バルセロナ ウォーカー 

提供:Office Hill お問い合わせ

Can Fabes (閉店)

IMG_3005.jpg
久しぶりと言うと何なんですが・・
10年ぶりに来ました(笑
以前とはだいぶ変わった様で、壁の色の違うところに入口があったのですが写っていませんが現在はこの右側になっています。

 

IMG_2946.jpg
中も数年前に大改装したそうで、だいぶ変わっていましたが・・・

 

IMG_2945.jpg
写っているこの壁のへっ込みそこのテーブルで食べました前回(笑
ああ、懐かしい。

 

IMG_2913.jpg
今日は、135€のコースです。
ネットのプロモーションで、ドリンクとカフェが込みの値段です。

最初のアミューズ。

 

IMG_2911.jpg
バルセロナにある、この店の支店とも言える1つ星のレストラン「EVO」で食べたのと似ています。

 

IMG_2912.jpg
左のフォアグラはいま一つでしたが、他はどれも美味しかったです。

 

IMG_2914.jpg
アンチョビの乗ったコカ。
下はパイ生地。

 

IMG_2919.jpg
イワシの塩が強過ぎで、食べた後に舌に塩が残りました。
この軽いパイ生地は、塩を受け切れずに負けています。
飾りのカイワレも、もう少し綺麗に乗せて欲しかったですね。
評価3.5/5

 

IMG_2916.jpg
アミューズは続きます。
パン・コン・トマテだそうです。
上は生ハム、下はナンの様なパンです・

 

IMG_2922.jpg
パンの中身は空洞。
中に見えるオリーブオイルは美味しく、まさしく絶品でした。
ただ、ハムとパンも含めてトータルで評価すると、アイデアの割りにはそれほど感動はありません。
3.7/5

 

IMG_2924.jpg
パンは何種類もあって選べるのですが、奥様は色々試したいと言う事で、順番に持ってきてもらったまず最初のパン。

 

IMG_2928.jpg
アミューズで食べたオリーブオイルに比べてこれは平凡。
バターも普通。
パンは揚げパンの様で、これらとは相性が良くありません、。

 

IMG_2929.jpg
カリフラワーとホタテの上にパンセッタ(豚トロ)。

 

IMG_2935.jpg
パンセッタは最近の流行りですね。
評3.9/5

 

IMG_2933.jpg
またホタテ。

 

IMG_2939.jpg
下のソースと合わせて、美味しい。
これ気に入りました。
評4/5

 

IMG_2950.jpg
前菜のエビの、ラビオリ。
他の店でも過去に食べましたが・・

 

IMG_2954.jpg
この店は中にはキノコが入っていますが
この組み合わせは素晴らしく、さすが三ツ星と言える出来。
評4.2/5

 

IMG_2951.jpg
海老は色からするとパラモス産でしょうか、甘味も充分ありプリットしてました。

 

IMG_2956.jpg
初めて聞く魚の名前で、大きい口と言う名の魚と説明を受けましたが、どんな魚か想像できないのですが・・。
味は、ロダバーヨみたいな感じ。

 

IMG_2957.jpg
全て有機野菜ということです。
確かに野菜の味は、それぞれ悪くありませんが肝心の魚は平凡な出来。
評価3.9/5

 

IMG_2958.jpg
野菜には根っこがひょろり。
日本のレストランで良く見ますが、こちらバルセロナでも、これがこれから流行るんでしょうねきっと。

 

IMG_2959.jpg
魚に付いてきたズッキーニのスープ。

 

IMG_2961.jpg
私には、何もこのスープの良さが感じませんでした。
また、この魚に合わせる必要があったのか疑問です。

 

IMG_2962.jpg
本来は牛すね肉のコンフィだったのですが、レストランに着いたのが、遅くて15時をまわったせいでしょうか、これに変更されました。

 

IMG_2964.jpg
ソースを掛けてくれてこんな感じ。
付け合わせは、さっきと同じで根っこひょろりの有機野菜です

 

IMG_2970.jpg
肉は、なんだか豚の様な味と食感だったのですが牛です。
ちなみに焼き加減は聞かれませんでしたが、火入れは私的にはこれでOk。
ソースもそれなりに美味しいのですが、過去にシエフの肉料理を何度も食べている私としては、こんなものかと言うところで今回はインパクト弱し。
評3.8/5

 

IMG_2975.jpg
デザート。

 

IMG_2984.jpg
それぞれ、混ぜて食べて下さいとの事で相方は、見ての様にスプーンでぺしゃんこにしてしまいました。
なんとも大胆なと言うか無茶をします・・(笑

お味は、ありふれたものでした。
評3.4/5

 

IMG_2980.jpg
プチフール。

 

IMG_2990.jpg
種類も多くて、まあまあ。

 

IMG_2996.jpg
カフェにおまけが付きました。

 

IMG_3015.jpg
一人135€で飲み物全て込みの明瞭会計。
金額的には満足できます。

 

■一言メモ■
今年、スペインを代表するシエフの一人地元出身でこの三つ星レストランのオーナーSanti Santamaria氏が急死されて、現在はその一番弟子でバルセロナ市内の2つ星レストラン「Abac」をやっていたXavier Pellicerシエフがその後を継いでいます。

まず、10年近く来ていなかったので、Santi Santamaria氏の以前の料理と比べてどうと言う事は言えないと前置きしますが・
では現在のシエフのXavier Pellicer氏の料理は「Abac」で過去に何度も食べていますが、それを元にコメントすると・・・
以前から彼の料理の肉の出来は満足いっていたのですが、魚はいつも特筆する様な物が無かったと言うのが私の印象でした。

今日食べた感想としてはアミューズ&前菜は悪く無くて実際、前菜のエビのラビオリまでは良かったのですが、その後に続くメインの魚と肉、
あとデザート共にインパクトの弱い物で、今日のこの料理の為にバルセロナから一時間電車に乗って来る価値があるかと言うと微妙です。

あと、サービスについては普通で特に問題無しの合格点。
ただ店は以前の田舎家作りを改装していて、クラシックなのかモダンなのかなんだか中途半端で、その点は私の好みではありません。

このレストランのあるSan Celoniの街は風光明媚も何でも無いしょぼい田舎町。
今日の様な感じがこれからも続くなら、同じ三ツ星として前回訪問した時の印象が良かった「San Pau」に私は行ってしまいます。

老舗3つ星レストランですので当然、他の店より厳しい評価で採点付けしていますので、それは理解してください・・

評価64点

追)ただ、アラカルトにすれば良かったと後悔するところもあるのですが・・
誘導されたのかな?


大きな地図で見る