バルセロナ ウォーカー 

提供:Office Hill お問い合わせ

Mirador

IMG_5031-1.jpg
世界遺産のカタルーニャ音楽堂の中にあるレストラン Mirador(ミラドール)へ行ってきました。

 

IMG_5032-1.jpg
店内はご覧のように、いたってモダンな感じ。
今年はどこのレストランも昨年以上に不景気のようです。
この日は私達以外に一組のみ。

 

IMG_5033-1.jpg
さて、付け出しに出てきたオリーブ。
なかなか美味しい。

 

IMG_5034-1.jpg
付け出し二つ目。
うなぎとマグロか何かです。
お味は、まあまあと言うところです。

 

IMG_5035-1.jpg
(エスカリバーダ)焼き野菜のコカ。
上に甘いシロップの様なものが掛っていました。
お味は、普通と言うか大した事無し。

 

IMG_5036-1.jpg
牛のタルタル。
上から2番目の写真に見えている、女性スタッフがまず、味の好みを聞いて私達から見えるところで味付けしてくれ、出来上がりを味見に持って来てくれます。
面白いシステムです。
で、お味の方はと言うと色々と調味料を加えて手をかけてあるとも言えますがインパクト無し。

 

IMG_5038-1.jpg
メインの一つにチキンを頼んでみました。
大きくてびっくりのサイズです。
ただ、お味は平凡な物でした。

 

IMG_5037-1.jpg
もう一つのメインは魚。
アンコウの尻尾の部分です。
魚自体には、しっかり味が付いていましたが単調な味付けで、街中にあるその辺のレストランの料理の域から出ていません。

 

IMG_5039-1.jpg
最後のプチフール。
これは、そこそこ美味しかったでしょうか。

 

■一言メモ■
バスクのピンチョスのレストランチエーンを経営する「SAGARDI」グループのレストランの一つです。
このピンチョス・レストランのチエーン日本で言えば回転寿司のチエーンの様なもの。

ただ、この店ではちゃんとしたレストランの料理を出しているのですが所詮は知れた物で、味のレベルもありきたりで満足感に欠けるものでした。

料理以外に、私達のテーブルがぐらぐらして落ち着かないので直してくれるように言いましたがテーブルの足の下に紙を入れたりしてくれたのですが
結局直らず、他のテーブルに変えてもらったのですが、またそこも同じでぐらぐら。
なんと、どのテーブルも似たようなもので結局最初と同じテーブルで食べることに。
この店は昨日今日開店したわけではないのですからいったい今まで、毎日何を考えてこの店やっているのでしょう?
あと、客もいないのに注文してから10分以上待たされて飲んだ白ワインも温くて、飲み終わる頃にやっと冷えてきたというありさま。
しつこく言いますと、これ以外にアミューズと前菜を一緒に持ってきたり。
スタッフのお姉さんはフレンドリーなのですが、はっきり言って料理の味を語る以前にこの店は基本が全然できていません

満足度  45点以下