バルセロナ ウォーカー 

提供:Office Hill お問い合わせ

Gaudi Garraf Restaurante

201501242302231e2
バルセロナ電車で30分の郊外のレストランへやって来ました。

 

20150124230221ad8
ガウデイ建築の一つ、ガラフ酒造と呼ばれる建物の中にあるレストランです。

 

2015012423022685c
最初は、てっきりこの右のレストランかと思い

 

20150124230230aad
入ったら、こっちは結婚式等のパーテイー用で

 

20150124230249804
連れていかれたのは、このガウデイが建てた石造りの建物の中。

 

20150124230258ef7
中へ入ると、こんな感じで、こじんまりとしています。

 

20150124230253aad
セットになった季節メニューと言うのがあって、その中にカルソッツが含まれていましたのでそれを試す事にします。 前菜、メイン、ワイン、カフェが入ってお値段は30.80€。

 

20150124230255295
お店の名前にガウディと言うだけあって、こんな皿を使っています。

 

20150124230317b98
ドリンクは赤と水それぞれ1本。 ちなに、この建物はガウディが作った時は酒蔵だったのですが・・ ワインは地元産じゃ無く、カステーリャラマンチャ産でした。(笑

 

201501242303216b6
通しのマッシュルーム。

 

20150124230323476
オリーブオイルに緑はパセリ。 良く見かける定番調理。

 

20150124230319962
パン・コン・トマテは自分で作ります。

 

2015012423032672c
パンは田舎風に見えますが、軽いパンで焼いて出してくれたので パリッとして良い感じ。

 

20150124230342710
知っている人も多いかと思いますが。 トマト、ニンニクを半分に切ってパンに擦り付けて

 

20150124230340b19
オリーブオイルを掛けます。 ちなみに、塩はお好みで

 

20150124230127f90
でき上がりはこんな感じ。 美味しいんですよね、これ。  まあカロリーを気にしなければですが(笑

 

20150124230129973
さて、お目当てのカルソッツが出て来ました。

 

20150124230131bbd
ロメスコソースを付けてパクリ。

 

20150124230133b20
さて、ここからメイン。 私は、いわゆる日本で言うところのラムチョップ。

 

20150124230135ac6
結構なボリューム。 ちなみに、ラムの良い臭い (笑 。
ちょっと食べて慣れない日本人にはキツイかな?

 

201501242301529db
相方は、セクレットでイベリコですが

 

20150124230154215
ちなみに、イベリコ豚の中でも1頭あたり600グラムしか取れない希少部位と言われてはいますが、いつ食べてもどうって事無い・・

 

20150124230156d80
最後にデザートは地元のコテコテ料理らしく、クレマカタランにしましたが さすがにヘビーなので、2二人でシエアしました。

 

20150124230159a2f
そして、最後はエスプレッソで〆。

 

20150124230201cb9
二人で食べて61.60€

 

souhyou

まず店の造りについては、あのガウディ建築の中にあると言う 他には無い圧倒的な個性があります。
ただ、石造り建物の 横から入る辺りまでは面白いのですが、中は特に印象に残らず。
その理由は漆喰の壁に施された稚拙な塗装と、レンガがむき出しの天井はまるで最近施行された様な新さはでバルセロナの市内で普通に見かける流行りだけの薄っぺらいレストランと一体何が違うのでしょう?。
また、サービスに付いては他に客のいないマンツーマンだったので、悪くはなった訳ですが 連日閑古鳥が鳴いている店で、これをそのまま評価とするには 少々問題があります。

 

続いて料理に付いて述べると・・・ お通しに出たマッシュルームは特にどうという物では無いですが、料理が出てくる間の 時間つぶしとしては悪くはありません。
パン・コン・トマテも軽めのパンでしたがトーストしてあり、食感もサクッとして良い感じ。
ワインはセットメニューに付いてくるテーブルワインなので、元々期待する物では ありませんのでコメントは控えますが、ワインリストを見て見ると非常にありふれた セレクション、その全てがスーパーで普通に買える物では何とも寂しい。
前菜のカルソッツは焼き過ぎで中身の食べるところが少なく、調理の経験不足が見てとれ、メインの肉はボリューム十分でその点は不満ありませんが、料理は悪く言うと ただ素材を焼いただけ。
デザートのクレマカタラナも昔ながらと言えば聞こえは良いですが、それでは全く芸が無い。

 

まとめてみると・・
コスパ的には平均的で高くも無く安くも無くと言うところですが、建物が非常に個性的 であるにも関わらず、レストランの造り、料理共に何の個性を感じ無いのは残念です。
ついでに言うと、お土産物屋で売っているお登り観光客向けのガウディデのモザイク皿を使うというのは?

またどうにも垢ぬけないテーブルセッテイングと言うのもいかがなものでしょうか?

結局のところは、田舎でよく見かける結婚式のパーテイ用、その手のレストランと言う事で事足りるかと思います。

味わい:3.5 食材:3.6  技術:3.3 個性:3.2
雰囲気:3.5 ボリューム:4.2 コスト:3.8  サービス:3.8

評価59点

 「TOP」  次記事「La Puntual」 >>>