バルセロナ ウォーカー 

提供:Office Hill お問い合わせ

Castell de Xativa 1

castell_de_xativa-c__valencia_360_0.jpg
日本のガイドブック「地球の歩き方」にも載っている米料理専門店です。
普通米料理と言えばパエリヤとなりますが、ガイドブックに書かれていたお勧めの 日本の雑炊の様にスープご飯とでも言うのでしょうかカルドッソを食べに行きました。

 

IMG_2472.jpg
米料理は時間がかかるので、出来る前に注文した前菜。
まず、ハモンイベリコ。
普通レベルのハムですが値段相応で問題なし、あと一緒にパンコントマテが付いてきます。

 

IMG_2471.jpg
殆どムール貝ですが、一応3種類程の貝を白ワインで蒸したもの。
貝はぷりっとしていて、良い感じでした。

 

IMG_2470.jpg
トリンチャット?
ちょっと、油がしつこかったですね。

 

IMG_2469.jpg
シーフードサラダ。
蟹かぼこが入っていますが、消しゴムの様などうにもならない物でした。
またドレッシングの味が薄くて物足りかったです。

 

IMG_2468.jpg
さてこの店のお勧めという・・・
オマールエビのカルドッソ、大きいエビがぶつ切りで一匹入っています。
お味は、悪くはないですが絶品というものではなく、まあ日本から来られる方でしたらスペインとくればパエリヤでしょうから、これにこだわらずに単純にパエリヤでも良いと思います。
あと、今回4人で行って2人前でちょうどでした。
この店だけでなく米料理を頼むときは、必ず行く人数よりは少なめに注文することが大切です。

これ以外に、デザートとしてアップルパイとアイスの一皿。
スペインにしては甘くなくて日本人向きで、シンプルな物ですが美味しく食べられました。

 

■一言メモ■
さて、、この店はお昼の定食でパエリヤを数年前に食べた事があるのですがその時の感想と今回の感想は同じでした。
「7portes」ような濃い味では無く、日本人は食べやすい味ですがかといってインパクトには少し欠けます。
あと店の内装はいたってシンプルなもので、地元のスペイン人の食べログのコメントに「悲しい内装」なんて言うのがあるぐらいで、この日は、夜に行ったのですが、私たち以外に他に日本人が一組のみでほんとにさみしく、私達だけならほんとに悲しくなってたと思います。。
ただ、店のスタッフ(キューバ人の男性?)は以前も今回もいたってフレンドリーで感じが良く、気持ちよく対応してくれます。
また、日本語メニューもあり、英語も通じますので旅行者でも安心していけます。
料理の値段については適正価格ですし、ワインのハーフボトルなどもちゃんとあり、あまり飲めない方でも注文しやすく、そのあたり気が利いています。

まとめとしては・・・
この近くに泊まっている人以外はわざわざ地下鉄、タクシーを使って行く必要もないかと。
街の中心、また地下鉄の駅から少し離れていますので少し不便で、行かれるのでしたらお昼に、通りが2つづれはしますがガウデイの建築のカサミラからサグラダファミリア教会への道の中間にあると言えば言えない事も無いのでその際に・・ ということでどうでしょうか。

余談ですが、日本のバルセロナについての色々なガイドブックを見てみると。
どうして、こんな店が?
もしくは、どうしてわざわざこの店が?と言うのが紹介されています。
そして今回も、どうしてわざわざこの店?という感じでガイドブックの編集の仕方、その基準に疑問を持つのは私だけでしょうか。

評価 68点