営戦略。

チエーンの店は面白みに欠けますが、味とサービスがある程度保証されますので外れも無く使いやすいです。
値段も、今日はこの他にカバを一本空けて32ユーロ。
コストパフォーマンスも抜群です。

あと、料理ですが何でも全て美味しいというわけではなく、やはり多少の当たり外れがあります。
もし、そんなに美味しく無いと思う人がいれば、それはたまたま運悪く外れを注文しただけです、色々他にも試してみてください。
今日は、グループ共通の美味しいタパスは知っているのであえて違うのを食べたので、まあまあだったのですが。

定番ものを頼むと、他の2店と同様に決してがっかりさせない店だと思います。

満足度  80点