バルセロナ ウォーカー 

提供:Office Hill お問い合わせ

Arola

IMG_6215.jpg
海岸にある高層のリッツカールトングループの5つ星ホテル「Arts」内にあります。

 

IMG_6217.jpg
2階に上がったところがレストラン。
テラスもへ併設していて結構なキャパ。

 

IMG_6232.jpg
店の中は、こんな感じでモダンな作りですがそれに全くそぐわない、流行の創作料理を食べるとも思えない老夫婦客もいて、なんともちぐはぐな客層と言うのが第一印象でした。

 

IMG_6233.jpg
カクテルバーが併設されていて、メニューを持って来た際に何かカクテルは?と聞かれましたが・・・
普通なら、CAVAかシャンパンと聞くはずが変な店です。

 

IMG_6227.jpg
お通し。
まあ、何と言う事も無い物です。

 

IMG_6236.jpg
パン・コン・トマテ。
この店は自分で作ります。
パンがパリッと焼けてはいますが冷たくオリーブオイルの味がありふれたレベルで他に選択はなかったのでしょうか。

 

IMG_6240.jpg
Patatas bravas de Arola,fritas y rellenas de salsa picante y
recubiertas de alioli. 11€
パタタスブラバス。
この店の、ブラバスが最近あちこちのの創作タパスで見かけるこのタイプの元祖ということです。

 

IMG_6244.jpg
切ってみると。
中はアリオリソース。
下にはピカンテ(辛いソース)となっています。
食べてみての感想は、アリオリソースの味が強くてその味が全てと言うところで「Bar Tomas」のブラバスのアリオリとそっくりで、期待していた物と違いました。
辛いソースはパプリカ以外にタバスコも入っているのでしょうか?かなり辛い。
評3.5/5

 

IMG_6245.jpg
Alcachofas Mini corazones “Morelll”con un mojo de ajo y perejil 15€
アーテイチョーク。
緑色のソースのはパセリです。

 

IMG_6249.jpg
味は悪くありません。
まあ素材で食べると言う料理なのですが、ソースの色も綺麗だしまずまずと言うところ。
評3.5/5

 

IMG_6251.jpg
Saldinas marinados con maracuya y pimienta calabresa. 10€
イワシ。
もう少し違う物、味を想像していたのですが・・・
味は100%日本のしめサバでした(笑
つまらない日本の猿まねです。
評2.8/5

 

IMG_6256.jpg
Mini-croquetas caseras de queso gorgonzola. 9€
コロッケ。
オリーブと生ハムもしくはチーズ入りとありましたが私はゴルゴンソーラチーズにしてみました。

 

IMG_6260.jpg
味は、悪くありませんが・・
かと言って最近食べた中で特にと言う様な事もなし。
評3.5/5

 

IMG_6253.jpg
Gambas Blanca de Huelva. Acompnadas de un salpicon de hortalizas y
un pure de aguacate 16€。
何を言いたい創作料理なのかよくわかりません。
コンセプトに問題があるんじゃないでしょうか、これ?

 

IMG_6262.jpg
見た目は美味しそうに見えるのですが・・。
エビもそれほど美味しくないし、量もほんの少しこれで16€です。
街場のバルでこんな物でこの値段をとったら確実に客に刺されます。
評2.5/5

 

IMG_6259.jpg
Rabo de buey,Guisado en su jugo y servido en raviolis de pasta Wangtong. 14€
牛テールの煮込みをワンタンの皮で包んだラビオリ。
肉は美味しいですが、アイデアは有名シエフの作る創作としてはこんな物かと言うのが正直なところ。
評3.8/5

 

■一言メモ■
マドリッドの2つ星レストランのシエフSergi Arolaがバルセロナに出した創作タパスの店です。
本人はマドリッド居るようなので、その弟子がやっているのでしょうか。

さて料理については、最近訪れた人気の創作タパスのレストランの平均レベル内にはあると思いますが、ホテルにあるレストランは割高と言う定説通りと言う事でCPがかなり悪い。

ワインも一番安いのが33ユーロからで、リストには50€代のワインが多くそしてどれも市売価格の2~2.5倍掛けと安くありません。
何もせずに25~30€の儲けが出る美味しい商売です(笑
ちなみに、高級食材を使っているわけでも無いのに2人でデザートまで食べたら軽く150ユーロ程になります。

店の作り雰囲気は、モダンなのですが落ち着きのない客(アメリカ人観光客)に、若くて元気が良いだけのサービススタッフ達と誰も頼んでいないのに店内に流れる大音量のBGM。
それも、ジャズからボブマリーまでとなんだか訳がわからない・・
いったい誰の選曲か?
センスを疑います。

CPが悪く、これと言って抜けた一品も無い料理と雑なサービス。
それに輪を掛けたような客層。
私の再訪の可能性はゼロと断言できます。

評価61点