バルセロナ ウォーカー 

提供:Office Hill お問い合わせ

Taverna hofmann

may.jpg
料理学校、一つ星レストラン、
そして定評のスイーツ店を展開中のMay Hofmman女史。
最近また新しい店をオープンしました。

hoooh.jpg
場所は在住日本人にお馴染の、あのラーメン屋さんのすぐ近く。
以前、「Cal Xim」そして去年まで「El Foc Ca la Nuri」があった場所で、
私的にはどちらも料理は決して悪くは無かったのですが、集客に窮して閉店。
と言う訳で決して、この場所は良いローカルとは思えないのですが・・
May女史なりに、今回は勝算があっての開店なんでしょうか?

 

tavehoff (3)
中へ入ると以前のまま。
奥のキッチンも何も変わっていない、いわゆる居抜き出店。

 

tavehoff (1)
店名にTaverna「居酒屋」とは付いていますが、メニューの品数はたったこれだけ。

 

tavehoff (2)
と思ったら、お勧めがそれ以外にありました。
ただ、それにしても決して多いとは言えません。

 

tavehoff (5)
ワインはこの店のお勧め リオハ産18€。
お味は特にコメントする事はありませんが、あえて言うなら値段相応。

 

tavehoff (7)
パンはフォカッチャ 2€。
ランチに出した物を焼き直したのか? これはなんだかイマイチ。

 

tavehoff (8)
シーザーサラダ 8€
近年、創作バルで良く見かけます。

 

tavehoff (9)
普段オリーブにオイルに慣れているせいか、たまにマヨネーズ系も悪くない。
ただベーコンは、いつ作った物なのか?
なんだか干からびていてイマイチ。

 

tavehoff (10)
これも近年よく見かける一品。

 

tavehoff (11)
卵のフリート、ポテト、ソオブレアサダと言うお馴染の組み合わせ。  6€

 

tavehoff (12)
〆はチュレトンにしました 34€

 

tavehoff (14)
こんなソースが付いて来ます。
ちなみに付け合わせの野菜は凝っていて悪くない。
今まで食べたチュレトンはどれも、ポテトとピキーヨと言うワンパターンでしたから。

 

tavehoff (13)
肉の焼き加減はいつもの事ながらレアで注文。

 

tavehoff (17)
肉は脂身が結構入っています。

 

IMG_2772.jpg

2人で食べて
総額:68.50ユーロ  (ワイン赤1本含む)

csouhyou.png
店は一応Taverna(居酒屋)と言う事になっていますが、サービスはレストランレベル。
なので、このカテゴリーとしては全く不満はありません。
また、店の造りはこじんまりとしていますが、おしゃれな造りで悪くは無い。
ただしスペースに対して無理に席数を稼ごうとしているせいか、
テーブルは非常に小さくグラスの置き場所にも困る程で、その点がマイナス。

料理について述べると・・
ランチに焼いた物を温め直したのか、こんな美味しくないホカッチャは初めて。
シーザサラダは使われていたベーコンがイマイチでしたが、それ以外は普通。
創作の卵料理は、流行りをただなぞっただけで満足感には程遠い。
チュレトンは付き合わせ野菜、ソース、また肉のジューシーさ共に悪く無く
今日食べた中では唯一満足感がありました。
ただし、それも突き詰めると肉のジューシーさや甘味は脂身が多かった故で
肉本来の旨味に関しては普通。

さて最初に述べた通り、今まで上手くいった例が無い非常に難しいローカル。
そんな中、ハッキリ言って今日の料理ではこれまでの二の舞。
バルセロナでは知名度抜群、そしてやり手のMay女史ですが、
この程度の物で勝算ありと本当に思っている様でしたら・・

甘いとしか言いようがありません。

味わい:3.8 食材:3.9  技術:3.8 個性:3.7
雰囲気:3.9 ボリューム:3.8 コスト:3.8  サービス:4.0

満足度:64点

tizudai.png