バルセロナ ウォーカー 

提供:Office Hill お問い合わせ

Cal Pep 5

cal-pep11no (2)
既に何度もこのブログに登場しているお馴染のバルです。

mataitapep (7)
カウンターだけの店ですが、どうせ座るなら調理している所が見える
真中あたりに座るのがお勧め。
でも、残念ながら自分では選べないので運に任せるしかないです。

 

dorinku1.png
mataitapep (4)
とりあえずのビール1杯

 

mataitapep (2)
この店の定番のアサリ。

 

mataitapep (3)
オリーブオイルとアサリの出汁、それに細かく刻んだ生ハムが絡み合って絶品。

 

mataitapep (10)
日本人には、なぜかほっとする味。

 

mataitapep (11)
マグロのタルタルは、ごま油が使われているのかな?
そんな味が微妙にします。

 

mataitapep (12)
カリカリパンの乗せて、パクリ。

 

mataitapep (5)
マテ貝

 

mataitapep (6)
最近は、大きいの物より小ぶりな方が美味しい様な気がしています。
ただ今日は少し砂を噛んでいたのが残念。

 

dorinku1.png
mataitapep (16)
ハウスワインの赤が、アラゴン州Somontano産のUgarteから地元カタルーニャMontsants産に 変わっていましたが、以前の方が良かったかな。

 

mataitapep (8)
この店を代表する名物料理。

 

mataitapep (9)
日本から来た知人も大絶賛! ◎

 

mataitapep (14)
ほうれん草とひよこ豆とブテイファラネグラ。

 

mataitapep (15)
よく見かける料理ですが、まあそれなり。

 

mataitapep (13)
最後はソーセージと豆。
ソースは甘く人に寄って好みが分かれるところ。

 

この以外に写真はありませんがこの他にピメント・デ・パドロンとヒレ肉鉄板焼きを3人で食べて
総額:一人35€程 (ビール1、ワイングラス2杯含む)

csouhyou.png
今日、一緒に食べた一人が甲殻類アレルギーだったので、いつものホタルイカとひよこ豆の炒め煮は食べませんでしたが、他の定番料理はいつも通りの味で安心して食べれました。

ただ唯一インパクトが無かったのは、ほうれん草とひよこ豆。
これはあえて頼む程の 一品では無いかと思います。

相変わらずですが、この日も19時半開店時の客全員が外国人観光客で地元率ゼロ。お正月休みのせいか日本人観光客の姿が目立ちました。

さて、料理は年に何度となく訪れる常連の私にはマンネリと言えない事もありませんが日本から知人が訪ねてきた時にこの店だけは外せない、そう言いきれる一軒です。

味わい:4.3 食材:4.0 技術:4.1 個性:3.9
雰囲気:4.0  ボリューム:3.8  コスト:3.9  サービス:4.0

満足度:75点
ctizu.png

大きな地図で見る