バルセロナ ウォーカー 

提供:Office Hill お問い合わせ

La Maison du Languedoc Roussillon (閉店)

IMG_1984-1.jpg
前回の「Dos Cielos」のネット予約で味をしめて2匹目のどじょうを狙い
2×1(一人分の値段で二人が食べられる)と言うのがあって今回も利用してみました。

この店は、バルセロナで一つ星を取っている「Caelis」シエフが監修しているとのこと。
また、店の名前でも分かるようにフランス風料理です。

 

IMG_1985-1.jpg
間口は狭いのですが、中に入ると2階席もあり結構なキャパがあります。

 

IMG_1939-11.jpg IMG_1941-11.jpg
お通しは。
オリーブとチーズが練りこんだパイ。
まあ、別にどうと言うものではありません。

パンは2種類あって一つは玉ねぎ味で美味しかったんですが焼きたてとは言わないまでも、暖めてあるとより良かったのですが。

 

IMG_1986-1.jpg
シーフードの盛り合わせ。
なんだかフランスっぽいですね。

 

IMG_1988-1.jpg
これ、海のカタツムリなんて別名もありますが
サザエとタニシの中間みたいな感じです。
さて、この盛り合わせ美味しいかったかと言うとまあ・・・素材以外ないのですが、その素材はインパクトまるで無し。
エビも食べてすぐ安物とわかる物でイマイチ。

 

IMG_1987-1.jpg
アスパラのグリルと温泉卵。
トリフも入って、香りが食欲をそそります。

 

IMG_1989-1.jpg
また下にパンが敷いてあるのですがサクっとして良い感じ。
これは、なかなか美味しかったです。

 

IMG_1990-1.jpg
牛すね肉の煮込み。
お味は平凡。
付け合せのポテトはバターが効いていて悪くなし。

 

IMG_1991-1.jpg
スケット。
魚貝のスープ煮込みでしょうか。
この料理は良く塩が効き過ぎて濃い事が多いのですが味もソフトでその点は悪くありません。

 

IMG_1994-1.jpg
私のデザート
ホワイトチョコレートスープにバニラのアイス。
また、ビスケットの欠片が入っているのが面白い。
今まで、バルセロナでは食べた事の無いタイプのデザートでした。
お味は悪くありません。

 

IMG_1992-1.jpg
奥さんデザート
チョコのアイスとチョコレートケーキ。
これも悪くありません。

 

IMG_1995-1.jpg
カフェには、ミニマドレーヌが付いていました。

 

■一言メモ■
今日の料理は本来なら1人50ユーロなのですが、ネットのプロモーションで2人で50ユーロで
含まれている物は水とコーヒーでアルコールは別料金です。
食べて見ての感想は、この料理が本当にもし50ユーロするなら、とんでもないと言えます。
25ユーロなら・・・まあ、許せるかと言うぐらいで全くお得感無し。

料理は、取り立てて不味い物も無かったのですが、かといってこれと言う物も無し。サービス、店の作り、雰囲気共にこの値段(一人25ユーロ)でしたらなんとかぎりぎり合格でしょうか。
ただ、かと言ってリピートしてアラカルトで他の料理をチエックしようなんて気はおこりません。

子供だましのプロモーションなんて、結局はなんの集客にもならないと解らないんでしょうかね、この店。

評価63点