バルセロナ ウォーカー 

提供:Office Hill お問い合わせ

El Gran Cafe

IMG_2250.jpg
ゴシック地区の市庁舎近くのAVINION通りにあるクラシックなレストラン「グランカフェ」に行ってみました。

 

IMG_2251.jpg
見ての通り良い感じですね。
バルセロナに数あるレストランの中でもなんとも雰囲気のあるレストラン。
店内もかなり広くて、写真で見える2階またグループ用に地下もあるとの事です。

日本から初めてヨーロッパに来た方でしたらこの雰囲気は超お勧めです。

 

IMG_2252.jpg
さて、テーブルに着くとすぐに出される付きだしのパルメザンチーズ。
カウンター近くに数十キロはあるかと言うパルメザンチースの塊から切り出してくれます。
バルセロナではオリーブの実とかが、多いのですがこれは面白いですね。

 

IMG_2254.jpg
さて、前菜に注文したアーテイチョークのラビオリ。
まあ、不味くはないですがバルのお昼の定食で食べれる様なレベルでした。

 

IMG_2253.jpg
タラの塩漬けを戻してサラダにした地元カタルニャー地方の定番料理エスケシャーダ。
出てきた時は、見た目で「おお良い感じ!」
しかし、食べると上に乗っかってる糸状のネギがどうにも硬くて、これも不味くは無いですが、ネギの硬いのを差し引いても平凡な一品です。

 

IMG_2256.jpg
さて、メインには鴨のコンフィタード。
料理自体は悪くは無いのですが、塩がきつくて舌に残ってしまいました。
横についてる洋ナシコンポートと合わせて食べればちょうどなのかと思いましたが、結局のところ最後まで塩が舌に残りました。
ただ付け合せのポテトはカリっと表面が焼けて良い感じ。

 

IMG_2257.jpg
天然のスズキのグリルにウイキョウが乗った一品。
お味は・・・・魚の鮮度に問題があるのか? 天然の良さが全く感じらずスーパーの冷凍物の様でした。
付け合せの野菜は甘みが出ていて美味しかったですが、もうひとつの付け合せのポテトのボイルは全く味が無く水煮その物で上から塩、オリーブオイルをかけたりと、味付けを自分で試みましたがどうにもなら無い代物でした。

以上の4皿が行く前に、ネットで調べたこの店のお勧めでした。

■一言メモ■
雰囲気は抜群です。
ピアノの演奏なんかもあったりして、日本から来られる方には少しリッチな気分を味わいながら食事が出来るのはないでしょうか。
市内のミシュランの星付きレストランの殆どが味気のない、モダンなだけの内装なのですが、それらの店でもこんな感じに優雅に食べれると良いのですが。
さて、料理の方ですが基本どれも不味くはないのですが、一言で言ってしまうと普通の中級レストランのレベル。
この店もバルセロナの流行っている店によくあるパターンなのですが、他にバル、レストランなどを何軒も経営するグループ会社のその内の一軒です。
ですので、ある意味はずしていないというか、しっかりポイントは押さえてはいます。
雰囲気のある店、そこそこの料理、そこそこの値段にサービス。
この日は二人で行って上記4皿を食べて、喉が渇いていて最初にビールを1杯づつその後ワイン白1本。
デザートは料理でお腹一杯になったのでパスして最後にコーヒーで閉めて二人で80ユーロ弱。
ワインが10ユーロ程の安ワインとうのもありますが、コストパフォーマンス的には充分満足できるレベルだと思います。

最後に・・・
雰囲気もあって値段も高くなく、決してハズレのレストランではありませんが料理の味については平凡な物で、バルセロナで美味しい料理を食べたいと思われる本当のグルメの方には決して満足出きる様なレベルでは無いと思います。

 

IMG_2255.jpg
ところで、最初に出てきたナイフの先が曲がっていました。
まあ、切れないことは無いので黙っていましたがその後、メインのときに出てきた肉用のナイフの先も曲がっていて。
一回ならまだしも続けて二回も。
何度も来ているお気に入りの店なら、これは不慮の事故と思うところなんですが、一回目の訪問でこれは。。。いやはや、きついですね~

 

評価 69点